巨大なシャチにクジラの骨格、イルカのロケットジャンプも!╿名古屋港水族館

こんにちは、はてはてマンボウです。太平洋を回遊しているうちに、名古屋港へと辿り着きました。

大きな船がたくさん泊まっているいるわねえ。

梓「名古屋に来たなら、名古屋城よりも、熱田神宮よりも、まずは名古屋港水族館だ

マ「あ、連理梓さん。名古屋港水族館ってそんなにおススメなんですか」

梓「日本で一番楽しい水族館だと思っている」

マ「ま、まあんぼう。そう聞くと、期待が高まりますねえ、はってはて♪」

いきなり巨大水槽! 雄大なシャチがお出迎え

梓「入口は、北館の2Fにある。名古屋港水族館は北館と南館に分かれていて、北館はクジラ類の展示が中心、南館はその他の生きものの展示が中心、という具合」

マ「おお、大きな水槽です」

マ「ひゃあ、入ってそうそう、シャチですよ、シャチ!」

梓「いきなり足を止めちゃうよね」

マ「身体の大きさに似合わず、ぐりぐり動きますねえ。すばやくてダイナミックです」

梓「続けて、イルカの水槽だ」

マ「今度はベルーガですよお」

梓「名古屋港水族館はなにかにつけて、クジラ類がすごい」

マ「クジラ類? はて」

梓「その辺の話は、次の『進化の海』ゾーンで話そう」

海から陸へ、また海へ……クジラたちの「進化の海」

マ「うわあ、シャチの隣にクジラの骨格標本でしたか」

梓「ここは入口のシャチやイルカのゾーンの先にある『進化の海』の展示エリア。クジラ類の進化の歴史をたどっていく」

梓「生物は進化の過程で海から陸にあがる。だけど、再び海へ戻ることを選んだのがクジラ類

マ「一度進化したのに、また海へ戻ったんですねえ」

梓「この写真はバシロサウルス。4,000万年ぐらい昔に生きていた、原クジラ類。クジラのご先祖様」

梓「ところでマンボウちゃんは、クジラとイルカの違いがわかるかな」

マ「はてはて。いかついか、かわいいかの違いでは」

梓「実は、生物学上の違いはない」

マ「は、はて! 同じ生きものなんですか」

梓「大きさで呼び方を分けているだけだ。猛禽類のタカとワシが大きさで分けられるのと同じ。ざっと全長3、4mを基準として、これより小さいのがイルカ、大きいのがクジラと呼ばれる傾向にある」

マ「それじゃあ、シャチは」

梓「大きさから言ってクジラよりだけど、呼称を分けるための区分だからそれほど意味はない。ちなみにシャチは英語でkiller whaleともいう」

たくさんの魚たちを潜り抜けて……やっぱりペンギン!

梓「南館の2Fにやってきた。南館は1Fから3Fまでで、さまざまな海の生きものを楽しめるんだ。南館の1Fは、出口につながっている」

マ「うわあ、イワシの回遊ですよお」

マ「むむむ、ひょこひょこ」

マ「ひええ、おびただしい数のタカアシガニが」

梓「最高じゃないか」

マ「連理梓さんは、タカアシガニが大好きですよね、はて……」

マ「うわあ、魚が空を泳いでいるみたいですねえ」

マ「はて! ものすごい勢いで通り過ぎる影」

マ「ああ、ペンギンちゃんでしたか、かわいいですねえ」

マ「はて、なんだか個性的なペンギンが多いような」

マ「まぼ? 一匹はぐれてしまったようなペンギンが」

マ「瞑想中でしたか」

マ「あ、お友達が」

圧巻の20分間! 日本最大級のプールで楽しむイルカパフォーマンス

梓「さて、南館を楽しんだあとは、北館に戻って3Fのメインプールへ行こう。イルカパフォーマンスの時間だ」

マ「うわあ、すごく広いプールです! 人の入りもすごおい」

梓「中央にある巨大画面を見てほしい」

マ「イルカがアップで映ってます!」

マ「賢いイルカたちですねえ」

梓「イルカショーって、イルカの生態を解説したり、イルカの名前を紹介したりして場をつないでいるショーも多いけれど、名古屋港水族館のイルカショーは、ほぼ休みなしでひたすらパフォーマンスを続けるから見ごたえがある」

