【長野】山形村の蕎麦集落「幸」で五目蕎麦と山菜蕎麦│8月初旬2泊3日信州上高地と乗鞍岳の旅 その23

乗鞍 白雲荘で珈琲ブレイクして山を下りました。

乗鞍の大黒岳に登頂した後は、白雲荘に荷物を取りにやってきました。そこでドリップ珈琲を注文(400円)してテラスで休憩しました。厨房の忙しさにもよりますができるときは食事以外のときも対応しているそうです。標高が高いので沸点が低く珈琲が、ややぬるいのはしょうがないですね。しっかしこのテラスなにかと便利です。夜は星空を見る人の為に後ろの食堂の灯りを消してくれます。

畳平の乗鞍バスセンターの中に入ると軽食の食堂があります。右手に行くと売店です。

「人生一度は頂きへ」剣が峰へは一度登頂したけどもう一回快晴の時に行って前回も見た富士山を見たいな。

そしてこのバスセンターの地下には無料の歴史資料館がありますので時間があったら是非どうぞ。

中部山岳国立公園に指定になってから80年らしいです。はく製などが展示してあります。

それと乗鞍のすばらしい写真の数々も展示してあります。

9時5分の乗鞍観光センター行き(乗鞍高原)のバスに間に合いました。ここから車を置いている乗鞍高原まで小1時間でそこから山形村まで1時間、つまり11時には山形村に到着して蕎麦集落で蕎麦を食べようという算段です。

下りはじめると穂高連峰が目の高さに現れました。見とれちゃいますわ。

大雪渓では相変わらずスキーやってます。

大カーブの連続でどんどん山を降りていくバス。しばらく穂高連峰が見えていました。

日本アルプスの山々は十重二十重に山深いです。

振り返ると乗鞍岳。私は乗鞍高原からこの山を見るとシャチを思い出すのです。夏でも残っている大雪渓がある山容がどうしても海のシャチを連想するのです。

湿地みたいな場所が途中にありました。

そして位ヶ原山荘があります。宿泊や休憩ができる戦前からある山荘らしいです。

乗鞍岳は昔、位岳と呼ばれ、登るものではなく見るものだったそうです。そしてこの道路は陸上自衛隊が訓練のために作った道で昔はこんな立派な道路ではなかったそうです。

三本滝のレストハウスが見えてきました。

山形村の蕎麦集落で手打ち蕎麦でランチ

清水高原の上番をくぐると民家の蕎麦屋が8軒ほどあります。

畑にスイカが沢山捨てられています。水害とかで茎が枯れてどうしようもなかったのかもしれませんね。もったいない。

いつもの「そば幸」さんに11時に入店。すでに5回以上来ているのでたまには他の店にしょうと思ったのですが火曜日ということもあって空いてませんでした。この店のスタッフさんに聞いたら全部の店が閉店していないようにみんなでずらしあって営業しているそうです。

いつものように田舎のおばあちゃんちに来たようなリラックスする民家の普通の家です。

外には真っ白なユリの花が咲いています。庭園も見事です。

あれ値段があがってる。3年前、五目蕎麦は980円だったのが1320円に340円のアップ、山菜蕎麦は880円だったのが980円に100円値上げしてますね。

2017年の「そば幸」記事参照

他に酒のアテになるようなものもあります。

「やまっちそば」とは山芋を擦らずに短冊に切ったものらしいです。

まずは漬物が出てきました。長野って漬物とか山菜の漬物みたいなものは味付けが良いですよねぇ。

ヨメさんは山菜蕎麦980円にしました。2017年とは山菜の種類も量も随分と減っています。

「天かす、きのこ、とろろ、山菜、大根おろし」が入った五目蕎麦、1320円なり。

五目は良いとして・・

九割蕎麦なんですが僕の好きな黒くて太い蕎麦じゃないのよねぇ。白くて細い蕎麦になっています。帰りにお勘定するときに厨房に聞きました。

男性の方が「いつもより細く打ち過ぎて色も薄くなったかも」って言われていました。

外では「スズキの隼」の乗ってやってきた男性が一人で蕎麦をすすってらっしゃいました。後ろの荷物のバッグにはとうもろこしとスイカが丸ごと1個入ってたので「立派なスイカですねぇ」と声をかけると「安かったんですよ、この大きさで1600円だったもので」「そりゃ安いですねぇ」っていう会話しました。有名な隣の波多ではなくて山形村のスイカだから安かったのかもという感想でした。

