スカイツリー・帝釈天・矢切の渡し・荒川電車・巣鴨刺抜地蔵|はとバスツアーで下町満喫

2017年10月1日(日曜日)東京は快晴!

はとバスツアーで下町をめぐる1日ツアーをネットから予約。

福岡から上京!おのぼりさんですわ~( ゚Д゚)

築地のホテルから東京駅まで歩いて行きました。15分~20分くらいでした。

東京って地下鉄使わなくても意外と近いですね♪

早めに東京駅に到着したので丸の内ビルの地下にあるスタバで朝食。

おおっ黄色くてすぐにわかる!はとバス。ツアーは老人主体ですね(^^)/

私ゃ、超若手♪

スカイツリーから始まりました。バスで言われるままに連行されるのもなかなかラクチン♪

350メートル上空まで50秒です。さすがに日曜日は人が多いですが団体様は一緒に上っていけるので効率的です。

あっちに富士山があるんだけどなあ。

霞んでて見えませんわ

さてスカイツリーを見たあとは、葛飾柴又へバス移動。

江戸川沿いにある川魚料理屋の川甚へ到着。お昼ご飯です。

江戸時代から続く老舗川魚料理屋さんらしいです。

お客様も次々訪れます。有名店なんでしょうね。

ご年配のご夫婦と相席のランチだったので写真は撮りませんでした。

ランチの後は、お隣にある帝釈天へ。

漫画、亀有公園前派出所やフーテンの寅さんで有名な葛飾柴又。

寅さんの「わたくし 生まれも育ちも葛飾柴又 帝釈天で産湯を使い 性はくるま 名はとらじろう」

って名セリフを思い出しますね(^^)

かなり凝った作りの彫り物がたくさんあるなと思っていたら

彫り物師が15年の歳月をかけて彫ったそうです。

素晴らしい彫り物建築です。

100円払うともっとすごい彫り物を見れるんですよ。

でも外からもそれは、なんとなく見れたので・・100円をケチった私・笑

さて帝釈天を後にして参道をぶらぶらすることにしました。

参道は雰囲気あるお店が並んでとても良い感じ。観光客も多いです。

三百年の味ですか。川魚はどうもクセがある感じがして苦手なんですけど美味いのかもしれませんね。

団子屋さんにはフーテンの寅さん用に1つだけ予約席にしてありました。

おでんは黒。九州とは違いますね。

団子屋も多いです。草団子ね。

帝釈天の参道を抜け

柴又駅までやってきました。

おっ、こちらに立っているのは「さくら」

そして、あちらにおわすは

フーテンの寅さんじゃないっすか!向こうにある酒場 春で昼間っから一杯ひっかけたい気分です。

おおっ

なんか幾つになっても胸がたかなりますね~

柴又のおもちゃ博物館が2階にあります。

綿菓子とか昔のお菓子などいろんな雑貨が1階にはありました。

懐かし~~ピンボールやん。

頑張ってやってみましたよ、ええ。

このジャンじゃんジャンって点数が上がっていく音がたまりませんね。

ほらあ94600点!!

70.000点以上でラムネがもらえるんです♪ 大人げないのでそっと去りました・笑

そのあとは、帝釈天裏の江戸川へ。河川敷では少年野球やってます。

川向うは千葉県です。

なぜ河川敷にやってきたかというと・・

矢切の渡しがあるのです。演歌で「矢切の渡し」は聞いたことがありますがこんなところにその場所があると聞いたので・・

細川たかし、川中美幸などが歌っていたかと思います。

大人200円で乗れるんですよ。こりゃ乗らないわけにはいきませんね。

はとバスのガイドさんの案内はなかったのですがgoogleマップでたまたま見つけてやってきました。

結構な人がいるじゃないですか!