マ「おお、イルカが立ち泳ぎして、プールを横切っていきます」

梓「プールを横切るのはイルカだけじゃないよ」

マ「まぼ?」

マ「イルカの背に乗ってます。も、もしや……」

マ「ひょええ、すごい勢いです!」

梓「なかなかの見ごたえだよね」

マ「イルカショーへの印象が変わりました! イルカパフォーマンスは、見て損はなしですね!」

基本情報のまとめ

☆名古屋港水族館 公式HP

〒455-0033 愛知県名古屋市港区港町1−3

≫GoogleMapで開く

≫筆者:連理梓
≫来訪日:2014.08.31

水族館 相互リンク

↑↑↑日本全国でマンボウが回遊した水族館の記事はこちらにまとめてあります。

水族館好きのみなさんはぜひ、チェックしてくれ~まあんぼう~

関連記事

  1. タレで食する「鯛めし」!?╿愛媛県 宇和島市のほづみ亭

  2. 松山鍋焼きうどん|愛媛県松山市総合コミュニティセンター内

  3. 福岡空港→出雲えんむすび空港へ、SAABの4羽プロペラ便|JAL355便 2019.02.16

  4. 羅臼特産、見かけも味もびっくりの黒ハモ丼|羅臼の知床食堂

  5. 網走刑務所の旧門を寺の入り口に配した永専寺│2月のオホーツクの旅、3泊4日

  6. 大量のサクラマスが滝をジャンプ/ 清里町のさくらの滝 | 2018年7月道東3泊4日の旅

  7. 【北海道】網走湖のワカサギ釣りからの網走監獄、そして硫黄山│厳冬の道東3泊4日 その4

  8. 【和歌山】《世界遺産》源平合戦の行方を決めた神社!?╿田辺市 鬪雞神社

  9. 温泉リゾートホテル 里創人 熊野倶楽部の食事|三重県熊野市

  1. 【特集:9月の富山】台風の中、紅葉の立山2泊3日の旅

    2020.10.03

  2. 【特集】彩りと器の組合せが抜群!大人の隠れ家:福岡市のtakanabe(…

    2020.09.15

  3. 【特集:8月】毎日バフンウニを食べた 稚内・利尻・礼文の旅 5泊6日

    2020.09.07

  4. 【特集:8月の上高地と乗鞍岳】無人の河童橋、爆流の善五郎の滝、朝…

    2020.08.11

  5. 【特集:西山口県】コバルトブルーの角島とホテル西長門リゾートを…

    2020.03.25

  6. 【厳冬の2月、道東2泊3日の旅】網走の流氷、カヌー釧路川源流下…

    2020.02.18

  7. 【特集】鯨料理専門店 福岡市のおおいし

    2019.06.30

  8. 【特集】トラディショナルイタリアンGUFO:福岡市

    2019.06.30

  9. 【特集】福岡市のイタリアン:キム翔

    2019.06.30

  10. 【韓国味噌鍋:博多】慶州鍋が名物のいずみ田祇園店 特集記事

    2019.06.22

  1. 【特集:西山口県】コバルトブルーの角島とホテル西長門リゾートを…

    2020.03.25

  2. 【特集:9月の富山】台風の中、紅葉の立山2泊3日の旅

    2020.10.03

  3. 【特集:11月の北東北3泊4日の旅】大間の本鮪を食べに行く旅

    2015.11.20

  4. 【特集】彩りと器の組合せが抜群!大人の隠れ家:福岡市のtakanabe(…

    2020.09.15

  5. 【新潟空港発着の信州3泊4日】上田、小諸、八ヶ岳、下諏訪、あづ…

    2016.10.13

  6. 【特集:稚内2泊】濃厚な宗谷のもずくや赤帆立など北の食材を堪能│…

    2015.10.31

  7. 【イタリアン料理】感動の5000円フルコース|鹿児島県薩摩川内市の…

    2019.05.21

  8. 【昭和レトロ居酒屋】福岡市博多区のがったんごっとん

    2019.05.28

  9. 【8月の上高地3泊4日の旅】飛騨高山のゲストハウスに前泊して乗…

    2016.08.19

  10. 【特集:二〇加屋長介 薬院本店】超おススメ!なんでも美味い博多の…

    2019.05.13

  1. 【特集】奇想の画家ってなんですか?

    2019.02.17

  2. 【特集】仏の世界の四階層╿如来・菩薩・明王・天

    2019.02.07

  3. 【特集】三大阿弥陀堂と阿弥陀如来

    2019.01.27

  4. 【特集】大塚国際美術館で見る美術史

    2019.01.27