【北海道】網走流氷オーロラ2号に乗って大迫力の流氷!ブル寒【動画あり】2月│厳冬の道東3泊4日 その2

2020年2月9日(日曜日)

女満別空港にANA4777便(AIRDO)で13時に到着した私達は「道の駅 流氷街道網走」を目指してレンタカーを走らせました。

この道の駅が流氷観光船オーロラ号の出発場なのです。

女満別空港からは結構近く30分もせずに到着しました。途中の道は除雪されているとは言え、つるつるに凍っています。

この日の最高気温はマイナス10℃、最低気温はマイナス17℃の予報です。寒いはずですわ。

道の駅の中にはいろんな土産物が販売されていたりトウモロコシや焼き立ての饅頭などが売っています。毛ガニなどの海産物もありますよ。

また観光案内所がありいろんな観光案内をしてくれます。台湾人の観光客が多いので台湾人の案内人がいます。

網走監獄博物館にも近いのでこんな土産も売っていました。

吉永小百合様の北の桜守の撮影セットが1階にありました。2階も映画の雰囲気がある喫茶があります。時間つぶしの人たちがたくさんいました。

14時過ぎに予約していた流氷船オーロラ号。チケットを買おうとチケット売り場に行きましたが15時半発のオーロラ号は14時半からの発売だから待ってくださいということでした。

そこで道の駅内にあった観光案内所で1時間程度で遊べるところはないか聞いてみたところ徒歩1分のところに流氷ガラス館があるとのことで言ってみました。

流氷ガラス館の前には雪ダルマと言うにはあまりにりっぱなこんな雪像が!!

すばらしいです。でも寒いので流氷ガラス館に早く入ろうとしたところ・・

白人のオヤジが中からでてきて。写真をとってあげようかとの申し出。ノーサンキューでしたが実はこのオヤジ、自分が流氷館前のハンモックに乗ったところを取ってもらいたかったらしくてこの緑のハンモックに乗って記念撮影をしてあげました。とても喜んでいました。こんなとこじゃ子供に帰りますね・笑