向こう岸まで手漕ぎで行っちゃいます。風流ですね。

結構お客様が多いですね。

さて、はとバスに乗り込み荒川電車へ乗って小旅行。

駅も雰囲気あります。

ちんちん電車を待ちます。巣鴨の刺抜き地蔵まで移動です。

横幅ちっちゃい~

ちんちん電車がやってきました。

運よく1台しかない「ハロウィン仕様」の車両にあたりました♪

1両しかない車両の中はハロウィンの飾りつけ。

木製の車内は落ち着きます。

さて巣鴨に到着。バスガイドさんの引率で旗について移動します。

ご年配のお客様中心です。通りもなかなか下町の雰囲気があって楽しかったです。

買えりはJAL国内線ファーストクラスで福岡へ
↓↓
JALファーストクラス機内食は知床鶏のローマ風トマト煮込み|羽田空港→福岡空港 2017.10.01

関連記事

  1. 新玉川温泉にはゴムクローラーバスがあった|秋田県の山岳リゾート「新玉川温泉」その4

  2. JR境港駅とその周辺でゲゲゲの鬼太郎を楽しむ|鳥取県境港市

  3. 十勝サホロリゾートスキー場にオープン早々行ってきました。| 2018.12.16

  4. 《解説》ヘタウマ絵画も意味がある!╿絵画を語るとき我々の語ること②中世

  5. 《世界遺産》徳川家康が日本を見守る日光の地╿日光の東照宮

  6. 釧路川湿原展望台に立ち寄り釧路空港でつけ麺を食す | 2018年7月道東3泊4日の旅

  7. 大将は90歳の寿司職人さん|東京都八王子の三河屋 太助鮨

  8. ユリ根がごろごろ、ユリ根かき揚げ丼|北海道真狩村の食堂やまびこ:2泊3日のニセコの旅

  9. 美味いっ♪豆腐田楽は伊賀の名物|三重県伊賀市、田楽座わかや

  1. 【特集】鯨料理専門店 福岡市のおおいし

    2019.06.30

  2. 【特集】トラディショナルイタリアンGUFO:福岡市

    2019.06.30

  3. 【特集】福岡市のイタリアン:キム翔

    2019.06.30

  4. 【韓国味噌鍋:博多】慶州鍋が名物のいずみ田祇園店 特集記事

    2019.06.22

  5. 【6月初旬】温泉のニセコ&ウニの積丹半島3泊4日

    2019.06.08

  6. 【ありそでない家族経営の居酒屋】福岡市の仙八

    2019.05.29

  7. 【昭和レトロ居酒屋】福岡市博多区のがったんごっとん

    2019.05.28

  8. 【イタリアン料理】感動の5000円フルコース|鹿児島県薩摩川内市の…

    2019.05.21

  9. 【1月の島根県松江】宍道湖七珍を楽しむも大雪で特急やくもで博多…

    2019.05.20

  10. 【島根県:松江市の料理屋】やまいちで宍道湖七珍を食え

    2019.05.18

  1. 【特集:二〇加屋長介 薬院本店】超おススメ!なんでも美味い博多の…

    2019.05.13

  2. 【ニセコ・積丹2泊3日】旬のバフンウニ丼を食べる旅

    2019.03.31

  3. 【仙台:国分町の地雷也】キンキに拘った炭火焼きのお店

    2019.05.18

  4. 【世界遺産の旅:知床】知床五湖、ホエールウォッチング、摩周湖、…

    2019.04.01

  5. 【雪の大谷とホテル立山】大観峰からご来光!平成最後の満月!みく…

    2019.04.23

  6. 【特集記事】特色ある福岡市内の鮨屋からいきつけの4店舗をご紹介…

    2019.01.27

  7. 【特集】紅葉の京都を1泊2日で楽しむ旅|清水寺、今宮神社、船岡温…

    2019.05.17

  8. 【低糖質・低カロリー・野菜ソムリエ】Agro(アグロと読みます)福…

    2019.02.27

  9. 【特集】鶴の湯|秋田県乳頭温泉

    2019.03.19

  10. 【紅葉の旅 】 白馬・小谷・栂池・乗鞍高原3泊4日の旅 2017.10.1…

    2019.02.15

  1. 【特集】大塚国際美術館で見る美術史

    2019.01.27

  2. 【特集】三大阿弥陀堂と阿弥陀如来

    2019.01.27

  3. 【特集】仏の世界の四階層╿如来・菩薩・明王・天

    2019.02.07

  4. 【特集】奇想の画家ってなんですか?

    2019.02.17