感性「にふれる」生きているミュージアム╿大阪府 吹田市 万博記念公園のNIFREL

こんにちは、はてはてマンボウです。今回は大阪を新たに代表するミュージアムができたと聞いて、吹田の万博記念公園を回遊しています。

いつものアレが見えてきましたねえ。

梓「太陽の塔、だよ、マンボウちゃん」

マ「は、連理梓さん。もも、もちろん、マンボウにはちゃあんとわかっていましたよう」

梓「さて、今回は万博記念公園隣にある『エキスポシティ』内にあるミュージアム『NIFREL』へ行こう」

マ「にふれる? はて」

海遊館がプロデュースする新感覚のミュージアム!

梓「大阪を代表する水族館である海遊館がプロデュースして新たにできたのが、このニフレルだ」

マ「あ、エキスポシティの正面すぐに、建物が。これなら駅や駐車場からでも、マンボウも迷わないで済みそうです、はってはて♪」

梓「この日は2月の土曜の午後だったからそれほど混んでいなかったけど、土日の午前中はファミリーやカップルでけっこう混雑するみたい。時間帯を午後にずらすか、事前にWebチケットを買っておくのもいいかも

 

 

梓「ニフレルでは、来訪者を7つのゾーンが出迎えてくれる。コンセプトは『感性にふれる』」

マ「ああ、〇〇にふれる、だからニフレルなんですねえ」

梓「生きものたちの生態をさまざまな面からの楽しめるよう、ゾーンごとに仕掛けがあるんだよ。それじゃあ、さっそく回ってみよう」

海を彩る「いろにふれる」

 

梓「最初は、動物の色彩を楽しむ『いろにふれる』のゾーンだ。円筒水槽に色鮮やかな魚たちが展示されている」

マ「コーナーの中の色も、数分おきに変わっていくんですねえ」

 

マ「水玉のエビに、しましまのエビ」

 

マ「はて、半分ピンクで半分ゴールドの魚が!」

梓「カラーひよこみたいだよね」

マ「あ、連理梓さん、ニモですよ、ニモ~」

梓「カクレクマノミってやっぱり、イソギンチャクによってくるんだね。ほら、名前のとおり、イソギンチャクの裏に隠れているよ」

水吹き、擬態の「わざにふれる」

 

梓「今度は『わざにふれる』のコーナー。ここではテッポウウオの水芸なんかも見られるよ」

 

マ「あら、アカエイは情けないお顔」

マ「はて。ここの水槽には何もいませんが」

梓「よく見てごらん」

マ「はて! こんなところにヒラメが」

闇の中に浮かびあがる「すがたにふれる」、そして「ワンダーモーメンツ」

マ「うわあ、なんだかすごく広いところじゃないですか、ここは」

梓「よく見ると壁一面が鏡になっているんだ。合わせ鏡にすることで、より広く見せているんだね」

 

梓「チンアナゴがいるのは砂ではなく、消臭剤なんかでも使われている高分子ポリマー。普段は埋まっている身体の部分まで見えるよ」

マ「もう一つはタツノオトシでゴですね。闇の中に孤独なシルエットが浮かびあがってます」

マ「魚への光の当て方がおもしろいですねえ」

 

マ「あら、凛々しいお顔も横から見ると情けない」

マ「はて、いつのまにか天球が浮かびあがる謎の空間へ」

マ「はてはて! 次々に光が変わっていきますねえ」

梓「全部で17のシーンへと変化していく『ワンダーモーメンツ』のゾーンだ」

大物たちが揃う「みずべにふれる」

梓「暗闇を抜けると、水辺の生きもののゾーンが始まる。ここからは、水を上がった動物たちも増えていくよ」

 

マ「はて! この巨大な生きものは」

 

マ「はて~ワニがすごく近くから見られますねえ」

マ「まぼ。このシルエットは」

マ「はて。ホワイトタイガーさんがお休み中でしたか」

マ「はてはて、起きてました。でも、眠そうねえ」

 

梓「ここにはフードコートもある。全体の中間地点だから、一休みしたい人たちにはうってつけだね」

マ「むむむ。食べる水とは、はて。なんだか興味深い食べものが並んでますよ」

放し飼いされる動物たちの「うごきにふれる」

 

マ「はてはて! いったいなんですか、ここは」

梓「マンボウちゃん、落ち着いて。これは古代の日本にいたマチカネワニのオブジェだよ」

 

マ「はて、柵がありません」

梓「ここは動物たちの動きに触れるコーナー。柵のない通路から動物たちを間近に観察できる」

     

マ「いろんな鳥があちらこちらに。柵なしで見るのは新鮮な気分ですねえ」

 

