杜の都で海を堪能╿仙台 うみの杜水族館

こんにちは、はてはてマンボウです。今回は、日本海を回遊し、仙台へと来ています。

梓「それじゃあ、今日は仙台うみの杜水族館へと行こう」

マ「あ、連理梓さん。マンボウのお友達に会えるかしら、楽しみです~」

うみの杜美術館へのアクセスは?

マ「あれ、ここって地下鉄ですか」

梓「JRの仙台駅だよ。仙石線はホームが地下にあるんだ」

マ「何線ですって?」

梓「せんせきせん。仙台と石巻を結んでいるから、仙石線だよ。始発は、仙台の1つ隣のあおば通だね」

梓「さて、中野栄駅が最寄り駅だ。ここから1.5km程度でうみの杜水族館だね。仙台駅からだと35分くらいかな」

マ「あ、マンボウちゃんのシルエットも! これは楽しみです、はってはて♪」

三陸の生きものがお出迎え!

マ「はて。これは何を吊るしているんですか」

梓「マボヤだね。三陸でも養殖されているこのマボヤが、まずはお出迎えをしてくれる」

 

梓「さあ、『日本のうみー東北のうみ』ゾーンが始まる」

マ「遠くにはマイワシの群れ、その周りをエイやマサバ、いろいろな生きものが泳いでいきますねえ」

梓「こっちは『親潮 冷たいうみ』のコーナー。北三陸の冷たい海に生きるものたちが紹介されている」

マ「まぼ。この生きものは」

梓「ミズダコだね」

マ「うわあ、大きいです」

梓「スーパーで大きな足一本で売られているのは、だいたいこの種類だ

 

マ「うわあ、皺だらけのお魚」

梓「オオカミウオだ。鋭い牙を持っているからこの名前がついたそうだが、実際にかみつくことはほとんどないらしい」

マ「あ、大きなカニさん」

梓「タカアシガニ。私がもっとも大好きな海洋生物だ。細い足がクモのように伸びるフォルムがたまらない」

 

マ「カニを腹側から見ることってあまりないですけど、なんだかエイリアンみたいな凶悪な顔ですねえ」

 

マ「近くから見ると、海の生きものって、いろんな顔を見せてくれるのねえ」

ヨシキリザメが見られるのはうみの杜水族館だけ!╿リアス式海岸の豊かな生きもの

梓「三陸海岸はカキの養殖でも有名だね」

マ「さっきのマボヤとはまた違った光景ですねえ」

マ「まぼ! サメが通りすぎましたよ。怖いですねえ」

梓「ヨシキリザメは2~3mの大きなサメだ。日本でも飼育されているヨシキリザメが見られるのはうみの杜水族館だけなんだよ」

マ「へえ、アナゴって詰合せみたいに一つのところへ集まるのねえ」

 

マ「まぼ。このエビみたいな生きものは」

梓「これはシャコ。寿司ネタでも有名だよね」

梓「このボクサーみたいな手で、貝殻を割って食べるんだよ」

マ「その割に、けっこう情けない顔をしているわねえ」

2Fに広がる「世界のうみ」

梓「さて、2Fに昇ると、ここからは世界の海の展示ゾーンだ。まずはオセアニア、ということでペンギンたち」

 

マ「あら、かわいい。これは雛ですか」

梓「これはフェアリーペンギン。世界でもっとも小さい種類のペンギンだ。普通のペンギンの雛はこっち」

マ「まぼ。なんだかふてぶてしいわねえ」

マ「うわあ。色とりどりの魚たちですねえ」

 

梓「ウツボはやっぱり存在感があるよねえ」

マ「頭に乗っかっているのは、口のおそうじをしてくれるエビかしら。こんなのがいると、歯磨きをしなくていいからラクねえ」

マ「まぼ、あれに見えるは」

梓「イロワケイルカ。通称パンダイルカだね」

マ「うわあ、ほんもののパンダちゃんみたいです! はってはて♪」

 

