沖縄料理を女将の手料理で信じられない安さで食べれるお店 | 沖縄県那覇市の天の蔵

お昼前に那覇空港に到着。提携先と話していたら耳よりな情報が入りました。

お腹いっぱい女将の手料理を食べても2000円もしないよ。

嘘でしょ?

「いやあ僕も兄貴から教えてもらって行ったんだけど信じられないくらいのお値段と内容」って提携先。

しかしこの店はすごかった。秘密にしておきたいですけど公開します。

さっそく予約して行ってきました。

 

 

お店の名前は「天の蔵」

女将が一人で営業されていました。

予約の電話がバンバン入って来ます。

すでに3名のお客様が飲んでいます。

飲物は烏龍茶と泡盛の水割りをお願いしたところ、バンっと大きなものが出てきました。

 

やはり飲み放題みたい。

メニューは一応あるものの女将のペースで進みます。

カウンターがL字型にあるところはいっぱいで小上がりに座りました。

小上がりの以外に部屋もあり30名は入る店内を女将が一人で仕切ってます。

うそでしょ・・と思いました・

普通2人で営業して15人くらいを相手にするという店がほとんど。どうやって回すんやろと思いましたが、次第にその秘密がわかってきました。

まずは沖縄のマグロの刺し身が登場です。

泡盛の水割りとよく合いますわ。

サラダが出てきました。わかってるね女将。やっぱサラダは欲しいもの♪

ありがたい。

沖縄流の煮つけです。

博多で言うと筑前煮みたいなものです。

ここで女将がテビチ食べます?と聞いてきました。

好き嫌いがありそうなものは聞いてから料理されているみたい。

豚足は博多で焼き鳥しか食べないのですけど・・・煮た豚足も美味いですねぇ。トロトロです。

女将がカウンターに座って飲んでいる常連さんに声をかけています。

「〇〇さん、焼き魚食べない?今なら私の手が空いてるよ」予約でいっぱいの中、少しでも手を休めない女将の工夫ですね。

そのうちに6時過ぎに1人のお客様がふらりと予約なしで入って来ました。

「予約で満席だけど7時までカウンターが空いているから1杯くらい飲んでいきません?」そう言われるとお客様はカウンターに座ります。

飲物と刺身を出す女将。満席だからと手を抜きません。すごいぜ女将。テキパキと段取りする女将に感動。

やっぱ物事は段取りやなあと感心しつつ泡盛が進みます。

沖縄ですなあ(^^)/ 赤飯が登場しましたよ、ええ。

8人予約席のキャンセルを直前にしてきた客がいて・・女将が渋い顔。

するとご年配の男性がそれに対して話始めたので私も参戦・笑

豆腐よう・・島豆腐を発酵させたもの。

すっかりお話しをして親近感がわいた人生の先輩が・・

「泡盛につけこんだ豆腐で泡盛のアテになるよ。王様料理で昔は庶民は食べれなかったんだから」

そうですか、ではありがたく頂きます。

うん!酒の香りがかなり強いわ。

茄子の煮びたし。

どんどん料理が出てきますが、いいのだろうか・・

れんこ鯛が焼き魚で出てきましたよ。

そろそろお腹いっぱいになってきました。

どれも沖縄料理で女将の手作りでほんと満足感高いです。

最後にデザートとしてパッションフルーツが出てきました。

美味しいねぇと食べていたら

「食べた後、泡盛を入れて飲むと美味いよ」とまたまた先客の翁に教えてもらいました。

ありがとう!ほんとに美味いや♪

女将!お勘定して!「はい3000円です」

う・う・嘘でしょ!2人で3000円?9品も食べたのに?飲み放題で?

