【富山】台風の日、雷鳥沢で雷鳥の2人連れに遭遇│紅葉の立山2泊3日の旅 その4

雷鳥荘を出て雷鳥沢へ下りました。

雷鳥荘で朝食を食べ外に出てみました。美しい立山の空は台風が来るのでどんよりとしています。

風が強いのでみなさんの体は前傾姿勢です。

強風の中、雄山に登る際の注意点などをリーダーが話したりしゃがんで強風を避ける態勢を見せたりして説明していました。

 

台風が来ているで強風が吹き荒れています。

この強風の中、雄山に登るのはやめようと思いましたが、雷鳥荘の眼下に見える雷鳥沢に降りてみることにしました。

紅葉は進みつつあるもののハイマツは青々として緑が濃いです。

こんなしていますが、10月の半ばには雪が降って白くなるはずです。

雷鳥荘を後にして雷鳥沢に下り始めました。

ずっと石の階段なんです。階段って足に来ますよね。特に下りは。

雷鳥沢のテントはすでに全部撤収しています。

大日連山
大日岳の山名は大日如来に由来し、この山は古くから修験者の修行の場になっていたと言われています。また、大日連山は登山道からの見晴らしも良く、高山植物の種類も多いことから登山者に人気のあるコースになっています。七福園や大日平のお花畑などの見どころを通り、称名滝に下るルートは手軽な1日コースです。

地獄谷のガスの注意レベルを書いてあります。

雷鳥沢ヒュッテが見えてきました。

雷鳥沢キャンプ場へは下りですから、あっという間に到着します。

剱岳、剱御前方面、雷鳥沢キャンプ場の看板。

雷鳥沢ヒュッテはやってるのかな・・

雷鳥沢に降りてきました。随分と色づいています。

雷鳥沢に到着

高山植物が咲いています。

雷鳥沢までずっと石の道が続きます。

雷鳥沢野営場にやってきました。

こちらに野営場の受付事務所があります。

室堂平の説明版がありました。

さて剱岳、大日岳方面に歩いていくことにしてみました。T字にぶつかった道路を左に折れていきます。

称名滝に繋がる称名川には橋がかかっていました。

橋のアップです。手作りのすごい橋ですね。

迫力ある斜面は紅葉が見られます。

称名川へ進みます。

この橋の手前の階段で滑ってこけてしまいました。

 

立山連峰と称名川

左手の大日岳、剱御前の方へ進みます。

 

称名川の流れはとても澄んでいます。

 

奥大日岳と剱御前の稜線に進みます。

振り返ると雷鳥荘が見えます。

雷鳥沢から稜線まで登ってみることにしました。台風が来ているので風が強いです。

剱御前を表す「ゴゼン」の文字。

雷鳥沢ヒュッテ(左の大きな建物)とロッジ立山連峰(右手の建物)が見えます。

空が青ければ素晴らしい眺めなんでしょうけどね。

草紅葉みたいになっている斜面を登っていきます。

風は強いけど気持ちよく登れます。

 

写真より動画の方が紅葉の美しさや風の強さはわかりやすいですね。

雷鳥沢ヒュッテとロッジ立山連峰が目線の高さになってきました。

リンドウが咲いています。

雷鳥に遭遇

おおっ!2羽の雷鳥がいましたっ。かっこいい私が気になるようです。こっち見てますわ。

 

かわいい夏毛の雷鳥2羽は私達を恐れずもせず、じっとしていました。

僕らをそんなに気にする様子もなくボチボチ歩いています。

まだ冬毛になっていない雷鳥さんとの距離は1メートルほどです。

 

ほんの少しづつ足を進める雷鳥2羽。夏毛から冬毛へ生え変わっているところですね。

優しそうな私に安心したのか座り込んでしまいました。

立山ってどこから見ても素晴らしい景色です。

私達がお泊りしている雷鳥荘も雷鳥沢ヒュッテの向うに見えています。

剱御前と奥大日岳の稜線に到着

稜線までやってきました。

 

稜線からの立山連峰の紅葉です。

奥大日方面。

眼下に地獄谷や雷鳥荘が良く見えます。

あっという間に霧が立ち込めてきました。

剱岳の一部が見えています。

奥大日岳や大日岳方面までは風も強く行くつもりないのでこのあたりで写真を撮りました。

うわぁ、富山湾が見えるじゃないですか。

写真より自分の目に映る景色が素晴らしいです。

歩きやすような稜線が続いています。

さて台風がどんどん近づいているので降りることとしますか。

雲も立ちこめてきました。

 

