素晴らしい食事の温泉ペンション|福島県裏磐梯のレイクサイドイン ビーハイブ

会津若松から裏磐梯の桧原湖へ

白孔雀食堂でカツ丼を食べた後は、裏磐梯へ移動しました。裏磐梯に評判の良い温泉ペンションを予約したのです。

会津磐梯山が見えています。

会津磐梯山は宝のやぁまぁよぉ~

会津磐梯山を超えて裏磐梯にやってきました。桧原湖に到着。ボンネットバスでクマさんバス。

風が穏やかでさわやかです。

裏磐梯の9月は本当に気持ちよく過ごせます。

あんまりキモチ良くてベンチに寝入ってしまいました。

エンジン付ボートで、湖を一周するなら18000円もしました。

裏磐梯は、明治時代に会津磐梯山が爆発して出来た湖群です。

当時は大変な被害にあったらしいです。

温泉ペンション ビーハイブ

15時に予約していたペンションに到着しました。

とても評判の良い温泉ペンションなので楽しみです。その名もビーハイブ。

このペンションはとても立派な建物です。

露天風呂付温泉は40分づつの貸し切り制になっていて何回でも入れます。

部屋には温泉ではないですが、展望岩風呂があります。

辺りには沢山の保養地やペンションや宿があるのですが結構つぶれて廃墟になっています。

なんか高い山が見えますね。

会津磐梯山でした。まさに裏磐梯です。

ペンションの玄関です。

玄関まわりにはお花が植えてあります。

一番乗りで到着したのでまずは温泉に入りました。

内風呂と露天風呂があります。透明な温泉です。

貸切なので気兼ねなく入れます。露天風呂からの外の景色です。

林の向こうはすぐ湖です。

こちらは部屋についている岩風呂です。こちらは温泉ではありません。

温泉ペンション ビーハイブの夕食

風呂上がりに生ビールを一杯頂きました。こんなところが小さなペンションの良いところですよね。

しばし散歩したあと、寝てしまいました。18時半から食事です。

前菜から

なんだかちゃんとした料理屋みたいです。流れに期待が高まります。

サラダにはオリジナルドレッシングをかけてありました。

食べれる花や会津地鶏の卵などどれも美味しいです。

裏磐梯のペンションオーナー達の思いが詰まった地ビールだそうです。なかなか美味い♪

カップルばかり7組もいる中で、年配夫婦が1組。なんだか場違いな感じもしてきましたが気にすまい。

大人のフレンチレストランで食事している雰囲気です。

ビールも飲み終わり冷酒に行きたくなりました。

地物の甘口のお酒、会津娘を頂きました。

トラウトサーモンです。

40℃の低温で40分焼いたものだそうです。トマトソースが敷いてあります。

タルタルソースにつけても美味いです。

冷酒がどんどん進みます。オーナーの計画的犯行です。

こちらは長芋のスープです。わりとサラッとした仕上げでした。

メインのステーキが登場です。

ボルチーニのソースが添えてありました。

これをつけると、グっと美味しくなりました。

またビールが飲みたくなった私、桃の香りがするピーチエールを頂きました。

いろんなビールなどもあってホント楽しいです♪

デザートです。葡萄は藤みのりです。福岡の田主丸の葡萄農園でいつも買う奴です。甘いです♪

珈琲はハワイのコナコーヒーみたいな甘目の美味しいものでした。

噂通りの美味しいお食事を頂けるペンションですわ。

温泉ペンション ビーハイブの朝風呂と散歩

さて翌朝、食事前に朝風呂に入りました。

朝の露天風呂とかたまらんですわ。

露天風呂から外を眺めると熊でも出そうな感じです。

朝風呂の後、食事まで時間があったので辺りを散歩に出かけました。

9月は気持ちが良いです。コスモスも咲いてます。

7時20分頃、軽トラがペンションに到着。農家の方が朝どれの野菜を持ってきてました。

朝食は朝どれ野菜なのか!凝ってるなあ。

散歩しているといろんな花が咲いていました。

ちゃんとしたカメラじゃなくてもiphoneで十分キレイに撮れますね。

すれ違う人たちは誰もいません。

ポツンポツンと家があります。

畑仕事をしているお母さんがいらっしゃいました。目があったので「おはようございます」とお声がけです。

私「お母さん、大豆ですか?」

お「小豆だよ!」

からのお話しました。そこからお話が進みました。

お母さんが、昭和33年に開拓でココに来たこと。開墾した場所にみなさん家を建てた。とても大変だった話などをしてくださいました。

昔は「軒先きで良いから泊めてくれ」なんて流行った時代があったそうです。

今年は二回熊が来たそうです。ラジオをかけるようにしたら来なくなったそうです。

「まだ、このあたりは猿が来ないから良いけどちょい奥は、猿が南瓜を両脇にかかえて行くのを見た」そうです。

息子が仙台にいる話など話はつきません。ガンバれ‼お母さん。

栗が鈴なりです。

