《解説》西洋絵画はローマに通ず╿絵画を語るとき我々の語ること①古代

こんにちは、はてはてマンボウです。このあいだ、大塚国際美術館に行って美術に興味が湧いてきたけれど、美術作品って数が多すぎて、なにがなにやらで、はてはてのはて。

丸1日楽しめる世界の絵画╿徳島県 鳴門市の大塚国際美術館
↑「大塚国際美術館の絵画の世界を知りたい!」という方は、こちらの記事もチェックしてくれ~。まあんぼう~

梓「困っているようだね、マンボウちゃん」

マ「あ、連理梓さん。美術作品を楽しむときのポイントを教えてください」

梓「ギリシャ・ローマ!

マ「うわあ、急に大きな声を出さんでくれ、た、たのむう~」

梓「今回のマンボウちゃんには美術史から解説しようと思う。まずは、すべての西洋絵画が通じる、古代の世界の解説をしよう」

「古代」っていつからいつまで?

マ「古代って言いますけど、これっていつからいつまでなんですか」

梓「いろいろな定義があるけれど『大塚国際美術館 図録300選』によると、ざっと紀元前17世紀から、紀元4世紀ごろまでを指す」

マ「に、2,000年もあるんですか、はて……」

梓「とはいえ、次の2つのポイントを押さえておけばいい」

①始まりのギリシャ世界

②受けついだローマ帝国

マ「あら、意外とすっきり」

あらゆる文化が蓄積されたギリシャ世界

梓「これは『ペルセウスとアンドロメダ』。なんの神話に出てくるか知っているかな」

マ「神話といえば、ギリシャ神話よねえ」

梓「そう、神話といえば、ギリシャ神話。現代にまで続いているこの常識が、3,000年以上も続いてきたわけだ」

マ「昔から、神話の登場人物が絵に描かれてきたんですねえ」

マ「1枚目にはヘラクレス、2枚目にはケンタウロスが描かれているのねえ。どっちも聞いたことがあります」

梓「多種多様なキャラクターが、いくつ数えたって足りない神話の世界を鮮やかに彩る。この、ギリシャに始まった豊かな文化を受け継いだのがローマ世界だ」

ギリシャ世界の継承者、古代ローマ

梓「これは『ディオニュソスの秘儀』」

マ「ディオニュソスってなんですか。またまたギリシャ神話でしょうか」

梓「そのとおり、ディオニュソスはブドウ酒をつかさどるギリシャ神話の神。さて、この絵は南イタリアのポンペイの遺跡群から見つかった壁画のうちの1つだ」

マ「はて、イタリアから、ギリシャ神話の絵が出てきたんですか」

梓「なかなか、鋭い指摘だね、マンボウちゃん」

マ「おーほっほっほ、おらおら有能マンボウだぜえ、おらおら~」

梓「では、どうしてギリシャ神話の絵がイタリアから出てきたか、わかるかい」

マ「は、はて。それは……まあんぼう」

梓「ローマ帝国は聞いたことがあるかな」

マ「はい、聞いたことぐらいは」

梓「隆盛を誇ったギリシャ世界も、やがてそのあとに出てくるローマ帝国に呑みこまれる。しかし一方で、ギリシャ世界の影響を強く受けることになる。ギリシャ。イタリアのローマの地からギリシャ神話の絵画が出てきたのも、そのためだ」

マ「はて、影響を受ける。ローマの人たちが、ギリシャ神話を信じたってことですか」

梓「ローマにも、もともと信じられている土着の神々がいた。ところがギリシャの神々でローマの神々に似ているものがいると、それらを同一視するようになった」

マ「同一視?」

梓「たとえば、この『貝殻のヴィーナス』はローマ神話に出てくる愛の神様だ」

マ「ヴィーナスはマンボウもよく聞きます」

梓「もともとはギリシャ神話にアフロディテという愛の神がいた。そのアフロディテの性格や彼女にまつわるエピソードが、ローマ神話ではヴィーナスに吸収されたんだ」

マ「なんと」

梓「もう1枚も同様で、ギリシャ神話に出てくるアフロディテの愛人である軍神アレスは、ローマ神話ではマルスと呼ばれる。だからこの時代はしばしば、ギリシャ・ローマ時代とひとくくりで呼ばれるようになる」

