【 北海道 】 帯広市の魚千で食べ終わった真ホッケの皮でダシをとったラーメン | 冬の十勝旅4日間 その3

2月というのに帯広の飲み屋街の雪はこんなもんです。このところずっと雪降ってないんですわ。

2021年2月27日、土曜日。17時半に予約していました。ああっ再訪したかった魚千。やってきましたっ。

真っ白い暖簾が清々しさまで感じさせます。

ホテルから徒歩5分程度でしたが気温はマイナス10℃ほど。

体を温めるために燗酒を1合お願いしました。つきだしは温泉たまごです。

2年前に来た時と変わらず「♡私(時価)」って書いてある・笑

まずは分厚い帆立刺しからスタートがお決まりです。8個入ってたぶん3000円です。しかしこの部厚さを見てください。ホント美味いのよコレ。

女将に「こんな分厚い帆立刺しないよね」って言ったら「いや他の店はこれをカットして出しているからじゃない、うちは丸々カットして出しているから」。なるほどそうか。

んで、さらに「うちは野付の帆立がしか使わないよ、あそこのが一番って思っているから。入荷しないときは帆立メニューは無いですよ」とおっしゃるではないか。野付半島はぶどう海老だけじゃなくて帆立も特別なのか。

そういえば野付半島の付け根にある温泉宿を息子たちに予約して揚げたとき、バカみたいに量もあってバカみたいに美味かったって言ってたわ。特別料理コースのお高いので2食ついて15000円だったのを覚えてる。あそこにも泊ってみたい。

目の前には美味そうな魚が並んでます。これは真ホッケです。

そして鰊です。

蛸やわらか煮にするか迷いましたが、銀ガレイのエンガワにしました。この前も食べたんだけどねぇ。

脂のノリが半端ないのよコレ。酒が進むのよコレ。

こちらがレギュラーメニューです。2年前とは変わってないかな→2年前の魚千の記事はこちら。

そして店主は渋谷ツネ子様。ツネ子様はおいくつかなと思って想像していたら・・

生年月日が掲げてありました~。壁には予約の紙がバンバン貼り付けてあります。観光客も地元客もいろいろ混ざった客層です。

さて体も温まりましたので冷酒にしました。

北海道は増毛町の國稀にしました。純米酒700円なり。良くみたら旭川の冷酒「北海の熊」なる飲んだことのない酒もあるじゃないの。

次回は北海の熊を飲んでみよっと。

そうこうしているうちに、漬物を「サービスです」と言って女将が出してくれました。この前もそうだったから恒例なんやろね。

それがねぇ、このタイミングでサッパリしたものがお酒と一緒にアテに合うのよ。

このお店、1品づつがデカいちゅうか量が多いので沢山は食べれません。牛みたいに反芻できる胃袋が5つくらい欲しいわ。

ちゅうことで真ホッケを焼いてもらうことにしました。

真ホッケが焼きあがるまでに、なぜか他のお客様が次々に注文している卵焼き500円なりが気になって、「つられ注文」しちゃいました。

でっかくて甘い玉子焼きで食べ応えすごいです。

そして真ホッケも焼きあがりました。大きくて美しい。ホッケこそ九州で食べるのと北海道のちゃんとした店で食べるのは天と地、いやポルシェとカローラくらい違う大きさとお味です。

脂がホッケからジワッと滲み出して溜りが出来ています。

ちゅうことで、ホクホクの真ホッケ焼きを頂きました。まいう~♪

ほぼほぼ完食なんですが、ここらで最後の〆に皆様が注文している「焼きおにぎり」にするのか、はたまた前回食べ逃した「銀むつのカマ」にするのかしばし悩みました。

向うにあるのが「焼きおにぎり」なんか麦飯と普通飯の混ざったものみたいな感じです。そして手前にあるのが銀むつカマ焼き。たまらんなあ。

テーブルの目の前には、真ホッケ。そのの向うにあるのは、まとう鯛。その向うには銀むつのカマがありますわ。

いろいろ考えたあげく「女将!女将が作るととろ飯を食べたいんやけど」と言ったら、女将が「その食べ終わった真ホッケでラーメン作ろうと思ってたんやけど」

いやあ、美味い食べ方はやっぱ地元の人が知ってるに決まってるじゃないのと思った私は「女将っ、それお願いします」。

真カレイの向うで私用のラーメンを作るツネ子女将のりりしいお姿があります。

 