散歩から帰ってきましたがまだ食事の時間ではありません。

玄関先でしばし休憩です。

温泉ペンション ビーハイブの朝食

8時から朝食が始まりました。

夕食も美味しかったですが朝食も美味そ~(^-^)/

飲み物は好きなものをセルフでね

朝食もちゃんとメニューがあります。

トマトと野菜の田舎風スープ。

パン工房ささき亭さんのパン。

スモークハウスファインの無添加ソーセージなどオーナーのこだわりが見られます。

たまご料理も美味しかあ♪

自家製のプレーンヨーグルトには

イチゴソースを掛けて頂きました。

最後に4種の中から選べる蜂蜜のプレゼントがありました。

柿の蜂蜜を頂きました。

☞五色沼を散策|五色沼で二ホンリスに遭遇|9月の福島県裏磐梯

 

☆温泉ペンション レイクサイドイン ビーハイブ
〒969-2701 福島県耶麻郡 北塩原村桧原簗部沢山1091-352
GoogleMapで開く
TEL:0241-32-2708
ホームページ

≫筆者:おのちん
≫来店日:2016年09月某日

関連記事

  1. 小さな漁師町の網元の宿には五右衛門風呂&檜風呂│積丹町「なごみの宿いい田」

  2. 大きさに徹底的にこだわった「じゃが芋バター煮」| 福岡市博多区の五三食堂 その16

  3. 富良野ポークをたっぷりの山わさび添えで食う |北海道旭川市の田舎料理 田子兵衛 その2

  4. アスパラ、本ししゃも、毛蟹など北海道の食材を堪能|福岡市博多駅前の鮨屋、北海ひがし

  5. ANAプレミアムクラスの機内食、福岡~那覇往復 2018.06.08~09

  6. 感激!ピエモンテ産サマートリュフのタリアテッレ|鹿児島県薩摩川内市のカリストロ

  7. ANA 大阪伊丹空港→仙台空港行きのプレミアムクラス機内食 2016.12.03

  8. 魚も肉も出る5500円のコース料理|ニセコヒルトンビレッジ 2016.07.29

  9. 素朴で美味い「雲仙ハム焼いただけ」|コスパの高い居酒屋 、福岡市の銀シャリてる房-J その4

  1. 【特集】鯨料理専門店 福岡市のおおいし

    2019.06.30

  2. 【特集】トラディショナルイタリアンGUFO:福岡市

    2019.06.30

  3. 【特集】福岡市のイタリアン:キム翔

    2019.06.30

  4. 【韓国味噌鍋:博多】慶州鍋が名物のいずみ田祇園店 特集記事

    2019.06.22

  5. 【6月初旬】温泉のニセコ&ウニの積丹半島3泊4日

    2019.06.08

  6. 【ありそでない家族経営の居酒屋】福岡市の仙八

    2019.05.29

  7. 【昭和レトロ居酒屋】福岡市博多区のがったんごっとん

    2019.05.28

  8. 【イタリアン料理】感動の5000円フルコース|鹿児島県薩摩川内市の…

    2019.05.21

  9. 【1月の島根県松江】宍道湖七珍を楽しむも大雪で特急やくもで博多…

    2019.05.20

  10. 【島根県:松江市の料理屋】やまいちで宍道湖七珍を食え

    2019.05.18

  1. 【大分:久住遊覧】久住高原コテージの露天風呂から絶景の草原と阿…

    2019.05.15

  2. 【ニセコ・積丹2泊3日】旬のバフンウニ丼を食べる旅

    2019.03.31

  3. 【1月の島根県松江】宍道湖七珍を楽しむも大雪で特急やくもで博多…

    2019.05.20

  4. 【熊野は世界遺産だらけ】それにしても遠かった

    2019.04.28

  5. 【紅葉の旅 】 白馬・小谷・栂池・乗鞍高原3泊4日の旅 2017.10.1…

    2019.02.15

  6. 【五三食堂 特集記事】ダシを上手に使う美しさと独創的な居酒屋|福…

    2018.12.20

  7. 【特集】紅葉の京都を1泊2日で楽しむ旅|清水寺、今宮神社、船岡温…

    2019.05.17

  8. 【仙台:国分町の地雷也】キンキに拘った炭火焼きのお店

    2019.05.18

  9. 【特集記事】ANA国内線プレミアムクラス機内食  記事の一覧

    2019.01.23

  10. 【世界遺産の旅:知床】知床五湖、ホエールウォッチング、摩周湖、…

    2019.04.01

  1. 【特集】奇想の画家ってなんですか?

    2019.02.17

  2. 【特集】仏の世界の四階層╿如来・菩薩・明王・天

    2019.02.07

  3. 【特集】三大阿弥陀堂と阿弥陀如来

    2019.01.27

  4. 【特集】大塚国際美術館で見る美術史

    2019.01.27