《日本の鉄道》お伊勢参りにうってつけ! 近鉄の観光列車「しまかぜ」

こんにちは、はてはてマンボウです。今回は、お伊勢さんへと回遊しようとたくらむマンボウ。でも、どうやって行こうか迷うところねえ。大阪からなら近鉄電車がいいと聞いたけれど、はて。

梓「それなら観光列車の『しまかぜ』に乗ることをぜひおススメする」

マ「ああ、連理梓さん。はて、『しまかぜ』とは」

梓「とりあえず、駅に行けばわかるよ」

「しまかぜ」ってどこを走っているの?

マ「鶴橋駅から乗るんですね」

梓「鶴橋駅はJRの環状線と連絡しているから、今回はここから乗ることにしたよ。元々の始発駅は大阪難波駅だね」

マ「どの列車に乗ればいいんですか」

梓「賢島行きだ。2016年のG7サミットが開かれた島としても有名だね。大阪難波以外にも、『京都-賢島』『近鉄名古屋-賢島』の3つが走っている。ちなみに『しまかぜ』として走っている近鉄50000系電車は、この3編成しかこの世に存在しない」

マ「今回は、1号車を予約したんですね」

梓「1号車を予約したのも理由があるんだよ。まあそれはあとで話すとして、ほらほら、列車が来たようだよ」

あざやかな青が志摩へと走る! ブルーリボン賞も受賞したそのデザイン

マ「おお、幾何学模様のフロントガラス。まるでカメの甲羅ですね」

梓「滑らかなフロントノーズの新幹線とはまた別の、デザインの良さがあるよね」

マ「2階立ての箇所があるんですねえ」

梓「3号車はサロン席になっている。あとでごはんを食べに行こう」

マ「はってはて♪」

梓「さあ、もう列車が出るよ、マンボウちゃん。急いで乗り込もう」

マ「は、はてはてはてはて。置いていかんでくれ」

ラグジュアリーなシートから、流れるような車窓を

マ「は、はて!」

マ「はて!」

梓「いわゆるグリーン車とグランクラスの間、といったラグジュアリー感かな。背もたれとフットレストは可動域がかなり大きい。シートはふかふかとしていて包まれるような心地よさ」

マ「連理梓さん、これ本革ですよ、本革」

梓「このままでもすばらしい座り心地だが、ひじ掛けのボタンを見てごらん」

マ「は、はて。これはまさか……」

マ「はっ、はてはて!シートがまるで温泉宿みたいにリクライニングするじゃないですか。こりゃ、たまげたよ」

梓「マッサージ機能までついているんだ」

マ「背もたれにもクッションが入っていて、腰痛のあたしにも安心ねえ」

マ「連理梓さん、これは」

梓「これは荷物棚下の座席番号。予約している席だと、ランプが緑色に光るよ。ちなみに、いまマンボウが座っているのは1人用。2人席と1人席が用意されているんだ」

マ「1人席なんて、優雅ねえ」

マ「うわあ、運転台からの眺め! 広々としてますう。まるでマンボウまで運転士になったみたい」

梓「これが1号車を予約した理由だ。マリンライナーのパノラマ席のような開放感。下り電車だと1号車側が先頭車両になるから、運転士からの眺めが楽しめる。賢島からの上り電車なら6号車を選ぶといい」

ブルーリボン賞にふさわしいのは外観だけじゃない! 車内サービス、そして……

マ「立派な賞までもらっているんですねえ」

梓「さて、ブルーリボン賞をもらった年に注目してほしい」

マ「2014年。はて」

梓「これは、伊勢神宮の式年遷宮の年なんだ。これを機に、『観光にうってつけの豪華列車を!』ということで近鉄が走らせ始めたのが『しまかぜ』なんだよ」

マ「たしかに。どれをとっても、ゴージャスな車両ですもんねえ」

マ「むむむ、これはもしや」

梓「車内サービスの案内だ。専属のアテンダントが回ってくるから、座っていながら、軽食にお土産など、いろいろな品物を注文できる」

梓「車内の施設の案内や、いま座っているプレミアムシートについての説明も載っているよ」

梓「デッキに行けばロッカーがあるから、簡単な荷物なら預けることができる」

マ「おしぼりまでありますよ。こりゃ、取り放題よ~、あ、それ、あ、よいしょ。はってはて♪」

梓「そんなにはしゃがなくても、さっき回ってきたアテンダントさんからもらったばかりだろう。さ、そろそろ小腹が空いてきたころなんじゃないかな。サロン席からの眺めを楽しみながら食事でもとろう」

マ「およよ、もしやこれは、豪華料理の予感……」

マ「パ、パエリア! それもイセエビが載ってますよ。ひゃあ、こりゃめでたいわねえ」

マ「優雅な旅ねえ。ちょっとした新幹線の旅なんかより、ずっといいかも」

梓「さあ、2時間20分の電車旅で、伊勢市駅に到着だ」

マ「優雅な設備をあれこれ探検しているうちに、あっというまに着きましたねえ」

梓「このあとはもちろん、伊勢神宮へご参拝、というわけだけどその話はまたの機会に」

基本情報のまとめ

☆しまかぜ 公式HP※運行時間、運休日、の詳細は公式HPをご覧ください。

〇きっぷは近鉄の窓口でも買えますが、インターネットの予約サービスが便利です!

