元祖・生きざま展示╿神戸市立須磨海浜水族園

こんにちは、はてはてマンボウです。今回は瀬戸内の穏やかな海を兵庫の方へと泳いできています。

はて、こんなところに大きなお魚の銅像が。

梓「ここは須磨海浜水族園だよ」

マ「あ、連理梓さん。むむむ、須磨海浜水族……園?」

梓「もともとは水族”館”だったんだけど、1987年にリニューアルされたときに公園感覚で展示館を出入りできるようにということから、水族”園”を名乗るようになったんだ」

須磨海浜水族園の概要とアクセス

梓「さっきも言ったように、須磨海浜水族園は1987年にリニューアルオープンした。大型の水族館のパイオニアとなった須磨海浜水族園は、この年の年間入場者数が240万人と、当時の日本記録を更新したんだよ」

マ「ほええ。歴史と偉業を備えたスポットなんですねえ」

梓「いまではいろいろな水族館で見られるような、自然に近い”生きざま”をテーマとしたのも、須磨海浜水族園が始まりと言われている」

マ「展示を回るのが待ちきれないですねえ、はってはて♪ 早く水族園に着きたいですう」

梓「JRの須磨海浜公園駅から徒歩5分と、あっというまに到着するよ。高速のICからも程近いから、車でもアクセスしやすいね」

波の大水槽がお出迎え! まずは本館を探検しよう

マ「おお、入って早々、横広の大画面が広がりますねえ」

 

マ「優雅なエイと迫力のあるサメが同居してますねえ」

マ「まぼ! イワシたちがすごい勢いで泳いでいきます!」

梓「海の魚水槽では、回遊するマイワシの群れが見られるよ」

梓「こっちでは、ウツボが穴倉の中に。自然さながらに、生きているみたいだよね」

マ「なんだか、マンボウちゃんの近所の居酒屋さんでいけすにいたウツボに似ているわねえ。情けない顔しちゃってえ」

マ「はてはて! 急に動きましたよお。怒らんでくれ~」

マ「おお、こっちはライヴ感のある凛々しいタカアシガニが」

マ「ウミヘビって、水族館だとなかなか見ないわよねえ」

   

マ「まぼ。なんだか親近感を感じさせる顔が並ぶわねえ」

チューブ型トンネルで出会うアマゾン川の魚たち

梓「さて、本館から外に出ると、子どもとも遊べるプレイランドや、フードコートが並んでいる。これを抜けると、アマゾン館へ到着だ」

マ「おお、巨大なアマゾンの魚たちが戯れていますよ」

マ「はて! ピラルクをお腹の底から見られるとは」

 

梓「日本初のチューブ型トンネルを備えた水中トンネルを通ると、まるでアマゾン川の中を歩いているみたいな気分になれるんだ」

マ「笑っているナマズちゃんがこんなところに。平和なお顔ねえ」

イルカライブは超満員! 屋外広場にもまだまだお楽しみが

マ「須磨海浜水族園って、イルカショーはあるんですか」

梓「1,700名を収容する観客席を備えたイルカライブ館があるよ」

マ「はってはて♪ それではさっそく行ってみましょう」

マ「はて、この縦列駐車が続くベビーカーは」

マ「はてはて! 超満員で、まるで前が見えないですよお。ここからだと、小さいお子さん連れは見られないかも」

梓「イルカライブは1日に何回かやっているから、お客さんの入れ替わりを狙うのもいいかもしれないね」

マ「すぐに見られないのはショックでした、まぼまぼ」

梓「まあまあ、マンボウちゃん。イルカショー以外にも、まだまだ楽しめるスポットはあるよ」

マ「あ! ペンギンちゃんですよ~」

梓「ペンギン館は、まるでペンギンが生きているエリアに自分がいるかのように、すぐ近くでペンギンを感じられるよ。『ペンギンの餌やり体験』も有料で参加可能だ」

マ「な~みにぷかぷか浮かんでる~、あ、それ♪」

基本情報のまとめ

☆神戸市立須磨海浜水族園 公式HP

〒654-0049 兵庫県神戸市須磨区若宮町1丁目3−5

≫GoogleMapで開く

 

