5種の味噌を胡瓜で頂く。サービス精神最高、盛岡市の「南部藩長屋酒場」│【11月】秋田、北岩手、青森の3泊4日の旅 その2

3年前、2012年の11月15日以来の再来店です。「まんづ 皆さん よぐおでってくなんした」から始まるお迎えの言葉が入口にあります。

古民家を移築したこの店、コの字に配したカウンターに着席しました。

つきだしに火が入りました。つきだしは、地物手羽などのおでん煮込みです。まあつきだしてコレですからね。手が込んでますわ。

岩手産南部どぶろく(1,5合890円)を注文しました。

まるでマッコリみたいな・笑 どぶろくが登場しました。ほんと濁り酒ですねぇ。

まっこりどぶろくのアテに注文したのは「鯖のなまり節」です。初めて食べますわコレ、なんちゅうか鯖の燻製みたいなものです。

酒を飲んでると、店のスタッフが木樽に貝類を入れて行商に席に来てくれました。面白い仕掛けをやるお店です。

行商の中からホタテを刺身にしてもらいました。

そしてサザエはつぼ焼きにしてもらいましたよ。

サラダを注文しようちゅうことで「南部鼻曲り鮭サラダ」です。なんで鼻曲がりなのか聞かなかったなあ。鮭たっぷり乗っかっててドレッシングも美味いです。

どぶろくも無くなってきたので、南部鉄器で熱燗を追加しました。南部鉄器って鉄分を吸収できるんですよね。

あの白地に墨で書いてあるメニュー大好き♡ カウンターの椅子はゆったりしていて落ち着いて飲めます。

こちらから右手、そして正面というコの字のカウンターです。自家製梅酒とか山ぶどう焼酎とか柿の葉焼酎とか聞きなれない飲み物がありますわ。

冷酒は店のおすすめの「あさ開、純米吟醸」サラッとして、とても好きなお味です。面白い木の酒器で出てきました。角にカットを入れてあり酒を注ぎます♪

みなさん、いろんな味噌を酒のアテにして飲んだことがありますか?ここでは5種類の味噌を用意してあって、味噌を舐め舐め酒を飲めますよぉ。

右側から「こうじ味噌」「岩手田舎本蔵出し味噌」「豆天然手作り味噌」「田舎作り味噌」「手前味噌」の準に並んでいます。またこの細長いしゃもじに乗せてもってくるのがニクイ演出ですね。

メニューもあるのですが「手前味噌」なんてのがあるのが面白いです。

次の酒のアテはホルモン煮込みをお願いしました。この色から想像できないとても甘い味噌スープでした。

こんにゃくの味噌田楽です。この味噌はねぇ、福岡市の「かっぽう原田」の茄子味噌田楽にそっくりのお味です。美味しい。

いか徳利酒なってのもあります。三陸名産1390円なり。次回お願いしてみたいな。

そろそろ〆ですわ。写真はデカいですけど、実物はちっちゃいんですよコレ。酢めしに鱒とイクラが乗っかってるものです。

デザートちゅうかこんなものを注文してしまいました。珍しいものが盛りだくさんで注文しきれません。これは「あずきばっとう」と言います。粒あんしるこに、うどんの平麺のデカイのを入れた感じの食べ物です。うどんなのかスイーツなのか岩手県民に聞いてみたいです。南部名物らしいです。

勘定をお願いしたら、無料の味噌汁をついでくださいました。まあ博多の焼鳥屋「粋恭」で言う「スープで計算」みたいなもんですね。

勘定を払う際に無料でついてくるっつうアレですわ。

これで終了かと思いきや店内がなんだかザワザワしはめました。時間はちょうど20時です。

何かと思ったら店のスタッフによる、さんさ踊りが始まりました。

いやあ歌って踊るスタッフさんたち。こりゃ盛り上がりますわ。

食べ物も楽しいし演出も楽しい最高の居酒屋さんです。

≫翌日は久慈市へ:日本最大の琥珀の産地、久慈市の琥珀博物館│【11月】秋田、北岩手、青森の3泊4日の旅 その3

 