»特急券のインターネット予約・発売について

※しまかぜの利用には「普通運賃」「特急料金」のほかに「しまかぜ特別車両料金」が必要なのでご注意を。

 

≫筆者:連理梓

≫乗車日:2017年3月27日

関連記事

  1. 【 青森 】けの汁そばを食う:青森空港の食事処ひば│【12月】冬の青森2泊3日の旅 その8

  2. 【山口】海の真ん中で海流がぶつかり合う珍しい響灘│角島

  3. 【 鹿児島 】 奄美 大島紬村では1300年の歴史ある大島紬の複雑な制作工程を見学できます。 │ 2泊3日奄美大島の旅

  4. 【 佐賀県 】宝当桟橋からフェリーニューたかしまで高島へ │ 宝当神社がある唐津の高島日帰り旅 その2

  5. 【北海道】真牡蠣食べ放題、まず2名で80個蒸し焼きです。│寿都町のカネサ漁業 

  6. 【 5月の北海道 】キサラ岬に蘇る咸臨丸(かんりんまる) │ 3泊4日函館の旅 その16

  7. 【富山】海越しに見る立山連峰|高岡市雨晴海岸

  8. 【福岡市】米粒がはっきりしているにぎり達│江戸前鮨、石ばし

  9. 【 北海道 】ニセコ五色温泉旅館で朝風呂浴びてから朝食|2泊3日のニセコの旅 2017.05.13-15

  1. 【 青森 】津軽半島周遊 晩秋の青森の紅葉と八甲田の雪 3泊4日の…

    2022.01.04

  2. 【 島旅 神集島 】 佐賀県唐津市の神集島はフェリーで8分で到着し…

    2021.07.25

  3. 【 島旅 唐津市高島 】 宝当神社がある高島までフェリーで10分

    2021.07.06

  4. 【5月の北海道】3泊4日 函館を中心としたみどころいっぱいの道…

    2021.05.16

  5. 【 高級居酒屋 】 福岡市の田中田は一流の食材を美しく食べさせてく…

    2021.04.28

  6. 【 鹿児島奄美特集 】 さすが元沖縄です。奄美は人は少なく美しい海…

    2021.04.20

  7. 【特集:冬の十勝4日間】快晴と大雪、帯広、然別湖、旭岳、美瑛を…

    2021.03.18

  8. 【特集】 和食系、味、香り、彩り、器も最高 │ 赤坂あきちゃん

    2020.12.31

  9. 【 特集 : ニセコの温泉 】温泉付ペンションアダージョとヒルトン…

    2020.12.31

  10. 【特集:男池】大分、紅葉の宝泉寺温泉に泊まる1泊2日

    2020.12.31

  1. 【特集】鶴の湯|秋田県乳頭温泉

    2019.03.19

  2. 【紅葉の旅 】 白馬・小谷・栂池・乗鞍高原3泊4日の旅 2017.10.1…

    2017.10.13

  3. 【特集:岩手県の遠野市を楽しむ旅】仙台空港から沿岸を北上しまし…

    2016.05.21

  4. 【特集:旭川市の田子兵衛】生ズワイガニ爪を始め美味いものを安く…

    2019.03.17

  5. 【特集:11月の北東北3泊4日の旅】大間の本鮪を食べに行く旅

    2015.11.20

  6. 【5月の北海道】3泊4日 函館を中心としたみどころいっぱいの道…

    2021.05.16

  7. 【銀シャリてる房 特集記事】居酒屋なれど料理が丁寧でコスパが高い…

    2019.01.26

  8. 【特集記事】特色ある福岡市内の鮨屋からいきつけの4店舗をご紹介…

    2019.01.27

  9. 【6月初旬】温泉のニセコ&ウニの積丹半島3泊4日

    2019.06.08

  10. 【特集:9月の道央2泊3日】日本一早い紅葉を見に大雪山系旭岳へGO

    2015.09.05

  1. 【特集】仏の世界の四階層╿如来・菩薩・明王・天

    2019.02.07

  2. 【特集】奇想の画家ってなんですか?

    2019.02.17