【礼文島】花の浮き島でトレッキング「桃岩展望台コース」元地灯台から桃岩展望台へ│【8月】稚内・利尻・礼文の旅 5泊6日 その19

【旅の3日目】

礼文島の桃岩展望台コースを知床からスタートした私達は元地灯台までやってきました。しばし休憩したあと桃岩展望台に向けてトレッキングの出発です。

元地灯台から少し登りました。

元地灯台から桃岩展望台までは尾根伝いの道と書いてあったとおり元地灯台からほんの数分登ると後はハイキングコースです。

しかし濃霧で景色は身の回りの花しか見えません。

ベニヒカゲが沢山いるので初めて見るので写真を撮りました。

ベニヒカゲが普通に乱舞しています。九州では見れない蝶に興奮します。

6月、7月はお花畑になってすごいんだろうなあ。海が下に見えるはずなんですけどねぇ。

よく整備されていますが、草花が伸びてきているのでズボンが濡れます。途中、カマをもって草刈りをしながら整備している男性がいらっしゃいました。花を切らずに草だけ切るようにされているようです。おつかれさまです。

こちらは飛んでいるベニヒカゲの撮影に成功したのでアップします。

元地灯台を出発して800メートルです。桃岩展望台まで1,7キロです。ということは、お花畑コースは2,5キロもの間、可憐な高山植物が咲き乱れるのを見ることができるんですね。今度は6月か7月に来よっと。

アゲハ蝶も飛んでいました。

かなりガスっていますが雨予報だったのに、雨が降らないだけでも良しとしましょう。私の普段の行いにも関わらず、天気がもったのですから。

「キンバイの谷」という場所にやってきました。

ササの威力が大きくて高山植物が侵食されているので、高山植物を復活させるためにササの刈り払い試験をしているということです。

よく整備されている歩道です。晴れたら利尻富士を眺めながらすばらしいトレッキングになるでしょうね。看板の反対側には海の見晴らし台があるので、霧で見えないのはわかっていますが、すぐそこなので行ってみます。

波の音が聞こえるも何も見えずですわ。と言っても霧が少し薄くなると少し海が見える感じがします。

海風が吹いてくるのが歩きで火照った体に気持ちよくてしばし柵に腰かけて休憩しました。

このように少しばかりの登りがあったりしますが、ほとんどアップダウンが無くて歩きやすいです。

このあたりは草花が木道を覆いかけています。ズボンが濡れます。

見渡す限り笹。というかここは尾根で右も左も切り立っている場所です。

元地灯台と桃岩との中間あたりにやってきました。

可憐な小さな花がたくさん咲いています。

 

癒されますわ。

ほんとに至るところに距離看板があって分かりやすいです。

景色が見えずにずっと同じような道なので飽きてきました。別に私が飽きっぽいわけではないと思います。単調なんだもん。

桃岩まで200メートルです。もうすぐです。

左右切り立った尾根部分を歩くときは、遊歩道も両サイドに柵があります。

桃岩展望台に到着です~。

高松宮殿下の碑です。

 

向うに降りるとトイレと書いてありました。フェリーターミナルの方に降りていきます。3,6キロもあるのか。

このように丸太の椅子があるので休憩できました。

礼文島、桃岩。霧でまったく桃岩が見えません。ちっ。

せめて説明版の写真を見て「あー、こんなんや」と思いながら帰るとします。

さて香深港のフェリーターミナルまでは歩きませんが宿のペンションうーにーに向けて出発です。

≫この旅の次の記事:花の浮き島、礼文島のトレッキング「桃岩展望台コース」桃岩展望台からペンションへ│【8月】稚内・利尻・礼文の旅 5泊6日 その20

 

☆桃岩展望台
〒097-1201 北海道礼文郡礼文町
googleMapで開く

≫筆者:おのちん
≫訪問日:2020.08.27

関連記事

  1. 札幌の西京焼きホッケは脂の乗りが違います│札幌市の居酒屋たかさごや

  2. ANAで、福岡空港から札幌千歳空港へ|2泊3日、ニセコ五色温泉 2016.12.17-19

  3. 炭火焼イタリアンは気軽に楽しめるコスパのお高いお店だった | 福岡市のVINO(ビーノ)

  4. 《世界遺産》仁和寺で見る明王と天

  5. お安い学食で昼飯もたまには楽しいものです│福岡市九州大学大橋キャンパスの学食

  6. 海獣たちを間近に感じよう!╿大分県の「うみたまご」

  7. ANAプレミアムクラス機内食。福岡→札幌千歳空港行 2015.05.09 │5月ニセコ・小樽・積丹半島2泊3日の旅

  8. 【岐阜】バスで乗鞍高原の畳平到着。お花畑を散策しようとしたら│8月初旬2泊3日信州上高地と乗鞍岳の旅 その16

  9. ホエールウォッチングでツチクジラの大ジャンプ|羅臼港より 北海道の社員旅行

  1. 【特集】彩りと器の組合せが抜群!大人の隠れ家:福岡市のtakanabe(…

    2020.09.15

  2. 【特集:8月】毎日バフンウニを食べた 稚内・利尻・礼文の旅 5泊6日

    2020.09.07

  3. 【特集:8月の上高地と乗鞍岳】無人の河童橋、爆流の善五郎の滝、朝…

    2020.08.11

  4. 【特集:西山口県】コバルトブルーの角島とホテル西長門リゾートを…

    2020.03.25

  5. 【厳冬の2月、道東2泊3日の旅】網走の流氷、カヌー釧路川源流下…

    2020.02.18

  6. 【特集】鯨料理専門店 福岡市のおおいし

    2019.06.30

  7. 【特集】トラディショナルイタリアンGUFO:福岡市

    2019.06.30

  8. 【特集】福岡市のイタリアン:キム翔

    2019.06.30

  9. 【韓国味噌鍋:博多】慶州鍋が名物のいずみ田祇園店 特集記事

    2019.06.22

  10. 【6月初旬】温泉のニセコ&ウニの積丹半島3泊4日

    2019.06.08

  1. 【道東の旅】道東4日間のグルメと遊びのコース|北海道 2018.07.20…

    2018.07.20

  2. 【特集:5月のニセコ・積丹・小樽3日間】ニセコのヒルトンに泊ま…

    2015.05.09

  3. 【特集:7月の道央3日間】旭山動物園、美瑛のパッチ良野ラベンダー…

    2015.07.04

  4. 【低糖質・低カロリー・野菜ソムリエ】Agro(アグロと読みます)福…

    2019.02.27

  5. 【特集記事】特色ある福岡市内の鮨屋からいきつけの4店舗をご紹介…

    2019.01.27

  6. 【島根県:松江市の料理屋】やまいちで宍道湖七珍を食え

    2019.05.18

  7. 【特集:7月の尾瀬と会津】新潟空港から行く尾瀬と会津、2泊3日の旅

    2015.07.24

  8. 【食と酒 なかむた-特集記事】都会の古民家で上質な和食|福岡市中…

    2019.01.27

  9. 【特集:冬の道東】快晴!冬の摩周湖や丹頂鶴、釧路の回転ずしに驚…

    2016.01.15

  10. 【紅葉の旅 】 白馬・小谷・栂池・乗鞍高原3泊4日の旅 2017.10.1…

    2017.10.13

  1. 【特集】奇想の画家ってなんですか?

    2019.02.17

  2. 【特集】三大阿弥陀堂と阿弥陀如来

    2019.01.27

  3. 【特集】大塚国際美術館で見る美術史

    2019.01.27

  4. 【特集】仏の世界の四階層╿如来・菩薩・明王・天

    2019.02.07