【 鹿児島 】 マングローブ原生林を一人乗りカヌーで走る │ 2泊3日奄美大島の旅

観光ネットワーク奄美のマングローブ原生林カヌーツアーに参戦です。奄美市内の事務所を出発しマングローブ茶屋でトイレ休憩しました。

そして今は食事営業はしていない(コロナのためかもしれません)マングローブ茶屋の中を通ってマングローブ原生林を一望する場所に出ました。

こちらの川と向うの右手から流れてくる川が合流して左手の河口に向かって流れています。

マングローブ原生林のカヌーはこのマングローブ茶屋が30年前に始めたそうなんです。

 

マングローブ茶屋から少し南下したところにあるカヌー出発所の駐車場に到着しました。
まずはスリッパに履き替えさせられました。そして救命胴衣を装着です。ですがカヌーはどんなに無理してもひっくり返らないような構造のようです。とても安心して乗れました。子供さんも乗ってましたもん。

まずはパドルの持ち方を教えてもらい1人乗りカヌーに乗って出発しました。2人乗りもあるけどそちらの方が難しいようです。

1人で気の向くまま漕ぐのが良いですよね。

 

今回のツアーは4人でした。男性は私一人、残りは女性です。まずは広い川を河口に向かって下ります。
14時頃からスタートしたのですが13時が干潮ですのでだんだん潮が逆流してきます。これくらいが丁度初心者には良いようです。つまり逆の流れだと戻ってくるのが川の流れが逆になって大変みたいです。
水深は浅くなんだか安心感があります。それにしてもとてもキレイな水で気持ちよいです。ただし風はかなり強いです。
インストラクターさんが教えてくれながら進みます。
しばらくいくと左手に浅瀬がありましたので上陸しました。

 

ここは満潮時には水没する場所です。ここにとてもかわいいシオマネキがいました。
ちょっと画像が粗いですが、体の大きさは5ミリから1センチくらいだったので「なんか虫がいる」ような感じでインストラクターさんの説明でやっとシオマネキという蟹だと理解しました。
莫大な数がいるのですが近寄ると穴にサっと入ってしまいます。ですがジッと立って待ってるとすぐに姿を現して微生物などをハサミで食べています。

 

マングローブってこのよう海水や淡水があるところに生えている植物の総称なんです。それは沖縄の西表島でも教えてもらいました。
だんだん潮が進んできて水が無かったところがだんだん深くなっていきます。
これでも40年もののマングローブだそうです。その時期を過ぎると急に大きくなっていくそうです。
やさしいインストラクターさんが優しく教えてくれます。
カヌーの底がつかえたりしながら進みます。
マングローブの実はエンドウ豆みたいに細長いのですがこれが下に落ちてたまたまそこにあるドロに刺さったり穴に入ったりしたらそこで芽がでてくるそうです。そんなウンのない実は流れていく運命をたどります。
潮の満ちてくるのに合わせてゆったり進むのも良いものですね。広い川では力技で進みましたがここはゆったりです。

 

ガイドさんは立ってますね。こんな浅瀬でもカヌーって進めるからビックリです。他のツアーも混ざってただいま渋滞中ですわ。
上を見上げると快晴で気持ちよいです。
潮の満ち方より私達が早く到達したのでここらで引き返します。
ガイドさんが写真を順番にとってくれました。といっても4人しかいないのですぐに終わります。
こちらは他のツアーの方ですが2人乗りのカヌーに乗っています。
マングローブ林を広い川に向かって戻ります。潮が満ちてくるとは言え、ぜんぜん流れは感じません。
このころにはみんなパドルの使い方が上手くなっています。
広い川に出たあとガイドさんが「あと500メートルくらい下ると違うマングローブ林がありますがどうしますか?」と言うので私は「女性陣に判断は任せます」とお話したところ行くことになりました。

 

広い川は風が強く流れも逆流なので女性2名はガイドさんが自分のカヌーの後ろに紐でくっつけて3連で引っ張ってくれました。
私は自分でパドルを漕ぎましたが腕がプルプルしてきました・笑