≫筆者:連理梓
≫来訪日:2018.09.23

水族館 相互リンク

↑↑↑日本全国でマンボウが回遊した水族館の記事はこちらにまとめてあります。

水族館好きのみなさんはぜひ、チェックしてくれ~まあんぼう~

関連記事

  1. 【富山】美しき立山連峰を望む|富山市呉羽山公園展望台

  2. 【礼文島】知床、メノウ浜、桃台猫台展望台│【8月】稚内・利尻・礼文の旅 5泊6日 その16

  3. 【福岡市】毛蟹とジュレと馬糞雲丹のミルフィーユですわ│江戸前鮨、石ばし

  4. 露天風呂より田沢湖を臨む | 秋田県仙北市の温泉ホテルグランド天空

  5. 【福岡市】大将!活のいい奴にしてね。焼鳥屋でたい焼き│村崎焼鳥研究所

  6. カワハギの刺身、大将は元寿司職人│福岡市の居酒屋、仙八

  7. 信州産のそば粉で手打ち蕎麦|山形村唐沢集落のそば幸 2017.10.13~16

  8. 超薄い紙カツを定食にして〆ました|福岡市博多区の五三食堂 その33

  9. 素朴で美味い「雲仙ハム焼いただけ」|コスパの高い居酒屋 、福岡市の銀シャリてる房-J その4

  1. 【特集】彩りと器の組合せが抜群!大人の隠れ家:福岡市のtakanabe(…

    2020.09.15

  2. 【特集:8月】毎日バフンウニを食べた 稚内・利尻・礼文の旅 5泊6日

    2020.09.07

  3. 【特集:8月の上高地と乗鞍岳】無人の河童橋、爆流の善五郎の滝、朝…

    2020.08.11

  4. 【特集:西山口県】コバルトブルーの角島とホテル西長門リゾートを…

    2020.03.25

  5. 【厳冬の2月、道東2泊3日の旅】網走の流氷、カヌー釧路川源流下…

    2020.02.18

  6. 【特集】鯨料理専門店 福岡市のおおいし

    2019.06.30

  7. 【特集】トラディショナルイタリアンGUFO:福岡市

    2019.06.30

  8. 【特集】福岡市のイタリアン:キム翔

    2019.06.30

  9. 【韓国味噌鍋:博多】慶州鍋が名物のいずみ田祇園店 特集記事

    2019.06.22

  10. 【6月初旬】温泉のニセコ&ウニの積丹半島3泊4日

    2019.06.08

  1. 【イタリアン料理】感動の5000円フルコース|鹿児島県薩摩川内市の…

    2019.05.21

  2. 【島根県:松江市の料理屋】やまいちで宍道湖七珍を食え

    2019.05.18

  3. 【8月の上高地3泊4日の旅】飛騨高山のゲストハウスに前泊して乗…

    2016.08.19

  4. 【仙台:国分町の地雷也】キンキに拘った炭火焼きのお店

    2019.05.18

  5. 【特集】鶴の湯|秋田県乳頭温泉

    2019.03.19

  6. 【奈良県:小料理奈良】大皿料理は半製品。どんなものに仕上がるか…

    2019.05.18

  7. 【世界一の大花火四尺玉】新潟県の片貝まつりを見に行く1泊2日 2…

    2018.09.09

  8. 【特集:西山口県】コバルトブルーの角島とホテル西長門リゾートを…

    2020.03.25

  9. 【特集:私の一番好きな鮨屋】山口県萩市の豊月

    2019.05.18

  10. 【特集:岩手県の遠野市を楽しむ旅】仙台空港から沿岸を北上しまし…

    2016.05.21

  1. 【特集】大塚国際美術館で見る美術史

    2019.01.27

  2. 【特集】仏の世界の四階層╿如来・菩薩・明王・天

    2019.02.07

  3. 【特集】三大阿弥陀堂と阿弥陀如来

    2019.01.27

  4. 【特集】奇想の画家ってなんですか?

    2019.02.17