朝獲れ伊勢海老を漁師民宿で食う|三重県志摩「海女と漁師の宿 一葉」

伊勢海老がガサゴソ、料理民宿らしい料理に満足じゃ

伊勢神宮から車を飛ばし志摩の漁師民宿に到着しました。港の裏、小高いトコにあります。16時半に到着です。

良くしゃべる漁師のオヤジさんと、トコブシ専門の泳げない女将さんの経営です。

息子さんは、別の仕事もしながら海女でアワビ漁だそうです。男性も海女と言うのでしょうか・・

女将が部屋に、段ボール箱に入れた伊勢海老を持ってきました。今朝上がったばかりの伊勢海老だそうです。

がさごそと大きな音を出して暴れまわってます。

そろそろスーパームーンが近いのですが、満月が近づくと伊勢海老漁は1週間中止になるそうです。明るく過ぎて網が見えるからという理由だそうです。

今朝の漁が最後だったそうでラッキーでした。

じゃーん~。なんと部屋食です。瓶ビールと熱燗を2合注文しました。

温かいカマス焼きから始まりました。熱々、ホクホクして美味いっです。

伊勢海老が動くコト、動くコト。

美味いっ!生簀ものじゃなくて獲れたてはサスガのお味です。

若女将が、伊勢海老の頭は翌朝の朝食の味噌汁にしますから残しておいてくださいと言われたので「食べないようにします」とお返事しましたっ。楽しみ~♪

あわびですわ。

柔らかくてコリコリ。こんな美味いあわびは人生2回目。素晴らしいです。

知り合いの医者が壱岐に行ったときにお礼に料理さんからもらったということでもらったものがこんなに美味かったです。

あわびも捕りたては全然味が違うのでしょうね。

サザエじゃ!!新鮮だからと、内蔵も生でいただきます。

志摩の名物である「てこね寿司」です。

漁師さんの食べ物だったのを、観光客向けにメジャーにしたらしい

トコブシとサザエの煮物です。

女将が「自慢じゃないがトコブシ取りじゃ私ゃ結構、有名よ」と自慢されてました・笑

このトコブシ、すっごい柔らかくて美味しいです♪

なんだか美味そうなものが多かったので、いつもと食べる順序がいつもと逆になりましたが刺身です。

野菜の煮物です。おかあさんのお味です。

最後に汁物が登場。海老天などのフライをおかずに白ごはんで頂きました。

いやあ、獲れたての新鮮な魚介類を食べれるのは漁師民宿ならではですね!

漁師民宿一葉の朝食|昨夜の伊勢海老がみそ汁にドンと入っていましたっ。

朝、だんだん明るくなってきた頃、外を見たら雲が垂れ込めて、いまにも雨が降りそうでしたが、朝食の7時には快晴。

どんな天気なんだ!山だけじゃなくて海の天気も変わりやすいやん。

あっ、エコンはもちろん無料ですよ。

漁師民宿の朝は早いです。朝食は7時か7時半から選んでくださいとのこと。

早起きの私はもちろん7時を選びました。前日、6時からの食事が終わったのは7時過ぎ。

テレビはあるものの、やることもなく、8時にはせんべい布団に潜り込んで寝息を立ててましたわ。

いつも早起きで夜に目覚めたりするのですが疲れてたのか意外と長く寝れましたわ。

味噌汁には、昨夜の伊勢海老がドンと鎮座しています。

伊勢海老の中には具材がまだまだたんまり入ってます。

すごいでしょ。

魚のみりん干しなんぞも美味かったです♪

民宿 一葉の玄関はこんなです。

伊勢神宮の民家のように、笑門があります。なかなか良いものですね。

良く喋る女将に別れを告げ前日に教えてもらった裏山に上がってみることにしました。

一泊二食10800円。7室満室でした。本当に個人の家という感じの民宿なのでお風呂ととかはアレでしたが料理が良いですねぇ。

金比羅山と日本三大不動の爪切不動尊|三重県志摩市

 

