山形の「山寺」を踏破!╿山形県 山形市 立石寺

こんにちは、はてはてマンボウです。今回は山形県の山奥を回遊しています。

はて、たくさんの階段ねえ。

梓「これはまだまだ序の口。山寺のお堂は、山道をたっぷりと登った先にある」

マ「あ、連理梓さん。はて、山道を歩くだなんて、気が引けるわねえ」

梓「苦労して山道を登ってこそ、楽しめる風景もあるんだよ。さあ、今回は立石寺(りっしゃくじ)を探検しよう」

立石寺の概要とアクセス

梓「立石寺は、慈覚太師(じかくたいし)で知られる円仁(えんにん)が、平安時代の9世紀に開いたと言われている。通称は『山寺』だ」

マ「あら、たしかに、いたるところで円仁さん推しねえ」

梓「山の中にあるのはたしかだけれど、山形駅から最寄りの山寺駅までは、JRの仙山線で快速電車に乗れば15分。駅からは歩いておよそ5分と、市内からほど近いところにあるんだ」

マ「意外といい立地にあるじゃない」

梓「しかし、山寺は、着いてからの道のりが大変」

マ「も、もしやゴールは、あの崖の上のお堂ですか

梓「登山口から、根本中道、山門、奥之院(おくのいん)を通り、ゴールの五大堂に着くまでは休憩なしで歩いても1時間はかかる。上まで行くなら、当日は動きやすい服装でくること」

まずは中堂付近を参拝

梓「まずは根本中堂。立石寺の本尊である、薬師如来座像が安置されている。 ブナの建造物としては日本最古のものなんだ」

 

マ「この奥に薬師如来がいるのねえ」

梓「たくさんの子どもを従えた布袋(ほてい)さま。撫でるとご利益があるということで、いたるところがぴかぴかになっている」

マ「はて、ころり往生(おうじょう)阿弥陀如来。マンボウちゃんも、往生するときは、ころりといきたいものねえ」

マ「あらあら、これで全部かしら。心配しちゃったけど、あっという間に回遊できたわねえ。心配して損しちゃったわ、おらおら~」

梓「まさか、これで終わりなわけがない」

マ「はて」

梓「いまはまだ、ちょうど下の辺りをぶらぶらしただけだよ。案内図の左上、崖にそびえる五大堂まではこれからだ」

マ「は、はてはて……」

名所を回りながら五大堂を目指そう

梓「さて、根本中道をあとにするよ」

梓「最初に見えてくるのは、芭蕉像だ」

マ「はて、芭蕉って、あの松尾芭蕉ですか。なぜこんなところに」

梓「有名な『閑(しずか)さや 巌(いわ)にしみ入る 蝉の声』の句が詠まれたのは、この山寺だから」

梓「芭蕉の門人で、奥の細道の付き人を務めた曽良(そら)さんの像もあるね」

マ「はて、やっと山門でしたか。もうすでにだいぶん歩いたような」

梓「なにをなにを。ここからが入口さ。さて、その入口だが、よく見ると、登山口、と書いてある」

マ「はて! マンボウちゃん、このあと、ちゃんと参拝できるかしら」

マ「こりゃあ山深いところだよ」

梓「古いお堂を通りすぎて、自然の中を進んでいくよ」

マ「こ、こりゃあ、たっぷり歩いたわねえ」

梓「山門から15分といったところだね」

マ「はて、せみ塚」

梓「『蝉の声』の句を書いた短冊を埋めてその上に塚を立てたから、『せみ塚』と呼ばれているんだ」

梓「さあ、ここからまた石段が続くよ。山寺の石段は全部で1015段あるからね」

マ「は、はて! 数字で聞くと、また果てしないわねえ……」

マ「山を登るにつれて、崖の険しさがより近く感じられるようになってきました」

仁王門から、山の上の奥之院、そして五大堂へ

 

梓「さあ! 仁王門に着いたよ」

マ「上に着くと、開けた風景が広がるのねえ」

梓「奥之院は、円仁が中国での修行中に持ち歩いたと言われている釈迦如来と多宝如来がご本尊だ」

梓「さて、山寺の道にはまだ続きがあるよ。遠くにお堂があるのは見えるかい」

マ「はて、お堂」

   