女将がつきっきりで私のラーメンを作ってくれました。料理に魂が入っています。

おおっ、飲んだあとに嬉しい小ぶりな器でラーメンが登場しましたっ。

面も美味いが真ホッケの出汁でとったスープも美味いっ。なんか海老かなんかの甲殻類の出汁も入っている感じがします。

このスープ、飲み干しましたぜ。

大満足して店をあとにし近くのホテルにふらふらと戻ります。歩道の歩くところには雪はないので歩きやすいです。

帯広市民のソウルフード、インデアンカレー。立派やからここが本店やろか・・

ホテルまでの道すがら飲み屋前に出ている看板を見るのも楽しいです。厚岸産牡蠣がいくつ食べても半額!!って書いてありました。だったら1個195円って書いたらどうやとかなんとかツッコミながらふらふらと歩きます。

いくらのっけ飯とかいくら乗っけ牡蠣とか美味そうっ。

≫次の記事:【 北海道 】 初日はホテルエリアワン帯広に宿泊 | 冬の十勝旅4日間 その4

 

☆炉端 魚千
〒080-0012 北海道帯広市西2条南9丁目20

≫googleMapで開く
TEL:0155-25-1569
営業時間:17時~23時
定休日:毎月第2日曜日、毎月第4日曜日

≫筆者:おのちん
≫来店日:2021.02.27

関連記事

  1. 道の駅、関川に立ち寄り新潟空港へ

  2. 太閤・秀吉の地!╿滋賀県 長浜城歴史博物館

  3. 《世界遺産》五重塔だけじゃない!╿京都市の東寺、あるいは教王護国寺

  4. 【 島根 】島根和牛鉄鍋ちゃんぽん|島根県、出雲えんむすび空港内「出雲の國 麺屋」

  5. 【 山形 】 4月18日、桜満開の鶴岡公園 │ 仙台から鶴岡、酒田市へ 2泊3日の旅 その6

  6. 担々麺を始め美味い物ばかりの中華屋|福岡市博多区の一すじ

  7. 【和歌山】紀伊田辺でうつぼ料理╿田辺市の「からかさ」

  8. 【鳥取県】なしっこ館は無料で年中3種の梨の食べ比べできます。│2泊3日鳥取と城崎温泉の旅

  9. 【福岡市】個室で食べれるコスパ高い1000円ランチ|博多区の松月亭

  1. 【特集:冬の十勝4日間】快晴と大雪、帯広、然別湖、旭岳、美瑛を…

    2021.03.18

  2. 【特集】 和食系、味、香り、彩り、器も最高 │ 赤坂あきちゃん

    2020.12.31

  3. 【 特集 : ニセコの温泉 】温泉付ペンションアダージョとヒルトン…

    2020.12.31

  4. 【特集:男池】大分、紅葉の宝泉寺温泉に泊まる1泊2日

    2020.12.31

  5. 【特集】鳥取砂丘とラベンダー色のらっきょうの花、そして城崎温泉…

    2020.12.14

  6. 【特集:9月の富山】台風の中、紅葉の立山2泊3日の旅

    2020.10.03

  7. 【特集】彩りと器の組合せが抜群!大人の隠れ家:福岡市のtakanabe(…

    2020.09.15

  8. 【特集:8月】毎日バフンウニを食べた 稚内・利尻・礼文の旅 5泊6…

    2020.09.07

  9. 【特集:8月の上高地と乗鞍岳】無人の河童橋、爆流の善五郎の滝、朝…

    2020.08.11

  10. 【特集:西山口県】コバルトブルーの角島とホテル西長門リゾートを…

    2020.03.25

  1. 【特集記事】JAL国内線ファーストクラス機内食  記事の一覧

    2019.02.12

  2. 【世界一の大花火四尺玉】新潟県の片貝まつりを見に行く1泊2日 2…

    2018.09.09

  3. 【雪の大谷とホテル立山】大観峰からご来光!平成最後の満月!みく…

    2019.04.23

  4. 【特集】鳥取砂丘とラベンダー色のらっきょうの花、そして城崎温泉…

    2020.12.14

  5. 【特集:岩手県の遠野市を楽しむ旅】仙台空港から沿岸を北上しまし…

    2016.05.21

  6. 【特集:11月の北東北3泊4日の旅】大間の本鮪を食べに行く旅

    2015.11.20

  7. 【特集:8月の上高地と乗鞍岳】無人の河童橋、爆流の善五郎の滝、朝…

    2020.08.11

  8. 【銀シャリてる房 特集記事】居酒屋なれど料理が丁寧でコスパが高い…

    2019.01.26

  9. 【1月の島根県松江】宍道湖七珍を楽しむも大雪で特急やくもで博多…

    2016.01.23

  10. 【特集:冬の十勝4日間】快晴と大雪、帯広、然別湖、旭岳、美瑛を…

    2021.03.18

  1. 【特集】奇想の画家ってなんですか?

    2019.02.17

  2. 【特集】仏の世界の四階層╿如来・菩薩・明王・天

    2019.02.07