太平洋の生きものが大集合!╿大阪府 世界最大級の水族館・海遊館

こんにちは、はてはてマンボウです。今回は大阪湾を回遊しています。

まぼ、素敵な壁画の建物が。

梓「今回訪れたのは、世界最大級の水族館・海遊館だ」

マ「あ、連理梓さん。それはもう、期待できますねえ! さっそく行きましょう、はってはて♪」

海遊館へのアクセスは?

梓「大阪駅からは生きかたが2つある。1つはJRの環状線で弁天町へ。弁天町では、大阪メトロの中央線へ乗り換えて『コスモスクエア』行に乗り、大阪港駅で降りる」

マ「もう1つはなんですか」

梓「梅田駅から大阪メトロの御堂筋線で本町へ。本町でもやっぱり、大阪メトロの中央線へ乗り換えて『コスモスクエア』行に乗り、大阪港駅へ」

マ「なあんだ、どっちも最後は大阪メトロの中央線に乗るんですねえ」

梓「どっちのルートでもだいたい35分ぐらいで着くよ。この『天保山 大観覧車』が見えてきたら、到着だ」

マ「カップルは、水族館を楽しんだら観覧車へ行ってもいいですねえ」

混雑具合はどうなの? 子供連れは大丈夫?

 

マ「うわあ、入り口のアクアゲートから、すごい人出ですねえ」

梓「土日はファミリー層のお客さんがいっぱいだね。それに年間を通じて外国人旅行客が多い。時間が許すなら平日の午前中、土日なら午後がおすすめかな」

マ「館内はファミリー層が多いみたいですけど、ベビーカーでも回れるんですか」

梓「ところどころでエスカレーターの移動があるから、抱っこ紐が基本だね。業務用のエレベーターを案内してもらえるときもあるけど、基本的にはお客さん向けに開放してもらえるわけではないから、ベビーカーで移動するときはエスカレーターでは折りたたもう」

クラゲに触れて旅は始まる! ふあふあクラゲ館

   

マ「いきなりクラゲがお出迎えですか。のっけから癒されますねえ」

 

梓「ふあふあクラゲ館では、暗闇の中に浮かび上がる数々のクラゲを、いろいろな水槽で見ることができる」

マ「うわあ、クラゲがいっぱい!」

梓「合わせ鏡に映し出されているんだ。どこまでも広がるクラゲの世界を楽しもう」

8Fに抜けたら、ゆっくりと下っていこう

梓「入口の3Fのエリアを抜けると、長いエスカレーターで一番上の8Fへと向かう」

マ「降りながら展示を見ていくシステムになっているんですねえ」

マ「はて! かわいいコツメカワウソちゃん!」

梓「日本の森の生きものから、順番に下っていくよ」

 

梓「7Fに降りると、南極大陸の展示がある」

マ「なかなか凛々しいお顔ねえ」

 

マ「こりゃ、まるで親子ですねえ」

マ「あ、餌やりの時間ですよ!」

マ「たくさんのペンギンがいるんですねえ」

梓「ここにはオウサマペンギン、ジェンツーペンギン、アデリーペンギンの3種類のペンギンがいるんだ」

グレート・バリア・リーフを再現! タスマン海にはカマイルカ

マ「はて。この動き回る魚たちの影は」

マ「はてはて! 色とりどりの魚たちです」

梓「ここはグレート・バリア・リーフを再現したコーナー。サンゴ礁の海をオーストラリアの魚たちが泳ぎ回っている」

 

梓「こちらのタスマン海ではカマイルカも見られる」

マ「イルカはこのチューブで何をもらっているんでしょうかねえ。餌やりとも、また違うような。はて」

ジンベエザメが回遊! 雄大な太平洋水槽

 

マ「回遊するイワシがお出迎えですねえ」

梓「チリの岩礁地帯を再現したエリアだね。イワシの仲間が展示されている」

マ「うわあ、こっちはすごく大きな水槽!」

梓「太平洋の生きものが展示されている太平洋水槽は、6Fから4Fにかけて、館内の中央に鎮座する大水槽だ。この水槽を中心にぐるぐる回りながら、われわれも下へ下へと降りていく」

マ「大きなエイにジンベイザメも! すごくゴージャスな水槽ねえ」

マ「まぼ。マンボウのお友達が」

マ「分厚い唇は、やさしさの証なの、まあんぼう~」

ラストの4Fでも「新体感エリア」でまだまだ楽しめる!

