《解説》理論とロマンのせめぎあい╿絵画を語るとき我々の語ること⑥新古典主義とロマン主義

こんにちは、はてはてマンボウです。前回までは、ヤマザキマザック美術館の絵を中心に、ロココの西洋絵画の世界について教えてもらいました。今回は一つ時代が進んだ19世紀の絵画について教えてもらえるみたい。

ロココを求めてヤマザキマザックへ╿絵画を語るとき我々の語ること⑤ロココ
↑「ロココの美術をもっと知りたい!」「ヤマザキマザック美術館って?」という方は、こちらの記事もチェックしてくれ~。まあんぼう~

梓「さあ、美術の中心がフランスへと移ってきたね」

マ「あ、連理梓さん。19世紀の絵画にはどんな特徴が」

梓「ルネサンスをもう1度!」

マ「はて」

梓「ロマンのままにわがままに!」

マ「はて! 今回は2つのテーマが」

梓「19世紀には対照的な2つの絵画様式が生まれるんだ。

①新古典主義:ルネサンスの理想を追い求めた様式。ロココへの反動。

②ロマン主義:民族意識と中世への憧れ。新古典主義への反動。

以上の2つの視点から、19世紀を俯瞰していこう」

なぜ「新」古典主義?

マ「そもそも、どうして『新』古典主義なんですか」

梓「それは『古典主義』があったからにほかならない。古典の理知的な構成を理想とする流派だ」

マ「はて。これまでそんなの出てきましたっけ。あ、もしかして、ルネサンスのことですか」

梓「たしかにルネサンスもある種の古典主義だね。だけど西洋美術で特別に『古典主義』と呼ぶのは、バロックの時代のフランスの潮流だ」

マ「はて、バロック。たしか、ドラマチックで明暗を使いわける絵画が多かったですよね。カラヴァッジョとか」

梓「よく覚えていたね。あの劇的な描き方が全盛の時代に、理性的で落ち着いた構成のデッサンを通して古典世界を表現しようとしたフランスのグループが古典主義」

マ「その考えが復活したから、『新』古典主義ってことですか」

梓「そういうこと。ロココの時代を過ぎた18世紀後半、軽薄なロココへの反発から新しいムーヴメントが生まれる。古典主義よもう一度」

やっぱりフランスが中心! サロンが支配する美術界

梓「ロココの時代を支えたのは、フランス宮廷のサロンだったよね」

マ「いかにも、おフランス、ロココですね」

梓「そのサロン内で、『ロココはちょっと軽すぎたよなあ』という自己批判が起こる。そこで新たに求められたのが古典だった。ダヴィッドの『ホラティウスの誓い』は新古典主義へと向かう潮流を完成させた」

マ「ロココの時代に比べると、なんだかずっと重たい感じがしますねえ」

梓「デッサン重視、構図重視。動きは必要ないといった感じだね。ギリシャ彫刻のような静謐な美が求められた」

理性を求めてルネサンスへ

梓「ダヴィッドのあとを引きついたのが、ドミニク・アングル。新古典主義の親玉」

マ「滑らかな絵ですねえ、ラファエロみたい」

梓「ルネサンス以来、ラファエロは絵画の模範として受けつがれてきたからね」

ロマンを求めて「ここではないどこかへ」

梓「理性的な美の模範があると考えた新古典主義とは対照的に、自分の主観で感情のままにドラマチックな絵画を求めたのが、ロマン主義」

マ「たしかに、さっきまでの固かった新古典主義に比べると、ずいぶんと大胆な色彩」

梓「時代の影響もある。フランス革命のあとは、国民意識、ナショナリズムが世界中で高揚していた」

ドミニク・アングル、ウジェーヌ・ドラクロワをぐりぐりする

マ「あ、これは教科書にも載ってました」

梓「ドラクロワの『民衆を導く自由の女神』。ロマン主義を代表する絵画だ。でも、ドラクロワはずっとアカデミーの世界から否定されてきた

マ「えっ、どうして」

梓「美術アカデミーを支配していたのが、新古典主義の親玉として君臨していたドミニク・アングル。理性的で安定した構図を重視する新古典主義への反動として出てきたのが、色彩を重視した大胆な構図のロマン主義だったものだから、アングルに排除され続けるんだ」

マ「ひええ、かわいそう」

梓「だけど、いまではロマン主義もきちんと評価されている。この絵画の躍動感なんか、新古典主義では見られない良さがあるよね」

マ「同じ絵でも時の運で評価が変わってしまうんですねえ」

この記事のまとめ

梓「今回は次の3つのことを覚えておくといい」

①ロココから引き続き絵画の中心はフランス

②軽薄なロココに反発して生まれたのが、理性的で固い新古典主義

③新古典主義に反発して生まれたのが、色彩を重視したロマン主義

マ「それならマンボウでも覚えられます、はってはて♪」

 

