ニセコ五色温泉旅館で露天風呂三昧【動画多数】│北海道ニセコ町

ニセコ五色温泉旅館に到着したら、早速「からまつの湯」の露天風呂へ直行です。 2019.05.31

2019年5月31日、午後17時にニセコ五色温泉旅館に到着しました。いつもよりやや早いのはタイムズレンタカーを借りたせいかと思います。トヨタレンタカーと逆方向にあって千歳市内に近いので20分は時間が違うと思います。天気予報どおり天気は雨がぱらついたり曇っています。

 

5月はGW明けの週に来ていたのですが今年は遅くなりました。それには積丹のウニを食べるという目的があるのです。それにしてもGW明けは宿の周りには雪が結構あるのですが半月違うだけでまったく様子が違います。先週の日曜日に北海道は30℃以上になったせいでしょうか。佐呂間では39℃になっていましたもんね。

さてチェックインしたらまずは、温泉につかります。このお宿、部屋数は10室しかないのに温泉がやたらと大きいのです。人数が少ないとすごいゆったりできるんです。2つの源泉で2つの内湯と露天風呂がありますのでまずは「からまつの湯」から入りました。

なんだか温めです。源泉の温度が高い上にかけ流しなので温度管理がなかなか難しいようです。外気温の関係もあるのでしょうけどね。

そういえば、ニセコ五色温泉旅館のお風呂はやたらと滑りやすいので注意が必要です。いつも転びそうになるのですが、今回はこの「からまつの湯」の露天風呂に入るときに、ついに転んでしまいました。指を打ったのでずっと痛いです。

五色に変化する温泉の色はすがすがしい色をしていました。からまつの湯の露天風呂は屋根が無いので雨が降っているときには入りません。

今回は霧が出ていて雨がほぼ止んでいます。霧というより雲の中に入っているのだと思います。標高750Mですから。

冬場は雪に隠れて見えない樹木山草もいっせいに大きくなっています。エゾヤマザクラも咲いていました。標高が高いのでなんとかこのあたりは咲いているのですね。

ここまでの動画を作成してみました。ニセコ五色温泉旅館のプロモーションビデオみたいになってしまいました・笑
こちらは「からまつの湯」の様子です。

 

動画だと風が吹いている様子とかよくわかるかと思います。

 

そして小鳥のさえずりも聞こえます。

 

初日の夕食   2019.05.31

夕食は18時から開始と決まっています。私たちの準備ができているようですね。お泊りの部屋は2階になっています。10部屋のみなんです。いつものことながら私たちはツインの洋室を予約しました。

私たち以外は1組のみです。雨の金曜日だからでしょうか。他に素泊まりが2組いらっしゃるそうです。18時に間に合わないのかどこか食事したいところがあるのかわかりませんが下界まで20キロくらいあるので食事はここでとるのが良いような気がします。

この宿は基本は鍋です。しかし今日はすき焼きがメインになっていました。スタンダードより2品料理が増えるというデラックスプランにしています。どの2品が多いのかいつも悩みます・笑 ちなみにデラックスプランでも2名で税込み19,956円です。とてもお安いのです。ちなみに土曜日はこのデラックスプランしかありません。

さて、アサヒスーパードライもありましたが北海道に来たらサッポロビールを飲みましょうかね。

道路わきで沢山の人たちがたくさん取っていたのは根まがり竹のタケノコですね!!チシマザサのタケノコです。お高いらしいですもんね。

これは・・忘れました。魚だったような気がします。

ホタテとタコの刺身です。

このエビは大きめです。車エビでしょうか。

茄子の煮びたしにアスパラを添えてあります。

サッポロビールを飲みほしたのでニセコのお酒「二世古」を頂きました。

昆布。

すき焼き2名分です。

すき焼きはご飯のおともに頂きました。

1泊目の夕食を動画にしました。

食後、一休みしてから大浴場へGO

またしても貸し切りです。ニセコ五色温泉旅館は「からまつの湯」と「大浴場」と2つの温泉があり源泉が違います。この「大浴場」もなにか名前をつけたら良いと思うのですが「アンヌプリの湯」とかね。

