ホテル立山宿泊者だけの「雪の大谷」全面ウォーキング|富山県立山室堂

ホテル立山に宿泊すると無料の催しがいろいろあります。そのひとつがホテル宿泊者だけの「雪の大谷」ウォーキングです。一般客の見学が終わる17時からホテル立山宿泊者の希望者がウォーキングできるのです。

しかも、バスがまだ行き来するのですが、その合間を見計らって5分あまりの間、道路いっぱいに広がって写真撮影ができるのです。

その他、食事の後のビデオでのたのしい立山説明会やその後の「夜の散策」や屋上展望台での星空の観察会もあります。それらすべて無料です。翌朝は、有料2100円になりますが、後立山連峰から上がるご来光を見るツアーも開催しています。盛りだくさんです♪

17時にロビーに集まった参加者たちは、日本人ガイド、中国語ガイド、英語ガイドの3名のガイドに分かれました。

駐車場に集まり、再度注意事項の説明会です。事故のないようにということです。

最後のバスが数台出て行ったのですが「みなさんは一般客が帰った後、雪の大谷をウォーキングできる特別な人たちです。それに参加できないかわいそうな人たちがバスで帰っていかれますので皆で手をふって差し上げましょう」という笑いの起きるフレーズでバスのお客様たちにみんなで手を力いっぱい振ったのでした。

ホテル宿泊者だけの雪の大谷ウォーキングは特別感があります。

霧が結構深い中みんなで歩いて行きました。

少し行ったところで適切な説明があります。

説明を聞かずに写真を取りまくる参加者に「ここはまだ雪の大谷ではありません。ぜんぶ捨てることになるので写真は止めて聞いてください」

いったん壁が下がって上がるところから「雪の大谷」は始まります。

「今年は15日に大雪が降ったので4月16日からOPENになったのですが、その際にかなり積もったので公表16メートルの高さですがもっとあると思います」と説明されていました。

雪の大谷の壁の上にはつららが下がっています。

ホテル立山のスタッフさんが楽しい説明をしてくれます。

バスがまだ数台残っているので、バスが来ない時間を見計らって5分間ということで道路全部を使って写真撮影の許可が出ました。

中華系の客がかなり多いです。道路いっぱいに広がって撮影できるのは特別感があります。

私も登場です。

約45分のウォーキングはかなり速足で過ぎました。帰りの道は先頭で歩いたのでこんな写真が撮れました。

霧が多かったもののとても楽しい雪の大谷ウォーキングでした。

雪の大谷は壁を横に削ってあります。その他のところは除雪を優先するのでバックホーで縦に削ってあります。

除雪した雪を40メートル飛ばす熊五郎。道なき道を削るのは三角測量を使っているそうです。GPSも使っているということでした。

道路わきに立っている木は吉野杉で1本1万円するそうです。実に500本の吉野すぎを使っているそうです。それがバキバキ折れていました。そのワケは雪は高いところから低い方へ流れるそうです。

そのためにホテル立山から見ると左手から右手に流れるので壁のポールは右に倒れてきていっています。右手にある木には青いテープを巻いて左手に歩きには赤いポールを巻いているそうです。

四代目熊五郎は熊が両手でピースサインして4本の指を立てることで4代目とわかるようになっています。

ホテル立山に戻ってきました。17時45分です。夕食は18時15分としています。15分単位でお客様の食事時間は決められています。

ホテルから出るのはここからです。最初はわからずとまどいました。

立山黒部アルペンルートの説明図です。「雪の大谷」は立山室堂のホテル立山前で実施されます。

新鮮な魚介類を使ったホテル立山の夕食|富山県立山室堂

 

☆雪の大谷
〒930-1414 富山県中新川郡立山町芦峅寺ブナ坂外11国有林内 室堂平
GoogleMapで開く
公式ホームページ 立山黒部アルペンルート

☆ホテル立山
〒930-1406 富山県中新川郡立山町芦峅寺
GoogleMapで開く
公式ホームページ ホテル立山

≫筆者:おのちん
≫来店日:2019年04月19日

関連記事

  1. 季節の山菜入り稲庭うどん&びっくりするほど柔らかい名物もつ煮込み定食|秋田県田沢湖駅前「駅前食堂」

  2. 抜群に美味い、毛蟹の足のみそ焼き| 福岡市の北海ひがし

  3. 小籠包専門店『京鼎樓』でランチセット|福岡市博多区のKITTE博多店

  4. ANA大阪伊丹空港→福岡空港行きのプレミアムクラス機内食 2016.11.27

  5. 紀伊田辺でうつぼ料理╿和歌山県 田辺市の「からかさ」

  6. 生こんにゃく刺と槍烏賊の煮付け | 福岡市博多区の五三食堂 その13

  7. 豆腐の名店で豆腐ソフトクリーム|京都市東山区のおかべ家

  8. 《解説》クリムトたちの妖しい世界╿絵画を語るとき我々の語ること⑨象徴主義

  9. 《解説》理論とロマンのせめぎあい╿絵画を語るとき我々の語ること⑥新古典主義とロマン主義

  1. 【特集】鯨料理専門店 福岡市のおおいし

    2019.06.30

  2. 【特集】トラディショナルイタリアンGUFO:福岡市

    2019.06.30

  3. 【特集】福岡市のイタリアン:キム翔

    2019.06.30

  4. 【韓国味噌鍋:博多】慶州鍋が名物のいずみ田祇園店 特集記事

    2019.06.22

  5. 【6月初旬】温泉のニセコ&ウニの積丹半島3泊4日

    2019.06.08

  6. 【ありそでない家族経営の居酒屋】福岡市の仙八

    2019.05.29

  7. 【昭和レトロ居酒屋】福岡市博多区のがったんごっとん

    2019.05.28

  8. 【イタリアン料理】感動の5000円フルコース|鹿児島県薩摩川内市の…

    2019.05.21

  9. 【1月の島根県松江】宍道湖七珍を楽しむも大雪で特急やくもで博多…

    2019.05.20

  10. 【島根県:松江市の料理屋】やまいちで宍道湖七珍を食え

    2019.05.18

  1. 【特集】会津・裏磐梯、グルメな温泉ペンションと五色沼散策 20…

    2019.04.10

  2. 【特集記事】特色ある福岡市内の鮨屋からいきつけの4店舗をご紹介…

    2019.01.27

  3. 【世界一の大花火四尺玉】新潟県の片貝まつりを見に行く1泊2日 2…

    2019.01.27

  4. 【五三食堂 特集記事】ダシを上手に使う美しさと独創的な居酒屋|福…

    2018.12.20

  5. 【北海道を東西へ2泊3日】旭川を拠点に東へ西へ、増毛町~紋別町

    2019.03.28

  6. 【島根県:松江市の料理屋】やまいちで宍道湖七珍を食え

    2019.05.18

  7. 【昭和レトロ居酒屋】福岡市博多区のがったんごっとん

    2019.05.28

  8. 【世界遺産の旅:知床】知床五湖、ホエールウォッチング、摩周湖、…

    2019.04.01

  9. 【長崎市内観光とグルメ】おでん専門店「桃若」へ|1泊2日:2019.…

    2019.01.23

  10. 【低糖質・低カロリー・野菜ソムリエ】Agro(アグロと読みます)福…

    2019.02.27

  1. 【特集】三大阿弥陀堂と阿弥陀如来

    2019.01.27

  2. 【特集】仏の世界の四階層╿如来・菩薩・明王・天

    2019.02.07

  3. 【特集】奇想の画家ってなんですか?

    2019.02.17

  4. 【特集】大塚国際美術館で見る美術史

    2019.01.27