【 5月の北海道 】200年になるという八雲町の山中にある見市温泉旅館 / 食事編 │ 3泊4日函館の旅 その30

あわびのフルコース

お食事処は窓際でした。

今回2名で宿泊しました。そして一番お高い「あわびのフルコース」をお願いしました。2名で税込み34,600円です。

お食事処は、まだ新しい感じです。外を流れる見市川を広い窓から眺めて食べれるので気持ちよいですよ。

夕食は18時からと決まっていて部屋に連絡が来ます。18時をやや過ぎて電話がなりました。

おおっ!新鮮なアワビが2つも刺身にしてあるじゃありませんか。胸が高鳴りますねぇ。ちなみに八雲町(旧熊石)で養殖しているアワビだそうです。

ちょっとすごいですわ。口に入れると固すぎずコリコリしてとても食べやすいっ、これこれ、こういうのを食べたかったんです。

ちなみに北海道は蝦夷あわびと言ってサイズが小さいです。しかし北海道の昆布を餌にしているせいか本当に美味いんです。

生ビールを飲みながら夢中でアワビの刺身を食べる私。

肝は普段食べないのですが連れが「全然苦みないよ」というので黒いやつを口に入れてみました。「ほんとだ!」苦みとかなくうま味しかありませんわ。

そして、見ちゃいられない「あわびの踊り焼き」。食べるくせに可哀そうになっちゃいます。

ほらあ、大暴れするじゃないの。さっ違うので飲もっと。

鮑の踊り焼きじゃ

こちらは鮑を鍋に入れてあります。

そして最後は鮑の釜めしです。鮑の踊り焼きも釜めしも鍋も女将が一度に火をつけていっちゃいました。鍋はあとから自分でつけたかったなあ。

それと鮑以外はイカ刺しがありました。

生ビール飲みながらたくさんの蝦夷あわびを頂く。しあわせです。外の景色もいいし。

アスパラとズワイガニと行者にんにくの天ぷらがやってきました。前日で函館の大門横丁で冷えたアスパラ茹でを食べたのを思い出してニヤニヤしてしまいました。

女将が「シェフからのサービスでえす」と持って来てくれたのが八雲豚焼きです。それに行者にんにくの醤油漬けを添えてあります。

行者ニンニクをくるりと巻いて食べてくださいとの御指南通り頂きましたが、かなり美味いわコレ。

お酒のメニューは少なくて潔し。

鬼ごろしの冷酒500円なりを頂きましたが、これが結構いけるのよ、おかわりしてしまいました。

そうこうしているうちにアワビのステーキがやってきました。これねぇ、美味いのなんのよ。なんでこんなに柔らかくて美味いのだろ。

アワビに焦げ目がついた側もたまらんですし

反対側も美味そうです。このアワビを一気に口の中に放り込みました。ほんと美味すぎました。

そして肝もバター焼きになっています。素晴らしお味でしたあ。

んで鍋はやっぱりというか火が消えて時間が経過していたので、女将にお願いしてもう一つ燃料を追加してさらに過熱しました。

鍋にした蝦夷アワビも絶品です。蝦夷あわびって、どういう料理でもすごく美味いですねぇ。

 

ほかほかの蝦夷アワビの釜めし。

そして最後の釜めしは当然完成しています。

おこげも入って本当に美味い蝦夷アワビ釜めしでした。

ちなみに他にはレモンサワーやこんなメニューがあります。

見市温泉旅館の朝食

さて翌朝、曇りや雨の予報なのに晴れ間がのぞいています。なにやら天気予報が全然あたらないこの地方です。

さて、翌日の朝食です。ほどよい感じですが前日に食べたあわびのフルコースが胃に残っている感じでお腹が空いていません。

まずは卵焼き。シンプルに美味い。

イカの生じゃないですか、醤油漬けみたいな感じで面白いお味です。

ホッケの切り身です。このホッケですが分厚いんですよ。

九州で食べるホッケって薄っすいのばかりだから、驚きの厚みと感じます。もちろん美味いです。

茄子の煮浸し。

昆布の味噌汁でした。

 

