分厚い帆立差しに銀カレイのえんがわ | 帯広市の炉端、魚千

実は営業時間の17時になっても暖簾が出てこない。

店の前に立ってましたが「違う店に行ってみようか」と妙な考えを起こし地元チェーン店に浮気して行ってしまいました。

それが大失敗( ;∀;) すっごい料理が悪すぎて・・

少し料理をお腹に入れてしまったことを後悔しつつ魚千にリターン。

魚千に18時頃に再来店したところ暖簾もかかり運よくカウンター席も空いていました。しかしカウンター席もすぐに満席。

私達の後に「予約なし来店」のお客様がいらっしゃいましたが「いっぱいです~」の声に見送られながら帰っていかれました・・チェーン店に見切りをつけてこちらに来て良かった。

カウンターの角あたりに席を指定されたので、カウンターの上に乗っている食材も良く見えます。

右手には揚げ豆腐やししとうのベーコン巻きなど・・

左手には銀むつカマやホッケなどが並んでいます。

目の前のこりゃなんじゃ?見たこともない魚です。

なにはともあれメニューを女将から頂きまして・・

あの変な形の魚は「銀むつかま*時価」ちゅうやつらしいですわ!

お隣のお姉さん2人組がこれを2人でシェアして食べてましたが「うまい、うまい」と聞こえてきます。

レギュラーメニューじゃなくて、おススメの黒板メニューをみなさん結構食べている様子。

女将は渋谷ツネ子さんなのね(^^)/

白板の「今日のおススメ」から、ホタテ刺しを注文。

私「時価」って書いてある。「時価の私って今日はおいくら?」って聞いたら・・ふふふ・・だって・・笑

まずは、つきだし。

豆などをおからで和えたもの。

最初の1品からお酒に合う、体にやさしいお品ですね。

おおっ!

なんかでかいぞコレ!でっかい帆立が7個無造作に盛られて出てきました。

これが噂に聞こえる「ホタテ刺し」か!!

見たこともないような厚みのあるホタテです。

どっから仕入れてくるんだろう。

ホタテはたくさん食べてきましたが、こんなに厚みのあるホタテは初めて!!

厚みが3センチはあるでしょう(^^)/

口に放り込むとその新鮮さが伝わってきます!ちゅうか食べ応えあってたまんない美味さです。

すごいぜハズキルーペ・・じゃなくて、すごいぜ渋谷ツネ子!!

ちょっと来店初っ端から感動に包まれました。

ああっ寒かったとは言え、なんで最初から暖簾がかかるのを待てなかったのか・・

次に登場したのは、これもおススメの「銀カレイのえんがわ

これもお隣の女性2人組がお酒を飲みながら「うまいうまい」と言っていたのでつい注文。

元来、ヒラメのえんがわは大好きなんですが、この銀カレイの縁側も美味いっ!

なんというか甘くて濃くて味がある。

それにしてもボリュームありすぎ・・もちょっと少な目にして欲しいなあ・・

最近オヤジは胃袋が小さくなってきたのですが、ボリュームありすぎだから1人じゃ無理やな。

いろいろ焼いてる焼いてる。

ししとうのベーコン巻きを注文。初来店の時は常連客らしい他人の注文するものを見ながら注文しています。

これもデカイですわ。バラシて2人で半分づつ食べるのが正解。

冷酒がどんどん進みます。

そのうちに女将が漬物を出してくれました。

?と思ったらサービスでしたあ♪

最初に違う店に浮気して少し食べてから入店していたことと、なにしろボリュームがすごいのでお腹いっぱいになってきました。

そこで〆に「とろろ飯」を注文。

スタッフがとろろ飯を作り始めましたが、なにやら女将の指導が入ってる。

こうやってこんなふうに混ぜるんよ・・みたいな話が聞こえてきます。

そのうちに女将自ら混ぜ始めました・笑

こんな感じでガンガン混ぜています。

そのうち、女将が「2人とも食べるの?」と聞いてきました。

はい!と応えるとちゃんとお皿を2つに分けてくれました。

ととろ飯~

まあうまいのなんの。空気がたっぷり入ってふわっふわ♪

女将渾身の一作ですわ。

ありがとう!女将!帯広に来たら必ずよりますわ。

☞翌朝、鶴見台に丹頂鶴を見学に訪れました。(動画あり)

