ホルモン串をみそだれにつけて | 福岡市の三角市場にある安愚楽

それは九州電力本社ビルの裏手にある三角市場内にあります。三角市場はあの因幡うどんの本店にも隣接した小さな店がひしめき合った飲食街。どれもカウンターだけ数席・・つまり10席以下の魅力的な店が集まっています。その中でホルモン串の安愚楽をご紹介。

そもそも、この手のホルモン串は戦後から営業している「みすみ」という店が福岡市中央区清川にありました。数年前に閉店してしまいましたが・・その他には親不孝通りを入ったところにある此乃美があります。30年くらい前OPENして、今ではオーナーチェンジされたようですが・・福岡でしか見たことないオリジナルだと思っていますがいかがでしょうか。

店内はL字型のカウンター。味噌汁のように見せますがもっと濃い味です。そこにホルモンが漬け込んであるので自分で好きなだけとって食べるスタイルです。1本200円です。向こうは、まだホルモン串を入れたばかりですから手前の串から頂きます。

大将がすぐに食べれる串を手前に寄せてくれました。それにネギを乗っけました。

お好みでゆず胡椒も良いですよ(^^)/ これに冷酒やイモ焼酎を合わせていただくと最高。こんな小さなカウンターだけの店なので大将もお話しにきやすく乗ってくれます。一人あるいは2人連れで訪問するのに最適です。

冷ややっこはいろんな薬味が乗っかって嬉しいですね。その他、肉や懐かしいお味のもやしのオムレツなどいろいろありますよ。

別日にちょい寄りした記事です。  2019.04.05

赤坂市場もなくなり古くからのこのような市場は福岡市内にはほとんどなくなりした。三角市場は昭和25年からだそうです。一時はほとんどお店がなくなった時期もあったそうですが新しい人たちで復活しています。

2019年4月5日土曜日の20時ころ。1週間前は満席だった安愚楽に立ち寄りました。奥に向かって左手にそのお店はあります。おやじさんが一人で経営されています。すでに15年営業されています。

7席しかないからすぐに満席になるんです。入り口側に2席あるのですがそちらに着席しました。

つきだしはコハダなどです。

白ワインをグラスで頂きました。

お目当てはホルモン串です。1軒目でたんまり飲食していますので、ちょい寄りです。

やっぱ美味いですわ。1本200円のホルモン串なのです。

大将にそっくりの絵があったのでお聞きしました。なんと切り絵だそうです。お客様がある日、作ってあげるということで写真を見せの前で撮って、その後にもってきてくださったそうです。すばらしいですね。

芋焼酎は前日に割って一晩寝かすとはっきり分かるくらい味が良くなります。5:5で割ったものを寝かせて用意されてます。これも良いですね!

ほるもん串の味噌スープで安愚楽雑炊    2019.05.21

つけ串の安愚楽。ホルモン串のお店です。

イタリアンのgufoでさんざん飲んでからふらりと立ち寄りました。まずは獺祭から。

並々と獺祭をワイングラスについでくれましたよ。まあなんだか酔っぱらってどんどん飲める感じ←いかんだろ

つきだしが出るのよねぇ。お腹いっぱいなのに。ホルモン串だけ食べたい・笑 こはだとマカロニサラダね。

ホルモン串は味噌だれに大量に浸かっています。すぐに食べられそ。

あんなにお腹いっぱいなのに、ホルモン串がどんどん胃袋に納まっていきます。やっぱり美味いやコレ。

この味噌スープがなんとも美味いのです。単体で飲みたいくらいです。

ネギが無くなったので追加をお願いしました。

かなり本数も食べたところで黒じょかで焼酎を飲みたくなりました。鹿児島県人は黒じょかで予め焼酎を割って火にかけるのです。銘柄は黒じょかの後ろにある芋焼酎たちから選ぶことになります。

薩摩茶屋にしました。薩摩川内市の焼酎です。2合入りの黒じょかです。良く見たら黒くないけどね。

さっきも〆をしたのですが「つけ串スープの安愚楽そうすい チーズ入り」が目に入ってしまいました。この味噌スープで作る雑炊って美味そうです。即注文。

大将から「お腹いっぱいって言って良く食べるねぇ」と言われてしまいましたわ。

やっぱり美味しいわ。つけ串味噌スープでつくる雑炊ですもん、美味しくないはずは無いですよね。

ホルモン串のスープからさらに追加してしまいました。なんだか幸せホルモンが体内に発生しております。

博多駅前はA級グルメのイベントを日曜日までやってるようです。人が多いところは苦手なのでさっさと逃げちゃいます。

 

