【礼文島】花の浮き島でトレッキング「桃岩展望台コース」知床から元地灯台へ│【8月】稚内・利尻・礼文の旅 5泊6日 その18

【この旅の3日目】

礼文島の観光は初日に終わりました。半日もあれば観光は終わっちゃいますね。だから急ぎのツアーなどは礼文島に泊まらずにフェリーで利尻に渡ってしまうのがわかりました。でも礼文島は「花の浮島」と呼ばれ、花咲き乱れる様子を見ながらのトレッキングが醍醐味です。

そこでペンションうーにーの皆様にご相談し、桃岩展望台コースを歩くことにしました。島の南端の知床という場所まで送っていただきそこからペンションまで歩きます。

朝の食事を終わって、知床のスタート地点まで若主人殿が送ってくださいました。ここに来るのは「北のカナリアパーク」経由で来るのがショートカットで早いということでそのコースで来ました。

現在地はこのように島の南端です、そこから北西に進み元地灯台へ、そこから北上し桃岩展望台へ向かって歩きます。約2時間半のトレッキングコースです。

距離は約4,5キロ。

説明版には「知床から元地灯台まで2キロ、比較的緩やかな登りが続き、元地灯台から桃岩展望台までは東側に利尻富士、西側には猿岩、桃岩を眼下に見下ろす尾根の道となっています。歩道沿いには礼文島ならではの可憐な高山植物を見ることができます。」と書かれています。

説明版の横は知床の本吉商店です。

さて、ゆるやかな登りとはどれくらいなものだろうと初めての道なので勝手がわかりませんが歩き始めました。

最初のうちだけ家も近くにあるので砂利道になっていて畑もあります。それにしても毎日霧が濃いですわ。

スタート地点から200メートルです。北のカナリアパークへ行く道は先日の記録的な大雨で通行止めになっていました。

実は礼文林道コースという8,2キロ、3時間の良いコースがあるのですが雨で通行止めになってしまっていて次善の策として、この桃岩展望台コースにしたのです。

それにしても、宿の話では「6月、7月が花がすごくて8月末は花は終わっている」ということでしたが、どうしてどうして、いろんな花が咲いていました。

これは、ツリガネニンジンでしょうか。

桃岩遊歩道と書いてあります。元地灯台まで1、5キロです。

砂利道が終わりこのようなトレッキングっぽい感じの道になってきました。

8月の27日なので確かに終わった花も見かけます。

ここには車が1台置いてありました。ここまで車が入れるのでしょうね・

ここからが本当の桃岩展望台コースなのでしょうか。このコースに咲く花の案内があり15種類ほどの写真で説明してありました。

霧で先があまり見えませんがとても気持ち良いです。

礼文島には熊もキツネもウサギも狸も野生動物がいません。もちろん蛇もいないので安心して歩けるところがすごいです。

8月の大雨で道の真ん中の土が流されてしまったようです。

緩やかな坂と説明があったとおり、全然登山という感じではなくほんとトレッキングというはハイキングコースです。

そして沢山の咲いている可憐な花や終わっている花がいろんな表情を見せていて思わず写真をたくさん撮っていました。

礼文島には固有種の花も多いのですが花の知識がないのでどんな花なのかわかりません。

でも白でも黄色でも違う花がいろいろあって美しいです。私の殺伐としたハートに一服の清涼剤のような影響を与えてくれます。

1人だけすれ違う人がいましたが、人影もなく密にならずゆっくりと進めます。

元地灯台まであと1キロのところまでやってきました。ところどころにこのように案内板があり距離がわかるので初めてでも安心です。

そして、道を間違うような場所がありませんか?と宿の若女将に聞いたのですが「道は一本道で間違うようなところはありませんよ」とキッパリ教えてくださいましたので安心して歩いていきました。

霧で髪がすっかり濡れて、汗なのか霧なのかわからない水滴が顔から落ちていきます。

アザミも終わりですね。最盛期に来たらヒョウモン蝶系の珍しい蝶が見れたかもしれないのになあ。

本島は6月末に予約していたのですが、ANAから連絡があって「稚内~羽田が欠航になりましたあ」という死の宣告がありまして、7月に予約変更の連絡を宿に入れたのですが他の人たちが早く変更連絡いれていて部屋の空きがなくなっていたのです。

8月終わりころは気候が落ち着いていて花は終わってますけど良いですよ。と宿からお聞きしてこの時期にしたのですが、この時期にしてはレアな霧につつまれて何も見えない日になっちゃいました。

まあよく考えたらGO TOトラベルの対象にもなるし良しとしましょうか。

 

