信じられない鮮度!殻付き雲丹を鮨屋で食う|宮城県塩釜市の丸長寿司 

2016年5月20日土曜日、夕方の便で福岡空港から仙台空港直行便に乗り込みました。

東北の湾岸の復興の様子をこの目で見たいと思ったのと東北にお金を少しだけ落とすのが目的です。

仙台空港にやや遅れて21時に到着しました。

トヨタレンタカーは20時までの営業ですが飛行機の到着時間に合わせて待ってくれるそうです。

美しい仙台空港。ここが海水に浸かったんだもんなあ・・

宮城県の塩竈市のホテルに到着。

仙台空港から高速道路をバンバン走ってきたので飛行機到着から1時間もかからず到着しました。

宮城県、岩手県沿岸を走るのにできるだけ近いところに泊まってみようかと思ったのです。

塩竈市は人口5万人余りです。仙台市という県庁所在地を外れた、これくらいの街って静かで大好きです♪

夜の10時。本塩釜駅の裏手です。とりあえず街をぶらぶらして食事処を探します。

飲食店が極端に少なくスナックやラウンジがとても多い不思議な街です。

「ねこパンチ」に寄りたいのだがヨメと一緒なので・・

本塩釜駅までやってきました。

人っ気がないです。

駅構内に入ってみました。

塩釜って牡蠣とかの産地なのは知ってたけど「本マグロ」の漁港でもあるんですね。

有名な塩竈神社が近くにあります。

塩竈神社は全国に子分の神社があるそうです。

この昭和の雰囲気はたまらんなあ。

丸長寿司さんが良い感じと思って入店です。

パノラマ撮影したら切れてしまった💦

本塩釜駅の裏手にある丸長寿司のカウンターの真ん中に座りました。

夜も10時過ぎです。店内には誰もいないです。

サッポロ生ビールを頂きながら、つきだしの魚を頂きます。

蛍烏賊の沖漬けがオススメですよと若大将がおっしゃいました。

わたしゃ蛍烏賊は食傷気味だから気にせずコレを注文。

ヤリイカの沖漬け。この生っぽい感じ、最高ですわ♪

冷酒を見ると宮城県の酒がずらり♪ そうか塩竈市は浦霞の街だった!!

ちゅうことで浦霞を飲みながら槍烏賊の沖漬けをつまむ私!

塩竈駅で見たように塩竈は本マグロの街なんですねぇ。

「塩竈まぐろづくし」なんてメニューがありましたよ。

「塩竈まぐろづくし」もちろん頂きましたわ。

向こうから本鮪。カジキ鮪やメバチ鮪です。

地元のアテも充実していました。

大将と話してたら震災の時は170センチの高さまで使ったとのこと。

いろんな国の手助けがあった話を教えてくれました。ありがたいですねm(_ _)m

台湾からの援助も有り難かった、うちでも7万円頂いたよとのこと。

デカイ「がぜうに」

かぜうにとは普通、馬糞雲丹のことと思うのだけど、ここらでは、ムラサキウニのコトらしい。

大将が「まずは何もつけないで食べてくれ」って。言われたとおり食べてみると「ああっ、海の香りがする。美味いっ。」

殻付きで出てくる生うにって珍しいです。ホントの生うにですね。

たまらず完食。

表面の焼き具合を見たら鳥ももかと思いましたわ。

これ高級魚の吉次・・つまりキンキ。昨今はのどぐろが多くてなかなかキンキを食べれないのですが宮城県ではキンキありますよね。

やっぱ、キンキは脂のノリがハンパない!

