厳美渓の空飛ぶだんご。猊鼻渓の舟下り|岩手県一関市

名勝天然記念物 厳美渓(げんびけい)には、空飛ぶだんごがあった。

さて2日目。一関駅前のグリーンホテルを出発し山手へ9キロ川をさかのぼります。

名勝天然記念物の厳美渓に到着です。

立派な奇岩が並ぶ渓谷に橋がかかっていて渡ります。

こちら上流。

結構な長い渓谷です。下に広場があって人がいますね。

下に降りてみると氷が張っていました。3月末なのに。

結構激しい流れの渓谷です。

東屋があり人が集まっていました。なんやろ?

「空飛ぶだんご」って書いてあったのはコレのことか!

1人前400円3本入り。お金を入れて板をたたくと川向うのお店に分かるらしい。

向こうの店のオヤジさんが手動でロープを張っぱってるのに驚きました。結構大変そうです。

さて名勝天然記念物の厳美渓を後にして千厩、大東町と車を向けて走ります。

千厩と摺沢を通過して厳美渓へ

私が大学を卒業して最初に担当した岩手県、その中でもこの千厩と大東町はドル箱の地域でした。

ここは千厩駅です。もう頭の中にはよく覚えていませんでしたが大昔とは街並みが変わっているように感じました。

う~ん、電車に乗り遅れそうだと、柵を乗り越えていきたくなる気持ちはわかります。

大昔、新規取引でこのお店に入り社長に鍛えられました。ん十年前のお話です。

お隣の大東町の摺沢駅です。

JR摺沢駅は、庁舎とつながって一体になっていました。

摺沢町では新規開拓で筆談したこともありました。懐かしい。

名勝 猊鼻渓(げいびけい)

一関市に位置する厳美渓に到着です。

往復90分、厳美渓の舟下りは1600円で乗ることができます。

舟下りの舟は30分に一本出ています。まだまだストーブは必須なんですね。

たくさんの船頭さんたちがいらっしゃいます。女性も2人いらっしゃいました。

平べったい舟で川を上下するようですね。川底が浅いのでしょう。

舟が出発しました。なんど船頭さんの手漕ぎです。

手漕ぎなのは、ここの他は熊本県人吉の球磨川下りしかしりません。あちらは急流を下る一方ですが、こちらは登って下りです。

最初だけ2人の船頭さんが櫓をこいでいましたが、途中から1人になりました。

女性船頭さんは中に入り観光案内の説明を始めてくれました。

1つ舟が下ってきてすれ違います。情緒があっていいデスね。

えさ50円に寄ってくる鴨たち。

私もえさを買ってましたが、横にいた子供さんにあげました。喜んでました♪

猊鼻渓まで40分もかかりました。船頭さん、お疲れさまでした。

なぜ猊鼻渓という名前がついたかというと

この鼻の形をした鍾乳洞から名付けられたそうです。

イノシシみたいな形の岩がありました。

そのイノシシの目に投げた石が入るとラッキーで願掛けしていました。

おやじは見ているのみです。

清らかな川には天然の鯉が泳いでいましたよ。

外国人の団体さん観光客です。こんなところまで外国人来るんですね。

下りは20分で到着しました。川の流れがゆるやかとは言え上りはきついでしょうね。

厳美渓には、昔、私が売っていた運搬車がありました。これはGC522かな。441,200円だったと記憶しています。

☞今日のお宿に向かいます|春だけの生わかめシャブシャブ。メインはフカヒレ|岩手県花巻市の鉛温泉藤三旅館

 

☆厳美渓
〒021-0101 岩手県一関市厳美町滝ノ上263
GoogleMapで開く
公式ホームページ 厳美渓

☆猊鼻渓
〒029-0302 岩手県一関市東山町長坂町467番地
GoogleMapで開く
TEL:0191-47-2341
公式ホームページ 厳美渓

≫筆者:おのちん
≫来店日:2017.03.26

関連記事

  1. 旬の生アオサうどんを食う|福岡市の二〇加屋長介 薬院本店

  2. 16種類のみそ汁を常時揃えている居酒屋さん|福岡市中洲の人形小路の田

  3. 日本の神が集うところ╿島根県 出雲大社

  4. 老舗の手作り洋食屋さん時はランチ時は大混雑│福岡市博多駅前のグローリー

  5. 天然記念物、丹頂鶴の飛翔を見れる鶴見台|北海道の鶴居村

  6. 牛バラ中おち味噌漬け│福岡市博多区の五三食堂 その41

  7. 自家製クリームチーズ豆腐|福岡市博多区住吉の居酒屋「それなり」

  8. 屋島の頂上にある水族館!╿香川県 高松市 新屋島水族館

  9. 《日本の鉄道》新幹線にトロッコ、ハットリくんまで?╿北陸の鉄道録

  1. 【特集】鯨料理専門店 福岡市のおおいし

    2019.06.30

  2. 【特集】トラディショナルイタリアンGUFO:福岡市

    2019.06.30

  3. 【特集】福岡市のイタリアン:キム翔

    2019.06.30

  4. 【韓国味噌鍋:博多】慶州鍋が名物のいずみ田祇園店 特集記事

    2019.06.22

  5. 【6月初旬】温泉のニセコ&ウニの積丹半島3泊4日

    2019.06.08

  6. 【ありそでない家族経営の居酒屋】福岡市の仙八

    2019.05.29

  7. 【昭和レトロ居酒屋】福岡市博多区のがったんごっとん

    2019.05.28

  8. 【イタリアン料理】感動の5000円フルコース|鹿児島県薩摩川内市の…

    2019.05.21

  9. 【1月の島根県松江】宍道湖七珍を楽しむも大雪で特急やくもで博多…

    2019.05.20

  10. 【島根県:松江市の料理屋】やまいちで宍道湖七珍を食え

    2019.05.18

  1. 【島根県:松江市の料理屋】やまいちで宍道湖七珍を食え

    2019.05.18

  2. 【特集:岩手県の遠野市を楽しむ旅】仙台空港から沿岸を北上しまし…

    2019.04.06

  3. 【道東の旅】道東4日間のグルメと遊びのコース|北海道 2018.07.20…

    2019.01.23

  4. 【島根県2泊3日の旅】松江で宍道湖の珍味、境港で蟹、雲南市で築145…

    2019.02.26

  5. 【1月の島根県松江】宍道湖七珍を楽しむも大雪で特急やくもで博多…

    2019.05.20

  6. 【長崎市内観光とグルメ】おでん専門店「桃若」へ|1泊2日:2019.…

    2019.01.23

  7. 【特集:私の一番好きな鮨屋】山口県萩市の豊月

    2019.05.18

  8. 【特集:二〇加屋長介 薬院本店】超おススメ!なんでも美味い博多の…

    2019.05.13

  9. 【雪の大谷とホテル立山】大観峰からご来光!平成最後の満月!みく…

    2019.04.23

  10. 【世界遺産の旅:知床】知床五湖、ホエールウォッチング、摩周湖、…

    2019.04.01

  1. 【特集】仏の世界の四階層╿如来・菩薩・明王・天

    2019.02.07

  2. 【特集】奇想の画家ってなんですか?

    2019.02.17

  3. 【特集】三大阿弥陀堂と阿弥陀如来

    2019.01.27

  4. 【特集】大塚国際美術館で見る美術史

    2019.01.27