☆見市温泉旅館
〒043-0401 北海道二海郡八雲町熊石大谷町13
GoogleMapで開く
TEL:0139822002

見市温泉旅館 公式ホームページ

≫筆者:おのちん
≫来店日:2021.05.10-11

 

関連記事

  1. 【 愛媛 】松山鍋焼きうどん|愛媛県松山市総合コミュニティセンター内

  2. 【 鹿児島 】 マングローブ原生林を一人乗りカヌーで走る │ 2泊3日奄美大島の旅

  3. 【 鹿児島 】感激!ピエモンテ産サマートリュフのタリアテッレ|鹿児島県薩摩川内市のカリストロ

  4. 【 新潟 】道の駅、関川に立ち寄り新潟空港へ

  5. 【 徳島 】美しい海を望むウミガメの博物館╿日和佐うみがめ博物館カレッタ

  6. 【 鹿児島 】コバルトブルーの素晴らしき大浜海浜公園 │ 2泊3日奄美大島の旅

  7. 【 東京 】超厚切りのパン|浅草の珈琲屋ハローのモーニングセット

  8. 【 鹿児島 】JAL3684便、奄美空港発 福岡空港着 │ 2泊3日奄美大島の旅

  9. 【福岡市】油山 片江展望台、引き立てコーヒーを飲みながら福岡市を一望│移動販売車50年

  1. 【 島旅 神集島 】 佐賀県唐津市の神集島はフェリーで8分で到着し…

    2021.07.25

  2. 【 島旅 唐津市高島 】 宝当神社がある高島までフェリーで10分

    2021.07.06

  3. 【5月の北海道】3泊4日 函館を中心としたみどころいっぱいの道…

    2021.05.16

  4. 【 高級居酒屋 】 福岡市の田中田は一流の食材を美しく食べさせてく…

    2021.04.28

  5. 【 鹿児島奄美特集 】 さすが元沖縄です。奄美は人は少なく美しい海…

    2021.04.20

  6. 【特集:冬の十勝4日間】快晴と大雪、帯広、然別湖、旭岳、美瑛を…

    2021.03.18

  7. 【特集】 和食系、味、香り、彩り、器も最高 │ 赤坂あきちゃん

    2020.12.31

  8. 【 特集 : ニセコの温泉 】温泉付ペンションアダージョとヒルトン…

    2020.12.31

  9. 【特集:男池】大分、紅葉の宝泉寺温泉に泊まる1泊2日

    2020.12.31

  10. 【特集】鳥取砂丘とラベンダー色のらっきょうの花、そして城崎温泉…

    2020.12.14

  1. 【秋田・青森のグルメと観光】北東北de仕事しながら | 4泊5日 20…

    2018.06.16

  2. 【特集:私の一番好きな鮨屋】山口県萩市の豊月

    2019.05.18

  3. 【食と酒 なかむた-特集記事】都会の古民家で上質な和食|福岡市中…

    2019.01.27

  4. 【特集:9月の富山】台風の中、紅葉の立山2泊3日の旅

    2020.10.03

  5. 【低糖質・低カロリー・野菜ソムリエ】Agro(アグロと読みます)福…

    2019.02.27

  6. 【紅葉の旅 】 白馬・小谷・栂池・乗鞍高原3泊4日の旅 2017.10.1…

    2017.10.13

  7. 【長崎市内観光とグルメ】おでん専門店「桃若」へ|1泊2日:2019.…

    2019.01.23

  8. 【特集:西山口県】コバルトブルーの角島とホテル西長門リゾートを…

    2020.03.25

  9. 【特集記事】ANA国内線プレミアムクラス機内食  記事の一覧

    2019.01.23

  10. 【五三食堂 特集記事】ダシを上手に使う美しさと独創的な居酒屋|福…

    2018.12.20

  1. 【特集】仏の世界の四階層╿如来・菩薩・明王・天

    2019.02.07

  2. 【特集】奇想の画家ってなんですか?

    2019.02.17