【利尻島】自家製ミルピスはカルピスを薄めたようなお味だった│【8月】稚内・利尻・礼文の旅 5泊6日 その38

【旅の5日目】

見返台園地をあとにしてネットで探したのは「ミルピス商店」です。なんでも利尻島の個人店がやっているオリジナルのミルピスなるものを飲んでみたいと思ったのでした。その住所は沓形になっていました。

途中で北海道電力の発電所がありました。

利尻島には北海道電力の発電所が2つあるようです。

利尻山がだいぶその様子を表してきました。このまま快晴になって山頂が見えないかな。

ところでその「ミルピス商店」。ネットで探した住所にはなく・・道道を走ったら看板あるだろうと鴛泊に向けて走っていきました。

おおっ、右側にあるじゃないですか。予想はあたりましたわ。この立派な建物はミルピス御殿かな。

休憩所とも書いてあります。もちろん「ミルピス」とでかく手書きで書いてありますが、利尻昆布、山ぶどう、ノグミ、アロエ、ハマナス、行者にんにくなんてのも書いてあります。

車を敷地内に進めました。けっこう古びた建物があります。酪農とかやっているのだろうか・・

その建物の一部に「営業中」の手書きの張り紙がありました。

「ミルピスあります。飲む前に箱の中に代金お入れてからお飲みください。よろしくお願いします」と書いてあります。まさか無人なのか!!

中に入るとまさかの無人です。奥に縦型の冷蔵庫がありその中にミルピスが入っていました。

最果て、自家製の文字。利尻手作り入院料、ミルピス。これかあ。

ミルピスは「無脂乳固形分20.2%、乳脂肪分0.9%」

牛乳、砂糖、乳酸、クエン酸、香料で作られています。賞味期限は・・書いてありませえん・笑

住所は利尻町沓形字新湊153です。

ひとつ350円もするのですが、3つ飲むので1050円ですが、あれ細かいお金がないっ。

ああっ、息子はすでに飲んでいる~。こんなやつがいるから「飲む前に箱の中にお金を入れて・・」と書いてあるんかあ。

おつりも自分で箱から取れと書いてありますが1万円札しかなくうろうろ、小銭入れから集めてなんとか払えました。

お味ですか? カルピスをすごく薄めたような味です。私でも作れるような感じの。

瓶代金は60円なんですね。

「飲む前によ~くふってお飲みください」と書いてあるように、かなり白いものが瓶の下に沈殿しています。冷蔵庫の中の下にあるのはみんなが取らないせいか、下に沈殿している以外は透明っぽくなってきています。みなさん「よ~~く」降って飲んでくださいね。

いろんな人が最果ての乳飲料を飲みに訪れていますねぇ。

ふと見ると冷蔵庫に「ゆでたまご有ります」の文字。2個100円ということになっています。

文字を読むと、賞味期限は8月24日じゃないのかな。今日は8月29日だが・・

隣に表札がかかっているので住まわれているのかな。

庭にはきれいな花が咲いていて癒されます。

道道に出て鴛泊側から来たときの看板はどうなっているか確認してみました。沓形の街から来たときに見える看板と同じですね。

営業時間は7時から19時です。ちゅうても無人ですから7時と19時に扉の開け閉めに来るということでしょうね。

「さいはて 自家製 」「美容と健康に」ミルピス の旗がお客様を誘っています。

そうこうしているうちに利尻富士が相当かっこよくなってきました。全部姿を見せろ利尻山っ!

風が強いので雲の流れがすごいです。

≫この旅の次の記事:【利尻島】利尻富士の眺望がすばらしい利尻空港を見学│【8月】稚内・利尻・礼文の旅 5泊6日 その39

 

☆ミルピス商店
〒097-0401 北海道利尻郡利尻町沓形新湊153
googleMapで開く
TEL:0163842227
営業時間:07:00~19:00

≫筆者:おのちん
≫来店日:2020.08.29

関連記事

  1. 【青森】鮟鱇とも和え、めぬけのきりこみ、郷土料理満載:居酒屋すみれ組│【12月】冬の青森2泊3日の旅 その1

  2. 玉の輿のお守りを買った後は1000年以上続く日本最古の飲食店であぶり餅|京都市の今宮神社

  3. 新潟のソウルフード、みかづきのイタリアン | 新潟県新潟市

  4. 【福岡市】香りの魔術師ですわ。どの料理も隙がない和食コースです。│赤坂あきちゃん

  5. 小樽の鮨処旬でぶどう海老を食う│5月ニセコ・小樽・積丹半島2泊3日の旅

  6. 時間を気にしたらいけません。湯村温泉で貸し切り朝風呂。築145年の湯乃上館に泊まる|島根県雲南市 その2

  7. 魂の穴子丼|宮城県気仙沼市、海の市カネト水産にて 

  8. 【山口】でかい河豚の像がある亀山八幡宮は由緒ある神社だった│下関市

  9. ちんこ団子って知ってますか? | 鹿児島県、薩摩川内市のおにつか

  1. 【特集】彩りと器の組合せが抜群!大人の隠れ家:福岡市のtakanabe(…

    2020.09.15

  2. 【特集:8月】毎日バフンウニを食べた 稚内・利尻・礼文の旅 5泊6日

    2020.09.07

  3. 【特集:8月の上高地と乗鞍岳】無人の河童橋、爆流の善五郎の滝、朝…

    2020.08.11

  4. 【特集:西山口県】コバルトブルーの角島とホテル西長門リゾートを…

    2020.03.25

  5. 【厳冬の2月、道東2泊3日の旅】網走の流氷、カヌー釧路川源流下…

    2020.02.18

  6. 【特集】鯨料理専門店 福岡市のおおいし

    2019.06.30

  7. 【特集】トラディショナルイタリアンGUFO:福岡市

    2019.06.30

  8. 【特集】福岡市のイタリアン:キム翔

    2019.06.30

  9. 【韓国味噌鍋:博多】慶州鍋が名物のいずみ田祇園店 特集記事

    2019.06.22

  10. 【6月初旬】温泉のニセコ&ウニの積丹半島3泊4日

    2019.06.08

  1. 【五三食堂 特集記事】ダシを上手に使う美しさと独創的な居酒屋|福…

    2018.12.20

  2. 【特集記事】特色ある福岡市内の鮨屋からいきつけの4店舗をご紹介…

    2019.01.27

  3. 【大分:久住遊覧】久住高原コテージの露天風呂から絶景の草原と阿…

    2019.05.15

  4. 【特集:7月の道央3日間】旭山動物園、美瑛のパッチ良野ラベンダー…

    2015.07.04

  5. 【銀シャリてる房 特集記事】居酒屋なれど料理が丁寧でコスパが高い…

    2019.01.26

  6. 【ありそでない家族経営の居酒屋】福岡市の仙八

    2019.05.29

  7. 【特集記事】ANA国内線プレミアムクラス機内食  記事の一覧

    2019.01.23

  8. 【特集:二〇加屋長介 薬院本店】超おススメ!なんでも美味い博多の…

    2019.05.13

  9. 【奈良の山手をめぐる旅】吉野、十津川村、飛鳥寺、伊賀上野城まで

    2016.04.09

  10. 【島根県:松江市の料理屋】やまいちで宍道湖七珍を食え

    2019.05.18

  1. 【特集】三大阿弥陀堂と阿弥陀如来

    2019.01.27

  2. 【特集】奇想の画家ってなんですか?

    2019.02.17

  3. 【特集】大塚国際美術館で見る美術史

    2019.01.27

  4. 【特集】仏の世界の四階層╿如来・菩薩・明王・天

    2019.02.07