朝獲れ伊勢海老を漁師民宿で食う|三重県志摩「海女と漁師の宿 一葉」

伊勢海老がガサゴソ、料理民宿らしい料理に満足じゃ

伊勢神宮から車を飛ばし志摩の漁師民宿に到着しました。港の裏、小高いトコにあります。16時半に到着です。

良くしゃべる漁師のオヤジさんと、トコブシ専門の泳げない女将さんの経営です。

息子さんは、別の仕事もしながら海女でアワビ漁だそうです。男性も海女と言うのでしょうか・・

女将が部屋に、段ボール箱に入れた伊勢海老を持ってきました。今朝上がったばかりの伊勢海老だそうです。

がさごそと大きな音を出して暴れまわってます。

そろそろスーパームーンが近いのですが、満月が近づくと伊勢海老漁は1週間中止になるそうです。明るく過ぎて網が見えるからという理由だそうです。

今朝の漁が最後だったそうでラッキーでした。

じゃーん~。なんと部屋食です。瓶ビールと熱燗を2合注文しました。

温かいカマス焼きから始まりました。熱々、ホクホクして美味いっです。

伊勢海老が動くコト、動くコト。

美味いっ!生簀ものじゃなくて獲れたてはサスガのお味です。

若女将が、伊勢海老の頭は翌朝の朝食の味噌汁にしますから残しておいてくださいと言われたので「食べないようにします」とお返事しましたっ。楽しみ~♪

あわびですわ。

柔らかくてコリコリ。こんな美味いあわびは人生2回目。素晴らしいです。

知り合いの医者が壱岐に行ったときにお礼に料理さんからもらったということでもらったものがこんなに美味かったです。

あわびも捕りたては全然味が違うのでしょうね。

サザエじゃ!!新鮮だからと、内蔵も生でいただきます。

志摩の名物である「てこね寿司」です。

漁師さんの食べ物だったのを、観光客向けにメジャーにしたらしい

トコブシとサザエの煮物です。

女将が「自慢じゃないがトコブシ取りじゃ私ゃ結構、有名よ」と自慢されてました・笑

このトコブシ、すっごい柔らかくて美味しいです♪

なんだか美味そうなものが多かったので、いつもと食べる順序がいつもと逆になりましたが刺身です。

野菜の煮物です。おかあさんのお味です。

最後に汁物が登場。海老天などのフライをおかずに白ごはんで頂きました。

いやあ、獲れたての新鮮な魚介類を食べれるのは漁師民宿ならではですね!

漁師民宿一葉の朝食|昨夜の伊勢海老がみそ汁にドンと入っていましたっ。

朝、だんだん明るくなってきた頃、外を見たら雲が垂れ込めて、いまにも雨が降りそうでしたが、朝食の7時には快晴。

どんな天気なんだ!山だけじゃなくて海の天気も変わりやすいやん。

あっ、エコンはもちろん無料ですよ。

漁師民宿の朝は早いです。朝食は7時か7時半から選んでくださいとのこと。

早起きの私はもちろん7時を選びました。前日、6時からの食事が終わったのは7時過ぎ。

テレビはあるものの、やることもなく、8時にはせんべい布団に潜り込んで寝息を立ててましたわ。

いつも早起きで夜に目覚めたりするのですが疲れてたのか意外と長く寝れましたわ。

味噌汁には、昨夜の伊勢海老がドンと鎮座しています。

伊勢海老の中には具材がまだまだたんまり入ってます。

すごいでしょ。

魚のみりん干しなんぞも美味かったです♪

民宿 一葉の玄関はこんなです。

伊勢神宮の民家のように、笑門があります。なかなか良いものですね。

良く喋る女将に別れを告げ前日に教えてもらった裏山に上がってみることにしました。

一泊二食10800円。7室満室でした。本当に個人の家という感じの民宿なのでお風呂ととかはアレでしたが料理が良いですねぇ。

金比羅山と日本三大不動の爪切不動尊|三重県志摩市

 

