《世界遺産》紅葉谷からロープウェイで別世界へ╿広島県 宮島 弥山の原始林

こんにちは、はてはてマンボウです。なんでも、広島県の宮島には紅葉を楽しめるスポットがあると、瀬戸内海を回遊してきました。しかしマンボウ、朝一番から来るようにと言われて、この日は早起きしたんですよ。眠いわねえ、はてはて。

 

大鳥居に鹿を見ると、宮島に来たって感じがするわねえ。

梓「この厳島神社の奥へ進むと、紅葉とロープウェーがあるんだ。その先にあるのは宮島の最高峰、弥山(みせん)だ」

マ「あ、連理梓さん。早起きした価値のある旅を楽しみにしてますよ、はってはて♪」」

宮島で紅葉を楽しみたいなら、やっぱり「紅葉谷公園」!

 

マ「あ、見てください! 厳島神社の近くでも色づいてますようが。朱色の建物と相まって、紅葉が気持ちいいです」

 

マ「厳島神社の出口から5分ほど歩いてみると……うわあ、紅葉の道の始まりですね!」

梓「その名も『もみじ橋』が、紅葉谷公園の入口だ」

 

マ「うわあ、見事な赤色のじゅうたんです!」

梓「紅葉谷公園のバス乗り場から、弥山(みせん)へ向かうロープウェーの紅葉谷駅までは無料送迎バスも出ているけれど、途中の紅葉を楽しみたいなら、やっぱり徒歩がいいよね」

 

梓「紅葉谷駅までは、歩いて15分ぐらいだから、緩やかなハイキング気分で紅葉を楽しめるよ」

いざ、ロープウェーで弥山の地へ!

 

梓「ロープウェーでは紅葉谷駅から、榧谷(かやたに)駅で乗り換えて、獅子岩駅(ししいわ)へと向かうんだ。これが、昼の11時ぐらいになると、紅葉の時期は平日でも何十メートルも伸びた列に並ぶこともありえる」

マ「だから、早朝からやってきたんですねえ」

マ「山々の間を縫って進むんですねえ」

梓「手つかずの弥山の原始林は『厳島神社』の一部として世界遺産に登録されているんだ」

マ「はてはて! それではいま、私は世界遺産の上を通過しているということなんですねえ」

マ「ロープウェーから、瀬戸内海の海を一望できますねえ。晴れていたら、もっと遠くまで見えるかも。日の入りに来れば、気持ちがいいかもしれないわねえ」

梓「ただし、ロープウェーの最終便を逃してしまうと、暗闇の山道を徒歩で下山しなければならないらしいから気をつけて」

マ「はてはて!」

梓「さあ、標高約430mの終点、獅子岩駅へ着いた」

そういえば、弥山っていったいどんなところ?

マ「ここが獅子岩展望台ですか。いきなりの大パノラマですねえ。穏やかな海が広がっています」

梓「伊藤博文も『日本三景の一の真価は頂上の眺めにあり』と絶賛したそうだ」

マ「ところで、弥山(みせん)ていったい、どんな山なんですか」

梓「弥山は標高535m、宮島の最高峰だ。弘法大師・空海が開山したのち、真言密教の修験道場となったと伝えられている」

 

マ「空海も、この風景を見ていたのかもしれませんねえ」

心臓破りの坂の連続……

梓「ここからは山道を歩いて、写真の左上側の山頂を目指すんだ」

マ「さ、坂道と階段の連続で、そうとうハードな道のりですよ、は、はてはて……」

マ「あ、でも道中はすごくいい景色」

 

マ「ここまで、20分ですか……とても長く感じられました、まぼ」

梓「さて、山の中腹に立つのは、空海が修行したと伝わる弥山本堂だ。本尊の虚空蔵(こくぞう)菩薩のほか、毘沙門天や不動明王も祀られている」

 

梓「すぐ近くの霊火堂には、弘法大師が護摩行に使った火が、いまも消えずに残っていると言われている」

マ「1,200年以上燃え続けている炎がいまも見られるなんて、なんだか不思議ねえ」

梓「この先は、15分ほど進むと奇岩を数々くぐりぬけて、弥山山頂へと辿り着く……のだが」

マ「はて、どうしたんですか」

梓「この日は、このあと雨が降ってきちゃって、これ以上の登山は断念したんだ。足元も滑りやすくて、危ないしね」

マ「まぼ、残念です」

梓「山頂の風景はホームページでチェックするか、実際に自分の足で確かめてみて」

基本情報のまとめ

紅葉谷公園

〇公式HP

〒739-0541 広島県廿日市市宮島町紅葉谷

≫GoogleMapで開く

宮島ロープウェー ※営業時間は要チェック

〇公式HP(一般社団法人 宮島観光協会)

