【稚内】アーケード街のロシア語表記を解読│【8月】稚内・利尻・礼文の旅 5泊6日 その6

稚内アーケード街はロシア語表記

稚内駅の近くに商店街というかアーケード街があるので見学にやってきました。こちらはそのメインとなるであろう「相沢食料百貨店」です。食料を販売しているのなら「スーパー」じゃないかと思うのですが、それを敢えて「百貨店」つまり食のデパートだ!と言い切るところに経営者の想いが感じられますね。

その相沢食料百貨店の入り口です。フロントを美しく保たれています。

そして特筆すべきはその入り口の横にある二宮尊徳像でございます。

普通は薪を背負い書物を読みながら歩く二宮尊徳様ですが、この二宮尊徳様は野菜と鍬を手に持っているばかりかマスクまでしています。稚内市民のコロナウィルス対策に対する熱意を熱く感じましたっ。

ところでこのアーケード商店街は屋根にあるお店の表記がロシア語なのです。

ほら!ロシア語ですよね。そして店の前に小さくぶら下がっている看板には「金子陶器店」と書いてあります。

あっ!ロシア語を解読しましたぜ。天才かな俺。

日本語の「かねこ」に対するロシア語は、KAとKOは同じ読みですが真ん中の「ね」にあたる部分の読みがHは英語のNですね。そしてEを左右にひっくり返したようなロシア語独自の文字はEですわ。

ちゅうことはロシア語のHは英語のNで、英語のEの文字はひっくり返して表現してるということなのか。どうしても米国の真似をしたくなかったのか、相当なひねくれものやなあ。EはEで良いと思うのだけど、ひっくり返してまであまのじゃくをしたかったのか。そしてNはNのままで良いのに横棒を上げて、あえてHの文字をNと読ませるなんざ、ひねくれ方が半端じゃないわ。ロシア人は、なにを考えているだろうか

つまり、この緑の看板の正面に書いてあるロシア語は「かねこ」ですわ。

それと途中で再発見したのですけどね、ロシア語にはNの斜め線を逆にした文字があるじゃないですか、あれは英語の I ですぜ。

日本最北端の稚内駅

さてロシア語を解読し天才の名声を思いのままにした私は、興奮も冷めやらないまま、日本最北端のJR宗谷本線、稚内駅にやってきました。稚内駅の外部にその線路はありました。どうも駅の位置が移動したみたいですね。

道の駅と一緒になっている稚内駅の建物の中に入ると、線路の終わりに「最北端の線路」の看板がありました。

道の駅が一緒になっているので「ワッカナイ セレクト」なる売店がありますので中に入ってみました。こういう地方の道の駅はワクワクするのでいつも立ち寄ります。

あわびの缶詰というようなありそうなものだけでなく、トド肉大和煮、えぞシカ角煮、えぞシカ味噌煮、熊肉大和煮など珍しいものが盛りだくさんです。味噌煮とか大和煮とか美味いのだろうか。

トド肉は噛み切るのに力いるぞみたいな話は聞いたことがありますが、焼肉のミノみたいにいつまでも噛みきれないとイヤだなあ。

こちらはカレー編で美味そうです。かにカレー、帆立カレー、たこカレー、海鮮スープカレー、かきスープカレーなどなどいろんな美味そうなカレーが揃ってます。

こっちの棚も、たらばかにカレー、ずわい蟹カレー、ほっきカレー、わっかない黒牛カレー、その他カレーずくしですわ。

ケーキ屋さんには稚内のゆるキャラ「出汁の介」がいますわ。ポテラーナなる美味そうなケーキがありましたよ。

利尻島や礼文島が近いのでさすがに昆布は外せないですね。

レストランもありました。

そして駅弁の美味そうなこと。雲丹弁当もただの弁当じゃないっすよ「どっさりうに弁当」ですよ。四大かに弁当や食べ比べ三大かにめしなど、稚内駅から電車に乗りたくなりましたわ。ほんと美味そう。

その先の正面が切符売り場でその右が乗り場のホームです。

なんじゃこのモニュメントはと思ったのですが、私には読んでも良くわかりません。ロシア語を解読した私なのに。

稚内から札幌まで特急で5時間もかかるそうです。簡単に遊びに行けないですね。そりゃ稚内空港から札幌に飛行機が飛んでるはずだわ。

稚内の宿はサフィールホテル稚内

さて稚内駅構内から外に出てきました。さきほど立ち寄った稚内公園の有料か無料化で悩んだタワーが正面に丘に見えています。

稚内駅の海側に見えるのが本日の宿、サフィールホテル稚内です。

以前、宿泊した時は、ANAクラウンプラザホテルだったのですけど経営が変わったみたいです。海に面したホテルで晴れていれば朝日がとても美しいホテルですよ。

ホテルの中はいかにもシティホテルの面影を残していますね。

ロビーは広く快適です。

ホテルの部屋から稚内の名所のひとつ「稚内港北防波堤ドーム」を眺めることができました。あの船は海上保安庁の船です。この前も停泊していました。

≫この旅の次の記事:馬糞と紫雲丹の食べ比べ:稚内の江戸前寿し竜│【8月】稚内・利尻・礼文の旅 5泊6日 その7

 

