唐津の食材を使った美しい日本料理会席:8席のみ│唐津市の川島豆腐店

お昼は10回以上食べたことあるんですが、夜の日本料理、会席は頂いたことなかったので唐津市までやってきました。

福岡市から55キロ、ほとんど有料道路を走るので1時間強で到着します。

2019年に、夜の会席料理が、ミシュランのビブグルマンに選ばれたとのこと。私のいきつけの店がどんどんミシュランに掲載されるので予約とりにくくなってイヤだなあ。

創業寛政年間と書いてあります。川島豆腐店はアーケードのある商店街の中にあります。アーケードの川島豆腐店にほど近いところに有料駐車場があるので雨の日も行きやすいです。

以前は夜の会席料理は5000円コースもあったようですが現在、8000円と13,000円のコースのみです(税別)。もちろん要予約です。

ざる豆腐発祥のお店は表はもちろん豆腐店なのですが左側に日本料理を食べる席への入り口があります。

暖簾をくぐって中に入るとカウンターのみ、8席となっています。

L字型になったカウンターの角に席を用意してありました。2名での利用です。入口側を見るとこんな感じです。

落ち着いていただけます。小人数で食事できるのは良いですね。

ハイボールはございません。唐津の地元のお酒ということで「万齢 特別純米」をお願いしました。

片口の唐津焼でしょうか、雰囲気のよい酒器に万齢がたんまり入ってきました。

まずは、唐津の車海老や茄子、一番下にはごま豆腐、それにトマトジュレを合わせてあります。器が見えてないですが透明な器に氷を入れて蓮の葉っぱに料理を乗せて蓮の花に見立ててあります。

そうそう、唐津の赤ウニを紹介するのを忘れていました。福岡市の料理屋でも良く唐津の赤ウニをお目にかけますがこれは本場ものですわ。車エビももちろん美味かったですがトマトジュレをスプーンですくいながら頂くのも抜群に美味かったです。

鯵のタルタル。大葉やネギと合わせてあります。酒がイケますよ。

枝豆のすり流し。つるりと一飲みで飲み干しました。

熟成しまあじの刺身というご説明です。東京で日本料理を修行して唐津にご帰還された40代になられた息子さんの手料理です。

お聞きしたら3日間寝かせて熟成したものだそうです。

表も裏も美しい椀がでてきました。蓋の表は案山子柄でしたが裏は焼津の富士山です。

冬瓜と干し椎茸です。あったかい椀ものは良いですねぇ。ゆずの香りがとても良いです。冬瓜はサクサクっとお箸で切れました。

6品目は鰆の西京焼き。万願寺を添えてあります。西京焼きと言っても西京味噌のお味はあまりしませんでした。こだわりかな。

料理系の最後は「がんもどき」豆腐屋さんのがんもどきは、とても柔らかくふんわりしていました。上に乗っかってるピリ辛味噌をお好みで合わせていただきます。

最後の〆はご飯もので定食みたいにしてでてきました。ご飯は気持ち程度です。

太刀魚の焼き魚。骨を全部とってあるのですごく食べやすいです。

味噌汁はお昼の豆腐ランチでも登場しますが、ざる豆腐の味噌汁です。でかいです。

そして漬物。

んで、塩ウニが出てきました。馬糞雲丹の塩ウニです。本当に塩と馬糞雲丹だけで作られているものだそうです。みょうなアルコールとか入ってないのでシンプルで美味しいです。

少量づつ良い料理を食べるのは本当に幸せな気持ちになります。

デザートが出てきました。豆乳プリンの上にブルーベリーが乗っかっています。

いやあ、さすがに美味かったですわ。

唐津のアーケード商店街の20時半、寂しいですねぇ。大将が表まで見送りしてくださいました。

 

☆川島豆腐店
〒847-0045 佐賀県唐津市京町1775
googleMapで開く
TEL:0995-72-2423
営業時間:ランチ:豆腐料理 8:00~、10:00~、12:00~、14:00~。夜:日本料理 会席かわしま 18:00~20:00
定休日:日曜日
川島豆腐店 公式ホームページ。

