立山駅から美女平へ立山ケーブルカーで上がりバスで立山室堂へ1時間の旅|富山県立山

立山黒部アルペンルートはこのようになっています。今回は左下の立山駅から美女平経由で立山室堂へ行く旅です。

2019年4月19日。立山ケーブルカーに乗り込みます。立山駅のレストランアルペンで昼食を済ませ12時20分の便の出発待ちです。

20分前はこんな状態だったのが乗り込み5分前にはすごいことになっていました。↓の動画を見てもらえばわかります。

一番左のみが個人客で2番3番4番が団体客です。どれだけ団体客が多いかわかりますね。

 

12時20分に出発して美女平まで標高差500メートルを7分で到着します。最大傾斜の場所は美女平付近で29度だったかな、すごい角度を上がります。
だからバスの中の座席が階段のようになっています。

美女平に到着するとこんどは専用バスでホテル立山がある室堂まで走ります。その間、弥陀ヶ原と天狗平で停車します。

弥陀ヶ原と天狗平はそれぞれホテルがあるので停車するようですが、次にそこから乗るときには予約が必要となりますので注意が必要です。

美女平から立山室堂まで行く途中には「写真の立山杉」と日本一の大滝(高さ350メートル)称名滝の場所でほんの少しバスは停車してくれます。
この日は霧が出ていたので称名滝は見えないのでスルーでした。

さて雪の大谷までやってきました。というか雪の大谷は横に削ってあります。その他の縦にショベルカーで削ってあるところは「雪の大谷」とは呼ばないそうです。

立山室堂駅に到着しましたが、ホテル立山のチェックインは15時です。到着した時間は12時半、まだ1時間半も時間があります。

とりあえずホテル立山の屋上展望台まで上がってみました。屋上展望台といえど周りとつながっていてすごい雪です。

建物をいったん出て雪の大谷まで歩いてみることにしました。

建物を出ると雪の壁に「立山黒部 雪の大谷 フェスティバル」の告知。

ちょっと霧がひどかったのですが雪の大谷を歩いてきました。

ホテル立山は2450メートルとなっていますが、雪の大谷に向けてやや下がるので2390メートルなんですね。

除雪車の熊五郎は5号車まであるようです。この熊五郎は4号車です。なぜわかるかって?熊がピースのサインをして4本指を出しています。これが4号車の印です。

またこの熊五郎、除雪の際は雪を40メートル飛ばすそうです。

熊五郎が片手を出してパーですね。これは5号車です。

さてまだ2時ですがホテル立山に行ってみてチェックインできないか聞いてみることにしました。

ホテル立山。

ティーラウンジ りんどう があります。

でも大混雑でした。りんどうを右にみて左手のドアを開けるとホテル立山のロビーです。

平地の3倍の建設資金と5年かけて作られたホテル立山の歴史が書いてありました。

ホテル立山のフロントです。

3Fのフロントでは、チェックインの受付と館内案内を説明して頂きました。外を見ると雲が結構すごいです。

ただし部屋に入れるのは15時からなのでそれまで5Fにラウンジがあるのでいかがですか?とのこと。フロントロビーは人が多かったので5Fに上がってみました。

なんとまあ、落ち着いたグリーンのフロアです。人も数人しかいませんでした。

入って右手にはアルペンというBarがありました。予約制で夜開くそうです。

5FのEV出て右手には「ダイニング つるぎ」。私たちはレギュラーメニューで和食と決まっていましたが、こちらは洋食コースなのかもしれませんね。

5Fエレベーター横のフロア説明版です。私たちは夕食とも3Fの「和食堂 たてやま」と説明を受けています。

ホテル立山では、4月の中旬から11月までの営業となっています。実はその閉館している間も建物が傷むので気温を5℃に保っているそうです。

維持費用がかかりますよね。

14時半に館内放送があり入室できるということで部屋に入りました。

ホテル立山宿泊者だけの「雪の大谷」ウィーキング|富山県立山室堂

 