☆サフィールホテル稚内
〒097-0023 北海道稚内市開運1丁目2−2
GoogleMapで開く
TEL:0162238111
サフィールホテル稚内 公式ホームページ

≫筆者:おのちん
≫来店日:2020.08.25

関連記事

  1. 【福岡市】注文を受けてから伸ばす手打ち肉詰めパスタ、アニョロッティ|高砂のイタリアンGUFO

  2. 中部国際空港から上高地の大正池ホテルへ | 2018.10.13

  3. ひがん河豚の白子ソース掛け|地物のネタで勝負する【鮨 なにわ】その3

  4. 日本一の強酸性ph1.3の温泉はヌメヌメしてピリピリした|秋田県の山岳リゾート「新玉川温泉」その3

  5. 火山噴火チキンカツ|国立科学博物館は入場料600円

  6. ホテルのBARで食事&フルーツ | ANAクラウンプラザ福岡のメザニンバー

  7. 《世界遺産》仁和寺で見る明王と天

  8. 【岐阜】バスで乗鞍高原の畳平到着。お花畑を散策しようとしたら│8月初旬2泊3日信州上高地と乗鞍岳の旅 その16

  9. 味噌豚ビビンバとホルモン鉄板焼き定食|福岡市の焼肉ウエストプレミアム キャナル前店

  1. 【特集】彩りと器の組合せが抜群!大人の隠れ家:福岡市のtakanabe(…

    2020.09.15

  2. 【特集:8月】毎日バフンウニを食べた 稚内・利尻・礼文の旅 5泊6日

    2020.09.07

  3. 【特集:8月の上高地と乗鞍岳】無人の河童橋、爆流の善五郎の滝、朝…

    2020.08.11

  4. 【特集:西山口県】コバルトブルーの角島とホテル西長門リゾートを…

    2020.03.25

  5. 【厳冬の2月、道東2泊3日の旅】網走の流氷、カヌー釧路川源流下…

    2020.02.18

  6. 【特集】鯨料理専門店 福岡市のおおいし

    2019.06.30

  7. 【特集】トラディショナルイタリアンGUFO:福岡市

    2019.06.30

  8. 【特集】福岡市のイタリアン:キム翔

    2019.06.30

  9. 【韓国味噌鍋:博多】慶州鍋が名物のいずみ田祇園店 特集記事

    2019.06.22

  10. 【6月初旬】温泉のニセコ&ウニの積丹半島3泊4日

    2019.06.08

  1. 【ありそでない家族経営の居酒屋】福岡市の仙八

    2019.05.29

  2. 【9月の道東4泊5日の旅】釧路・帯広・厚岸・根室・弟子屈、道東の…

    2014.09.04

  3. 【特集:7月の尾瀬と会津】新潟空港から行く尾瀬と会津、2泊3日の旅

    2015.07.24

  4. 【低糖質・低カロリー・野菜ソムリエ】Agro(アグロと読みます)福…

    2019.02.27

  5. 【銀シャリてる房 特集記事】居酒屋なれど料理が丁寧でコスパが高い…

    2019.01.26

  6. 【特集:冬の道東】快晴!冬の摩周湖や丹頂鶴、釧路の回転ずしに驚…

    2016.01.15

  7. 【特集:西山口県】コバルトブルーの角島とホテル西長門リゾートを…

    2020.03.25

  8. 【特集:7月の道央3日間】旭山動物園、美瑛のパッチ良野ラベンダー…

    2015.07.04

  9. 【北海道を東西へ2泊3日】旭川を拠点に東へ西へ、増毛町~紋別町

    2016.06.28

  10. 【特集:岩手県の遠野市を楽しむ旅】仙台空港から沿岸を北上しまし…

    2016.05.21

  1. 【特集】仏の世界の四階層╿如来・菩薩・明王・天

    2019.02.07

  2. 【特集】三大阿弥陀堂と阿弥陀如来

    2019.01.27

  3. 【特集】奇想の画家ってなんですか?

    2019.02.17

  4. 【特集】大塚国際美術館で見る美術史

    2019.01.27