▶そば幸の2017年の記事はこちら:信州産のそば粉で手打ち蕎麦|山形村唐沢集落のそば幸 2017.10.13~16

 

≫飛行機に乗る前に大王わさび農場:安曇野の大王わさび農場│8月初旬2泊3日信州上高地と乗鞍岳の旅

 

☆そば幸
長野県東筑摩郡山形村竹田7259
googleMapで開く
TEL:0263-98-2075
営業時間:11:00~14:00
定休日:木曜日
山形村の唐沢集落紹介サイト

≫筆者:おのちん
≫来店日:2020.08.04

関連記事

  1. 舐めたらあかん飛騨牛5等級ステーキ|岐阜県飛騨高山市の八角亭

  2. 【北海道】ニセコ五色温泉旅館で露天風呂三昧│ニセコ町

  3. 竜飛岬には日本唯一の階段国道339号線があった│【12月】冬の青森2泊3日の旅 その5

  4. 【福岡市】新たまねぎと新じゃがいものキッシュには野菜てんこ盛り添え│野菜ソムリエの店、アグロ

  5. パエリアで〆たコスパ高いスペイン料理│福岡市のイビサルテ 薬院

  6. 【北海道】飲むシュークリーム│ニセコ高橋牧場

  7. 骨を抜いたカマス塩焼き | 福岡市博多区の五三食堂 その20

  8. ディープな昭和のかほりがプンプンの焼肉屋さん│福岡市の和

  9. 【福岡市】大将!活のいい奴にしてね。焼鳥屋でたい焼き│村崎焼鳥研究所

  1. 【特集】彩りと器の組合せが抜群!大人の隠れ家:福岡市のtakanabe(…

    2020.09.15

  2. 【特集:8月】毎日バフンウニを食べた 稚内・利尻・礼文の旅 5泊6日

    2020.09.07

  3. 【特集:8月の上高地と乗鞍岳】無人の河童橋、爆流の善五郎の滝、朝…

    2020.08.11

  4. 【特集:西山口県】コバルトブルーの角島とホテル西長門リゾートを…

    2020.03.25

  5. 【厳冬の2月、道東2泊3日の旅】網走の流氷、カヌー釧路川源流下…

    2020.02.18

  6. 【特集】鯨料理専門店 福岡市のおおいし

    2019.06.30

  7. 【特集】トラディショナルイタリアンGUFO:福岡市

    2019.06.30

  8. 【特集】福岡市のイタリアン:キム翔

    2019.06.30

  9. 【韓国味噌鍋:博多】慶州鍋が名物のいずみ田祇園店 特集記事

    2019.06.22

  10. 【6月初旬】温泉のニセコ&ウニの積丹半島3泊4日

    2019.06.08

  1. 【特集:7月の尾瀬と会津】新潟空港から行く尾瀬と会津、2泊3日の旅

    2015.07.24

  2. 【特集記事】特色ある福岡市内の鮨屋からいきつけの4店舗をご紹介…

    2019.01.27

  3. 【1月の島根県松江】宍道湖七珍を楽しむも大雪で特急やくもで博多…

    2016.01.23

  4. 【特集】花巻市、一関市周辺を楽しむ旅 | JAL いわて花巻空港を利用

    2017.03.25

  5. 【島根県:松江市の料理屋】やまいちで宍道湖七珍を食え

    2019.05.18

  6. 【紅葉の旅 】 白馬・小谷・栂池・乗鞍高原3泊4日の旅 2017.10.1…

    2017.10.13

  7. 【奈良県:小料理奈良】大皿料理は半製品。どんなものに仕上がるか…

    2019.05.18

  8. 【特集】紅葉の京都を1泊2日で楽しむ旅|清水寺、今宮神社、船岡温…

    2016.11.26

  9. 【ニセコ・積丹2泊3日】旬のバフンウニ丼を食べる旅

    2016.07.30

  10. 【長崎市内観光とグルメ】おでん専門店「桃若」へ|1泊2日:2019.…

    2019.01.23

  1. 【特集】仏の世界の四階層╿如来・菩薩・明王・天

    2019.02.07

  2. 【特集】大塚国際美術館で見る美術史

    2019.01.27

  3. 【特集】奇想の画家ってなんですか?

    2019.02.17

  4. 【特集】三大阿弥陀堂と阿弥陀如来

    2019.01.27