昭和ロマンに美術館、昇竜観音、ボケ封じ……いったいなんだ! 稲積水中鍾乳洞

こんにちは、はてはてマンボウです。今回は、九重一帯をぐるりと回ってドライヴすると聞いていたのですが。

まぼまぼ、朝からすっかり雨が。

梓「しょうがない、予定を変更しよう」

マ「さすが、連理梓さん。すぐに代案を出してくれます、はってはて♪」

梓「雨の日でも楽しめるとても不思議な『あそびの壺』だ……ここは、すごいところだよ、マンボウちゃん」

マ「はて、いつもと雰囲気が違いますが」

マ「うわあ、びっくりした!」

梓「大分の奥地は……魔窟だ」

マ「まぼ。大分に、いったいなにが」

圏外となる田舎道の先にある、鍾乳洞。しかし……

梓「大分駅から国道10号線をまっすぐ走ること1時間。携帯電話はすっかり圏外だ」

マ「なるほど、鍾乳洞ですか。これなら雨の日でも楽しめそう……あれ」

梓「気づいたかい」

マ「その、妙に、鍾乳洞以外の存在感が」

梓「おそらく初見の人間には、『これが水中鍾乳洞の施設です』と言っても信じてもらえないだろう」

わんちゃん菩薩・にゃんちゃん菩薩、昇竜観音、ボケ封じ

梓「まずは、わんちゃんとにゃんちゃんを楽しんでもらおう」

マ「わんちゃん菩薩に」

マ「にゃんちゃん菩薩……」

マ「あらまあ、あやかろうかしら」

マ「はて! 巨大な観音さまが見えてきました」

梓「九州最大の昇竜観音だ」

マ「ぐるっと見て見てまわれるんですねえ」

梓「少し視線を下げてみよう」

マ「はて」

マ「なんと! 黄金の七福神が」

マ「あ、如来さまに菩薩さま。連理梓さん、今回は解説をしないんですか」

梓「今回は、その……いいんじゃないかな。総体としての雰囲気を楽しんでもらえば」

巨大な池を通りすぎたら

マ「道中、アヒルやらカモやらを飼ってますね」

梓「そりゃ、池があるからね」

マ「はて、池」

梓「まあまあ、とりあえず進んでごらん」

マ「なんだか、文化祭みたいですね」

マ「えっ、どうして信楽焼が突然ひっそりと」

梓「それはだれにもわからない」

マ「もう、池の上にサイがいても驚かなくなってきました」

梓「施設の突当りにあるのが、その名も『あいがもとコイの池」だ」

マ「うわあ、そのまんまです」

梓「さて、池を通りすぎると、美術館がある」

マ「馬の傍らで、セールス……」

梓「レオナール・フジタの絵画もあるよ」

マ「あ、ほんとだ」

梓「そして、裕次郎も」

マ「これは……まごうことなき、裕次郎ですね」

滝と地蔵と昭和ロマンと

梓「さて、美術館を出ると、こっちは伝教大師・最澄」

梓「こっちは弘法大師・空海」

マ「あ、これはもしかして!」

マ「やっぱり! 私を驚かしたアレは、空海だったんですねえ」

梓「その隣には、滝を配してある。日本の心、わびさびだね」

マ「まぼ。よくわかりませんが……あれ」

マ「はて! 滝の向こうに仏像が。芸が細かいわねえ」

梓「さ、鐘突き堂でゴーンとやったら、昭和タイムスリップ館だ」

マ「昭和タイムスリップ?」

マ「あ、ほんとだ。急に昭和レトロが」

マ「上映中と書いてますが、中は映画館ですか」

梓「まあ、入ってみなさい」

マ「まぼ」

マ「なんだか、詰め込めるだけ詰め込んでみました! って感じですねえ」

 

マ「このパチンコ屋さんは、どこから仕入れて、この建物の中へどうやって入れたのでしょう、はて」

ああ、そういえば鍾乳洞だった!

