【北海道】網走流氷オーロラ2号に乗って大迫力の流氷!ブル寒【動画あり】2月│厳冬の道東3泊4日 その2

2020年2月9日(日曜日)

女満別空港にANA4777便(AIRDO)で13時に到着した私達は「道の駅 流氷街道網走」を目指してレンタカーを走らせました。

この道の駅が流氷観光船オーロラ号の出発場なのです。

女満別空港からは結構近く30分もせずに到着しました。途中の道は除雪されているとは言え、つるつるに凍っています。

この日の最高気温はマイナス10℃、最低気温はマイナス17℃の予報です。寒いはずですわ。

道の駅の中にはいろんな土産物が販売されていたりトウモロコシや焼き立ての饅頭などが売っています。毛ガニなどの海産物もありますよ。

また観光案内所がありいろんな観光案内をしてくれます。台湾人の観光客が多いので台湾人の案内人がいます。

網走監獄博物館にも近いのでこんな土産も売っていました。

吉永小百合様の北の桜守の撮影セットが1階にありました。2階も映画の雰囲気がある喫茶があります。時間つぶしの人たちがたくさんいました。

14時過ぎに予約していた流氷船オーロラ号。チケットを買おうとチケット売り場に行きましたが15時半発のオーロラ号は14時半からの発売だから待ってくださいということでした。

そこで道の駅内にあった観光案内所で1時間程度で遊べるところはないか聞いてみたところ徒歩1分のところに流氷ガラス館があるとのことで言ってみました。

流氷ガラス館の前には雪ダルマと言うにはあまりにりっぱなこんな雪像が!!

すばらしいです。でも寒いので流氷ガラス館に早く入ろうとしたところ・・

白人のオヤジが中からでてきて。写真をとってあげようかとの申し出。ノーサンキューでしたが実はこのオヤジ、自分が流氷館前のハンモックに乗ったところを取ってもらいたかったらしくてこの緑のハンモックに乗って記念撮影をしてあげました。とても喜んでいました。こんなとこじゃ子供に帰りますね・笑

