《解説》ロココを求めてヤマザキマザックへ╿絵画を語るとき我々の語ること⑤ロココ

こんにちは、はてはてマンボウです。前回までは、大塚国際美術館の絵を通して、バロックの西洋絵画の世界について教えてもらいました。今回は一つ時代が進んだロココについて教えてもらえるみたいですが、なぜか名古屋に呼ばれています、はて。

《解説》激しさと静けさがまじりあう╿絵画を語るとき我々の語ること④バロック
↑「バロックをもっと知りたい!」という方は、こちらの記事もチェックしてくれ~。まあんぼう~

梓「さあ、バロックの次はロココだ。今回やってきたのは、このヤマザキマザック美術館」

マ「あ、連理梓さん。ヤマザキマザック美術館とは。不思議な名前です、はてはて」

マ「うわあ、優雅な絵画が並んでいますねえ」

梓「ヤマザキマザック美術館は、工作機械メーカーのヤマザキマザックが運営している美術館。ロココから、新古典主義、ロマン主義、写実主義、印象派と、18世紀から20世紀のフランス絵画が一望できる」

マ「へえ、立派な美術館なのねえ。しかし、ロココ。またまた変な名前の様式ですよう。この様式を一言で言うと……」

梓「おフランス

マ「おふらんす、はて」

梓「これまでの絵画の中心ってどこだったかな」

マ「うーん、イタリア、オランダ、ドイツあたりは出てきたような。あ、フランスは出てないです、はて」

梓「フランスがヨーロッパのなかで大きな力を持つにしたがい、新しい様式も生まれてきた、というわけだ。今回はヤマザキマザック美術館の絵画を中心に紹介するよ」

「ロココ」ってそもそもなに?

レジデンツ:バイエルン王国ヴィッテルスバッハ家の宮殿

マ「ロココって、そもそもどういう意味なんですか」

梓「室内装飾に多用された貝殻状の装飾がロカイユと呼ばれたのに由来している。華やかな宮廷の家具の曲線美をイメージしてほしい」

マ「たしかに、おフランスの家具って、巻貝みたいにくるくるした装飾のイメージです」

梓「ロココの時代は18世紀、フランスはブルボン朝、ルイ15世の時代に始まった」

どうしておフランス?

マ「ロココは、どうしてフランスで始まったんですか」

梓「それは、17世紀の大きな戦争を通して、フランスが力をつけてきたからだ。特に18世紀はヨーロッパ最も力を持つ国の内の1つとなる」

マ「イタリアはどうなったんですか」

梓「イタリアには長らく統一政権が生まれず、なかなか影響力を発揮できないまま、他国の戦争の巻き添えとなるなかで国力を伸ばせなかった。バロックを境に、イタリアは美術の様式の最前線からフェイド・アウトしていく」

フランソワ・ブーシェ『ポンパドゥール夫人』(アルテ・ピナコテーク、ミュンヘン)

梓「さて、ロココがフランスを中心に広まったのは、ルイ15世の愛妾・ポンパドゥール夫人がサロンを主宰したことによるものが大きい」

マ「サロンってなんですか」

梓「芸術愛好家の集まりってところだね」

マ「それが、おフランスのきっかけでしたか、はてはて」

優雅で退廃的なロカイユ

梓「フランソワ・ブーシェはロココを代表する画家の1人だ。さて、1つ前の様式のバロックと比べて、感想はどうかな」

マ「バロックのときは明暗がはっきりしていましたけど、こっちの絵は明るくて、なんだかふわふわしているような」

梓「そのとおり。明るい色彩と、のびやかなデッサンが軽やかさを生む」

マ「ドラマチックさを意識したバロックとはまた違った雰囲気ですねえ」

梓「バロックが豪華なら、ロココは軽やか、といったところかな」

ジャン・オノレ・フラゴナール『ぶらんこ』(大塚国際美術館、原画はウォレス・コレクション)

マ「ああ、これはよく見る絵ですねえ。これまでの流れを見ると、ザ・ロココって感じです」

梓「優雅な貴族趣味のロココは、退廃的な趣を示すときもある。フラゴナールの『ぶらんこ』は、地面に転がってスカートを覗いたときの瞬間を表してくれと頼まれて描かれた絵なんだ」

マ「はて。そりゃあ、受けるほうも受けるほうなんじゃ」

イギリスにも絵画の芽生え

梓「フランスに加えてイギリスも、これまであまり画家は出てこなかったが、ロココあたりからイギリス出身の画家が現れ始める」

トマス・ゲインズバラ『犬を抱き壺を下げる少女』(大塚国際美術館、原画はアイルランド国立美術館)

トマス・ローレンス『ジョン・アンガースティン家の子供たち』(ルーヴル美術館、パリ)

梓「夢想的なフランスのロココ美術に比べて、同時代のイギリスは、軽やかなタッチを見せながらも現実的で落ち着いている雰囲気があるね」

この記事のまとめ

梓「今回は次の3つのことを覚えておくといい」

①ロココは、豊かなフランスの宮廷文化を背景に生まれた美術。

②フランスの宮廷文化がサロンを生み、サロンがフランスの美術を育てた。

③バロックは豪華、ロココは軽やか」

マ「それならマンボウでも覚えられます、はってはて♪」

 

