帯広市のビジネスホテルで唯一の源泉かけ流し温泉|帯広市のふく井ホテル

帯広市の定宿をご紹介します。

地方に行くと全国チェーンじゃなくて地場のホテルで良いホテルに時々出くわします。

そんな数少ないホテルのひとつが帯広市にあります。

つきあたりあたりが帯広駅です。

この交差点、左手にはセイコーマート。右手を見ると

燦然と輝く「天然温泉」の文字。ふく井ホテルは創業91年だそうです。

以前は、別の場所で営業されていたのでここに移転して40数年とかフロントさんが言っていました。

近くに「天然温泉」を謳っているいるビジネスホテルはいくつもありますが、源泉かけ流しはこのホテルだけだそうです。

ホテルの地下からくみ上げているので、今年発生した地震の際はポンプが止まってしまって大変だったらしい・・

【お部屋】

今回はダブルのお部屋をシングル使用しました。

12月16日(日曜日)楽天トラベルからの予約で税込6500円(朝食付)でした。

窓際にはズボンプレッサー。

ドアを開けたところにはコレ。

貴重品入れも完備しています。

枕元にはコンセントがあるので、ベッドでスマホを充電しながらいじることができます。

冷蔵庫。

バスルームがありますが地下にある温泉大浴場に行くので使うことがないです。

テレビ。

朝食は翌朝、レストランで4つの中から選ぶことができます。

注文してから料理してくれるので温かい料理です。

私はホテルで夜の食事は利用しませんがお安くいろいろあるようですね。

温泉はオールナイトで入れますよ♪ 温泉宿みたい(^^)/

【温泉】

さて地下にある温泉に早速行ってきました。

このホテル、部屋の中のフェイスタオルもバスタオルも持っていかないで良いのです。

ちょっとビジネスホテルでは珍しいですよね。てぶら♪ありがたいです。

もちろん浴衣でもパジャマでもOK。

貴重品入れも用意してあります。ありがたや。

脱衣所にはマッサージ椅子が置いてありました。

タオルが山積みですね!

