雪のみくりが池と地獄谷散策|富山県立山室堂4月20日

2019年4月20日、快晴。

大観峰で後立山連峰からあがるご来光を拝んだあと部屋に戻るり外を眺めていると立山連峰からのご来光を待っている人たちがいるのが見えました。

そこで朝食前の散歩に出かけることにしました。朝食は6時45分からバイキングです。

まずはホテル立山の展望台から富山市内を眺めてみました。雲海が見えますね。

こちらもホテル立山からの眺めです。前日の霧は晴れて素晴らしい雲一つない快晴となりました。

ホテル立山の屋上展望台から雪の道をみくりが池方面に向かって歩き始めました。

雷鳥のような雪だるまがあります。こんなに晴れていたら雷鳥も警戒して見れないかもしれません。

立山室堂はまだ夜明け前です。

室堂山荘と言えば1700年代に建てられた日本で一番古い山荘だということで今は記念館になっているそうです。そのため、その隣に立山室堂山荘は建てられたそうです。

みくりが池山荘や立山室堂山荘、雷鳥荘など泊まってみたい山荘が目白押しです。

おおっ本日2度目のご来光です。

立山の山々が朝日に輝いて美しいです。

山の向こうには雲海の下に下界が見えています。

みくりが池まではホテル立山から10分くらい歩くと到着します。雪山に黄色いレインウェアが映えています。

息子さんと一緒に来たというお母さまでした。

早朝なのでホテル宿泊者だけしかいないので人が少なくて快適です。

快晴だし無風だし本当にすばらしい景色を見れて感激です。

向こうには富山市街が見えます。

太陽がどんどん上がってきました。

雪が硬いのでとても歩きやすいです。アイゼンを履いている人もいましたが通常の山靴でも全然問題ありません。

とにかく空気が澄んで気持ちよいです。でも2500メートルの標高なので空気が薄いので早く歩くと息が切れやすいです。

地獄谷が見えてきました。紺碧の青空と雪景色と湯気のあがる地獄谷。コントラストが素晴らしいです。

振り返ると「みくりが池」です。こちらは凍っています。池の上は歩けるような気がしますが、ロープが張ってあります。

完全に太陽が上がりました。

みくりが池温泉の前では沢山の人が写真を撮っています。まさか雷鳥が!と思ったのですが山の景色を撮ってました。

雷鳥って2400メートル以上の高地に生息しているそうです。また日本には3000羽生息していて立山には300羽がいるそうです。

皆さんに並んで地獄谷の景色を動画に収めました。

さて「みくりが池温泉」。日本で一番の高い標高にある温泉です。内湯しかありませんが立ち寄り湯もできますし、ぜんざいや甘酒なども販売されていました。

日本最高標位 雲表の温泉 みくりが池温泉

立山連峰の主峰「雄山」です。2時間くらいで登頂できるらしいので一度チャレンジしてみたいです。

富山のほとんどの小学生はここに遠足で登るそうです。立山は富士山、白山と並んで日本三大霊山と呼ばれています。

昔は女人禁制だったそうです。また立山に登頂すると晴れた日は富士山が見えるそうですよ。

雄山とホテル立山。

「みくりが池温泉」の裏手に上がってきました。雷鳥荘はホテル立山から40分くらい歩いたところにあります。秋に泊まろうと思います。

こちらは、地獄谷の気象観測小屋のようです。

雪の上を歩いているのにサクサクあるけます。

完全に太陽があがり山々が美しく輝き始めました。

エンマ台(地獄谷展望台)。下を覗くと地獄谷も見えますが現在散策路は歩行禁止になっていました。

 

地獄谷展望台からの眺めも素晴らしいです。

ちょっと写真を撮りまくってしまいました。iphone8でもこれくらいの写真が撮れるので次回はカメラをもってこようと思います。

雷鳥荘が見えます。

9月の後半から10月初めが紅葉の時期らしいので9月後半の予約のメールをしみたら「今のところ満室は9月28日」のみだそうです。

すでに灯りがついて営業されていますね。

その先の山荘は雪に埋もれているのでまだ営業してないのかな。

雪と青空のコントラスト。

風によるものと思われる雪渓のライン。良くみたらあちこちにスキーで滑ったあとがあります。

撮影を頑張っていますね。

3人かなスキーヤーが滑ったあとがあります。

夏や秋にはまったく違った風景を見れるでしょうね。

エンマ台あたりはこんなに雪が硬いです。

みくりが池温泉経由でホテル立山に戻ります。

朝7時前になる朝食にはちょうど良い時間になってきました。

雄山がちらりと見えるので登りたくなるのでしょうか・・

雲一つなく澄み切った空は素晴らしいです。

ホテル立山からみくりが池、地獄谷は気楽な散策コースです。晴れた日にはおススメです。

結局、雷鳥は見ることはできませんでしたがとても満足しました。

 

