【礼文島】ペンションうーにーのステキな食事:1泊目│【8月】稚内・利尻・礼文の旅 5泊6日 その18

礼文島のステキなペンション「うーにー」の初日の夕食はコース料理

【旅の2泊目】

北海道の宿泊施設や飲食はコロナ対策が万全です。ペンションうーにーさんもマスクやアルコール消毒や体温など非常に気をつかっていらっしゃいます。

初日の夕食はコース料理ということで、説明による接触を避けるため、写真入りのメニュー表を作成してらっしゃいました。若夫婦が頑張っていろいろされているようです。

左上にあるのが岩手県産のロゼワインです。まずは食前酒を一気に飲み干しました。

牡丹海老、帆立、イカだったかな。食材ごとに自家製ソースを使い分けてあります。

ホタテ貝とソースが良く合います。

礼文島の近海ものの食材とソースが良く合って美味いです。

北海道猿払産の帆立の稚貝を使った味噌汁です。小さな貝ですが実もしっかり食べれます。

ワンプッシュの醤油とかソースなど置いてあります。

刺身とサラダの盛り合わせです。蛸やそいの刺身です。

8月なのでバフンウニが登場しました。さすが「うーにー」の名前のとおり雲丹が出てきましたねぇ。6月~8月の馬糞雲丹の漁時期以外は北紫雲丹の提供になるようです。

ご飯は北海道産の「ゆめぴりか」だそうです。

北海道ですから、サッポロ生ビール黒ラベルで馬糞雲丹を頂くことにしました。まずはバフンウニをそのまま食べて味わいました。

そしてご飯に乗せて頂きました。一粒で二度美味しいですわ。

マガレイのフライです。柔らかくとても美味しいフライです。レモンとパセリを練りこんだバターが添えてあります。

生ハムと礼文島特産の糠ホッケのマリネ。

糠ホッケとは、生のホッケに糠と塩をまぶし1か月ほど天日干しにしたものです。保存食で焼いたりそのまま食べたりするそうです。釧路方面では糠秋刀魚が名物なので各地でよく獲れる魚を糠づけにして食べるのが北海道の保存食のようですね。なかなか味があってビールのアテに良いですよ。

ついに出てきました・笑 どうにかして雲丹の形をした料理を作りたかったのでしょう!!

その名も「オリジナルうーにー」です。北海道産のフライドマッシュポテトの中にホワイトソースを入れ、上部には蒸し雲丹を乗せててあります。そして雲丹のトゲとして挙げソーメンを突き刺してあります。

しばらく眺めておきたいのは山々ですが、中を割ってみると、ホワイトソースがとろりと出てきました。苦心されただけあって、なかなかお味も美味い一品です。

デザートはレアチーズケーキです。開業時からかわらないオーナー手作りのチーズケーキだそうです。2泊目以降は若女将手作りの手作りデザートになるそうです。

ペンションうーにーの朝食:2020.08.27

手作りの和食のご飯は美味しいですわ。ペンションって朝食はパンがほとんどですけど和食です。この和食は茄子の煮びたしとか美味いのは当然として、ちょろっとある(すいません)梅干しとか小物がどれも美味いのです。

そしてコレ、鱈だったかなあ、ホント美味いのよ~。

食堂の真ん中に6人のグループがいて、大人3名と子供3名だったので面白い組合せやなあと思っていたら島の小学校の修学旅行でした。普通は北海道本島に渡って宗谷地区を旅行するらしいのですがコロナウィルスのせいで島内にお泊りすることになってペンションうーにーが受け入れたそうです。たぶん校長先生と教師の男女、そして小学6年生3名でした。翌朝出発して今日は稚内に行くと言っていました。素直でかわいらしい子供たちです。

このペンションは若女将が明るくて良い感じの方です。若旦那も研究熱心でどのようにしたらよいペンションになるかと一生懸命努力されているようすがわかります。とても良いペンションだと思います。

≫この旅の次の記事:花の浮き島、礼文島のトレッキング「桃岩展望台コース」知床から元地灯台へ│【8月】稚内・利尻・礼文の旅 5泊6日 その18

 