☆安愚楽
〒810-0004 福岡県福岡市中央区渡辺通2丁目3−2 三角市場内
GoogleMapで開く
TEL:092-741-3215
営業時間:17:00~24:00
定休日:日祝日

≫筆者:おのちん
≫来店日:2018年12月

関連記事

  1. 16種類のみそ汁を常時揃えている居酒屋さん|福岡市中洲の人形小路の田

  2. ANAプレミアムクラスの機内食 | 羽田空港~秋田空港往復 2018.06.16~2018.06.20

  3. 大将の卵焼きと大将のお任せにぎり|岩手県一関市のまるみ

  4. ホテルのメインバーでフルーツ盛り合わせ|グランドハイアット福岡のマティニーズ

  5. 博多ラーメン発祥を名乗る店│福岡市博多区の元祖赤のれん和亭

  6. 熟れた3000円の夕張メロンが6分の1カットで100円 /摩周湖第一展望台売店|2018年7月道東3泊4日の旅

  7. 全国から常連が集うおでん専門店 | 長崎市の桃若

  8. 醤油がいい!槍烏賊煮付|福岡市博多区の五三食堂 その31

  9. 脂が乗りまくり!名物の炙りバッテラ|福岡市博多駅前の鮨屋、北海ひがし

  1. 【特集】鯨料理専門店 福岡市のおおいし

    2019.06.30

  2. 【特集】トラディショナルイタリアンGUFO:福岡市

    2019.06.30

  3. 【特集】福岡市のイタリアン:キム翔

    2019.06.30

  4. 【韓国味噌鍋:博多】慶州鍋が名物のいずみ田祇園店 特集記事

    2019.06.22

  5. 【6月初旬】温泉のニセコ&ウニの積丹半島3泊4日

    2019.06.08

  6. 【ありそでない家族経営の居酒屋】福岡市の仙八

    2019.05.29

  7. 【昭和レトロ居酒屋】福岡市博多区のがったんごっとん

    2019.05.28

  8. 【イタリアン料理】感動の5000円フルコース|鹿児島県薩摩川内市の…

    2019.05.21

  9. 【1月の島根県松江】宍道湖七珍を楽しむも大雪で特急やくもで博多…

    2019.05.20

  10. 【島根県:松江市の料理屋】やまいちで宍道湖七珍を食え

    2019.05.18

  1. 【特集記事】特色ある福岡市内の鮨屋からいきつけの4店舗をご紹介…

    2019.01.27

  2. 【特集】鶴の湯|秋田県乳頭温泉

    2019.03.19

  3. 【1月の島根県松江】宍道湖七珍を楽しむも大雪で特急やくもで博多…

    2019.05.20

  4. 【大分:久住遊覧】久住高原コテージの露天風呂から絶景の草原と阿…

    2019.05.15

  5. 【特集】花巻市、一関市周辺を楽しむ旅 | JAL いわて花巻空港を利用

    2019.04.10

  6. 【特集記事】JAL国内線ファーストクラス機内食  記事の一覧

    2019.02.12

  7. 【特集:岩手県の遠野市を楽しむ旅】仙台空港から沿岸を北上しまし…

    2019.04.06

  8. 【イタリアン料理】感動の5000円フルコース|鹿児島県薩摩川内市の…

    2019.05.21

  9. 【世界一の大花火四尺玉】新潟県の片貝まつりを見に行く1泊2日 2…

    2019.01.27

  10. 【道東・道央の旅】くったり胡とサホロリゾート、帯広市の六花亭本…

    2019.01.27

  1. 【特集】仏の世界の四階層╿如来・菩薩・明王・天

    2019.02.07

  2. 【特集】大塚国際美術館で見る美術史

    2019.01.27

  3. 【特集】奇想の画家ってなんですか?

    2019.02.17

  4. 【特集】三大阿弥陀堂と阿弥陀如来

    2019.01.27