【福岡市】牛ホルモン串をみそだれにつけて | 三角市場にある安愚楽

iphone11Proで画像がキレイになりました。

福岡では唯一じゃないでしょうか・・戦後から残っている市場は。

それは九州電力本社ビルの裏手にある三角市場内にあります。三角市場はあの因幡うどんの本店にも隣接した小さな店がひしめき合った飲食街。

赤坂市場もなくなり古くからのこのような市場は福岡市内にはほとんどなくなりした。三角市場は昭和25年からだそうです。一時はほとんどお店がなくなった時期もあったそうですが新しい人たちで復活しています。

どれもカウンターだけ数席・・つまり10席以下の魅力的な店が集まっています。その中でホルモン串の安愚楽をご紹介。

そもそも、この手のホルモン串は戦後から営業している「みすみ」という店が福岡市中央区清川にありました。数年前に閉店してしまいましたが・・

その他には親不孝通りを入ったところにある此乃美があります。30年くらい前OPENして、今ではオーナーチェンジされたようですが・・福岡でしか見たことないオリジナルだと思っていますがいかがでしょうか。

大通りから入ると左手に安愚楽はあります。外から中がのぞけるのでどんな様子かわかりますよ。

電話して大将から「空いてるよ」の声を聞いてから出かけました。なにしろカンター7席だけの店なもので・・

このお店もすでに16年営業されているんですよ。

入って右手に2席、左てに5席です。

メニューはぶらさがりです。たまにかわりますよ。

大将は一人でやっているものですから、たとえ席が空いていても予約や飛込を受け入れないことがあります。

「ちゃんと準備ができていないとお客様に悪いから」そんな精神のようです。さてつきだしも登場し、セットも用意できました。

ある日のつきだし。

セットのねぎをホルモン串にかけ、一味か、ゆず胡椒をお好みで♡

冷ややっこはいろんな薬味が乗っかって嬉しいですね。

生ハム豆腐サラダ。野菜がたっぷりです。

黒じょかで芋焼酎を準備してもらいました。芋焼酎は侍士の門です。

黒じょかの他に「前割」があります。

芋焼酎は前日に割って一晩寝かすとはっきり分かるくらい味が良くなります。5:5で割ったものを寝かせて用意されてます。これも良いですね!

店内はL字型のカウンター。味噌汁のように見せますがもっと濃い味です。そこにホルモン串が漬け込んであるので自分で好きなだけとって食べるスタイルです。1本220円です。

大将に食べて良い状態か聞いてから頂きます。さきほどのセットは、このホルモン串用に用意されたものなのです。

この味噌がなかなかのものですよ。

一番上にあったイラストの原画ですわ。冬場になるとこのような燗をつけるお湯になります。

いつもお願いする「日田風やきそば」。例の想夫恋のように、いやそれ以上にパリパリに焼き上げてくれます。これが酒のアテになるのさ。

ワインも頂きました。このようにナミナミつぐのが流儀のようです。

和風オイルサーディンは大将がカウンターで混ぜ混ぜしてくれました。

この和風オイルサーディンは酒のアテになりまっせ。

これね、私の大好きなオムもやし。ちょうど良い焼き加減なんですわ。

中にはチーズも入ってて美味しいですよ。もやしだけだとちょっと味気ないかもしれないのですがチーズですごくうまくなります。

 

一連の流れを動画にしてみました。いかがでしょうか・・

〆は牛ほるもん串をつけてあった味噌スープで作った雑炊です。たまらんですわ。

もちろん一味をふりかけて頂きました。ああっ満足じゃ。

大将にそっくりの絵があったのでお聞きしました。なんと切り絵だそうです。

お客様がある日、作ってあげるということで写真を見せの前で撮って、その後にもってきてくださったそうです。すばらしいですね。

全部イラスト動画にしてみました。こちらも雰囲気があるのではないかなと思いました。

※一部ipone8の画像もあります。おいおい変えていきます。

☆安愚楽
〒810-0004 福岡県福岡市中央区渡辺通2丁目3−2 三角市場内
GoogleMapで開く
TEL:092-741-3215
営業時間:17:00~24:00
定休日:日祝日

