根室市民のソウルフード、エスカロップ食う:ニューモンブラン│9月の道東4泊5日の旅

霧多布岬から茶内の酪農展望台へ

霧多布のペンション「樺のん」を出発して霧多布岬に向かいました。

きりたっぷ岬。本当はひらがななのかな。霧多布岬に到着したのは良いけれど、小蝿の大群がいましたので早々に退散しました。

霧多布岬の近くから根室市にかけて昆布を家族総出で地面に並べる様子が見られます。大家族が多くて子供も手伝っている場合が多いです。

こんなやって干すんかって思いました。昆布に小砂がひっついてるのを理解しましたよ。とても重そうに長い昆布を引っ張っています。

霧多布湿原には霧多布湿原センターがあります。

茶内にやってきました。ここの酪農展望台から広大な牧場を望めます。

ここの展望台も最上部には小ハエがいっぱいいました、かなわんなあ。

さて根室に向けて移動です。

道の駅風連湖で情報収集

さあ根室にやってきました。日本最東端に道の駅に到着です。昨日と今日、蟹祭りやってるだべ。

根室十景 白鳥の風連湖です。

道の駅はこの美しい風連湖に面していて白鳥がたくさん飛来するそうです。

道の駅内からも風連湖を見ることができます。

道の駅には花咲がにが沢山売っていました。3尾で5000円なんですね。やっぱ毛蟹などに比べたら安いですね。

おおっ!根室のソウルフード「エスカロップ」の食べれる店地図があるじゃないの。嬉しいなあこういう情報板は。

根室のソウルフード「エスカロップ」は食べれる店が15店ほどありますね。メモメモ。

この後、根室駅を目指して走り始めたのですが、なんと温根沼橋のたもとに、キタキツネがヒョコヒョコ出てきました。街中なのに!この後、野付半島に行くまて、3回もキタキツネに遭遇しました。道東はキタキツネとの遭遇率が高いです。

根室駅

根室でびっくりしたのはロシア語表記のこう通標識があることです。釧路駅前の交番なんぞもロシア表記がありましたが、もっと場所が近いからかな。北方領土もあるし。

根室駅前には、こんなものが建ってる。「返せ!北方領土」。ロシア人が見てわかるようにこれにもロシア語表記がいるよね。

根室駅にやってきました。根室駅は山小屋みたいな小さな駅でした。根室駅の中に入るとお客様はほとんど観光客みたいな人が多かったです。

実は、ひとつ手間の駅が日本最東端の駅だそうです。根室駅は有人の日本最東端の駅だそうで言い方でいろいろありますね。

9月20日には「根室さんま祭り」やるんや。早い秋ですね。

ここにもロシア語表記があります。

歯舞

根室半島を根室市から納沙布岬に行く途中、歯舞という場所があります。ここは思い出の地なんです。就職し、仙台赴任して2年後、会社の拠点がなかった北海道の新規開拓と市場調査を命じられたのです。

その時に来た根室、歯舞の文字と風景を見ながら「うわあ、出身地の鹿児島から一番遠いとこまで来たなあ」と思ったのです。北方領路の歯舞と同じ地名の場所が根室市の中に見つけたので・・

荷台にたくさんの昆布を積んだトラックが漁港から出てきて交差点を曲がったところで昆布を落としていきました。歯舞漁港周辺には今朝、収穫したであろう昆布があちこちに落ちています。

歯舞漁港です。

クレーンで揚げてるのは昆布かな?

ニューモンブランでエスカロップとオリエンタルライスを食う

さあ、北方領土返還運動という任務を終えたら腹減ってきました・笑。根室半島の南側から納沙布岬に来たので北側のルートで根室市内にもどります。

街中では、根室かに祭りの真っ最中です。なんと蟹の早食い競争をやっていました。さすが根室やね。ちょい立ち寄りしてすぐにランチに向かいます。

根室駅前の「ニュー モンブラン」

根室のソウルフード「エスカロップ」はモンブランが始めたというのを見かけたもので、んじゃその発祥の店に行くしかあるまいということで入店です。とはいえこのお店は「ニュー」がついています。

シックな店内です。中は、観光客ばっかりです。「この店がエスカロップを始めたんだよねぇ」なんてスタッフのおばちゃんに客が聞いてますわ。

嫁さんは迷わずエスカロップを注文しました。バターライスの上に、薄切りとんかつが乗ってます。チャーハンじゃなくてバターライスちゅうとこがエスカロップのエスカロップたるゆえんですなあ。

