ニシンの山椒漬け、カンプラ田楽、カド、こづゆ、会津の郷土料理が満載:籠太│【7月】2泊3日、尾瀬と会津の旅 その3

福島県会津の土曜日の夜、夜のご飯の店は例によって現地で探しました。今回はぶらぶらするのではなくネットで探して、郷土料理の店にいきなり電話してみました。「カウンターなら空いてます」とのお返事です、ラッキー。

まずはビールで尾瀬の疲れを落とし、次にこの店の名前がついた生大吟醸「籠太」を頂きました。

会津の郷土料理「ニシンの山椒漬け」なるものがあったので食べてみました。これ酒のアテに良いですね。会津の土産に買って帰ろうかな。

「カンプラ田楽」はジャガイモの味噌田楽です。これも福島県の郷土料理みたいですね。福島の郷土料理はどれもなかなか、美味いです。

焼鳥を焼いてもらってみました。地鶏のネギマです。

うーん、これについてはジューシーさが無くイマイチやん。博多から来ると焼鳥の味にうるさいかな。

でっかい万願寺とうがらしがあったので焼いてもらいました。

見た目ピーマンの塩焼きみたいに見えますけど万願寺です。気の良い女将が「ウチは完全無農薬ばかりですよぉ」と何度も言ってました。

カド430円を注文です。
「カドって何ですか?」と聞いたら鰊のぬか漬けだって。昔のものはずいぶんと塩分が多かったそうですけど、これは店で自家製で漬けてるので、塩分少な目だそうです。九州から東北に行くと確かに料理に多いって感じますもんね。

トマト巻き270円です。薄切りのバラ肉でプチトマトを巻いてあります。ベーコンで巻くより薄切りバラ肉でトマトを巻く方がかなり美味いです。トマトって焼く料理が一番旨味がでるそうですしね。

〆のご飯ものは、蟹めしおにぎり270円にしました。

それと会津の郷土料理こづゆを注文。具沢山ですねぇ。味噌汁茶碗のような器を想像してたら、高さの低い器で意外な感覚です。

籠太の由来【籠太ホームページより抜粋】
籠太(かごた)は江戸時代から昭和初期まで実在した江戸街道沿い、城下のはずれ滝沢峠の降りたあたりに実在した街道茶屋の名前です。つい数年前まで建物もありましたが、建て直しで池の庭と共に取り壊されてしまいました。昔、参勤交代の折や、春には城下の人たちが石部桜で花見の折、夏には滝沢の不動様への夕涼み、秋には飯盛り山への茸狩りと、物見遊山の折に愛された、会津一の街道茶屋の名前です。店では折々の季節の名物料理が供されていましたが、又この茶屋の名物は、庭の池越しに松の立ち木の間から見える磐梯山が何よりのご馳走だったとか。私達は開店に当たり会津の多くの記録に登場し、又、人々の多くのドラマがあり、あたたかい人間的な匂いのするこの茶屋の名前に強く惹かれました。

≫わらじ丼:デカい、薄い、タレが浸みてるかつ丼:会津の白孔雀│【7月】2泊3日、尾瀬と会津の旅 その4

 

☆籠太
〒965-0871 福島県会津若松市栄町8−49
googleMapで開く
TEL:0242325380
籠太 公式ホームページ

≫筆者:おのちん
≫来店日:2015.07.25

関連記事

  1. 【大分】大草原の向こうに阿蘇五岳を望む露天風呂|竹田市の久住高原コテージ

  2. JALファーストクラス機内食は秋刀魚に松茸添え|福岡空港→羽田空港、7時発の便 2017.09.30

  3. 【福岡市】甘海老昆布じめ│五三食堂 その43

  4. おしゃれな町に隠れた名店アリ╿山口県 萩市のすし処 豊月

  5. ここだけ英国のおもちゃ箱!福岡県 キャナルシティの「ハムリーズ」

  6. アボカドチーズオムレツ│福岡市博多区の野菜ソムリエの店、アグロ

  7. 5月、雪のニセコ五色温泉旅館に2泊3日で温泉三昧

  8. 《解説》ヘタウマ絵画も意味がある!╿絵画を語るとき我々の語ること②中世

  9. 日本最大の琥珀の産地、久慈市の琥珀博物館│【11月】秋田、北岩手、青森の3泊4日の旅 その3

  1. 【特集】彩りと器の組合せが抜群!大人の隠れ家:福岡市のtakanabe(…

    2020.09.15

  2. 【特集:8月】毎日バフンウニを食べた 稚内・利尻・礼文の旅 5泊6日

    2020.09.07

  3. 【特集:8月の上高地と乗鞍岳】無人の河童橋、爆流の善五郎の滝、朝…

    2020.08.11

  4. 【特集:西山口県】コバルトブルーの角島とホテル西長門リゾートを…

    2020.03.25

  5. 【厳冬の2月、道東2泊3日の旅】網走の流氷、カヌー釧路川源流下…

    2020.02.18

  6. 【特集】鯨料理専門店 福岡市のおおいし

    2019.06.30

  7. 【特集】トラディショナルイタリアンGUFO:福岡市

    2019.06.30

  8. 【特集】福岡市のイタリアン:キム翔

    2019.06.30

  9. 【韓国味噌鍋:博多】慶州鍋が名物のいずみ田祇園店 特集記事

    2019.06.22

  10. 【6月初旬】温泉のニセコ&ウニの積丹半島3泊4日

    2019.06.08

  1. 【特集】彩りと器の組合せが抜群!大人の隠れ家:福岡市のtakanabe(…

    2020.09.15

  2. 【仙台:国分町の地雷也】キンキに拘った炭火焼きのお店

    2019.05.18

  3. 【大分:久住遊覧】久住高原コテージの露天風呂から絶景の草原と阿…

    2019.05.15

  4. 【特集】紅葉の京都を1泊2日で楽しむ旅|清水寺、今宮神社、船岡温…

    2016.11.26

  5. 【特集記事】特色ある福岡市内の鮨屋からいきつけの4店舗をご紹介…

    2019.01.27

  6. 【食と酒 なかむた-特集記事】都会の古民家で上質な和食|福岡市中…

    2019.01.27

  7. 【低糖質・低カロリー・野菜ソムリエ】Agro(アグロと読みます)福…

    2019.02.27

  8. 【島根県2泊3日の旅】松江で宍道湖の珍味、境港で蟹、雲南市で築145…

    2019.02.26

  9. 【道東・道央の旅】くったり胡とサホロリゾート、帯広市の六花亭本…

    2018.12.15

  10. 【特集】会津・裏磐梯、グルメな温泉ペンションと五色沼散策 20…

    2016.09.01

  1. 【特集】奇想の画家ってなんですか?

    2019.02.17

  2. 【特集】大塚国際美術館で見る美術史

    2019.01.27

  3. 【特集】三大阿弥陀堂と阿弥陀如来

    2019.01.27

  4. 【特集】仏の世界の四階層╿如来・菩薩・明王・天

    2019.02.07