誰もいないのでゆったり入ります。誰かいても大きいのでゆったりなのですけどね。

 

露天風呂に出てきました。

露天風呂から内湯を眺めた写真です。大浴場は内湯も外湯もちょうど良い湯加減です。眠たくなります・笑

ぬるめが良いのはお酒だけじゃなくて温泉もそうですね。長湯したいですもん♪ 夜とかは向うからクマが来たらどうしようという妄想にかられるのは私だけでしょうか。

大浴場の露天風呂を動画にしてみました。

 

朝5時の大浴場の露天風呂でニセコアンヌプリからのご来光

朝の5時、夜も入った大浴場にやってきました。

内湯は2つあるのですが、窓側から明るさが目にしみます。でもまだご来光は出てませんでした。

大浴場の内湯の動画です。

 

内湯にサッと入った後は、露天風呂に向かいます。

朝5時の大浴場の内湯と露天風呂の動画です。

 

内湯から露天風呂に出てきます。

ニセコアンヌプリの山すそから太陽が上がるようです。

前日と打って変わって快晴です。天気予報も晴れに代わっていました。

 

明るくはなっていますがまだ太陽光は差し込んでいません。

露天風呂でゆったりしながらご来光が差し込むのを待ちます。

 

草木もどんどん育ってきてますね。これが12月にはまったく緑とかないので自然の強さはすごいなあと思います。

小鳥のせせらぎや風の音が気持ち良いデス。

 

山すそがだいぶ明るくなってきました。太陽って出るときはスッポンって感じで上がるので少しも目が離せません。

だいぶ明るくなってきました。てっぺんが見えています。

 

標高750Mで空に近いせいか雲の流れが近いし早いです。

雲が異常な速さで山肌を滑っていきます。

 

快晴!今日は倶知安に芝桜を見に行く予定にしていたので楽しみです。

ついぞ太陽様の登場です。お姿が完全に見えました。

内湯の窓にもサンサンと光があたります。まぶしぃ。さてご来光も見たことだし上がりましょうか。

部屋から露天風呂の間には広い休憩所があります。立ち寄り湯がとても多いらしくこのような休憩所が必要なのでしょうね。

暖炉もあります。火が入っているのを見たことはありません。

ニセコ五色温泉旅館の本館と自炊棟

ご飯は7時半からなのでまだ2時間近くあります。近くを散歩してみました。

外の空気はとても美味しくてお天気が良いせいもあって清々しいです。右側がフロントや客室で渡り廊下を通って左手の新しい建物が旅館の人たちの部屋です。

フロント受付がある建物の右手には小川があります。これは大浴場の源泉から流れ出るものかと思います。建物よりちょい上に源泉があるのです。

触ってはみませんでしたがお湯であったかいと思います。

 

からまつの湯の建物の前から自炊棟を撮影してみました。手前にあるのが自炊棟の源泉です。

自炊棟と源泉の動画です。

 

この自炊棟は調理器具などきちっと揃っているし安いので結構人気があって早く予約が埋まるようです。建物の左手が内湯と露天風呂です。

この源泉は良い色をしていますねぇ。

ニセコ五色温泉旅館、自炊棟の動画です。良い色をしていますよ。

 

ほらね。こんな感じでブクブクとお湯が沸きだしています。

雲が沸いては消えるニセコ五色温泉旅館です。

露天風呂側から撮影です。自炊棟です。

宿の前の道路は岩内への道は開通しています。この道を後ろの方向に行くと倶知安に16キロくらいで行きます。冬場は通行止めなのでニセコ経由で1時間かかるので大変楽になります。