☆漁師民宿 一葉
〒517-0705 三重県志摩市志摩町御座153
GoogleMapで開く
TEL:0599-88-3253
部屋数:7部屋
チェックイン14:00 チェックアウト10:00
公式ホームページ 海女と漁師の宿 一葉

≫筆者:おのちん
≫来店日:2016.11.12

関連記事

  1. 五色に変わる温泉はコスパ最高!夏も冬も心地よし|北海道、ニセコ五色温泉旅館in12月

  2. 【利尻島】ペシ岬には実は2つの山があった:利尻島郷土資料館│【8月】稚内・利尻・礼文の旅 5泊6日 その30

  3. 紅葉の今宮神社|京都市北区の今宮神社 2016.11.27

  4. 【 山口 】甘く無いあんこがたっぷりの大判焼|山口県萩市の小林製菓本舗

  5. 【 北海道 】昭和35年創業、稚内の寿司竜で近海ものを食う │ 3泊4日道北の旅

  6. 【 北海道 】 お部屋に温泉があるペンションに泊まる│ 蘭越町の湯ごもりの宿、アダージョ

  7. 【福岡市】鰆、むかご、薩摩芋、蓮根、〆の炊き込みご飯の美しいこと│赤坂あきちゃん

  8. 春だけの生わかめシャブシャブ。メインはフカヒレ|岩手県花巻市の鉛温泉藤三旅館

  9. 新鮮な夕採れホタテが名物、青森市の居酒屋、すみれ組 | 青森駅前

  1. 【特集:冬の十勝4日間】快晴と大雪、帯広、然別湖、旭岳、美瑛を…

    2021.03.18

  2. 【特集】 和食系、味、香り、彩り、器も最高 │ 赤坂あきちゃん

    2020.12.31

  3. 【 特集 : ニセコの温泉 】温泉付ペンションアダージョとヒルトン…

    2020.12.31

  4. 【特集:男池】大分、紅葉の宝泉寺温泉に泊まる1泊2日

    2020.12.31

  5. 【特集】鳥取砂丘とラベンダー色のらっきょうの花、そして城崎温泉…

    2020.12.14

  6. 【特集:9月の富山】台風の中、紅葉の立山2泊3日の旅

    2020.10.03

  7. 【特集】彩りと器の組合せが抜群!大人の隠れ家:福岡市のtakanabe(…

    2020.09.15

  8. 【特集:8月】毎日バフンウニを食べた 稚内・利尻・礼文の旅 5泊6…

    2020.09.07

  9. 【特集:8月の上高地と乗鞍岳】無人の河童橋、爆流の善五郎の滝、朝…

    2020.08.11

  10. 【特集:西山口県】コバルトブルーの角島とホテル西長門リゾートを…

    2020.03.25

  1. 【特集:二〇加屋長介 薬院本店】超おススメ!なんでも美味い博多の…

    2019.05.13

  2. 【低糖質・低カロリー・野菜ソムリエ】Agro(アグロと読みます)福…

    2019.02.27

  3. 【特集:11月の北東北3泊4日の旅】大間の本鮪を食べに行く旅

    2015.11.20

  4. 【特集:冬の道東】快晴!冬の摩周湖や丹頂鶴、釧路の回転ずしに驚…

    2016.01.15

  5. 【北海道を東西へ2泊3日】旭川を拠点に東へ西へ、増毛町~紋別町

    2016.06.28

  6. 【特集】彩りと器の組合せが抜群!大人の隠れ家:福岡市のtakanabe(…

    2020.09.15

  7. 【奈良県:小料理奈良】大皿料理は半製品。どんなものに仕上がるか…

    2019.05.18

  8. 【特集:冬の十勝4日間】快晴と大雪、帯広、然別湖、旭岳、美瑛を…

    2021.03.18

  9. 【昭和レトロ居酒屋】福岡市博多区のがったんごっとん

    2019.05.28

  10. 【1月の島根県松江】宍道湖七珍を楽しむも大雪で特急やくもで博多…

    2016.01.23

  1. 【特集】奇想の画家ってなんですか?

    2019.02.17

  2. 【特集】仏の世界の四階層╿如来・菩薩・明王・天

    2019.02.07