☆ペンションうーにー
〒097-1201 北海道礼文郡礼文町香深村トンナイ
googleMapで開く
TEL:0163861541
ペンションうーにー 公式ホームページ

≫筆者:おのちん
≫訪問日:2020.08.26-28

関連記事

  1. 日曜は貸し切り状態だったニセコ五色温泉旅館|2泊3日、ニセコ五色温泉の旅 

  2. 世界遺産の島・宮島で楽しむ╿宮島水族館「みやじマリン」

  3. 道の駅「風の丘」で冷やしカレー麺を食べた後、SL銀河を追っかけじゃ|岩手県遠野市

  4. 【青森】鮟鱇とも和え、めぬけのきりこみ、郷土料理満載:居酒屋すみれ組│【12月】冬の青森2泊3日の旅 その1

  5. 【長野】湿原になりつつある田代池の清流│8月初旬2泊3日信州上高地と乗鞍岳の旅 その4

  6. 桃の甘酢漬と鱚フライ | 福岡市博多区の五三食堂 その14

  7. 土佐名物!鰹の塩タタキ|高知市の大黒堂

  8. 【礼文島】日本の島、最北端:スコトン岬│【8月】稚内・利尻・礼文の旅 5泊6日 その11

  9. 【福岡市】とりかわのタレ焼きと塩焼き|焼き鳥屋、とりかわ大臣

  1. 【特集:9月の富山】台風の中、紅葉の立山2泊3日の旅

    2020.10.03

  2. 【特集】彩りと器の組合せが抜群!大人の隠れ家:福岡市のtakanabe(…

    2020.09.15

  3. 【特集:8月】毎日バフンウニを食べた 稚内・利尻・礼文の旅 5泊6…

    2020.09.07

  4. 【特集:8月の上高地と乗鞍岳】無人の河童橋、爆流の善五郎の滝、朝…

    2020.08.11

  5. 【特集:西山口県】コバルトブルーの角島とホテル西長門リゾートを…

    2020.03.25

  6. 【厳冬の2月、道東2泊3日の旅】網走の流氷、カヌー釧路川源流下…

    2020.02.18

  7. 【特集】鯨料理専門店 福岡市のおおいし

    2019.06.30

  8. 【特集】トラディショナルイタリアンGUFO:福岡市

    2019.06.30

  9. 【特集】福岡市のイタリアン:キム翔

    2019.06.30

  10. 【韓国味噌鍋:博多】慶州鍋が名物のいずみ田祇園店 特集記事

    2019.06.22

  1. 【熊野は世界遺産だらけ】それにしても遠かった

    2016.11.12

  2. 【低糖質・低カロリー・野菜ソムリエ】Agro(アグロと読みます)福…

    2019.02.27

  3. 【新潟空港発着の信州3泊4日】上田、小諸、八ヶ岳、下諏訪、あづ…

    2016.10.13

  4. 【島根県2泊3日の旅】松江で宍道湖の珍味、境港で蟹、雲南市で築145…

    2019.02.26

  5. 【紅葉の旅 】 白馬・小谷・栂池・乗鞍高原3泊4日の旅 2017.10.1…

    2017.10.13

  6. 【雪の大谷とホテル立山】大観峰からご来光!平成最後の満月!みく…

    2019.04.23

  7. 【特集:11月の北東北3泊4日の旅】大間の本鮪を食べに行く旅

    2015.11.20

  8. 【世界一の大花火四尺玉】新潟県の片貝まつりを見に行く1泊2日 2…

    2018.09.09

  9. 【特集】彩りと器の組合せが抜群!大人の隠れ家:福岡市のtakanabe(…

    2020.09.15

  10. 【長崎市内観光とグルメ】おでん専門店「桃若」へ|1泊2日:2019.…

    2019.01.23

  1. 【特集】仏の世界の四階層╿如来・菩薩・明王・天

    2019.02.07

  2. 【特集】大塚国際美術館で見る美術史

    2019.01.27

  3. 【特集】三大阿弥陀堂と阿弥陀如来

    2019.01.27

  4. 【特集】奇想の画家ってなんですか?

    2019.02.17