とんかつの上にはドミグラスソースです。デミグラスではないですよドミグラスです。

とんかつを見たらそんなに薄切りじゃあないですね。バターライスは薄味です。

塩胡椒だけで味付けしているみたいなスープです。

私ゃ「オリエンタルライス」にしました。本当はトマトソースのエスカロップを食べよかなと思ったのですが、ニューモンブランでは白のエスカロップしかないらしいのでコレにしてみました。

オリエンタルライスはカレー焼き飯の上にさがり肉を乗っけたものでした。さがり肉は柔らかくて美味いです。

こちらもご飯の味付けはうすくカレー味がほんのりする程度です。

 

≫野付半島へ:野付半島ネイチャーセンター周りにはエゾシカがぞろぞろ│9月の道東4泊5日の旅

 

☆ニューモンブラン
〒087-0027 北海道根室市光和町1丁目1
googleMapで開く
TEL:0153243301
営業時間:10:00~15:00 17:00~20:00
定休日:不定休
≫公式ホームページは無いようです。

≫筆者:おのちん
≫来店日:2014.09.07

関連記事

  1. 流石に美味いおぎのやの釜めし定食|群馬県高崎駅の群馬の台所

  2. 【北海道】上空から地図を眺めるように。札幌千歳空港から福岡空港へ

  3. 味噌豚ビビンバとホルモン鉄板焼き定食|福岡市の焼肉ウエストプレミアム キャナル前店

  4. 【山口】美しき角島大橋とプライベートビーチを有する温泉「ホテル西長門リゾート」│下関市

  5. 【稚内】宗谷岬公園の高台にある旧海軍望楼とフィヨルド│【8月】稚内・利尻・礼文の旅 5泊6日 その3

  6. 古さと新しさの融合、国の有形登録文化財|京都市の船岡温泉

  7. バリウマの自家製キムチとねぎPタンを七輪焼肉で食す | 福岡市の焼き肉屋ばかとあほ

  8. 【北海道】北の丘 あばしり湖鶴雅リゾート(温泉)に泊まる│厳冬の道東3泊4日 その3

  9. 【福岡市】活アジフライ1本で勝負のランチ│アジフライセンターおむこさん

  1. 【特集:9月の富山】台風の中、紅葉の立山2泊3日の旅

    2020.10.03

  2. 【特集】彩りと器の組合せが抜群!大人の隠れ家:福岡市のtakanabe(…

    2020.09.15

  3. 【特集:8月】毎日バフンウニを食べた 稚内・利尻・礼文の旅 5泊6…

    2020.09.07

  4. 【特集:8月の上高地と乗鞍岳】無人の河童橋、爆流の善五郎の滝、朝…

    2020.08.11

  5. 【特集:西山口県】コバルトブルーの角島とホテル西長門リゾートを…

    2020.03.25

  6. 【厳冬の2月、道東2泊3日の旅】網走の流氷、カヌー釧路川源流下…

    2020.02.18

  7. 【特集】鯨料理専門店 福岡市のおおいし

    2019.06.30

  8. 【特集】トラディショナルイタリアンGUFO:福岡市

    2019.06.30

  9. 【特集】福岡市のイタリアン:キム翔

    2019.06.30

  10. 【韓国味噌鍋:博多】慶州鍋が名物のいずみ田祇園店 特集記事

    2019.06.22

  1. 【新潟空港発着の信州3泊4日】上田、小諸、八ヶ岳、下諏訪、あづ…

    2016.10.13

  2. 【特集】鶴の湯|秋田県乳頭温泉

    2019.03.19

  3. 【世界一の大花火四尺玉】新潟県の片貝まつりを見に行く1泊2日 2…

    2018.09.09

  4. 【大分:久住遊覧】久住高原コテージの露天風呂から絶景の草原と阿…

    2019.05.15

  5. 【低糖質・低カロリー・野菜ソムリエ】Agro(アグロと読みます)福…

    2019.02.27

  6. 【奈良の山手をめぐる旅】吉野、十津川村、飛鳥寺、伊賀上野城まで

    2016.04.09

  7. 【北海道を東西へ2泊3日】旭川を拠点に東へ西へ、増毛町~紋別町

    2016.06.28

  8. 【特集記事】特色ある福岡市内の鮨屋からいきつけの4店舗をご紹介…

    2019.01.27

  9. 【特集:11月の北東北3泊4日の旅】大間の本鮪を食べに行く旅

    2015.11.20

  10. 【ニセコ・積丹2泊3日】旬のバフンウニ丼を食べる旅

    2016.07.30

  1. 【特集】仏の世界の四階層╿如来・菩薩・明王・天

    2019.02.07

  2. 【特集】三大阿弥陀堂と阿弥陀如来

    2019.01.27

  3. 【特集】大塚国際美術館で見る美術史

    2019.01.27

  4. 【特集】奇想の画家ってなんですか?

    2019.02.17