梓「アメリカの生きものとしては、メガネカイマンが展示されている」

マ「うわあ、怖いお顔」

マ「はて、水面下は意外と情けないフォルム」

マ「なんだか、目が潤んでいるみたい」

梓「crocodile tears、つまり『ワニの涙』ということわざがある」

マ「どういう意味なんですか」

梓「ウソ泣き、ということ。獲物を誘うために涙を流していると考えられていた」

マ「アジアの海には、雄大なアオウミガメから、ちょこちょこしたチンアナゴまで、大小取り揃えられていますねえ」

流れるクラゲに癒されて

梓「最後は『クラゲのいやし』のコーナーだ」

マ「幻想的な雰囲気ですねえ」

マ「クラゲは何も考えずに、のおんびり流されていて、すてきねえ。マンボウも、のおんびり回遊する毎日が、たあのしい~」

基本情報のまとめ

☆仙台 うみの杜水族館 公式HP

〒983-0013 宮城県仙台市宮城野区中野4丁目6−6番地

≫GoogleMapで開く

≫筆者:連理梓
≫来訪日:2016.12.08

水族館 相互リンク

↑↑↑日本全国でマンボウが回遊した水族館の記事はこちらにまとめてあります。

水族館好きのみなさんはぜひ、チェックしてくれ~まあんぼう~

関連記事

  1. 高山蝶の細密画|長野県あづみ野の田淵行雄記念館

  2. 【礼文島】澄海(スカイ)岬で北海道名物の「あげいも」を食う│【8月】稚内・利尻・礼文の旅 5泊6日 その12

  3. 《日本の鉄道》新幹線にトロッコ、ハットリくんまで?╿北陸の鉄道録

  4. 新鮮な夕採れホタテが名物、青森市の居酒屋、すみれ組 | 青森駅前

  5. 掛川おでんは魚介ダシだった|静岡県掛川市の晩酌屋

  6. 【富山】山小屋とは思えない雷鳥荘の温泉と食事│紅葉の立山2泊3日の旅 その3

  7. 川のせせらぎ小鳥のさえずりを聞きながら大衆浴場 滝の湯|奈良県十津川村、温泉地温泉

  8. 日本最大の琥珀の産地、久慈市の琥珀博物館│【11月】秋田、北岩手、青森の3泊4日の旅 その3

  9. 【佐賀】唐津の食材を使った美しい日本料理会席:8席のみ│唐津市の川島豆腐店

  1. 【特集】 和食系、香りと彩り最高 │ 赤坂あきちゃん

    2020.12.31

  2. 【 特集 : ニセコの温泉 】温泉付ペンションアダージョとヒルトン…

    2020.12.31

  3. 【特集:男池】大分、紅葉の宝泉寺温泉に泊まる1泊2日

    2020.12.31

  4. 【特集】鳥取砂丘とラベンダー色のらっきょうの花、そして城崎温泉…

    2020.12.14

  5. 【特集:9月の富山】台風の中、紅葉の立山2泊3日の旅

    2020.10.03

  6. 【特集】彩りと器の組合せが抜群!大人の隠れ家:福岡市のtakanabe(…

    2020.09.15

  7. 【特集:8月】毎日バフンウニを食べた 稚内・利尻・礼文の旅 5泊6…

    2020.09.07

  8. 【特集:8月の上高地と乗鞍岳】無人の河童橋、爆流の善五郎の滝、朝…

    2020.08.11

  9. 【特集:西山口県】コバルトブルーの角島とホテル西長門リゾートを…

    2020.03.25

  10. 【厳冬の2月、道東2泊3日の旅】網走の流氷、カヌー釧路川源流下…

    2020.02.18

  1. 【特集:7月の尾瀬と会津】新潟空港から行く尾瀬と会津、2泊3日の旅

    2015.07.24

  2. 【特集:岩手県の遠野市を楽しむ旅】仙台空港から沿岸を北上しまし…

    2016.05.21

  3. 【特集:稚内2泊】濃厚な宗谷のもずくや赤帆立など北の食材を堪能│…

    2015.10.31

  4. 【8月の上高地3泊4日の旅】飛騨高山のゲストハウスに前泊して乗…

    2016.08.19

  5. 【萩市特集】萩市の鮨屋 豊月と宿泊施設、観光 | 山口県萩市

    2019.01.27

  6. 【秋田・青森のグルメと観光】北東北de仕事しながら | 4泊5日 20…

    2018.06.16

  7. 【特集】鶴の湯|秋田県乳頭温泉

    2019.03.19

  8. 【特集】彩りと器の組合せが抜群!大人の隠れ家:福岡市のtakanabe(…

    2020.09.15

  9. 【特集:9月の富山】台風の中、紅葉の立山2泊3日の旅

    2020.10.03

  10. 【低糖質・低カロリー・野菜ソムリエ】Agro(アグロと読みます)福…

    2019.02.27

  1. 【特集】仏の世界の四階層╿如来・菩薩・明王・天

    2019.02.07

  2. 【特集】大塚国際美術館で見る美術史

    2019.01.27

  3. 【特集】奇想の画家ってなんですか?

    2019.02.17

  4. 【特集】三大阿弥陀堂と阿弥陀如来

    2019.01.27