ホテル立山の近くまで来て雄山の方を見るとスキーヤーが滑って降りてきました。その動画です。

室堂から美女平経由で立山駅へ.称名滝のあたりには猿|ホテル立山のお風呂と部屋

 

☆ホテル立山
〒930-1406 富山県中新川郡立山町芦峅寺
GoogleMapで開く
公式ホームページ ホテル立山

≫筆者:おのちん
≫来店日:2019年04月20日

関連記事

  1. 異様に甘いトマトやレンコンで冷製ジュレ| 福岡市、食と酒 なかむた その6

  2. 【福岡市】外側カリカリ、中はふんわりのたこ焼き│蛸屋

  3. アボカドチーズオムレツ│福岡市博多区の野菜ソムリエの店、アグロ

  4. すばらしい鮮度の刺し身と鮨 | 山口県萩市の寿司屋、豊月

  5. 感激!ピエモンテ産サマートリュフのタリアテッレ|鹿児島県薩摩川内市のカリストロ

  6. とろろ蕎麦で〆ました│福岡市の蕎麦居酒屋【さいさきや】

  7. 火山噴火チキンカツ|国立科学博物館は入場料600円

  8. 長崎天然真鯛とチコリの蒸し煮、スプマンテソースのグラティナティ│福岡市高砂のイタリアンGUFO

  9. 高橋牧場のチーズ工場内にあるピザ屋「マンドリアーノ」|2泊3日ニセコ五色温泉の旅 2016.12.17-19

  1. 【特集】彩りと器の組合せが抜群!大人の隠れ家:福岡市のtakanabe(…

    2020.09.15

  2. 【特集:8月】毎日バフンウニを食べた 稚内・利尻・礼文の旅 5泊6日

    2020.09.07

  3. 【特集:8月の上高地と乗鞍岳】無人の河童橋、爆流の善五郎の滝、朝…

    2020.08.11

  4. 【特集:西山口県】コバルトブルーの角島とホテル西長門リゾートを…

    2020.03.25

  5. 【厳冬の2月、道東2泊3日の旅】網走の流氷、カヌー釧路川源流下…

    2020.02.18

  6. 【特集】鯨料理専門店 福岡市のおおいし

    2019.06.30

  7. 【特集】トラディショナルイタリアンGUFO:福岡市

    2019.06.30

  8. 【特集】福岡市のイタリアン:キム翔

    2019.06.30

  9. 【韓国味噌鍋:博多】慶州鍋が名物のいずみ田祇園店 特集記事

    2019.06.22

  10. 【6月初旬】温泉のニセコ&ウニの積丹半島3泊4日

    2019.06.08

  1. 【特集:岩手県の遠野市を楽しむ旅】仙台空港から沿岸を北上しまし…

    2016.05.21

  2. 【長崎市内観光とグルメ】おでん専門店「桃若」へ|1泊2日:2019.…

    2019.01.23

  3. 【低糖質・低カロリー・野菜ソムリエ】Agro(アグロと読みます)福…

    2019.02.27

  4. 【特集:9月の道央2泊3日】日本一早い紅葉を見に大雪山系旭岳へGO

    2015.09.05

  5. 【特集:8月の上高地と乗鞍岳】無人の河童橋、爆流の善五郎の滝、朝…

    2020.08.11

  6. 【奈良の山手をめぐる旅】吉野、十津川村、飛鳥寺、伊賀上野城まで

    2016.04.09

  7. 【特集】紅葉の京都を1泊2日で楽しむ旅|清水寺、今宮神社、船岡温…

    2016.11.26

  8. 【奈良県:小料理奈良】大皿料理は半製品。どんなものに仕上がるか…

    2019.05.18

  9. 【仙台:国分町の地雷也】キンキに拘った炭火焼きのお店

    2019.05.18

  10. 【特集】花巻市、一関市周辺を楽しむ旅 | JAL いわて花巻空港を利用

    2017.03.25

  1. 【特集】奇想の画家ってなんですか?

    2019.02.17

  2. 【特集】仏の世界の四階層╿如来・菩薩・明王・天

    2019.02.07

  3. 【特集】大塚国際美術館で見る美術史

    2019.01.27

  4. 【特集】三大阿弥陀堂と阿弥陀如来

    2019.01.27