梓「4Fまで降りてきたね。日本海溝では、タカアシガニが展示されている」

 

梓「この水槽には20匹ぐらいの個体がいるね」

マ「群れて展示されているタカアシガニって、ほとんど見ることはないですよねえい。集団で集まると、暴走団みたいですねえ、おらおら~」

 

梓「4Fの最後は『新体感コーナー』。動物たちを間近で感じることができるんだ。ここはフォークランド諸島のコーナー。イワトビペンギンだね」

マ「仲良くケンカしな~」

 

梓「こっちは『ふれあい体験水槽』。モルディヴ諸島のサメやエイに直接タッチできるんだ」

マ「最後までたっぷり楽しめましたねえ。さすが、世界最大級です! これだけ回ると、マンボウ、おなかがすきました、はて~」

梓「食事やショッピングを楽しみたいなら、海遊館に隣接する『なにわ食いしんぼ横丁』『天保山マーケットプレース』がおススメだよ、あわせて訪ねてみてね」

 

基本情報のまとめ

☆海遊館 公式HP

〒552-0022 大阪府大阪市港区海岸通1丁目1−10

≫GoogleMapで開く

各施設 公式HP

〇天保山 大観覧車

〇なにわ食いしんぼ横丁

〇天保山マーケットプレース

 

≫筆者:連理梓
≫来訪日:2018.07.21

水族館 相互リンク

↑↑↑日本全国でマンボウが回遊した水族館の記事はこちらにまとめてあります。

水族館好きのみなさんはぜひ、チェックしてくれ~まあんぼう~

関連記事

  1. 川のせせらぎ小鳥のさえずりを聞きながら大衆浴場 滝の湯|奈良県十津川村、温泉地温泉

  2. 宍道湖七珍を食べつくせ|島根県松江市のやまいち

  3. 【福岡市】焼き餅巾着:おでんのプロフェショナル│おでん・料理演出家 新乃

  4. 【利尻島】自家製ミルピスはカルピスを薄めたようなお味だった│【8月】稚内・利尻・礼文の旅 5泊6日 その38

  5. 博多ラーメン発祥を名乗る店│福岡市博多区の元祖赤のれん和亭

  6. 網走の鮨勝でキンキの押し寿司を食う│2月のオホーツクの旅、3泊4日

  7. 日本最古の「伽藍(がらん)」が残る寺╿大阪府 四天王寺

  8. 超厚切りのパン|浅草の珈琲屋ハローのモーニングセット

  9. 【稚内】稚内空港で「おおなご蒲焼丼」と「おおなごフライカレー」を食う│【8月】稚内・利尻・礼文の旅 5泊6日 その44

  1. 【特集:9月の富山】台風の中、紅葉の立山2泊3日の旅

    2020.10.03

  2. 【特集】彩りと器の組合せが抜群!大人の隠れ家:福岡市のtakanabe(…

    2020.09.15

  3. 【特集:8月】毎日バフンウニを食べた 稚内・利尻・礼文の旅 5泊6…

    2020.09.07

  4. 【特集:8月の上高地と乗鞍岳】無人の河童橋、爆流の善五郎の滝、朝…

    2020.08.11

  5. 【特集:西山口県】コバルトブルーの角島とホテル西長門リゾートを…

    2020.03.25

  6. 【厳冬の2月、道東2泊3日の旅】網走の流氷、カヌー釧路川源流下…

    2020.02.18

  7. 【特集】鯨料理専門店 福岡市のおおいし

    2019.06.30

  8. 【特集】トラディショナルイタリアンGUFO:福岡市

    2019.06.30

  9. 【特集】福岡市のイタリアン:キム翔

    2019.06.30

  10. 【韓国味噌鍋:博多】慶州鍋が名物のいずみ田祇園店 特集記事

    2019.06.22

  1. 【特集:11月の北東北3泊4日の旅】大間の本鮪を食べに行く旅

    2015.11.20

  2. 【島根県2泊3日の旅】松江で宍道湖の珍味、境港で蟹、雲南市で築145…

    2019.02.26

  3. 【特集】紅葉の京都を1泊2日で楽しむ旅|清水寺、今宮神社、船岡温…

    2016.11.26

  4. 【特集】会津・裏磐梯、グルメな温泉ペンションと五色沼散策 20…

    2016.09.01

  5. 【特集:7月の尾瀬と会津】新潟空港から行く尾瀬と会津、2泊3日の旅

    2015.07.24

  6. 【特集:二〇加屋長介 薬院本店】超おススメ!なんでも美味い博多の…

    2019.05.13

  7. 【熊野は世界遺産だらけ】それにしても遠かった

    2016.11.12

  8. 【雪の大谷とホテル立山】大観峰からご来光!平成最後の満月!みく…

    2019.04.23

  9. 【特集】花巻市、一関市周辺を楽しむ旅 | JAL いわて花巻空港を利用

    2017.03.25

  10. 【新潟空港発着の信州3泊4日】上田、小諸、八ヶ岳、下諏訪、あづ…

    2016.10.13

  1. 【特集】三大阿弥陀堂と阿弥陀如来

    2019.01.27

  2. 【特集】奇想の画家ってなんですか?

    2019.02.17

  3. 【特集】大塚国際美術館で見る美術史

    2019.01.27

  4. 【特集】仏の世界の四階層╿如来・菩薩・明王・天

    2019.02.07