そして2つの川の合流地点から中州になっている部分にある水路を進みました。

こちらも似たようなところでしたが先ほどより水深が深く、それはそれで楽しめました。

終わりは16時を過ぎて2時間もの時間を過ごしました。距離は2キロ程度漕いだと思います。とても楽しかったです。

マングローブ茶屋にもどってきてトイレ休憩してから奄美市名瀬のホテルまで送ってくださいました。

カヌーって自分だけで借りると1700円で借りれるようですが、最初はガイドさんに教えてもらいながら乗るのが良いと思います。

≫この旅の次の記事:【 鹿児島 】地産地消 レストラン瀬里奈で黒豚ハンバーグと黒豚上ロースとんかつ │ 2泊3日奄美大島の旅

 

☆マングローブ茶屋
〒894-1205 鹿児島県奄美市住用町大字役勝7
googleMapで開く
TEL:0997692189
営業時間:09:00~23:00

マングローブ茶屋 公式ホームページ

≫筆者:おのちん
≫来店日:2021.04.11

関連記事

  1. 【 鹿児島 】奄美野生生物保護センターはコロナ禍で休館だった │ 2泊3日奄美大島の旅

  2. 【福岡市】焼き空豆は皮の裏まで美味いのです│コスパの高い居酒屋 、銀シャリてる房-J その6

  3. 山菜・きのこ・岩魚・山芋鍋メインの夕食はヘルシー|乳頭温泉、鶴の湯 その3

  4. 魚介スープラーメンと餃子|岩手県一関市のらーめん丸長de晩酌セット

  5. キュウリで河童を釣るかっぱ渕と伝承園|岩手県遠野市

  6. 旬の枝幸産バフン海水生うに|北海道旭川市の田舎料理 田子兵衛 その4

  7. 海陽亭で蟹たっぷり丼と特選海鮮丼|鳥取県境港市の境港水産物直売センター内

  8. 【 北海道 】牡丹海老の姿コロッケ:旭川市の田子兵衛│3泊4日道北の旅

  9. 【 北海道 】 ANA3842便で福岡空港から羽田経由、帯広空港へ │ 冬の十勝旅4日間 その1

  1. 【 高級居酒屋 】 福岡市の田中田は一流の食材を美しく食べさせてく…

    2021.04.28

  2. 【 鹿児島奄美特集 】 さすが元沖縄です。奄美は人は少なく美しい海…

    2021.04.20

  3. 【特集:冬の十勝4日間】快晴と大雪、帯広、然別湖、旭岳、美瑛を…

    2021.03.18

  4. 【特集】 和食系、味、香り、彩り、器も最高 │ 赤坂あきちゃん

    2020.12.31

  5. 【 特集 : ニセコの温泉 】温泉付ペンションアダージョとヒルトン…

    2020.12.31

  6. 【特集:男池】大分、紅葉の宝泉寺温泉に泊まる1泊2日

    2020.12.31

  7. 【特集】鳥取砂丘とラベンダー色のらっきょうの花、そして城崎温泉…

    2020.12.14

  8. 【特集:9月の富山】台風の中、紅葉の立山2泊3日の旅

    2020.10.03

  9. 【特集】彩りと器の組合せが抜群!大人の隠れ家:福岡市のtakanabe(…

    2020.09.15

  10. 【特集:8月】毎日バフンウニを食べた 稚内・利尻・礼文の旅 5泊6…

    2020.09.07

  1. 【特集:西山口県】コバルトブルーの角島とホテル西長門リゾートを…

    2020.03.25

  2. 【雪の大谷とホテル立山】大観峰からご来光!平成最後の満月!みく…

    2019.04.23

  3. 【熊野は世界遺産だらけ】それにしても遠かった

    2016.11.12

  4. 【ニセコ・積丹2泊3日】旬のバフンウニ丼を食べる旅

    2016.07.30

  5. 【世界一の大花火四尺玉】新潟県の片貝まつりを見に行く1泊2日 2…

    2018.09.09

  6. 【9月の道東4泊5日の旅】釧路・帯広・厚岸・根室・弟子屈、道東の…

    2014.09.04

  7. 【長崎市内観光とグルメ】おでん専門店「桃若」へ|1泊2日:2019.…

    2019.01.23

  8. 【特集】鶴の湯|秋田県乳頭温泉

    2019.03.19

  9. 【食と酒 なかむた-特集記事】都会の古民家で上質な和食|福岡市中…

    2019.01.27

  10. 【新潟空港発着の信州3泊4日】上田、小諸、八ヶ岳、下諏訪、あづ…

    2016.10.13

  1. 【特集】仏の世界の四階層╿如来・菩薩・明王・天

    2019.02.07

  2. 【特集】奇想の画家ってなんですか?

    2019.02.17