美しい花に囲まれて歩くのでついつい足が止まってしまいます。

礼文島では本州では高山でしか見れないような高山植物が海抜0メートルの海岸でも見れるのが特徴です。

だんだん道の真ん中の花や草が茂ってきはじめました。一人だけすれ違った若者が膝上まで濡れていたのはこのせいだなと理解しました。

この花は紫と白があるんですね。美しいなあ。

白は良く見ると紫色を少し帯びています。

高山蝶のベニヒカゲを発見しました。というかこのあたりから沢山のベニヒカゲに遭遇です。食草があるのでしょうね。

元地灯台に到着しましたあ。

元地灯台は1954年に点灯したと書いてあります。

元地灯台も霧に包まれています。元地灯台から尾根づたいに桃岩展望台まで歩くのですが途中はお花畑と書いてあったので楽しみです。

晴れていればここから利尻富士の素晴らしい景色が見れるそうです。

≫この旅の次の記事:花の浮き島、礼文島のトレッキング「桃岩展望台コース」元地灯台から桃岩展望台へ│【8月】稚内・利尻・礼文の旅 5泊6日 その19

 

☆元地灯台
〒097-1201 北海道礼文郡礼文町香深村
googleMapで開く
元地灯台 紹介ホームページ

≫筆者:おのちん
≫訪問日:2020.08.27

関連記事

  1. 虎河豚ぶつを食う | 福岡市博多区の五三食堂 その8

  2. ちりめんがいっぱいの市来ちりめん定食│鹿児島県いちき串木野市の展洋レストラン「アクア」

  3. 酒の肴に鯛わた|福岡市博多区のゴーサイン食堂 その25

  4. 利尻島から稚内へハートランドフェリーの1等客室で渡る│【8月】稚内・利尻・礼文の旅 5泊6日 その43

  5. 山形県にも合掌造りの白川郷みたいな場所があった│【4月】仙台から鶴岡、酒田市へ 2泊3日の旅 その3

  6. 【長野】上高地温泉ホテルでオリジナルカレーとアイスキャンディ│8月初旬2泊3日信州上高地と乗鞍岳の旅 その5

  7. 襟裳岬突端からの景色は積丹半島の神威岬からのそれに似ていた│9月の道東4泊5日の旅

  8. ANAプレミアムクラスの機内食、福岡~那覇往復 2018.06.08~09

  9. 分厚い帆立刺し&卵を持った牡丹海老刺し|北海道旭川市の田舎料理 田子兵衛 その3

  1. 【特集:9月の富山】台風の中、紅葉の立山2泊3日の旅

    2020.10.03

  2. 【特集】彩りと器の組合せが抜群!大人の隠れ家:福岡市のtakanabe(…

    2020.09.15

  3. 【特集:8月】毎日バフンウニを食べた 稚内・利尻・礼文の旅 5泊6…

    2020.09.07

  4. 【特集:8月の上高地と乗鞍岳】無人の河童橋、爆流の善五郎の滝、朝…

    2020.08.11

  5. 【特集:西山口県】コバルトブルーの角島とホテル西長門リゾートを…

    2020.03.25

  6. 【厳冬の2月、道東2泊3日の旅】網走の流氷、カヌー釧路川源流下…

    2020.02.18

  7. 【特集】鯨料理専門店 福岡市のおおいし

    2019.06.30

  8. 【特集】トラディショナルイタリアンGUFO:福岡市

    2019.06.30

  9. 【特集】福岡市のイタリアン:キム翔

    2019.06.30

  10. 【韓国味噌鍋:博多】慶州鍋が名物のいずみ田祇園店 特集記事

    2019.06.22

  1. 【昭和レトロ居酒屋】福岡市博多区のがったんごっとん

    2019.05.28

  2. 【雪の大谷とホテル立山】大観峰からご来光!平成最後の満月!みく…

    2019.04.23

  3. 【島根県:松江市の料理屋】やまいちで宍道湖七珍を食え

    2019.05.18

  4. 【食と酒 なかむた-特集記事】都会の古民家で上質な和食|福岡市中…

    2019.01.27

  5. 【特集】鶴の湯|秋田県乳頭温泉

    2019.03.19

  6. 【新潟空港発着の信州3泊4日】上田、小諸、八ヶ岳、下諏訪、あづ…

    2016.10.13

  7. 【特集:私の一番好きな鮨屋】山口県萩市の豊月

    2019.05.18

  8. 【秋田・青森のグルメと観光】北東北de仕事しながら | 4泊5日 20…

    2018.06.16

  9. 【ニセコ・積丹2泊3日】旬のバフンウニ丼を食べる旅

    2016.07.30

  10. 【ありそでない家族経営の居酒屋】福岡市の仙八

    2019.05.29

  1. 【特集】仏の世界の四階層╿如来・菩薩・明王・天

    2019.02.07

  2. 【特集】奇想の画家ってなんですか?

    2019.02.17

  3. 【特集】三大阿弥陀堂と阿弥陀如来

    2019.01.27

  4. 【特集】大塚国際美術館で見る美術史

    2019.01.27