《ページ内リンク》
☆大塚国際美術館 概説「丸1日楽しめる世界の絵画╿徳島県 鳴門市の大塚国際美術館」

☆美術史 解説
・古代
・中世
・ルネサンス
・バロック
・ロココ
・新古典主義とロマン主義
・写実主義
・印象派
・象徴主義

☆ヤマザキマザック美術館 ≫公式HP

〒461-0004 愛知県名古屋市葵1丁目19−30

≫GoogleMapで開く

≫筆者:連理梓

≫訪問日:2017.03.29

参考文献
〇大塚国際美術館・NHK文化センター・有光出版株式会社(1998)『西洋絵画300選』(有光出版)
〇城一夫(2012)『常識として知っておきたい「美」の概念60』(パイ インターナショナル)
〇早坂優子(2006)『鑑賞のための西洋美術史入門』(視覚デザイン研究所)
〇早坂優子(1996)『巨匠に教わる絵画の見かた』(視覚デザイン研究所)
〇ヤマザキマザック美術館準備室編(2010)『ヤマザキマザック美術館「作品選」』(ヤマザキマザック美術館)

関連記事

  1. 【兵庫県】城崎温泉の 力餅で名物カレーうどんと赤飯│2泊3日鳥取と城崎温泉の旅

  2. ANAプレミアムクラス機内食|福岡→羽田 2016.05.11

  3. 【 福岡市 】酒のアテにもご飯のお供にもイケてる牡蠣の有馬煮 | 知る人ぞ知る高級居酒屋、田中田

  4. 地場産野菜を多種大量に使う野菜ソムリエの店アグロ| 福岡市博多区

  5. 手で曲がる金属、錫100%の酒器|富山県高岡市の能作の工場

  6. 日本料理ちとせはコスパ高いお店だった | 秋田県横手市

  7. 【稚内】ノシャップ岬にはイルカの大群│【8月】稚内・利尻・礼文の旅 5泊6日 その5

  8. ANAで、福岡空港から札幌千歳空港へ|2泊3日、ニセコ五色温泉 2016.12.17-19

  9. 【北海道】ニセコ五色温泉旅館で露天風呂三昧│ニセコ町

  1. 【特集】 和食系、香りと彩り最高 │ 赤坂あきちゃん

    2020.12.31

  2. 【 特集 : ニセコの温泉 】温泉付ペンションアダージョとヒルトン…

    2020.12.31

  3. 【特集:男池】大分、紅葉の宝泉寺温泉に泊まる1泊2日

    2020.12.31

  4. 【特集】鳥取砂丘とラベンダー色のらっきょうの花、そして城崎温泉…

    2020.12.14

  5. 【特集:9月の富山】台風の中、紅葉の立山2泊3日の旅

    2020.10.03

  6. 【特集】彩りと器の組合せが抜群!大人の隠れ家:福岡市のtakanabe(…

    2020.09.15

  7. 【特集:8月】毎日バフンウニを食べた 稚内・利尻・礼文の旅 5泊6…

    2020.09.07

  8. 【特集:8月の上高地と乗鞍岳】無人の河童橋、爆流の善五郎の滝、朝…

    2020.08.11

  9. 【特集:西山口県】コバルトブルーの角島とホテル西長門リゾートを…

    2020.03.25

  10. 【厳冬の2月、道東2泊3日の旅】網走の流氷、カヌー釧路川源流下…

    2020.02.18

  1. 【島根県2泊3日の旅】松江で宍道湖の珍味、境港で蟹、雲南市で築145…

    2019.02.26

  2. 【昭和レトロ居酒屋】福岡市博多区のがったんごっとん

    2019.05.28

  3. 【厳冬の2月、道東2泊3日の旅】網走の流氷、カヌー釧路川源流下…

    2020.02.18

  4. 【奈良県:小料理奈良】大皿料理は半製品。どんなものに仕上がるか…

    2019.05.18

  5. 【特集:5月のニセコ・積丹・小樽3日間】ニセコのヒルトンに泊ま…

    2015.05.09

  6. 【特集:冬の道東】快晴!冬の摩周湖や丹頂鶴、釧路の回転ずしに驚…

    2016.01.15

  7. 【道東の旅】道東4日間のグルメと遊びのコース|北海道 2018.07.20…

    2018.07.20

  8. 【道東・道央の旅】くったり胡とサホロリゾート、帯広市の六花亭本…

    2018.12.15

  9. 【ニセコ・積丹2泊3日】旬のバフンウニ丼を食べる旅

    2016.07.30

  10. 【特集:11月の北東北3泊4日の旅】大間の本鮪を食べに行く旅

    2015.11.20

  1. 【特集】仏の世界の四階層╿如来・菩薩・明王・天

    2019.02.07

  2. 【特集】三大阿弥陀堂と阿弥陀如来

    2019.01.27

  3. 【特集】大塚国際美術館で見る美術史

    2019.01.27

  4. 【特集】奇想の画家ってなんですか?

    2019.02.17