【礼文島】濃厚でデカいチーズケーキと洋梨のタルト:カフェ Ru-we│【8月】稚内・利尻・礼文の旅 5泊6日 その24

【旅の4日目】

北欧みたいな建物が並んでいます。ここは利尻島の香深港フェリーターミナルのすぐ近くにあるカフェや飲食店街です。

ペンションうーにーの若女将に教えてもらったカフェRu-weにやってきました。

店の中に入ってすぐ右手にゲストハウスの入り口があります。1階がカフェ、2階がゲストハウスになっています。香深港フェリー乗り場にすぐなのでとても便利な場所にありますよ。

楽天トラベルだけに登録しているそうです。一泊素泊まり4500円って言ってたかな。ただし朝食をする場所が無いので、島に一軒しかないセイコーマートなどで買っとくしかないようです。

店内は新しく美しいです。カウンター4席ですが、テーブル席がたくさんあります。WiFi完備ですよ。

まだ時間が早いので珈琲でも飲んでゆっくりしてから食事をお願いすることにしました。

うに丼は2500円です。バフンウニの丼にしてはかなりお安い価格設定です。雲丹のボリュームを少なくして注文しやすくしているのかな。

夏季限定ということは、やはりバフンウニかと思われます。礼文島ではバフンウニの漁は8月25日で終わったようですから在庫無くなり次第終わりということでしょうね。

飲み物メニューです。

右手がカウンターです。5つほどテーブル席がありました。

うまああい、濃厚~~。チーズケーキ400円は濃厚でとても美味い、そして驚くべきは大きさです。6分の1カットでしょうか。

洋梨のタルトもとても濃厚で美味しいお味でした~。

カフェでもちゃんとフェイスシールドをされていました。眼鏡にセットするタイプですね。

シンプルにホットコーヒーをお願いしました。オリジナルブレンドでお味は美味しいですが、ちと、ぬるめでした。私、熱いのが好きなんです。

本棚にあった礼文島の草花の本なんぞを眺めてまったりしました。

昨日のトレッキングで「桃岩展望台コース」でたくさん見かけたのは「エゾイブキトラノオ」だということを発見。この花が終わると草原は秋の花へと変わっていくと書いてあります。秋の花ってのもあるんですね。6月と7月だけかと思ってました。

これも枯れていてなんだろうと幹が太いしと思っていたら「エゾニュウ」という草花でした。

時間も1時間以上過ぎたし、11時半なのでご飯ものをお願いすることにしました。

ハンバーグプレートと「スープカレーみたいな」牛すじカレーと2種類おススメになっています。

この2つしかメニューは無いですね。

とろとろ牛すじカレー800円を注文です。サラダと味噌汁がついてきました。

スパイスとハーブをふんだんに使って一から手作りしているRu-we自慢の人気メニューと書いてあります。

良く言えば上品なお味、私的には、味が薄い牛筋カレーでした。ちと物足りませんでした。

しかしながらケーキはとても美味しくボリュームもあって喫茶で利用するならとても良い店だと思います。ハンバーグプレートに期待かな。

味噌汁はとろろが入っていました。お支払いはペイペイで出来ました。礼文島ってペンションにしろ、いろんなお店でペイペイのお支払いができるので便利です。

並びの店を見学してから香深港フェリー乗り場に行くことにしました。こちらは礼文まんじゅうと書いてある「うのず製菓」さん。

これは宿かなと思って近寄ってみたら・・

肉と魚貝の炭焼き処「礼文 番屋」と書いてありました。ゲストハウスに泊まったらこんな近くで美味いものが食べれそうです。

カフェの並びにはスナックが数軒ありました。

こちらもスナックです。漁師や観光客が立ち寄るのかもしれません。私も寄りたかったのですがペンションから距離あったので断念しました。

カフェRu-weの左手(香深港側)にも2軒ほどお店がありました。

≫この旅の次の記事:1等アイランドビューシートで礼文島から利尻島鴛泊港へ:アマポーラ宗谷に乗る│【8月】稚内・利尻・礼文の旅 5泊6日 その25

 