「最近、ノドグロが幅を効かせてますよね」って話を振ったら、「あれは日本海だからね」とのたまう大将。

キンキは太平洋側なんでしょうね。なんか誇りを感じます。コシヒカリが幅を利かしても仙台ではササニシキを長らく作っていたのと同じように。

デカイキンキの美味いとこだけをブリっと出してくれました。1700円です。

スッゴい美味かった。良い話も聞けた。ありがとうm(_ _)m

☞気仙沼の道の駅で穴子丼|魂の穴子丼|気仙沼市の海の市カネト水産にて 

☆丸長寿司
〒985-0021 宮城県塩竈市尾島町11−16
GoogleMapで開く
TEL:022-362-3637
営業時間:お昼11:00~14:00、夜16:00~24:00「日祝は11:00~22:00」
定休日:火曜日
公式ホームページ 塩釜寿司業組合(丸長寿司)

≫筆者:おのちん
≫来店日:2016年05月20日金曜日

関連記事

  1. 《日本の鉄道》お伊勢参りにうってつけ! 近鉄の観光列車「しまかぜ」

  2. 紀伊田辺でうつぼ料理╿和歌山県 田辺市の「からかさ」

  3. 芽吹きピーナッツって食べたことありますか?|コスパの高い居酒屋 、福岡市の銀シャリてる房-J

  4. 五色に変わる温泉はコスパ最高!夏も冬も心地よし|北海道、ニセコ五色温泉旅館in12月

  5. 丸1日楽しめる世界の絵画╿徳島県 鳴門市の大塚国際美術館

  6. 舐めたらあかん飛騨牛5等級ステーキ|岐阜県飛騨高山市の八角亭

  7. 中部国際空港から上高地の大正池ホテルへ | 2018.10.13

  8. 和歌山 白浜町のアドベンチャーワールド その③ 客車で行くサファリワールド

  9. えんどう豆の串揚(お豆のコロッケ)│焼とりの八兵衛【福岡市】

  1. 【特集】鯨料理専門店 福岡市のおおいし

    2019.06.30

  2. 【特集】トラディショナルイタリアンGUFO:福岡市

    2019.06.30

  3. 【特集】福岡市のイタリアン:キム翔

    2019.06.30

  4. 【韓国味噌鍋:博多】慶州鍋が名物のいずみ田祇園店 特集記事

    2019.06.22

  5. 【6月初旬】温泉のニセコ&ウニの積丹半島3泊4日

    2019.06.08

  6. 【ありそでない家族経営の居酒屋】福岡市の仙八

    2019.05.29

  7. 【昭和レトロ居酒屋】福岡市博多区のがったんごっとん

    2019.05.28

  8. 【イタリアン料理】感動の5000円フルコース|鹿児島県薩摩川内市の…

    2019.05.21

  9. 【1月の島根県松江】宍道湖七珍を楽しむも大雪で特急やくもで博多…

    2019.05.20

  10. 【島根県:松江市の料理屋】やまいちで宍道湖七珍を食え

    2019.05.18

  1. 【特集:二〇加屋長介 薬院本店】超おススメ!なんでも美味い博多の…

    2019.05.13

  2. 【大分:久住遊覧】久住高原コテージの露天風呂から絶景の草原と阿…

    2019.05.15

  3. 【6月初旬】温泉のニセコ&ウニの積丹半島3泊4日

    2019.06.08

  4. 【特集:岩手県の遠野市を楽しむ旅】仙台空港から沿岸を北上しまし…

    2019.04.06

  5. 【熊野は世界遺産だらけ】それにしても遠かった

    2019.04.28

  6. 【昭和レトロ居酒屋】福岡市博多区のがったんごっとん

    2019.05.28

  7. 【特集】紅葉の京都を1泊2日で楽しむ旅|清水寺、今宮神社、船岡温…

    2019.05.17

  8. 【世界遺産の旅:知床】知床五湖、ホエールウォッチング、摩周湖、…

    2019.04.01

  9. 【特集記事】ANA国内線プレミアムクラス機内食  記事の一覧

    2019.01.23

  10. 【食と酒 なかむた-特集記事】都会の古民家で上質な和食|福岡市中…

    2019.01.27

  1. 【特集】三大阿弥陀堂と阿弥陀如来

    2019.01.27

  2. 【特集】仏の世界の四階層╿如来・菩薩・明王・天

    2019.02.07

  3. 【特集】大塚国際美術館で見る美術史

    2019.01.27

  4. 【特集】奇想の画家ってなんですか?

    2019.02.17