マ「あ、ビーバーってけっこう大きい。あんなに毛が水にぬれて、身体は重たくないんですかねえ」

 

マ「はて。天井からおもちゃのしっぽみたいなものが大量に」

 

マ「ああ、キツネザルちゃんでしたか」

梓「天井のあの辺りが温かいから、集まっているらしいよ」

 

マ「カピバラちゃんのつぶらな瞳もキュートですねえ」

マ「動物たちをいろんな側面から感じられる仕掛けがいっぱいのミュージアムでしたね、はってはて♪」

基本情報のまとめ

☆生きているミュージアム ニフレル 公式HP

〒565-0826 大阪府吹田市千里万博公園2

≫GoogleMapで開く

≫筆者:連理梓
≫来訪日:2019.02.17

水族館 相互リンク

↑↑↑日本全国でマンボウが回遊した水族館の記事はこちらにまとめてあります。

水族館好きのみなさんはぜひ、チェックしてくれ~まあんぼう~

関連記事

  1. 4月18日、桜満開の鶴岡公園│【4月】仙台から鶴岡、酒田市へ 2泊3日の旅 その6

  2. エゾリスが6代にわたり餌付けされてる屈斜路湖の三香温泉 | 2018年7月道東3泊4日の旅

  3. 【福岡市】手づくりコロッケと貝汁で〆ました| 家族経営の居酒屋、仙八 その5

  4. 【山口】たたみいわしのような天ぷらうどん│下関市の桃太郎

  5. 【青森】鮟鱇とも和え、めぬけのきりこみ、郷土料理満載:居酒屋すみれ組│【12月】冬の青森2泊3日の旅 その1

  6. 椎茸ダシを効かせた季節の野菜カレー│福岡県:九州自動車道広川インター下り線

  7. 11月伊勢神宮には桜が咲いていました|三重県伊勢市

  8. まるで牛肉みたいな鯨ステーキ│鯨料理の小料理おおいし

  9. 抜群に美味い、毛蟹の足のみそ焼き| 福岡市の北海ひがし

  1. 【特集:9月の富山】台風の中、紅葉の立山2泊3日の旅

    2020.10.03

  2. 【特集】彩りと器の組合せが抜群!大人の隠れ家:福岡市のtakanabe(…

    2020.09.15

  3. 【特集:8月】毎日バフンウニを食べた 稚内・利尻・礼文の旅 5泊6…

    2020.09.07

  4. 【特集:8月の上高地と乗鞍岳】無人の河童橋、爆流の善五郎の滝、朝…

    2020.08.11

  5. 【特集:西山口県】コバルトブルーの角島とホテル西長門リゾートを…

    2020.03.25

  6. 【厳冬の2月、道東2泊3日の旅】網走の流氷、カヌー釧路川源流下…

    2020.02.18

  7. 【特集】鯨料理専門店 福岡市のおおいし

    2019.06.30

  8. 【特集】トラディショナルイタリアンGUFO:福岡市

    2019.06.30

  9. 【特集】福岡市のイタリアン:キム翔

    2019.06.30

  10. 【韓国味噌鍋:博多】慶州鍋が名物のいずみ田祇園店 特集記事

    2019.06.22

  1. 【特集記事】JAL国内線ファーストクラス機内食  記事の一覧

    2019.02.12

  2. 【イタリアン料理】感動の5000円フルコース|鹿児島県薩摩川内市の…

    2019.05.21

  3. 【道東・道央の旅】くったり胡とサホロリゾート、帯広市の六花亭本…

    2018.12.15

  4. 【ありそでない家族経営の居酒屋】福岡市の仙八

    2019.05.29

  5. 【特集:冬の道東】快晴!冬の摩周湖や丹頂鶴、釧路の回転ずしに驚…

    2016.01.15

  6. 【世界遺産の旅:知床】知床五湖、ホエールウォッチング、摩周湖、…

    2016.09.02

  7. 【道東の旅】道東4日間のグルメと遊びのコース|北海道 2018.07.20…

    2018.07.20

  8. 【特集】紅葉の京都を1泊2日で楽しむ旅|清水寺、今宮神社、船岡温…

    2016.11.26

  9. 【特集:8月の上高地と乗鞍岳】無人の河童橋、爆流の善五郎の滝、朝…

    2020.08.11

  10. 【特集:7月の道央3日間】旭山動物園、美瑛のパッチ良野ラベンダー…

    2015.07.04

  1. 【特集】仏の世界の四階層╿如来・菩薩・明王・天

    2019.02.07

  2. 【特集】大塚国際美術館で見る美術史

    2019.01.27

  3. 【特集】奇想の画家ってなんですか?

    2019.02.17

  4. 【特集】三大阿弥陀堂と阿弥陀如来

    2019.01.27