☆カフェ Ru-we
〒097-1201 北海道礼文郡礼文町香深村958−16
googleMapで開く
TEL:0163-85-7868
営業時間:10:00~16:00
定休日:月曜日
カフェRu-we 公式インスタ

≫筆者:おのちん
≫来店日:2020.08.28

関連記事

  1. 道の駅浅虫温泉「ゆ~さ浅虫」350円で展望風呂に入る│【12月】冬の青森2泊3日の旅 その7

  2. 異様に甘いトマトやレンコンで冷製ジュレ| 福岡市、食と酒 なかむた その6

  3. 苦み走った大人のゴーヤトニック│沖縄県宜野湾市のラグナガーデンホテル「バーラウンジ パドル」

  4. 牛バラ中おち味噌漬け│福岡市博多区の五三食堂 その41

  5. 【福岡市】旬の食材で作る和洋折衷創作料理│料理屋takanabe(たかなべ)

  6. 見てわかるフワッフワの宍道湖天然うなぎ|松江市の居酒屋、やまいち

  7. 大人気の洋食屋さんでミートドリア|福岡市博多区のペンギン厨房

  8. 【山口】上まで登れる角島灯台│下関市

  9. 味噌カレー牛乳ラーメンは青森のソウルフード│【12月】冬の青森2泊3日の旅 その6

  1. 【特集:9月の富山】台風の中、紅葉の立山2泊3日の旅

    2020.10.03

  2. 【特集】彩りと器の組合せが抜群!大人の隠れ家:福岡市のtakanabe(…

    2020.09.15

  3. 【特集:8月】毎日バフンウニを食べた 稚内・利尻・礼文の旅 5泊6…

    2020.09.07

  4. 【特集:8月の上高地と乗鞍岳】無人の河童橋、爆流の善五郎の滝、朝…

    2020.08.11

  5. 【特集:西山口県】コバルトブルーの角島とホテル西長門リゾートを…

    2020.03.25

  6. 【厳冬の2月、道東2泊3日の旅】網走の流氷、カヌー釧路川源流下…

    2020.02.18

  7. 【特集】鯨料理専門店 福岡市のおおいし

    2019.06.30

  8. 【特集】トラディショナルイタリアンGUFO:福岡市

    2019.06.30

  9. 【特集】福岡市のイタリアン:キム翔

    2019.06.30

  10. 【韓国味噌鍋:博多】慶州鍋が名物のいずみ田祇園店 特集記事

    2019.06.22

  1. 【道東・道央の旅】くったり胡とサホロリゾート、帯広市の六花亭本…

    2018.12.15

  2. 【食と酒 なかむた-特集記事】都会の古民家で上質な和食|福岡市中…

    2019.01.27

  3. 【6月初旬】温泉のニセコ&ウニの積丹半島3泊4日

    2019.06.08

  4. 【昭和レトロ居酒屋】福岡市博多区のがったんごっとん

    2019.05.28

  5. 【特集:8月の上高地と乗鞍岳】無人の河童橋、爆流の善五郎の滝、朝…

    2020.08.11

  6. 【2月:オホーツク3泊4日】流氷船でサンセットクルーズ&オホー…

    2015.02.20

  7. 【特集】紅葉の京都を1泊2日で楽しむ旅|清水寺、今宮神社、船岡温…

    2016.11.26

  8. 【仙台:国分町の地雷也】キンキに拘った炭火焼きのお店

    2019.05.18

  9. 【8月の上高地3泊4日の旅】飛騨高山のゲストハウスに前泊して乗…

    2016.08.19

  10. 【9月の道東4泊5日の旅】釧路・帯広・厚岸・根室・弟子屈、道東の…

    2014.09.04

  1. 【特集】奇想の画家ってなんですか?

    2019.02.17

  2. 【特集】仏の世界の四階層╿如来・菩薩・明王・天

    2019.02.07

  3. 【特集】大塚国際美術館で見る美術史

    2019.01.27

  4. 【特集】三大阿弥陀堂と阿弥陀如来

    2019.01.27