☆南部藩長屋酒場
〒020-0022 岩手県盛岡市大通2丁目6−4
Googleマップ
TEL:0196537099
営業時間:17:00~23:30
定休日:月曜日
南部藩長屋酒場 公式ホームページ

≫筆者:おのちん
≫来店日:2015,11,20

関連記事

  1. 全国から常連が集うおでん専門店 | 長崎市の桃若

  2. 道の駅ぐるっとパノラマ美幌峠から屈斜路湖を眺む | 2018年7月道東3泊4日の旅

  3. 1月、奇跡の快晴、透明度日本一、紺碧の摩周湖│1月の道東2泊3日の旅

  4. 九度山村の真田庵の後は神通温泉に入って関空へ|和歌山県

  5. 9月の只見は山栗が完熟|福島県只見駅

  6. 星のリゾート トマム ザ・タワーの雲海テラス│【5月】2泊3日トマム、旭川、札幌、小樽、定山渓の旅 その1

  7. 肉汁がジュワッの牛肉100%のハンバーグ | 福岡市のアンココット

  8. 竜飛岬の「竜飛崎温泉 ホテル竜飛」の食事│【12月】冬の青森2泊3日の旅 その4

  9. いろんな部位が入った鯨肉じゃが│鯨料理の小料理おおいし

  1. 【特集】彩りと器の組合せが抜群!大人の隠れ家:福岡市のtakanabe(…

    2020.09.15

  2. 【特集:8月】毎日バフンウニを食べた 稚内・利尻・礼文の旅 5泊6日

    2020.09.07

  3. 【特集:8月の上高地と乗鞍岳】無人の河童橋、爆流の善五郎の滝、朝…

    2020.08.11

  4. 【特集:西山口県】コバルトブルーの角島とホテル西長門リゾートを…

    2020.03.25

  5. 【厳冬の2月、道東2泊3日の旅】網走の流氷、カヌー釧路川源流下…

    2020.02.18

  6. 【特集】鯨料理専門店 福岡市のおおいし

    2019.06.30

  7. 【特集】トラディショナルイタリアンGUFO:福岡市

    2019.06.30

  8. 【特集】福岡市のイタリアン:キム翔

    2019.06.30

  9. 【韓国味噌鍋:博多】慶州鍋が名物のいずみ田祇園店 特集記事

    2019.06.22

  10. 【6月初旬】温泉のニセコ&ウニの積丹半島3泊4日

    2019.06.08

  1. 【特集】花巻市、一関市周辺を楽しむ旅 | JAL いわて花巻空港を利用

    2017.03.25

  2. 【長崎市内観光とグルメ】おでん専門店「桃若」へ|1泊2日:2019.…

    2019.01.23

  3. 【特集:冬の道東】快晴!冬の摩周湖や丹頂鶴、釧路の回転ずしに驚…

    2016.01.15

  4. 【大分:久住遊覧】久住高原コテージの露天風呂から絶景の草原と阿…

    2019.05.15

  5. 【特集:西山口県】コバルトブルーの角島とホテル西長門リゾートを…

    2020.03.25

  6. 【特集:11月の北東北3泊4日の旅】大間の本鮪を食べに行く旅

    2015.11.20

  7. 【島根県:松江市の料理屋】やまいちで宍道湖七珍を食え

    2019.05.18

  8. 【9月の道東4泊5日の旅】釧路・帯広・厚岸・根室・弟子屈、道東の…

    2014.09.04

  9. 【2月:オホーツク3泊4日】流氷船でサンセットクルーズ&オホー…

    2015.02.20

  10. 【特集:岩手県の遠野市を楽しむ旅】仙台空港から沿岸を北上しまし…

    2016.05.21

  1. 【特集】仏の世界の四階層╿如来・菩薩・明王・天

    2019.02.07

  2. 【特集】三大阿弥陀堂と阿弥陀如来

    2019.01.27

  3. 【特集】奇想の画家ってなんですか?

    2019.02.17

  4. 【特集】大塚国際美術館で見る美術史

    2019.01.27