マ「はて! たしかに見えてきました」

梓「開山堂は、円仁を祀るお堂。円仁の木造の尊像が安置されていて、朝夕にご飯とお香が供えられる。岩の上の赤い小さな堂は写経を納める納経堂で、境内で一番古い建物だ」

マ「ここまで、長い道のりでしたねえ。1015段、1時間の旅

梓「その先に進むと、五大明王を祀る道場・五大堂に着く。断崖に突き出すようお堂から、辺りを見渡せるんだよ」

マ「長い道のりでしたが、紅葉の山寺は空気も気持ちよくて、風景も最高ですね、はってはて♪」

基本情報のまとめ

公式HP ※山寺観光協会

〒999-3301 山形県山形市山寺4456−1

≫GoogleMapで開く

 

≫筆者:連理梓
≫来訪日:2013.11.13

相互リンク 四寺廻廊

↑↑↑「四手廻廊って何?」「東北のお寺をもっと知りたい!』という方はこちらの記事をチェックしてくれ~まあんぼう~

関連記事

  1. 〆鯖の炙りは脂が乗りまくり|福岡市の二〇加屋長介薬院本店

  2. 手で曲がる金属、錫100%の酒器|富山県高岡市の能作の工場

  3. 海陽亭で蟹たっぷり丼と特選海鮮丼|鳥取県境港市の境港水産物直売センター内

  4. 《日本の鉄道》新幹線にトロッコ、ハットリくんまで?╿北陸の鉄道録

  5. 金比羅山と日本三大不動の爪切不動尊|三重県志摩市

  6. 海獣たちを間近に感じよう!╿大分県の「うみたまご」

  7. 春だけの生わかめシャブシャブ。メインはフカヒレ|岩手県花巻市の鉛温泉藤三旅館

  8. 時間を気にしたらいけません。湯村温泉の家族湯。築145年の湯乃上館に泊まる|島根県雲南市 その1

  9. 《世界遺産》兵どもが夢の跡╿岩手県 平泉町 毛越寺

  1. 【特集】鯨料理専門店 福岡市のおおいし

    2019.06.30

  2. 【特集】トラディショナルイタリアンGUFO:福岡市

    2019.06.30

  3. 【特集】福岡市のイタリアン:キム翔

    2019.06.30

  4. 【韓国味噌鍋:博多】慶州鍋が名物のいずみ田祇園店 特集記事

    2019.06.22

  5. 【6月初旬】温泉のニセコ&ウニの積丹半島3泊4日

    2019.06.08

  6. 【ありそでない家族経営の居酒屋】福岡市の仙八

    2019.05.29

  7. 【昭和レトロ居酒屋】福岡市博多区のがったんごっとん

    2019.05.28

  8. 【イタリアン料理】感動の5000円フルコース|鹿児島県薩摩川内市の…

    2019.05.21

  9. 【1月の島根県松江】宍道湖七珍を楽しむも大雪で特急やくもで博多…

    2019.05.20

  10. 【島根県:松江市の料理屋】やまいちで宍道湖七珍を食え

    2019.05.18

  1. 【特集】会津・裏磐梯、グルメな温泉ペンションと五色沼散策 20…

    2019.04.10

  2. 【低糖質・低カロリー・野菜ソムリエ】Agro(アグロと読みます)福…

    2019.02.27

  3. 【道東の旅】道東4日間のグルメと遊びのコース|北海道 2018.07.20…

    2019.01.23

  4. 【特集】鶴の湯|秋田県乳頭温泉

    2019.03.19

  5. 【特集】紅葉の京都を1泊2日で楽しむ旅|清水寺、今宮神社、船岡温…

    2019.05.17

  6. 【食と酒 なかむた-特集記事】都会の古民家で上質な和食|福岡市中…

    2019.01.27

  7. 【6月初旬】温泉のニセコ&ウニの積丹半島3泊4日

    2019.06.08

  8. 【島根県2泊3日の旅】松江で宍道湖の珍味、境港で蟹、雲南市で築145…

    2019.02.26

  9. 【長崎市内観光とグルメ】おでん専門店「桃若」へ|1泊2日:2019.…

    2019.01.23

  10. 【特集記事】特色ある福岡市内の鮨屋からいきつけの4店舗をご紹介…

    2019.01.27

  1. 【特集】仏の世界の四階層╿如来・菩薩・明王・天

    2019.02.07

  2. 【特集】大塚国際美術館で見る美術史

    2019.01.27

  3. 【特集】三大阿弥陀堂と阿弥陀如来

    2019.01.27

  4. 【特集】奇想の画家ってなんですか?

    2019.02.17