雨が降らないうちに帰ろうかなと思います。

山の天気は変わりやすいですよね。

このあたりの紅葉は美しいです。

大日小屋の看板が下に置いてありました。風で飛んでしまうのでしょうね。

さて急いで下って雷鳥荘に戻ります。

さらに雲が降りてきています。

≫この旅の次の記事:【富山】台風の日、雷鳥荘のランチ、夕食、朝食│紅葉の立山2泊3日の旅 その5

 

☆雷鳥沢キャンプ場
〒930-1406 富山県中新川郡立山町芦峅寺
GoogleMapで開く

≫筆者:おのちん
≫来店日:2019年09月23日

関連記事

  1. 【 岩手 】5種の味噌を胡瓜で頂く。サービス精神最高、盛岡市の「南部藩長屋酒場」│【11月】秋田、北岩手、青森の3泊4日の旅 その2

  2. 【 福岡市 】手の込んだ和のコースを堪能 | 食と酒 なかむた その5

  3. 【 北海道 】新鮮な生ラム肉を粗七味を入れたタレで食う : 小樽の北とうがらし │ 5月ニセコ・小樽・積丹半島2泊3日の旅

  4. 【 福岡市 】アスパラ、本ししゃも、毛蟹など北海道の食材を堪能|博多駅前の鮨屋、北海ひがし

  5. 【 福島 】デカい、薄い、タレが浸みてる わらじ丼(かつ丼):会津の白孔雀│【7月】2泊3日、尾瀬と会津の旅 その4

  6. 【 北海道 】天然記念物、丹頂鶴の飛翔を見れる鶴見台|鶴居村

  7. 【福岡市】いくらマグロ丼│博多区の五三食堂 その45

  8. 【 長野 】喧騒の河童橋が嘘みたい!すぐ近くの静かな秘密の場所|長野県上高地 

  9. 【 長野 】標高2000Mの温泉ホテルからは富士山と八ヶ岳|長野県小諸市の高峰高原ホテル

  1. 【 島旅 神集島 】 佐賀県唐津市の神集島はフェリーで8分で到着し…

    2021.07.25

  2. 【 島旅 唐津市高島 】 宝当神社がある高島までフェリーで10分

    2021.07.06

  3. 【5月の北海道】3泊4日 函館を中心としたみどころいっぱいの道…

    2021.05.16

  4. 【 高級居酒屋 】 福岡市の田中田は一流の食材を美しく食べさせてく…

    2021.04.28

  5. 【 鹿児島奄美特集 】 さすが元沖縄です。奄美は人は少なく美しい海…

    2021.04.20

  6. 【特集:冬の十勝4日間】快晴と大雪、帯広、然別湖、旭岳、美瑛を…

    2021.03.18

  7. 【特集】 和食系、味、香り、彩り、器も最高 │ 赤坂あきちゃん

    2020.12.31

  8. 【 特集 : ニセコの温泉 】温泉付ペンションアダージョとヒルトン…

    2020.12.31

  9. 【特集:男池】大分、紅葉の宝泉寺温泉に泊まる1泊2日

    2020.12.31

  10. 【特集】鳥取砂丘とラベンダー色のらっきょうの花、そして城崎温泉…

    2020.12.14

  1. 【特集】鳥取砂丘とラベンダー色のらっきょうの花、そして城崎温泉…

    2020.12.14

  2. 【 島旅 神集島 】 佐賀県唐津市の神集島はフェリーで8分で到着し…

    2021.07.25

  3. 【雪の大谷とホテル立山】大観峰からご来光!平成最後の満月!みく…

    2019.04.23

  4. 【特集:7月の尾瀬と会津】新潟空港から行く尾瀬と会津、2泊3日の旅

    2015.07.24

  5. 【特集:8月の上高地と乗鞍岳】無人の河童橋、爆流の善五郎の滝、朝…

    2020.08.11

  6. 【特集記事】JAL国内線ファーストクラス機内食  記事の一覧

    2019.02.12

  7. 【特集:9月の富山】台風の中、紅葉の立山2泊3日の旅

    2020.10.03

  8. 【6月初旬】温泉のニセコ&ウニの積丹半島3泊4日

    2019.06.08

  9. 【仙台:国分町の地雷也】キンキに拘った炭火焼きのお店

    2019.05.18

  10. 【島根県:松江市の料理屋】やまいちで宍道湖七珍を食え

    2019.05.18

  1. 【特集】奇想の画家ってなんですか?

    2019.02.17

  2. 【特集】仏の世界の四階層╿如来・菩薩・明王・天

    2019.02.07