≫筆者:おのちん
≫来店日:2020.02.21

関連記事

  1. 【北海道】エゾカンゾウとはまなすが咲き乱れる弁慶岬│寿都町

  2. 【富山】美しき立山連峰を望む|富山市呉羽山公園展望台

  3. 【和歌山】本州最南端の地へ╿串本町 潮岬

  4. 八ヶ岳、富士山、南アルプス、中央アルプス、御嶽山、北アルプスまで見渡せる霧ヶ峰|長野県

  5. 《解説》ロココを求めてヤマザキマザックへ╿絵画を語るとき我々の語ること⑤ロココ

  6. 裏メニューのもつカレー│福岡市博多区のがったんごっとん その2

  7. 新潟市のレベルの高い回転ずし「佐渡 弁慶」| 新潟市中央区万代島

  8. キラキラいくら丼 | 福岡市博多区のゴーサイン食堂 その24

  9. おでんとボリューム満点のあんこう鍋を食う│水戸市の「となりのしまだ鱗」

  1. 【特集】彩りと器の組合せが抜群!大人の隠れ家:福岡市のtakanabe(…

    2020.09.15

  2. 【特集:8月】毎日バフンウニを食べた 稚内・利尻・礼文の旅 5泊6日

    2020.09.07

  3. 【特集:8月の上高地と乗鞍岳】無人の河童橋、爆流の善五郎の滝、朝…

    2020.08.11

  4. 【特集:西山口県】コバルトブルーの角島とホテル西長門リゾートを…

    2020.03.25

  5. 【厳冬の2月、道東2泊3日の旅】網走の流氷、カヌー釧路川源流下…

    2020.02.18

  6. 【特集】鯨料理専門店 福岡市のおおいし

    2019.06.30

  7. 【特集】トラディショナルイタリアンGUFO:福岡市

    2019.06.30

  8. 【特集】福岡市のイタリアン:キム翔

    2019.06.30

  9. 【韓国味噌鍋:博多】慶州鍋が名物のいずみ田祇園店 特集記事

    2019.06.22

  10. 【6月初旬】温泉のニセコ&ウニの積丹半島3泊4日

    2019.06.08

  1. 【1月の島根県松江】宍道湖七珍を楽しむも大雪で特急やくもで博多…

    2016.01.23

  2. 【世界遺産の旅:知床】知床五湖、ホエールウォッチング、摩周湖、…

    2016.09.02

  3. 【8月の上高地3泊4日の旅】飛騨高山のゲストハウスに前泊して乗…

    2016.08.19

  4. 【6月初旬】温泉のニセコ&ウニの積丹半島3泊4日

    2019.06.08

  5. 【ありそでない家族経営の居酒屋】福岡市の仙八

    2019.05.29

  6. 【特集:7月の道央3日間】旭山動物園、美瑛のパッチ良野ラベンダー…

    2015.07.04

  7. 【道東・道央の旅】くったり胡とサホロリゾート、帯広市の六花亭本…

    2018.12.15

  8. 【9月の道東4泊5日の旅】釧路・帯広・厚岸・根室・弟子屈、道東の…

    2014.09.04

  9. 【昭和レトロ居酒屋】福岡市博多区のがったんごっとん

    2019.05.28

  10. 【特集:7月の尾瀬と会津】新潟空港から行く尾瀬と会津、2泊3日の旅

    2015.07.24

  1. 【特集】三大阿弥陀堂と阿弥陀如来

    2019.01.27

  2. 【特集】大塚国際美術館で見る美術史

    2019.01.27

  3. 【特集】仏の世界の四階層╿如来・菩薩・明王・天

    2019.02.07

  4. 【特集】奇想の画家ってなんですか?

    2019.02.17