流氷ガラス館はガラス作りの体験もできますし喫茶もあります。また流氷にちなんだいろんなガラス細工がありました。

道の駅の切符売り場に戻ると14時半どころか14時20分なのにチケット販売を開始していました。

しかもすでにオーロラ号の改札には人が並び始めてました。なんでも15時過ぎには出発するとのアナウンスもありました。

どうも時間はあってないようなものなのかもしれません。どんどん出発するのかも・・

オーロラ2号に乗船し2段がまえのデッキの上の方に行きました。かもめがやってきます。楽しいですがすっごい寒いです。

スマホを素手で握っていると1分もすると手の感覚がなくなる感じですよ~。

乗船するところは海ではなく網走川の河口になります。すぐそこには海があり薄い流氷の赤ちゃんが少しばかり流れ着いているようです。

風が顔にあたってすごく寒いので皆さん目しか出していません。寒いもん~はよ出港してくれ~

結局15時20分頃の出航となりました。流氷ガラス館のスタッフさんたちが手を振って見送ってくださいます。

その前にはさっき見た雪像が。海がわにも顔があったのか~

しばらく行くと小さな氷の塊がたくさん見えてきました。その先にやや氷が切れて海が見えますが、その先が真っ白!あれが流氷か。

がっつりと流氷が大迫力で迫ってきました。良かったあ見れて。数日前まで網走にまだ流氷が無いってTVで言っていたので。

大迫力の流氷はGoPro8で撮影しました。まだ流氷がきたばかりなのでこんな感じですがしばらくすると流氷どうしがぶつかってデカいかたまりの流氷になるそうです。

振り返ると太陽が見えます。

オーロラ2号が通ったあとは流氷が割れています。

船の真下を見ると流氷がぶつかって大迫力です。

寒さを忘れて撮影していました←嘘です。すっごい寒くて寒くて死にそうでした。でも楽しかったです。

もうひとつの姉妹船のオーロラ号とすれ違いました。

iphoneは寒さですぐに電池がなくなりました。山と同じでポケットにホッカイロを入れといてiphoneを温めておいて使うときだけ取り出したら良さそうです。

それにしても船内はポカポカして天国です。

【まとめ動画】一連の様子を1つのビデオにまとめてみました。

☆網走流氷観光砕氷船 おーろら号
GoogleMapで開く
TEL:0152-43-6000

網走流氷観光砕氷船 おーろら 公式ホームページ
道の駅 網走流氷街道 公式ホームページ
≫網走流氷ガラス館 ホームページ

≫筆者:おのちん
≫訪問日:2020.02.09

関連記事

  1. 【 北海道 】 旧ラブホ!広々したホテルエリアワン帯広の朝食は豚丼やいんかのめざめグラタン | 冬の十勝旅4日間 その4

  2. ユリ根がごろごろ、ユリ根かき揚げ丼|北海道真狩村の食堂やまびこ:2泊3日のニセコの旅

  3. 新潟市のレベルの高い回転ずし「佐渡 弁慶」| 新潟市中央区万代島

  4. 道の駅、関川に立ち寄り新潟空港へ

  5. 富良野ポークをたっぷりの山わさび添えで食う |北海道旭川市の田舎料理 田子兵衛 その2

  6. 【兵庫県】混雑の城崎温泉で7つの外湯めぐり│2泊3日鳥取と城崎温泉の旅

  7. 【 福岡市】エソ、 椎茸、コーンで包んだズワイガニの爪天ぷら │ 創作料理屋takanabe(たかなべ)

  8. 醤油味の炊き餃子|高崎市の居酒屋、炉場 その2

  9. フキとニシンの煮物|旭川市のおばんざい「ふぅ」

  1. 【特集:冬の十勝4日間】快晴と大雪、帯広、然別湖、旭岳、美瑛を…

    2021.03.18

  2. 【特集】 和食系、味、香り、彩り、器も最高 │ 赤坂あきちゃん

    2020.12.31

  3. 【 特集 : ニセコの温泉 】温泉付ペンションアダージョとヒルトン…

    2020.12.31

  4. 【特集:男池】大分、紅葉の宝泉寺温泉に泊まる1泊2日

    2020.12.31

  5. 【特集】鳥取砂丘とラベンダー色のらっきょうの花、そして城崎温泉…

    2020.12.14

  6. 【特集:9月の富山】台風の中、紅葉の立山2泊3日の旅

    2020.10.03

  7. 【特集】彩りと器の組合せが抜群!大人の隠れ家:福岡市のtakanabe(…

    2020.09.15

  8. 【特集:8月】毎日バフンウニを食べた 稚内・利尻・礼文の旅 5泊6…

    2020.09.07

  9. 【特集:8月の上高地と乗鞍岳】無人の河童橋、爆流の善五郎の滝、朝…

    2020.08.11

  10. 【特集:西山口県】コバルトブルーの角島とホテル西長門リゾートを…

    2020.03.25

  1. 【特集:旭川市の田子兵衛】生ズワイガニ爪を始め美味いものを安く…

    2019.03.17

  2. 【島根県2泊3日の旅】松江で宍道湖の珍味、境港で蟹、雲南市で築145…

    2019.02.26

  3. 【特集:岩手県の遠野市を楽しむ旅】仙台空港から沿岸を北上しまし…

    2016.05.21

  4. 【1月の島根県松江】宍道湖七珍を楽しむも大雪で特急やくもで博多…

    2016.01.23

  5. 【五三食堂 特集記事】ダシを上手に使う美しさと独創的な居酒屋|福…

    2018.12.20

  6. 【特集:9月の道央2泊3日】日本一早い紅葉を見に大雪山系旭岳へGO

    2015.09.05

  7. 【食と酒 なかむた-特集記事】都会の古民家で上質な和食|福岡市中…

    2019.01.27

  8. 【雪の大谷とホテル立山】大観峰からご来光!平成最後の満月!みく…

    2019.04.23

  9. 【9月の道東4泊5日の旅】釧路・帯広・厚岸・根室・弟子屈、道東の…

    2014.09.04

  10. 【低糖質・低カロリー・野菜ソムリエ】Agro(アグロと読みます)福…

    2019.02.27

  1. 【特集】仏の世界の四階層╿如来・菩薩・明王・天

    2019.02.07

  2. 【特集】奇想の画家ってなんですか?

    2019.02.17