ちょいと降りたところから写真を撮ってみました。左手に見えるのが自炊棟です。まだ雪がありますね。

雪越しに自炊棟を見る。

フキノトウがたくさん芽を出しています。さてそろそろ7時半ということで宿に戻りました。

ニセコ五色温泉旅館の朝食です。量は多くなくて丁度良いです。

☆ニセコ五色温泉旅館
〒048-1511 北海道虻田郡ニセコ町ニセコ510
GoogleMapで開く
TEL:0136-58-2707
公式ホームページ ニセコ五色温泉旅館
≫筆者:おのちん
≫宿泊日:2019.05.31~06.02

関連記事

  1. 手打ち「かしわ蕎麦」850円 | 北海道新得町の十割蕎麦、十箱。

  2. 日本一の強酸性ph1.3の温泉はヌメヌメしてピリピリした|秋田県の山岳リゾート「新玉川温泉」その3

  3. 出汁が美味い、料理が美しい|福岡市博多区の五三食堂 その1

  4. ヤリイカ酒塩焼きで一献│福岡市博多区の五三食堂 その39

  5. 鶴の茶屋でホットコーヒーを飲んで出発|乳頭温泉、鶴の湯 その5

  6. ホテルのメインバーでフルーツ盛り合わせ|グランドハイアット福岡のマティニーズ

  7. ボリュームあるアンコウ鍋1280円 | 福岡市の銀シャリてる房-J

  8. 酒のアテ、生木くらげ刺し|福岡市博多区の五三食堂 その30

  9. 落ち着いた小さな古民家で素晴らしき居酒屋料理を食う|長野県下諏訪の飛やじ

  1. 【特集】鯨料理専門店 福岡市のおおいし

    2019.06.30

  2. 【特集】トラディショナルイタリアンGUFO:福岡市

    2019.06.30

  3. 【特集】福岡市のイタリアン:キム翔

    2019.06.30

  4. 【韓国味噌鍋:博多】慶州鍋が名物のいずみ田祇園店 特集記事

    2019.06.22

  5. 【6月初旬】温泉のニセコ&ウニの積丹半島3泊4日

    2019.06.08

  6. 【ありそでない家族経営の居酒屋】福岡市の仙八

    2019.05.29

  7. 【昭和レトロ居酒屋】福岡市博多区のがったんごっとん

    2019.05.28

  8. 【イタリアン料理】感動の5000円フルコース|鹿児島県薩摩川内市の…

    2019.05.21

  9. 【1月の島根県松江】宍道湖七珍を楽しむも大雪で特急やくもで博多…

    2019.05.20

  10. 【島根県:松江市の料理屋】やまいちで宍道湖七珍を食え

    2019.05.18

  1. 【北海道を東西へ2泊3日】旭川を拠点に東へ西へ、増毛町~紋別町

    2019.03.28

  2. 【道東の旅】道東4日間のグルメと遊びのコース|北海道 2018.07.20…

    2019.01.23

  3. 【1月の島根県松江】宍道湖七珍を楽しむも大雪で特急やくもで博多…

    2019.05.20

  4. 【特集:二〇加屋長介 薬院本店】超おススメ!なんでも美味い博多の…

    2019.05.13

  5. 【特集記事】JAL国内線ファーストクラス機内食  記事の一覧

    2019.02.12

  6. 【島根県2泊3日の旅】松江で宍道湖の珍味、境港で蟹、雲南市で築145…

    2019.02.26

  7. 【特集:岩手県の遠野市を楽しむ旅】仙台空港から沿岸を北上しまし…

    2019.04.06

  8. 【昭和レトロ居酒屋】福岡市博多区のがったんごっとん

    2019.05.28

  9. 【銀シャリてる房 特集記事】居酒屋なれど料理が丁寧でコスパが高い…

    2019.01.26

  10. 【特集】紅葉の京都を1泊2日で楽しむ旅|清水寺、今宮神社、船岡温…

    2019.05.17

  1. 【特集】三大阿弥陀堂と阿弥陀如来

    2019.01.27

  2. 【特集】奇想の画家ってなんですか?

    2019.02.17

  3. 【特集】仏の世界の四階層╿如来・菩薩・明王・天

    2019.02.07

  4. 【特集】大塚国際美術館で見る美術史

    2019.01.27