今回は仕事の出張だったので領収書をもらう予定でしたが、口に出せませんでした・笑

女将!美味しかったよ。頑張ってね。また寄りますわ。

※女将が一人で営業されているので電話で予約してからの来店をお勧めします。

【お知らせ】
2019.03.02に電話したら「使われていません」のアナウンス。閉店しているかもしれません。

☆天の蔵
沖縄県那覇市前島2丁目18-15
GoogleMapで開く
TEL:098-861-2368
営業時間:17:00~24:00
定休日:日曜日

≫筆者:おのちん
≫来店日:2018.06.08

#居酒屋 #天の蔵 #那覇市 #豆腐よう #パッションフルーツ #泡盛 #れんこ鯛 #鮪 #赤飯 #テビチ

関連記事

  1. 温泉ペンション「きらの宿すばる」でディナー|北海道の社員旅行 2016.09.02-04

  2. 【利尻島】姫沼をぐるりと1周散策しました。│【8月】稚内・利尻・礼文の旅 5泊6日 その28

  3. 【 福岡県 】 ウィンドサーフィンのメッカで海をみながら自家製果実酢 を飲む│ 福津市のIRIE Cafe

  4. 快晴の網走、道の駅流氷街道から網走駅までウォーキング│2月のオホーツクの旅、3泊4日

  5. 青森県三厩の生鮪の大トロと赤身 | 仙台市の「うまい鮨勘」

  6. めかぶの塩焼き | 福岡市博多区の五三食堂 その6

  7. 野菜たっぷりの3000円コース料理│福岡市博多区の野菜ソムリエの店、アグロ

  8. 国指定名勝毛利氏庭園と毛利博物館 その2

  9. 【鳥取市】ラベンダー色の大らっきょう畑たち│2泊3日鳥取と城崎温泉の旅

  1. 【特集】 和食系、香りと彩り最高 │ 赤坂あきちゃん

    2020.12.31

  2. 【 特集 : ニセコの温泉 】温泉付ペンションアダージョとヒルトン…

    2020.12.31

  3. 【特集:男池】大分、紅葉の宝泉寺温泉に泊まる1泊2日

    2020.12.31

  4. 【特集】鳥取砂丘とラベンダー色のらっきょうの花、そして城崎温泉…

    2020.12.14

  5. 【特集:9月の富山】台風の中、紅葉の立山2泊3日の旅

    2020.10.03

  6. 【特集】彩りと器の組合せが抜群!大人の隠れ家:福岡市のtakanabe(…

    2020.09.15

  7. 【特集:8月】毎日バフンウニを食べた 稚内・利尻・礼文の旅 5泊6…

    2020.09.07

  8. 【特集:8月の上高地と乗鞍岳】無人の河童橋、爆流の善五郎の滝、朝…

    2020.08.11

  9. 【特集:西山口県】コバルトブルーの角島とホテル西長門リゾートを…

    2020.03.25

  10. 【厳冬の2月、道東2泊3日の旅】網走の流氷、カヌー釧路川源流下…

    2020.02.18

  1. 【特集:9月の富山】台風の中、紅葉の立山2泊3日の旅

    2020.10.03

  2. 【世界一の大花火四尺玉】新潟県の片貝まつりを見に行く1泊2日 2…

    2018.09.09

  3. 【五三食堂 特集記事】ダシを上手に使う美しさと独創的な居酒屋|福…

    2018.12.20

  4. 【8月の上高地3泊4日の旅】飛騨高山のゲストハウスに前泊して乗…

    2016.08.19

  5. 【萩市特集】萩市の鮨屋 豊月と宿泊施設、観光 | 山口県萩市

    2019.01.27

  6. 【食と酒 なかむた-特集記事】都会の古民家で上質な和食|福岡市中…

    2019.01.27

  7. 【特集】 和食系、香りと彩り最高 │ 赤坂あきちゃん

    2020.12.31

  8. 【9月の道東4泊5日の旅】釧路・帯広・厚岸・根室・弟子屈、道東の…

    2014.09.04

  9. 【特集記事】JAL国内線ファーストクラス機内食  記事の一覧

    2019.02.12

  10. 【特集:西山口県】コバルトブルーの角島とホテル西長門リゾートを…

    2020.03.25

  1. 【特集】奇想の画家ってなんですか?

    2019.02.17

  2. 【特集】大塚国際美術館で見る美術史

    2019.01.27

  3. 【特集】三大阿弥陀堂と阿弥陀如来

    2019.01.27

  4. 【特集】仏の世界の四階層╿如来・菩薩・明王・天

    2019.02.07