〒739-0588 広島県廿日市市宮島町

≫GoogleMapで開く ※紅葉谷駅

 

≫筆者:連理梓
≫来訪日:2016.11.21

 

↑↑「宮島についてもっと知りたい!」という方はこちらもチェックしてくれ~まあんぼう~

関連記事

  1. 【石川】さすが公営!加賀片山津温泉 総湯|ANA1231便で9:00小松空港→福岡空港へ

  2. アジアレストランBEST50!西中洲のフレンチGohでレギュラーコース|福岡市中央区

  3. 信じられない鮮度!殻付き雲丹を鮨屋で食う|宮城県塩釜市の丸長寿司 

  4. 《世界遺産》”無限成長美術館”と松方コレクション╿東京都 上野 国立西洋美術館

  5. 牛テールスライス塩焼き | 福岡市博多区の五三食堂 その19

  6. 大きさに徹底的にこだわった「じゃが芋バター煮」| 福岡市博多区の五三食堂 その16

  7. 【富山】新鮮な魚介類を使ったホテル立山の夕食|立山室堂

  8. なんて活きが良いんだ!海老刺しが10分暴れてました。|函館市のすし蔵

  9. ホテルのBARで食事&フルーツ | ANAクラウンプラザ福岡のメザニンバー

  1. 【特集】彩りと器の組合せが抜群!大人の隠れ家:福岡市のtakanabe(…

    2020.09.15

  2. 【特集:8月】毎日バフンウニを食べた 稚内・利尻・礼文の旅 5泊6日

    2020.09.07

  3. 【特集:8月の上高地と乗鞍岳】無人の河童橋、爆流の善五郎の滝、朝…

    2020.08.11

  4. 【特集:西山口県】コバルトブルーの角島とホテル西長門リゾートを…

    2020.03.25

  5. 【厳冬の2月、道東2泊3日の旅】網走の流氷、カヌー釧路川源流下…

    2020.02.18

  6. 【特集】鯨料理専門店 福岡市のおおいし

    2019.06.30

  7. 【特集】トラディショナルイタリアンGUFO:福岡市

    2019.06.30

  8. 【特集】福岡市のイタリアン:キム翔

    2019.06.30

  9. 【韓国味噌鍋:博多】慶州鍋が名物のいずみ田祇園店 特集記事

    2019.06.22

  10. 【6月初旬】温泉のニセコ&ウニの積丹半島3泊4日

    2019.06.08

  1. 【特集記事】ANA国内線プレミアムクラス機内食  記事の一覧

    2019.01.23

  2. 【特集】紅葉の京都を1泊2日で楽しむ旅|清水寺、今宮神社、船岡温…

    2016.11.26

  3. 【特集:西山口県】コバルトブルーの角島とホテル西長門リゾートを…

    2020.03.25

  4. 【銀シャリてる房 特集記事】居酒屋なれど料理が丁寧でコスパが高い…

    2019.01.26

  5. 【秋田・青森のグルメと観光】北東北de仕事しながら | 4泊5日 20…

    2018.06.16

  6. 【特集:9月の道央2泊3日】日本一早い紅葉を見に大雪山系旭岳へGO

    2015.09.05

  7. 【道東・道央の旅】くったり胡とサホロリゾート、帯広市の六花亭本…

    2018.12.15

  8. 【特集記事】特色ある福岡市内の鮨屋からいきつけの4店舗をご紹介…

    2019.01.27

  9. 【9月の道東4泊5日の旅】釧路・帯広・厚岸・根室・弟子屈、道東の…

    2014.09.04

  10. 【厳冬の2月、道東2泊3日の旅】網走の流氷、カヌー釧路川源流下…

    2020.02.18

  1. 【特集】大塚国際美術館で見る美術史

    2019.01.27

  2. 【特集】仏の世界の四階層╿如来・菩薩・明王・天

    2019.02.07

  3. 【特集】三大阿弥陀堂と阿弥陀如来

    2019.01.27

  4. 【特集】奇想の画家ってなんですか?

    2019.02.17