流氷ガラス館はガラス作りの体験もできますし喫茶もあります。また流氷にちなんだいろんなガラス細工がありました。

道の駅の切符売り場に戻ると14時半どころか14時20分なのにチケット販売を開始していました。

しかもすでにオーロラ号の改札には人が並び始めてました。なんでも15時過ぎには出発するとのアナウンスもありました。

どうも時間はあってないようなものなのかもしれません。どんどん出発するのかも・・

オーロラ2号に乗船し2段がまえのデッキの上の方に行きました。かもめがやってきます。楽しいですがすっごい寒いです。

スマホを素手で握っていると1分もすると手の感覚がなくなる感じですよ~。

乗船するところは海ではなく網走川の河口になります。すぐそこには海があり薄い流氷の赤ちゃんが少しばかり流れ着いているようです。

風が顔にあたってすごく寒いので皆さん目しか出していません。寒いもん~はよ出港してくれ~

結局15時20分頃の出航となりました。流氷ガラス館のスタッフさんたちが手を振って見送ってくださいます。

その前にはさっき見た雪像が。海がわにも顔があったのか~

しばらく行くと小さな氷の塊がたくさん見えてきました。その先にやや氷が切れて海が見えますが、その先が真っ白!あれが流氷か。

がっつりと流氷が大迫力で迫ってきました。良かったあ見れて。数日前まで網走にまだ流氷が無いってTVで言っていたので。

大迫力の流氷はGoPro8で撮影しました。まだ流氷がきたばかりなのでこんな感じですがしばらくすると流氷どうしがぶつかってデカいかたまりの流氷になるそうです。

振り返ると太陽が見えます。

オーロラ2号が通ったあとは流氷が割れています。

船の真下を見ると流氷がぶつかって大迫力です。

寒さを忘れて撮影していました←嘘です。すっごい寒くて寒くて死にそうでした。でも楽しかったです。

もうひとつの姉妹船のオーロラ号とすれ違いました。

iphoneは寒さですぐに電池がなくなりました。山と同じでポケットにホッカイロを入れといてiphoneを温めておいて使うときだけ取り出したら良さそうです。

それにしても船内はポカポカして天国です。

【まとめ動画】一連の様子を1つのビデオにまとめてみました。

☆網走流氷観光砕氷船 おーろら号
GoogleMapで開く
TEL:0152-43-6000

網走流氷観光砕氷船 おーろら 公式ホームページ
道の駅 網走流氷街道 公式ホームページ
≫網走流氷ガラス館 ホームページ

≫筆者:おのちん
≫訪問日:2020.02.09

関連記事

  1. アボカドチーズオムレツ│福岡市博多区の野菜ソムリエの店、アグロ

  2. 肉汁ドバドバのハンバーグは量とソースを3種類選べます|福岡市博多区のレストランKAWASHIMA(かわしま)

  3. 赤ウインナーたこは1匹づつ注文できます | 福岡市博多区の五三食堂 その21

  4. 虜になる!トマトソースたっぷりのオムライス&ハンバーグ|福岡市のマカロニキッチン

  5. 【山口】上まで登れる角島灯台│下関市

  6. 柔らかい地元のつぶ貝がたっぷり入った「つぶそば」:様似町の味よし│9月の道東4泊5日の旅

  7. 萩市のゲストハウスRUCO 欧州の雑誌にも紹介されたデザインがすばらしい人間味あふれる宿

  8. 甘く無いあんこがたっぷりの大判焼|山口県萩市の小林製菓本舗

  9. 平麺で魚介スープ&背脂増量のこてっすず:鶴岡市の独特な鈴木そば│【4月】仙台から鶴岡、酒田市へ 2泊3日の旅 その5

  1. 【特集:9月の富山】台風の中、紅葉の立山2泊3日の旅

    2020.10.03

  2. 【特集】彩りと器の組合せが抜群!大人の隠れ家:福岡市のtakanabe(…

    2020.09.15

  3. 【特集:8月】毎日バフンウニを食べた 稚内・利尻・礼文の旅 5泊6…

    2020.09.07

  4. 【特集:8月の上高地と乗鞍岳】無人の河童橋、爆流の善五郎の滝、朝…

    2020.08.11

  5. 【特集:西山口県】コバルトブルーの角島とホテル西長門リゾートを…

    2020.03.25

  6. 【厳冬の2月、道東2泊3日の旅】網走の流氷、カヌー釧路川源流下…

    2020.02.18

  7. 【特集】鯨料理専門店 福岡市のおおいし

    2019.06.30

  8. 【特集】トラディショナルイタリアンGUFO:福岡市

    2019.06.30

  9. 【特集】福岡市のイタリアン:キム翔

    2019.06.30

  10. 【韓国味噌鍋:博多】慶州鍋が名物のいずみ田祇園店 特集記事

    2019.06.22

  1. 【イタリアン料理】感動の5000円フルコース|鹿児島県薩摩川内市の…

    2019.05.21

  2. 【特集】花巻市、一関市周辺を楽しむ旅 | JAL いわて花巻空港を利用

    2017.03.25

  3. 【昭和レトロ居酒屋】福岡市博多区のがったんごっとん

    2019.05.28

  4. 【特集】鶴の湯|秋田県乳頭温泉

    2019.03.19

  5. 【特集記事】ANA国内線プレミアムクラス機内食  記事の一覧

    2019.01.23

  6. 【ありそでない家族経営の居酒屋】福岡市の仙八

    2019.05.29

  7. 【特集:5月のニセコ・積丹・小樽3日間】ニセコのヒルトンに泊ま…

    2015.05.09

  8. 【特集:冬の道東】快晴!冬の摩周湖や丹頂鶴、釧路の回転ずしに驚…

    2016.01.15

  9. 【秋田・青森のグルメと観光】北東北de仕事しながら | 4泊5日 20…

    2018.06.16

  10. 【1月の島根県松江】宍道湖七珍を楽しむも大雪で特急やくもで博多…

    2016.01.23

  1. 【特集】三大阿弥陀堂と阿弥陀如来

    2019.01.27

  2. 【特集】大塚国際美術館で見る美術史

    2019.01.27

  3. 【特集】仏の世界の四階層╿如来・菩薩・明王・天

    2019.02.07

  4. 【特集】奇想の画家ってなんですか?

    2019.02.17