☆炉端 魚千
〒080-0012 北海道帯広市西2条南9丁目20

≫googleMapで開く
TEL:0155-25-1569
営業時間:17時~23時
定休日:毎月第2日曜日、毎月第4日曜日

≫筆者:おのちん
≫来店日:2018.12.16

関連記事

  1. 歌謡曲をリクエストして昭和に浸る│歌謡曲BARスポットライト天神店

  2. 日本の神が集うところ╿島根県 出雲大社

  3. 王国への道╿和歌山県 周参見の道の駅「イノブータンランド」

  4. 牡蠣フライ定食、辛子明太子は取り放題|大阪国際会議場内のまいどおおきに食堂

  5. 高台寺近くの小道にある小さな純喫茶|京都市東山区高台寺

  6. 《まとめ》日本のすてきなマンホール

  7. 澄み渡る海の底の洞窟!╿和歌山県 白浜町の三段壁洞窟

  8. 《世界遺産》奥州藤原氏が残した金色の阿弥陀堂╿岩手県 平泉の中尊寺

  9. 秘境、ニセコ五色温泉の2泊目の夕食|2泊3日のニセコの旅 2017.05.13-15

  1. コバルトブルーの角島とホテル西長門リゾートを楽しむ1泊2日の旅

    2020.03.25

  2. 【厳冬の2月、道東2泊3日の旅】網走の流氷、カヌー釧路川源流下…

    2020.02.18

  3. 【特集】鯨料理専門店 福岡市のおおいし

    2019.06.30

  4. 【特集】トラディショナルイタリアンGUFO:福岡市

    2019.06.30

  5. 【特集】福岡市のイタリアン:キム翔

    2019.06.30

  6. 【韓国味噌鍋:博多】慶州鍋が名物のいずみ田祇園店 特集記事

    2019.06.22

  7. 【6月初旬】温泉のニセコ&ウニの積丹半島3泊4日

    2019.06.08

  8. 【ありそでない家族経営の居酒屋】福岡市の仙八

    2019.05.29

  9. 【昭和レトロ居酒屋】福岡市博多区のがったんごっとん

    2019.05.28

  10. 【イタリアン料理】感動の5000円フルコース|鹿児島県薩摩川内市の…

    2019.05.21

  1. 【紅葉の旅 】 白馬・小谷・栂池・乗鞍高原3泊4日の旅 2017.10.1…

    2019.02.15

  2. 【道東の旅】道東4日間のグルメと遊びのコース|北海道 2018.07.20…

    2019.01.23

  3. 【厳冬の2月、道東2泊3日の旅】網走の流氷、カヌー釧路川源流下…

    2020.02.18

  4. 【特集】鶴の湯|秋田県乳頭温泉

    2019.03.19

  5. 【島根県:松江市の料理屋】やまいちで宍道湖七珍を食え

    2019.05.18

  6. 【北海道を東西へ2泊3日】旭川を拠点に東へ西へ、増毛町~紋別町

    2019.03.28

  7. 【特集記事】JAL国内線ファーストクラス機内食  記事の一覧

    2019.02.12

  8. 【特集:岩手県の遠野市を楽しむ旅】仙台空港から沿岸を北上しまし…

    2019.04.06

  9. 【奈良県:小料理奈良】大皿料理は半製品。どんなものに仕上がるか…

    2019.05.18

  10. 【熊野は世界遺産だらけ】それにしても遠かった

    2019.04.28

  1. 【特集】奇想の画家ってなんですか?

    2019.02.17

  2. 【特集】三大阿弥陀堂と阿弥陀如来

    2019.01.27

  3. 【特集】仏の世界の四階層╿如来・菩薩・明王・天

    2019.02.07

  4. 【特集】大塚国際美術館で見る美術史

    2019.01.27