道の駅摩周温泉、屈斜路湖、硫黄山│1月の道東2泊3日の旅

弟子屈町にある「道の駅 摩周温泉」。

実は、施設の外に足湯はあるけど温泉施設はないのです。わざわざ外に「温泉施設はありません」と看板ありました。夏場に観光客が洗面道具を持って立ち寄り湯に来るらしい・笑

「道の駅 摩周温泉」ネーミングが紛らわしいです。

面白い氷柱を見つけました。もちょっとどうにかしたらハート形になりそうなんだけど。

根室発!60年伝統の味。根室銘菓「おらんだせんべい」320円。なにがオランダなのかわかりませんが・笑

地方にはオリジナルの食べ物があるから楽しい。この「おらんだせんべい」は柔らかい煎餅です。

ところで、ポスターが観光案内所館内にありました。「漁火に浮かぶ摩周岳」と説明書きがあります。「えっホントに海が見えるの?」と思い担当者に聞いてみました。

担当者は知らなかったです。「そんなことを聞く人いなかったから」とかなんとか言うから一緒に考えてみました。「写真の方角的には羅臼の海だと思うよ。」などと話してみたのですが、カメラマンの名前が書いてあったからわざわざ電話して聞いてくれました。やっぱ、羅臼の漁火とのらしい。海がホントに見えるのか、びっくりです。

・・・・・・・・

そのあと、館内でソファに座ったとこでアンケートにつかまりました。長いアンケートだったあ。20分くらいに感じました。

何枚もの紙で質問受けましたが人の話を聞かないお兄さんだった。

「何処から来ましたか?」福岡市です。「日帰りですか?」福岡市から日帰りで、これないだろ・笑 「交通は車ですか?」飛行機で昨日来て、釧路空港で降りてレンタカーできたよ。昨日と今日、弟子屈に泊まって明日帰るんだよ。「今回の旅は一泊二日ですか?」あのね昨日と今日泊まるのに一泊二日なわけないだろ。「今回の旅は満足されましたか?」まだ旅は終わってないからわかんない。と答えると「では7番ですね」と彼は言った。

ちゅう感じで禅問答のように永遠と質問が続きます。

「とても満足した」は、7ちゅうことは、7段階評価なんだな。それからはスピードが速くなった。私は番号で答えることにした。はい5番、はい7番、結局役所から仕事をうけたアルバイトなのでどうでも良いのですわ。いい加減なもんでござるヽ(´o`;

ところで、お兄さん、あのポスターに、漁火に浮かぶ摩周岳とあるけどホントなの?って聞いたら「僕は釧路から来ててわかりません。」ってお答えになった。・笑

最後に「大鵬煎餅」なるものをお礼に握らされ「道の駅 摩周温泉」を後にしたのであった。

屈斜路湖に足を伸ばすことにし車を走らせていると、キタキツネを発見。道東の旅では、毎回、キタキツネには遭遇します。しかし雪の中では目立つから危なくないのかな天敵。

屈斜路湖に到着しました。まずは和琴半島の駐車場に車をとめました。

ここはオオハクチョウが飛来するのです。湖面はところどころ凍っている場所があります。

オオハクチョウは怖がるどころか寄ってきました。

頭を湖面の中につっこんで餌をとってますね。ほほえましいデス。

湖面から駐車場に戻ります。ココは屈斜路湖に突き出した和琴半島の根元にあたる部分だから砂湯方面に移動することにしました。

途中にある小学校です。なんと校庭に氷を張ってスケートリンクを作ってあります。初めてみました。校庭にあるスケート場。

夕暮橋の下はカチコチに凍ってました。

屈斜路湖のクッシーはいまだ見たことがありません。

屈斜路湖の砂湯に到着しました。

オオハクチョウがたくさんいます。餌付けしてあるのでしょうか・・

駐車場のトイレに入ったらこんな張り紙がありました。1月になるというのにヒグマは何故冬眠しないのでしょうか。

屈斜路湖に別れをつげ車を走らせるとすぐに大量の噴煙が目にはいってきました。

右手に硫黄山が見えてきました。

硫黄山駐車場に到着です。夏場は大量の車がいるのですが冬はほんの数台のみです。

こんなに噴煙の近くまで寄っていくことが許されています。

噴煙は激しいですが安定しているのでしょうね。

大迫力の噴煙を見に来ているのは私達以外は中国人ばっかりでした。

しかしすごいわ。

振り返ると摩周湖方面の山に太陽が当たって美しいです。

硫黄山に別れを告げ、温泉ペンション「きらの宿」に向かって走る途中、美留和駅に立ち寄ってみました。

時刻表を見ると1日9本とまるらしいです。

静かでのどかです。

線路から駅舎?を振り返るとこんなです。ペンションはここから数分、夕食が楽しみです。

窓の外にはエゾリス、アカゲラ、ウソ:きらの宿すばる│1月の道東2泊3日の旅

 