《ページ内リンク》
☆大塚国際美術館 概説「丸1日楽しめる世界の絵画╿徳島県 鳴門市の大塚国際美術館」

☆美術史 解説
・古代
・中世
・ルネサンス
・バロック
・ロココ
・新古典主義とロマン主義
・写実主義
・印象派
・象徴主義

≫筆者:連理梓

参考文献
〇大塚国際美術館・NHK文化センター・有光出版株式会社(1998)『西洋絵画300選』(有光出版)
〇城一夫(2012)『常識として知っておきたい「美」の概念60』(パイ インターナショナル)
〇早坂優子(2006)『鑑賞のための西洋美術史入門』(視覚デザイン研究所)
〇山田五郎・こやま淳子(2015)『カラー版 ヘンタイ美術館』(ダイヤモンド社)

 

関連記事

  1. 新・都ホテル 京都八条の朝食「洋定食」|京都府京都市

  2. 真鱈ほっぺたフライ | 福岡市博多区の五三食堂 その7

  3. 【礼文島】花の浮き島でトレッキング「桃岩展望台コース」元地灯台から桃岩展望台へ│【8月】稚内・利尻・礼文の旅 5泊6日 その19

  4. 【北海道】素晴らしきかな!三島さんの芝桜庭園│倶知安町 2019.06.01

  5. めかぶの塩焼き | 福岡市博多区の五三食堂 その6

  6. JR境港駅とその周辺でゲゲゲの鬼太郎を楽しむ|鳥取県境港市

  7. 担々麺を始め美味い物ばかりの中華屋|福岡市博多区の一すじ

  8. 釧路川湿原展望台に立ち寄り釧路空港でつけ麺を食す | 2018年7月道東3泊4日の旅

  9. 全国から常連が集うおでん専門店 | 長崎市の桃若

  1. 【特集】彩りと器の組合せが抜群!大人の隠れ家:福岡市のtakanabe(…

    2020.09.15

  2. 【特集:8月】毎日バフンウニを食べた 稚内・利尻・礼文の旅 5泊6日

    2020.09.07

  3. 【特集:8月の上高地と乗鞍岳】無人の河童橋、爆流の善五郎の滝、朝…

    2020.08.11

  4. 【特集:西山口県】コバルトブルーの角島とホテル西長門リゾートを…

    2020.03.25

  5. 【厳冬の2月、道東2泊3日の旅】網走の流氷、カヌー釧路川源流下…

    2020.02.18

  6. 【特集】鯨料理専門店 福岡市のおおいし

    2019.06.30

  7. 【特集】トラディショナルイタリアンGUFO:福岡市

    2019.06.30

  8. 【特集】福岡市のイタリアン:キム翔

    2019.06.30

  9. 【韓国味噌鍋:博多】慶州鍋が名物のいずみ田祇園店 特集記事

    2019.06.22

  10. 【6月初旬】温泉のニセコ&ウニの積丹半島3泊4日

    2019.06.08

  1. 【特集:7月の道央3日間】旭山動物園、美瑛のパッチ良野ラベンダー…

    2015.07.04

  2. 【6月初旬】温泉のニセコ&ウニの積丹半島3泊4日

    2019.06.08

  3. 【特集記事】特色ある福岡市内の鮨屋からいきつけの4店舗をご紹介…

    2019.01.27

  4. 【世界一の大花火四尺玉】新潟県の片貝まつりを見に行く1泊2日 2…

    2018.09.09

  5. 【1月の島根県松江】宍道湖七珍を楽しむも大雪で特急やくもで博多…

    2016.01.23

  6. 【特集:9月の道央2泊3日】日本一早い紅葉を見に大雪山系旭岳へGO

    2015.09.05

  7. 【特集:冬の道東】快晴!冬の摩周湖や丹頂鶴、釧路の回転ずしに驚…

    2016.01.15

  8. 【2月:オホーツク3泊4日】流氷船でサンセットクルーズ&オホー…

    2015.02.20

  9. 【新潟空港発着の信州3泊4日】上田、小諸、八ヶ岳、下諏訪、あづ…

    2016.10.13

  10. 【世界遺産の旅:知床】知床五湖、ホエールウォッチング、摩周湖、…

    2016.09.02

  1. 【特集】三大阿弥陀堂と阿弥陀如来

    2019.01.27

  2. 【特集】仏の世界の四階層╿如来・菩薩・明王・天

    2019.02.07

  3. 【特集】大塚国際美術館で見る美術史

    2019.01.27

  4. 【特集】奇想の画家ってなんですか?

    2019.02.17