とても整理整頓が行き届いていて気持ち良いです。

鏡の前も整理整頓。

ねっ。ちゃんとしています。

ブラシ類は消毒ね。

大小の体重計も置いてあります。

温泉につかった後は、水分補給ですよね。

男性用大浴場。

特筆すべきは温泉かけ流しもですが、その泉質。

無色透明ながら、ぬるぬるした泉質は温泉に入った感があって大満足。

ほんと気持ち良いですよ~

浴場の左手にはなんか曇った部屋がありました。

ドアを開けてみてみると、上から蒸気が出ています。

サウナみたいなものなのでしょうね。

【朝食】

一般のお客も入れるのかな・・

レストランから入口を見た様子です。前方右手が入口です。

右手にはサラダとか梅干しとか飲物類などが置いてあって、バイキング形式っていうか、4種類の朝食以外に好きにとるようになっています。

奥のテーブルに座りました。なんか飛行機のエンジンが置いてあります。

オーナーが飛行機好きなのか単発機がぶら下がってます。

和食を注文してサラダなどを取りに行きます。

注文してから作り始めるのでどれも温かい。

そしてお母さんが作ったような料理がいろいろ並びます。

サンマが辛子明太子みたいになってます・笑

なんかこの卵焼き、すこし出汁が入ってて、普通の卵焼きの3倍近いボリューム。

美味しいです。温かい料理に勝るものはないですよね。

コロンビア珈琲押しになってました。

珈琲カップはなんとこのマシンで温めて用意されています。

コロンビア珈琲も美味しい♪

と思ってたら

珈琲をお持ち帰りできるようになっていて、紙コップに入れてレストランを出ていく人が多い。

まあ、何から何まで行き届いていること。

エレベーターの中には静電気防止してますよ的なアピールが。

あっ!このシートね。

ホテルロックにはなってないのでカギの閉め忘れには注意です。

最後に駐車場ですが、普通の立体駐車場と・・

車高の高い車にはホテルの隣に駐車場があります。

さて、六花亭本店に買い物に行った後・・

ふく井ホテルを出て夜の街にふらふら「魚千」で飲んだ記事はこちら・笑

☆ふく井ホテル
北海道帯広市西1条南11-19
GoogleMapで開く
TEL:0155-25-1717

≫筆者:おのちん
≫宿泊日:2018.12.16

関連記事

  1. 新潟県民のソウルフード、みかづきのイタリアン|新潟市

  2. 【鳥取市】衝撃のピンクカレーはスパイスが効いていた│2泊3日鳥取と城崎温泉の旅

  3. 見てわかるフワッフワの宍道湖天然うなぎ|松江市の居酒屋、やまいち

  4. 【福岡市】究極の肉豆腐|うどん居酒屋、二〇加屋長介 その7

  5. 鶏+魚介スープの手打ち中華そば|山口県山口市の侍

  6. 大間で生の本鮪を食う:「魚喰いの大間んぞく」│【11月】秋田、北岩手、青森の3泊4日の旅 その9

  7. 琵琶湖の歴史をご紹介╿滋賀県立 琵琶湖博物館

  8. 上杉謙信が祀られているのは山形県?╿米沢市の上杉神社

  9. 【福岡市】空豆とエンドウ豆とゆり根の天ぷら| 食と酒 なかむた その8

  1. 【特集:9月の富山】台風の中、紅葉の立山2泊3日の旅

    2020.10.03

  2. 【特集】彩りと器の組合せが抜群!大人の隠れ家:福岡市のtakanabe(…

    2020.09.15

  3. 【特集:8月】毎日バフンウニを食べた 稚内・利尻・礼文の旅 5泊6…

    2020.09.07

  4. 【特集:8月の上高地と乗鞍岳】無人の河童橋、爆流の善五郎の滝、朝…

    2020.08.11

  5. 【特集:西山口県】コバルトブルーの角島とホテル西長門リゾートを…

    2020.03.25

  6. 【厳冬の2月、道東2泊3日の旅】網走の流氷、カヌー釧路川源流下…

    2020.02.18

  7. 【特集】鯨料理専門店 福岡市のおおいし

    2019.06.30

  8. 【特集】トラディショナルイタリアンGUFO:福岡市

    2019.06.30

  9. 【特集】福岡市のイタリアン:キム翔

    2019.06.30

  10. 【韓国味噌鍋:博多】慶州鍋が名物のいずみ田祇園店 特集記事

    2019.06.22

  1. 【奈良の山手をめぐる旅】吉野、十津川村、飛鳥寺、伊賀上野城まで

    2016.04.09

  2. 【大分:久住遊覧】久住高原コテージの露天風呂から絶景の草原と阿…

    2019.05.15

  3. 【特集:稚内2泊】濃厚な宗谷のもずくや赤帆立など北の食材を堪能│…

    2015.10.31

  4. 【銀シャリてる房 特集記事】居酒屋なれど料理が丁寧でコスパが高い…

    2019.01.26

  5. 【特集】鶴の湯|秋田県乳頭温泉

    2019.03.19

  6. 【道東・道央の旅】くったり胡とサホロリゾート、帯広市の六花亭本…

    2018.12.15

  7. 【島根県:松江市の料理屋】やまいちで宍道湖七珍を食え

    2019.05.18

  8. 【8月の上高地3泊4日の旅】飛騨高山のゲストハウスに前泊して乗…

    2016.08.19

  9. 【特集:二〇加屋長介 薬院本店】超おススメ!なんでも美味い博多の…

    2019.05.13

  10. 【特集記事】ANA国内線プレミアムクラス機内食  記事の一覧

    2019.01.23

  1. 【特集】大塚国際美術館で見る美術史

    2019.01.27

  2. 【特集】奇想の画家ってなんですか?

    2019.02.17

  3. 【特集】仏の世界の四階層╿如来・菩薩・明王・天

    2019.02.07

  4. 【特集】三大阿弥陀堂と阿弥陀如来

    2019.01.27