炭火焼の地鶏もも焼きには数種類の鶏品種を用意してありました | 宮崎市の丸万 支店

宮崎市の飲み屋街、橘通り。そこに宮崎名物のとりもも焼きの店があります。

有名な丸万。本店がありそこから徒歩1分以内に支店があります。

最初に立ち寄ったのは、もう26年位前かな。

早めに行かないと満席になります。

今回は18時ちょいすぎに入店したら一番乗りでしたが19時過ぎに店を出たときには満席になっていました。

中に入ると右手に厨房がありその前にカウンターが9席くらい。

その奥に小上がりがあります。

パノラマで撮影したので真直ぐなカウンターが曲がってしまいましたがこんなカウンターの雰囲気です。

大将の前に座りました。

TVでは日産のゴーン容疑者が中東の人物に30億を日産に支払わせ16億を自分に還元した疑いのニュースが・・

その前には地鶏のももが!この鶏ももを広げて包丁をいれてから焼いていきます。

俳優みたいな大将ですね(^^)

私は本店と支店と行ってみて「同じ鶏を使っていると思われるのに味が支店の方が美味い」と思っていて支店に行くのです。

違いがあるのですか?と聞いたら「鶏モモにかけているのは天然塩」だそうです。それが本店と違うそう。

表面にあって直接舌に触れるものだから好き嫌いが出てくるのでしょうね。

くどいようですが私はこの「支店」のお味が好きなんです。

焼酎のお湯割りを飲もうとしましたが・・

ん!と思いつき「25度の黒霧島あります?」って聞いたら「全部20度です」って( ゚Д゚)

やっぱり!

鹿児島県では25度なのですが宮崎は20度なんです。25度を飲みなれている私には20度の芋焼酎をお湯割りにすると薄い感じがするのです(;^_^A

生ビールにしました。最初に鶏スープが出てきます。

鶏ももって脂っこいので、付け合わせにサッパリした胡瓜が出てきます。

炭火で焼くと鶏ももは脂が多いので火があがります!

もも焼きは骨付きでお願いしました。

久しぶりにここに来て気がついたのは、肉が骨からすごくばらしやすいこと。

食べやすいです。なかなかここまで包丁を入れてあるもも焼きの店はないな。

最初から骨からばらして焼くのをお願いすることもできます。

メニューは「鶏もも焼き」しかないから「1本骨付で」で通じます・笑

炭火で焼くので黒くなるのが特徴。

脂が乗ってますよね。

赤身の部分も少しあります。

大きいので食べていくうちに冷えてしまったら「焼き直し」を大将にお願いしてください。

温かくして食べるのが美味しいですよ。

まあ、美味いこと。

生ビールを追加。この店はキリンですね。

もい1本注文です。

大将が「鶏は数種類用意してありますよ。味わいが違います」

なんと!知らなかった。

大将「次は今食べたのより甘い感じのものにしますね。少し焼きを弱くします」

それがこちら。

甘いというか脂分が最初に食べたものよりかなり多い。

大将「どちらがお好みですか?」

私「どちらも美味しいけど・・

最初に食べたものの方が表目がこちらよりカリッとしていて脂分が多すぎないので、好きかな」

とお答えしました。

とりもも炭火焼を2本、生ビールを2杯飲んで終了!

美味しかったデス。宮崎市に来たらまた来ようっと。

さて宮崎空港を20時40分発の飛行機で福岡へ戻る前に・・

口の中が脂っこいし、宮崎の友人は〆にいつも宮崎名物「釜揚げうどん」で〆てましたから店探そうかな。

☆丸万 支店
宮崎県宮崎市橘通西3-8-7
GoogleMapで開く
TEL:0985-25-5451
営業時間:17:30~25:00
定休日:月曜日

≫筆者:おのちん
≫来店日:2019.01.10

 

 

関連記事

  1. 2018年に新設された波打ち際に近い展望露天風呂 | 萩温泉、リゾートホテル美萩

  2. 博多辛そば、辛くて甘旨さ抜群のスープです♪ | 和酒屋サダカネ

  3. めかぶの塩焼き | 福岡市博多区の五三食堂 その6

  4. イワシ料理がおススメの和食屋でランチ|札幌市のとんでん

  5. 温泉に入った後、LOHAS寛で食事|大阪市:湯元「花乃井」スーパーホテル大阪天然温泉

  6. わらじのようにデカいカツ丼|福島県会津若松市の白孔雀食堂

  7. カプチーノのようにアワアワ,ふわふわのスープ | 福岡市、一双の豚骨ラーメン

  8. 一文字屋とかざり屋、あぶり餅を食べ比べ|京都市北区、今宮神社門前

  9. 稲佐の浜と砂に埋まって地続きになった弁天島|島根県出雲市

  1. 【特集】鯨料理専門店 福岡市のおおいし

    2019.06.30

  2. 【特集】トラディショナルイタリアンGUFO:福岡市

    2019.06.30

  3. 【特集】福岡市のイタリアン:キム翔

    2019.06.30

  4. 【韓国味噌鍋:博多】慶州鍋が名物のいずみ田祇園店 特集記事

    2019.06.22

  5. 【6月初旬】温泉のニセコ&ウニの積丹半島3泊4日

    2019.06.08

  6. 【ありそでない家族経営の居酒屋】福岡市の仙八

    2019.05.29

  7. 【昭和レトロ居酒屋】福岡市博多区のがったんごっとん

    2019.05.28

  8. 【イタリアン料理】感動の5000円フルコース|鹿児島県薩摩川内市の…

    2019.05.21

  9. 【1月の島根県松江】宍道湖七珍を楽しむも大雪で特急やくもで博多…

    2019.05.20

  10. 【島根県:松江市の料理屋】やまいちで宍道湖七珍を食え

    2019.05.18

  1. 【世界遺産の旅:知床】知床五湖、ホエールウォッチング、摩周湖、…

    2019.04.01

  2. 【新潟空港発着の信州3泊4日】上田、小諸、八ヶ岳、下諏訪、あづ…

    2019.04.18

  3. 【特集記事】JAL国内線ファーストクラス機内食  記事の一覧

    2019.02.12

  4. 【五三食堂 特集記事】ダシを上手に使う美しさと独創的な居酒屋|福…

    2018.12.20

  5. 【特集】花巻市、一関市周辺を楽しむ旅 | JAL いわて花巻空港を利用

    2019.04.10

  6. 【特集:私の一番好きな鮨屋】山口県萩市の豊月

    2019.05.18

  7. 【銀シャリてる房 特集記事】居酒屋なれど料理が丁寧でコスパが高い…

    2019.01.26

  8. 【世界一の大花火四尺玉】新潟県の片貝まつりを見に行く1泊2日 2…

    2019.01.27

  9. 【道東の旅】道東4日間のグルメと遊びのコース|北海道 2018.07.20…

    2019.01.23

  10. 【特集記事】特色ある福岡市内の鮨屋からいきつけの4店舗をご紹介…

    2019.01.27

  1. 【特集】三大阿弥陀堂と阿弥陀如来

    2019.01.27

  2. 【特集】大塚国際美術館で見る美術史

    2019.01.27

  3. 【特集】奇想の画家ってなんですか?

    2019.02.17

  4. 【特集】仏の世界の四階層╿如来・菩薩・明王・天

    2019.02.07