≫筆者:おのちん
≫来店日:2020.07.09

関連記事

  1. 海老フライと毛蟹を巻いて穴子を乗っけたスペシャル美味いドラゴンロール | 福岡市の北海ひがし その5

  2. 新鮮な夕採れホタテが名物、青森市の居酒屋、すみれ組 | 青森駅前

  3. 大葉の香り高しのジャコ飯 | 福岡市博多区の五三食堂 その11

  4. 1メートルの巨大なイトウが群れで川登り「山の水族館」|北海道北見市留辺蘂町(るべしべ)

  5. 上高地、大正池ホテルの夕食と朝食 | 2018.10.13-14

  6. 秘境、ニセコ五色温泉の2泊目の夕食|2泊3日のニセコの旅 2017.05.13-15

  7. 高層ビルの屋上に! 都会の中からこんにちは╿東京都 池袋 サンシャイン水族館

  8. つぶ貝刺しの後はつぶ貝の内臓スープ:旭川の田子兵衛│7月の道央2泊3日の旅

  9. おでん・料理演出家 新乃でトマトおでん | 福岡市中央区警固

  1. 【特集:西山口県】コバルトブルーの角島とホテル西長門リゾートを…

    2020.03.25

  2. 【厳冬の2月、道東2泊3日の旅】網走の流氷、カヌー釧路川源流下…

    2020.02.18

  3. 【特集】鯨料理専門店 福岡市のおおいし

    2019.06.30

  4. 【特集】トラディショナルイタリアンGUFO:福岡市

    2019.06.30

  5. 【特集】福岡市のイタリアン:キム翔

    2019.06.30

  6. 【韓国味噌鍋:博多】慶州鍋が名物のいずみ田祇園店 特集記事

    2019.06.22

  7. 【6月初旬】温泉のニセコ&ウニの積丹半島3泊4日

    2019.06.08

  8. 【ありそでない家族経営の居酒屋】福岡市の仙八

    2019.05.29

  9. 【昭和レトロ居酒屋】福岡市博多区のがったんごっとん

    2019.05.28

  10. 【イタリアン料理】感動の5000円フルコース|鹿児島県薩摩川内市の…

    2019.05.21

  1. 【特集記事】特色ある福岡市内の鮨屋からいきつけの4店舗をご紹介…

    2019.01.27

  2. 【秋田・青森のグルメと観光】北東北de仕事しながら | 4泊5日 20…

    2018.06.16

  3. 【道東・道央の旅】くったり胡とサホロリゾート、帯広市の六花亭本…

    2018.12.15

  4. 【特集:私の一番好きな鮨屋】山口県萩市の豊月

    2019.05.18

  5. 【銀シャリてる房 特集記事】居酒屋なれど料理が丁寧でコスパが高い…

    2019.01.26

  6. 【大分:久住遊覧】久住高原コテージの露天風呂から絶景の草原と阿…

    2019.05.15

  7. 【奈良県:小料理奈良】大皿料理は半製品。どんなものに仕上がるか…

    2019.05.18

  8. 【特集:二〇加屋長介 薬院本店】超おススメ!なんでも美味い博多の…

    2019.05.13

  9. 【特集:冬の道東】快晴!冬の摩周湖や丹頂鶴、釧路の回転ずしに驚…

    2016.01.15

  10. 【五三食堂 特集記事】ダシを上手に使う美しさと独創的な居酒屋|福…

    2018.12.20

  1. 【特集】奇想の画家ってなんですか?

    2019.02.17

  2. 【特集】三大阿弥陀堂と阿弥陀如来

    2019.01.27

  3. 【特集】大塚国際美術館で見る美術史

    2019.01.27

  4. 【特集】仏の世界の四階層╿如来・菩薩・明王・天

    2019.02.07