☆立山駅(立山ケーブルカー)
〒930-1405 富山県中新川郡立山町千寿ケ原 芦峅寺字千寿ケ原2
GoogleMapで開く
公式ホームページ 立山黒部アルペンルート

≫筆者:おのちん
≫来店日:2019年04月19日

関連記事

  1. 道の駅あいおいでクマヤキを食う | 2018年7月道東3泊4日の旅

  2. 新タケノコ焼きを食う 2019年1月 |コスパの高い居酒屋 、福岡市の銀シャリてる房-J その2

  3. 太平洋の生きものが大集合!╿大阪府 世界最大級の水族館・海遊館

  4. 福岡空港→札幌千歳空港のANA機内食 | 福岡空港ANAラウンジには一風堂×ANAコラボカップ麺 2018.05.12

  5. 黒湯と白湯、そして混浴露天風呂の中の湯|乳頭温泉、鶴の湯 その4

  6. でかい河豚の像がある亀山八幡宮は由緒ある神社だった│山口県下関市

  7. アスパラ、本ししゃも、毛蟹など北海道の食材を堪能|福岡市博多駅前の鮨屋、北海ひがし

  8. 超薄い紙カツを定食にして〆ました|福岡市博多区の五三食堂 その33

  9. 真牡蠣食べ放題、まず2名で80個蒸し焼きです。│北海道寿都町のカネサ漁業 

  1. コバルトブルーの角島とホテル西長門リゾートを楽しむ1泊2日の旅

    2020.03.25

  2. 【厳冬の2月、道東2泊3日の旅】網走の流氷、カヌー釧路川源流下…

    2020.02.18

  3. 【特集】鯨料理専門店 福岡市のおおいし

    2019.06.30

  4. 【特集】トラディショナルイタリアンGUFO:福岡市

    2019.06.30

  5. 【特集】福岡市のイタリアン:キム翔

    2019.06.30

  6. 【韓国味噌鍋:博多】慶州鍋が名物のいずみ田祇園店 特集記事

    2019.06.22

  7. 【6月初旬】温泉のニセコ&ウニの積丹半島3泊4日

    2019.06.08

  8. 【ありそでない家族経営の居酒屋】福岡市の仙八

    2019.05.29

  9. 【昭和レトロ居酒屋】福岡市博多区のがったんごっとん

    2019.05.28

  10. 【イタリアン料理】感動の5000円フルコース|鹿児島県薩摩川内市の…

    2019.05.21

  1. 【1月の島根県松江】宍道湖七珍を楽しむも大雪で特急やくもで博多…

    2019.05.20

  2. 【特集】花巻市、一関市周辺を楽しむ旅 | JAL いわて花巻空港を利用

    2019.04.10

  3. 【特集記事】特色ある福岡市内の鮨屋からいきつけの4店舗をご紹介…

    2019.01.27

  4. 【北海道を東西へ2泊3日】旭川を拠点に東へ西へ、増毛町~紋別町

    2019.03.28

  5. 【6月初旬】温泉のニセコ&ウニの積丹半島3泊4日

    2019.06.08

  6. 【低糖質・低カロリー・野菜ソムリエ】Agro(アグロと読みます)福…

    2019.02.27

  7. 【特集】鶴の湯|秋田県乳頭温泉

    2019.03.19

  8. 【イタリアン料理】感動の5000円フルコース|鹿児島県薩摩川内市の…

    2019.05.21

  9. 【8月の上高地3泊4日の旅】飛騨高山のゲストハウスに前泊して乗…

    2019.04.17

  10. 【島根県2泊3日の旅】松江で宍道湖の珍味、境港で蟹、雲南市で築145…

    2019.02.26

  1. 【特集】仏の世界の四階層╿如来・菩薩・明王・天

    2019.02.07

  2. 【特集】三大阿弥陀堂と阿弥陀如来

    2019.01.27

  3. 【特集】大塚国際美術館で見る美術史

    2019.01.27

  4. 【特集】奇想の画家ってなんですか?

    2019.02.17