この記事のまとめ

梓「今回は次の2つのことを覚えておくといい。

①古代世界の文化の基礎はギリシャ世界で生まれた

②ギリシャ文化はローマ世界へ受けつがれた

マ「それならマンボウでも覚えられます、はってはて♪」

梓「さて次からは、中世の美術を見てみよう」

 

《ページ内リンク》
☆大塚国際美術館 概説「丸1日楽しめる世界の絵画╿徳島県 鳴門市の大塚国際美術館」

☆美術史 解説
・古代
・中世
・ルネサンス
・バロック
・ロココ
・新古典主義とロマン主義
・写実主義
・印象派
・象徴主義

≫筆者:連理梓

参考文献
〇大塚国際美術館・NHK文化センター・有光出版株式会社(1998)『西洋絵画300選』(有光出版)
〇城一夫(2012)『常識として知っておきたい「美」の概念60』(パイ インターナショナル)
〇早坂優子(2006)『鑑賞のための西洋美術史入門』(視覚デザイン研究所)
〇早坂優子(1996)『巨匠に教わる絵画の見かた』(視覚デザイン研究所)

関連記事

  1. 琵琶湖の歴史をご紹介╿滋賀県立 琵琶湖博物館

  2. 丸1日楽しめる世界の絵画╿徳島県 鳴門市の大塚国際美術館

  3. 親日国トルコとの友好の始まり╿和歌山県 串本町 トルコ記念館

  4. 土佐名物!鰹の塩タタキ|高知市の大黒堂

  5. 《解説》ヘタウマ絵画も意味がある!╿絵画を語るとき我々の語ること②中世

  6. 松山鍋焼きうどん|愛媛県松山市総合コミュニティセンター内

  7. 日御碕神社と経島|島根県日御碕海岸

  8. 日本の神が集うところ╿島根県 出雲大社

  9. 島根和牛鉄鍋ちゃんぽん|島根県、出雲えんむすび空港内「出雲の國 麺屋」

  1. コバルトブルーの角島とホテル西長門リゾートを楽しむ1泊2日の旅

    2020.03.25

  2. 【厳冬の2月、道東2泊3日の旅】網走の流氷、カヌー釧路川源流下…

    2020.02.18

  3. 【特集】鯨料理専門店 福岡市のおおいし

    2019.06.30

  4. 【特集】トラディショナルイタリアンGUFO:福岡市

    2019.06.30

  5. 【特集】福岡市のイタリアン:キム翔

    2019.06.30

  6. 【韓国味噌鍋:博多】慶州鍋が名物のいずみ田祇園店 特集記事

    2019.06.22

  7. 【6月初旬】温泉のニセコ&ウニの積丹半島3泊4日

    2019.06.08

  8. 【ありそでない家族経営の居酒屋】福岡市の仙八

    2019.05.29

  9. 【昭和レトロ居酒屋】福岡市博多区のがったんごっとん

    2019.05.28

  10. 【イタリアン料理】感動の5000円フルコース|鹿児島県薩摩川内市の…

    2019.05.21

  1. 【食と酒 なかむた-特集記事】都会の古民家で上質な和食|福岡市中…

    2019.01.27

  2. 【萩市特集】萩市の鮨屋 豊月と宿泊施設、観光 | 山口県萩市

    2019.01.27

  3. 【奈良県:小料理奈良】大皿料理は半製品。どんなものに仕上がるか…

    2019.05.18

  4. 【特集】紅葉の京都を1泊2日で楽しむ旅|清水寺、今宮神社、船岡温…

    2019.05.17

  5. 【大分:久住遊覧】久住高原コテージの露天風呂から絶景の草原と阿…

    2019.05.15

  6. 【道東・道央の旅】くったり胡とサホロリゾート、帯広市の六花亭本…

    2019.01.27

  7. 【低糖質・低カロリー・野菜ソムリエ】Agro(アグロと読みます)福…

    2019.02.27

  8. 【特集記事】JAL国内線ファーストクラス機内食  記事の一覧

    2019.02.12

  9. 【特集:私の一番好きな鮨屋】山口県萩市の豊月

    2019.05.18

  10. 【島根県2泊3日の旅】松江で宍道湖の珍味、境港で蟹、雲南市で築145…

    2019.02.26

  1. 【特集】三大阿弥陀堂と阿弥陀如来

    2019.01.27

  2. 【特集】奇想の画家ってなんですか?

    2019.02.17

  3. 【特集】仏の世界の四階層╿如来・菩薩・明王・天

    2019.02.07

  4. 【特集】大塚国際美術館で見る美術史

    2019.01.27