梓「さあ、いよいよお待ちかねの鍾乳洞だ」

マ「ああ、そういえば鍾乳洞を訪ねてやってきたんでしたね。鍾乳洞へ足を踏み入れるまでに、かれこれ2時間近くぷらぷらすることになるとは思わなかったです」

梓「ちなみに、日本最大の鍾乳洞なんだ」

マ「十分すごいことなのに、鍾乳洞周りが開発されすぎて、もはや驚きが薄くなっています」

マ「うわあ、中はちゃあんと本格的な鍾乳洞です……むむ?」

マ「鍾乳洞の中でも、ちゃんと仏像テイストを忘れないんですねえ」

梓「鍾乳洞ならではの鍾乳石は神秘的だね」

マ「中はよく整備されていて、歩きやすいですねえ。のんびり、たっぷり楽しめます」

マ「うわあ、濁り一つない、済みきった水です」

マ「いったい、どんなところに紛れこんでしまったものかと心配になりましたが、最後はすてきな鍾乳洞の世界を堪能できました、はってはて♪」

基本情報のまとめ

☆稲積水中鍾乳洞 ≫公式HP

〒879-7263 大分県豊後大野市三重町中津留300

≫GoogleMapで開く

≫筆者:連理梓
≫来訪日:2014.09.19

 

 

関連記事

  1. 高台寺近くの小道にある小さな純喫茶|京都市東山区高台寺

  2. 杜の都で海を堪能╿仙台 うみの杜水族館

  3. 大将!活のいい奴にしてね。焼鳥屋でたい焼き│福岡市の村崎焼鳥研究所

  4. 栂池自然園の小川には尺サイズの天然岩魚|長野県小谷村栂池山荘 2017.10.14

  5. 空豆とホタテの釜飯│福岡市博多区のやきとり稲田

  6. 九重連山、阿蘇五岳を借景にする素晴らしき久住花公園|大分県竹田市

  7. 玄界灘の魚貝類の刺し身と鮨 | 地物のネタで勝負する【鮨 なにわ】

  8. 和歌山 白浜町のアドベンチャーワールド その① いったいどんなところ?

  9. 釧路川湿原展望台に立ち寄り釧路空港でつけ麺を食す | 2018年7月道東3泊4日の旅

  1. コバルトブルーの角島とホテル西長門リゾートを楽しむ1泊2日の旅

    2020.03.25

  2. 【厳冬の2月、道東2泊3日の旅】網走の流氷、カヌー釧路川源流下…

    2020.02.18

  3. 【特集】鯨料理専門店 福岡市のおおいし

    2019.06.30

  4. 【特集】トラディショナルイタリアンGUFO:福岡市

    2019.06.30

  5. 【特集】福岡市のイタリアン:キム翔

    2019.06.30

  6. 【韓国味噌鍋:博多】慶州鍋が名物のいずみ田祇園店 特集記事

    2019.06.22

  7. 【6月初旬】温泉のニセコ&ウニの積丹半島3泊4日

    2019.06.08

  8. 【ありそでない家族経営の居酒屋】福岡市の仙八

    2019.05.29

  9. 【昭和レトロ居酒屋】福岡市博多区のがったんごっとん

    2019.05.28

  10. 【イタリアン料理】感動の5000円フルコース|鹿児島県薩摩川内市の…

    2019.05.21

  1. 【食と酒 なかむた-特集記事】都会の古民家で上質な和食|福岡市中…

    2019.01.27

  2. 【特集】会津・裏磐梯、グルメな温泉ペンションと五色沼散策 20…

    2019.04.10

  3. 【銀シャリてる房 特集記事】居酒屋なれど料理が丁寧でコスパが高い…

    2019.01.26

  4. 【道東の旅】道東4日間のグルメと遊びのコース|北海道 2018.07.20…

    2019.01.23

  5. 【北海道を東西へ2泊3日】旭川を拠点に東へ西へ、増毛町~紋別町

    2019.03.28

  6. 【厳冬の2月、道東2泊3日の旅】網走の流氷、カヌー釧路川源流下…

    2020.02.18

  7. 【昭和レトロ居酒屋】福岡市博多区のがったんごっとん

    2019.05.28

  8. 【熊野は世界遺産だらけ】それにしても遠かった

    2019.04.28

  9. 【五三食堂 特集記事】ダシを上手に使う美しさと独創的な居酒屋|福…

    2018.12.20

  10. 【8月の上高地3泊4日の旅】飛騨高山のゲストハウスに前泊して乗…

    2019.04.17

  1. 【特集】仏の世界の四階層╿如来・菩薩・明王・天

    2019.02.07

  2. 【特集】大塚国際美術館で見る美術史

    2019.01.27

  3. 【特集】奇想の画家ってなんですか?

    2019.02.17

  4. 【特集】三大阿弥陀堂と阿弥陀如来

    2019.01.27