開陽台で360度の地平線・遠音別川で大量のマス遡上、オシンコシンの滝|社員旅行

福岡空港から羽田経由で中標津空港へ 2016.09.02

福岡空港のANAプレミアムカウンター。ペッパー君がいました。

今日から二泊三日で北海道は知床へ社員旅行です。私がスケジュール組んでプラーベート社員旅行。

一人頭10万円超の予算です。

福岡空港から羽田空港経由で中標津空港へ。

福岡空港から羽田への便は富士山を見るには遠いところを飛ぶのですが今回は、富士山に近いとこを飛びました(^-^)/

羽田空港のANAスイートラウンジからの眺めです。

羽田は良い天気ですが道東は雲の予報ヽ(´o`;

スイートラウンジは普通のラウンジと違ってベーグルやおいなりがあります。

ラウンジで休憩したら、すぐに根室中標津空港に出発です!

羽田から中標津空港に1時間半の旅でした。

世界遺産・知床の看板がこれから行く旅をワクワクさせます。

中標津空港はとてもこじんまりした空港です。

手荷物を受け取りロビーに出たところには乳牛の親子の像があります。

そうなんですよね。この道東地域はどこまで行っても牧場が多いのです。

鹿との衝突事故がとても多いんですね。気を付けようもないけど注意しよう。

360度見渡せる開陽台

まずは中標津空港の近くの開陽台に行って360度の地平線を眺めに行きました。

いやあ、ここからの眺めは素晴らしです。おススメ。

晴れていればもっと清々しいのだけど。

開陽台の上に先に登っちゃったので、みんなが来るのを待ちます。

ずっと向こうまで牧場。牛が小さく豆粒のように見えます。

乳牛の像。いやあ、このあたりは見渡すかぎり牧場です。

道路もまっすぐな道が多くてほとんど曲がらない。ほんと運転しやすいです。

防風林というのは普通、北側にあるものですがここでは格子状に防風林がありました。

珍しいデスね。北海道遺産とされていました。

ものすごい量のサケ・マスの遡上を見るならココ オシンコシンの滝にもほど近い遠音別川

開陽台を後にして本日お泊りの知床半島の宿に向けて車を走らせます。

おっとここを忘れちゃいけないですね。

観光地の地図とかには掲載されてないのですけど遠音別(おんねべつ)橋です。

オシンコシンの滝の少し手前にあるのですけど、つまりウトロまで近い場所です。

この小さな川をシャケやマスがバンバン遡上してくるのです。

あまりにも魚影が濃くて手でつかみ捕りできるのではないかと思います。

それは禁止されてるんですけど、熊さんはたぶん捕まえに来ていると思います。

う~ん写真では見えにくいのですが人間の目ではよく見えます。

サクラマスがバンバン泳いでいます。シャケはもう少し後の時期に遡上してくるそうです。

雨が降ったあとのせいか川の流れは速いです。

こんな段差を一生懸命にジャンプして遡上していっていました。

橋の上流側にサケマスの遡上を見学できるようなところがあります。

ほんとすぐ目の前で大量の遡上を見ることができます。

熊注意の看板もありますが、秋のシーズンはぜひこの川を眺めて楽しんでいただきたいと思います。

さて遠音別橋を後にして車を少し走らせると

オシンコシンの滝:雨の後ですごい水量になっていました。

観光地ブックには必ず掲載されているオシンコシンの滝です。

以前見たときに比べて、すっごい水量が多いです。

大量の雨水が滝となって水量が増しているようです。

すごい迫力です。

水しぶきが遊歩道まで吹き上げてました。すぐ近くは立ち入り禁止になっていました。

イオンをたっぷり浴びて宿へ向かいます。

☞本日のお宿は:毛蟹1ハイ付きの夕食|北海道知床ウトロの「しれとこ村」社員旅行 2016.09.02-04

☆開陽台
北海道標津郡中標津町俣落2256-17
GogleMapで開く
中標津町公式ホームページ 開陽台

☆遠音別川サケ・マス遡上観覧施設
北海道斜里郡斜里町真鯉