☆漁師民宿 一葉
〒517-0705 三重県志摩市志摩町御座153
GoogleMapで開く
TEL:0599-88-3253
部屋数:7部屋
チェックイン14:00 チェックアウト10:00
公式ホームページ 海女と漁師の宿 一葉

≫筆者:おのちん
≫来店日:2016.11.12

関連記事

  1. 超薄い紙カツを定食にして〆ました|福岡市博多区の五三食堂 その33

  2. 旬の枝幸産バフン海水生うに|北海道旭川市の田舎料理 田子兵衛 その4

  3. なめたらあかん姪浜の穴子 | 福岡市博多区住吉の鮨屋なにわ その2

  4. 十勝サホロリゾートスキー場にオープン早々行ってきました。| 2018.12.16

  5. 手で曲がる金属、錫100%の酒器|富山県高岡市の能作の工場

  6. 石北峠と芝桜から塩別つるつる温泉へ|2016年6月

  7. 《世界遺産》源平合戦の行方を決めた神社!?╿和歌山県田辺市 鬪雞神社

  8. やきとりと沖縄家庭料理の店|那覇市のまんまる商店

  9. ANA 福岡空港→関西国際空港行きのプレミアムクラス機内食 2016.11.12

  1. 【特集】鯨料理専門店 福岡市のおおいし

    2019.06.30

  2. 【特集】トラディショナルイタリアンGUFO:福岡市

    2019.06.30

  3. 【特集】福岡市のイタリアン:キム翔

    2019.06.30

  4. 【韓国味噌鍋:博多】慶州鍋が名物のいずみ田祇園店 特集記事

    2019.06.22

  5. 【6月初旬】温泉のニセコ&ウニの積丹半島3泊4日

    2019.06.08

  6. 【ありそでない家族経営の居酒屋】福岡市の仙八

    2019.05.29

  7. 【昭和レトロ居酒屋】福岡市博多区のがったんごっとん

    2019.05.28

  8. 【イタリアン料理】感動の5000円フルコース|鹿児島県薩摩川内市の…

    2019.05.21

  9. 【1月の島根県松江】宍道湖七珍を楽しむも大雪で特急やくもで博多…

    2019.05.20

  10. 【島根県:松江市の料理屋】やまいちで宍道湖七珍を食え

    2019.05.18

  1. 【北海道を東西へ2泊3日】旭川を拠点に東へ西へ、増毛町~紋別町

    2019.03.28

  2. 【世界遺産の旅:知床】知床五湖、ホエールウォッチング、摩周湖、…

    2019.04.01

  3. 【萩市特集】萩市の鮨屋 豊月と宿泊施設、観光 | 山口県萩市

    2019.01.27

  4. 【イタリアン料理】感動の5000円フルコース|鹿児島県薩摩川内市の…

    2019.05.21

  5. 【仙台:国分町の地雷也】キンキに拘った炭火焼きのお店

    2019.05.18

  6. 【特集】会津・裏磐梯、グルメな温泉ペンションと五色沼散策 20…

    2019.04.10

  7. 【特集記事】特色ある福岡市内の鮨屋からいきつけの4店舗をご紹介…

    2019.01.27

  8. 【五三食堂 特集記事】ダシを上手に使う美しさと独創的な居酒屋|福…

    2018.12.20

  9. 【ニセコ・積丹2泊3日】旬のバフンウニ丼を食べる旅

    2019.03.31

  10. 【特集記事】ANA国内線プレミアムクラス機内食  記事の一覧

    2019.01.23

  1. 【特集】奇想の画家ってなんですか?

    2019.02.17

  2. 【特集】三大阿弥陀堂と阿弥陀如来

    2019.01.27

  3. 【特集】大塚国際美術館で見る美術史

    2019.01.27

  4. 【特集】仏の世界の四階層╿如来・菩薩・明王・天

    2019.02.07