☆道の駅 摩周温泉
〒088-3203 北海道川上郡弟子屈町湯の島3丁目5−5
googleMapで開く
TEL:0154822500
営業時間:8:00~18:00(5月~10月)9:00~17:00(11月~4月)
定休日:12月30日~1月3日
道の駅摩周温泉 公式ホームページ。

≫筆者:おのちん
≫来店日:2016.01.16

関連記事

  1. 川のせせらぎ小鳥のさえずりを聞きながら大衆浴場 滝の湯|奈良県十津川村、温泉地温泉

  2. 出汁が美味い、料理が美しい|福岡市博多区の五三食堂 その1

  3. ひがん河豚の白子ソース掛け|地物のネタで勝負する【鮨 なにわ】その3

  4. 純血種、今帰仁のアグー豚|居酒屋みつ子ばぁばの台所

  5. 野菜たっぷりの3000円コース料理│福岡市博多区の野菜ソムリエの店、アグロ

  6. 古さと新しさの融合、国の有形登録文化財|京都市の船岡温泉

  7. 1メートルの巨大なイトウが群れで川登り「山の水族館」|北海道北見市留辺蘂町(るべしべ)

  8. 長崎天然真鯛とチコリの蒸し煮、スプマンテソースのグラティナティ│福岡市高砂のイタリアンGUFO

  9. 【福岡市】夏を感じる「湯葉、いくら、雲丹のジュレ」│食堂二コラ

  1. 【特集】彩りと器の組合せが抜群!大人の隠れ家:福岡市のtakanabe(…

    2020.09.15

  2. 【特集:8月】毎日バフンウニを食べた 稚内・利尻・礼文の旅 5泊6日

    2020.09.07

  3. 【特集:8月の上高地と乗鞍岳】無人の河童橋、爆流の善五郎の滝、朝…

    2020.08.11

  4. 【特集:西山口県】コバルトブルーの角島とホテル西長門リゾートを…

    2020.03.25

  5. 【厳冬の2月、道東2泊3日の旅】網走の流氷、カヌー釧路川源流下…

    2020.02.18

  6. 【特集】鯨料理専門店 福岡市のおおいし

    2019.06.30

  7. 【特集】トラディショナルイタリアンGUFO:福岡市

    2019.06.30

  8. 【特集】福岡市のイタリアン:キム翔

    2019.06.30

  9. 【韓国味噌鍋:博多】慶州鍋が名物のいずみ田祇園店 特集記事

    2019.06.22

  10. 【6月初旬】温泉のニセコ&ウニの積丹半島3泊4日

    2019.06.08

  1. 【9月の道東4泊5日の旅】釧路・帯広・厚岸・根室・弟子屈、道東の…

    2014.09.04

  2. 【特集】会津・裏磐梯、グルメな温泉ペンションと五色沼散策 20…

    2016.09.01

  3. 【特集:8月の上高地と乗鞍岳】無人の河童橋、爆流の善五郎の滝、朝…

    2020.08.11

  4. 【低糖質・低カロリー・野菜ソムリエ】Agro(アグロと読みます)福…

    2019.02.27

  5. 【特集:冬の道東】快晴!冬の摩周湖や丹頂鶴、釧路の回転ずしに驚…

    2016.01.15

  6. 【大分:久住遊覧】久住高原コテージの露天風呂から絶景の草原と阿…

    2019.05.15

  7. 【特集記事】JAL国内線ファーストクラス機内食  記事の一覧

    2019.02.12

  8. 【ありそでない家族経営の居酒屋】福岡市の仙八

    2019.05.29

  9. 【雪の大谷とホテル立山】大観峰からご来光!平成最後の満月!みく…

    2019.04.23

  10. 【食と酒 なかむた-特集記事】都会の古民家で上質な和食|福岡市中…

    2019.01.27

  1. 【特集】仏の世界の四階層╿如来・菩薩・明王・天

    2019.02.07

  2. 【特集】大塚国際美術館で見る美術史

    2019.01.27

  3. 【特集】三大阿弥陀堂と阿弥陀如来

    2019.01.27

  4. 【特集】奇想の画家ってなんですか?

    2019.02.17