GoogleMapで開く

☆オシンコシンの滝
北海道斜里郡斜里町ウトロ西
googleMapで開く
斜里町観光協会公式ホームページ オシンコシンの滝

関連記事

  1. 旭川動物園でエゾ鹿肉コロッケカレーセット│【5月】2泊3日トマム、旭川、札幌、小樽、定山渓の旅 その2

  2. 屈斜路湖・硫黄山・摩周湖をひとまとめに楽しみました。|北海道の社員旅行 2016.09.02-04

  3. アボカドチーズオムレツ│福岡市博多区の野菜ソムリエの店、アグロ

  4. 担々麺を始め美味い物ばかりの中華屋|福岡市博多区の一すじ

  5. 本数が選べる海老フライには美味いタルタルがたっぷり│福岡市博多区の五三食堂 その40

  6. 世界一の四尺玉花火は珍しい山の神社での奉納花火です|新潟県小千谷市片貝町

  7. 手打ち「かしわ蕎麦」850円 | 北海道新得町の十割蕎麦、十箱。

  8. 「注文の多い料理店」がある宮沢賢治記念館|岩手県花巻市

  9. 積丹町のお食事処みさきでうに丼を食う│5月ニセコ・小樽・積丹半島2泊3日の旅

  1. 【特集】彩りと器の組合せが抜群!大人の隠れ家:福岡市のtakanabe(…

    2020.09.15

  2. 【特集:8月】毎日バフンウニを食べた 稚内・利尻・礼文の旅 5泊6日

    2020.09.07

  3. 【特集:8月の上高地と乗鞍岳】無人の河童橋、爆流の善五郎の滝、朝…

    2020.08.11

  4. 【特集:西山口県】コバルトブルーの角島とホテル西長門リゾートを…

    2020.03.25

  5. 【厳冬の2月、道東2泊3日の旅】網走の流氷、カヌー釧路川源流下…

    2020.02.18

  6. 【特集】鯨料理専門店 福岡市のおおいし

    2019.06.30

  7. 【特集】トラディショナルイタリアンGUFO:福岡市

    2019.06.30

  8. 【特集】福岡市のイタリアン:キム翔

    2019.06.30

  9. 【韓国味噌鍋:博多】慶州鍋が名物のいずみ田祇園店 特集記事

    2019.06.22

  10. 【6月初旬】温泉のニセコ&ウニの積丹半島3泊4日

    2019.06.08

  1. 【秋田・青森のグルメと観光】北東北de仕事しながら | 4泊5日 20…

    2018.06.16

  2. 【銀シャリてる房 特集記事】居酒屋なれど料理が丁寧でコスパが高い…

    2019.01.26

  3. 【熊野は世界遺産だらけ】それにしても遠かった

    2016.11.12

  4. 【世界遺産の旅:知床】知床五湖、ホエールウォッチング、摩周湖、…

    2016.09.02

  5. 【特集:7月の尾瀬と会津】新潟空港から行く尾瀬と会津、2泊3日の旅

    2015.07.24

  6. 【厳冬の2月、道東2泊3日の旅】網走の流氷、カヌー釧路川源流下…

    2020.02.18

  7. 【五三食堂 特集記事】ダシを上手に使う美しさと独創的な居酒屋|福…

    2018.12.20

  8. 【特集:8月の上高地と乗鞍岳】無人の河童橋、爆流の善五郎の滝、朝…

    2020.08.11

  9. 【特集記事】特色ある福岡市内の鮨屋からいきつけの4店舗をご紹介…

    2019.01.27

  10. 【ニセコ・積丹2泊3日】旬のバフンウニ丼を食べる旅

    2016.07.30

  1. 【特集】仏の世界の四階層╿如来・菩薩・明王・天

    2019.02.07

  2. 【特集】三大阿弥陀堂と阿弥陀如来

    2019.01.27

  3. 【特集】大塚国際美術館で見る美術史

    2019.01.27

  4. 【特集】奇想の画家ってなんですか?

    2019.02.17