【山口】やわらかくて美味い茶そばを瓦に乗せて│川棚温泉の「元祖瓦そば たかせ」

九州から関門橋を渡ります。実は関門海峡の海底の下を歩いて渡ることもできます。1000M足らずですからそれもまた楽しいですよ。

今回は角島大橋、角島、ホテル西長門リゾートを楽しむ1泊2日の旅へ出発です。

お昼時、川棚温泉にやってきました。ここにやってきた目的は温泉じゃあありません。

川棚温泉の看板を抜けてすぐのところに、あちこちでかい駐車場があります。

元祖「瓦そば」のたかせ。本館前の駐車場に車を止めました。

まず駐車場前の本館にやってきました。

店主のうんちくが述べられている看板を抜け・・

南本館営業中の看板を横目に見ながら・・なんでわざわざこんなことを本館のとこに書いてあるだろうと気になりながら

昔1度食べたことある本館の入り口へ

美味そうじゃあ、あ~りませんか。

ところがコロナウィルスの関係で閉館。なんと南本館しか営業してないとのこと。

看板に従って進むと、やや高台に南本館がありました。快晴で気持ちが良いです。

どんどん人が入っていきます。さすが元祖瓦そば。

入口でみなさん手を消毒されています。私もこれ使わせて頂きました。今時、消毒液は飲食店必須なのでしょうけどドラッグストアでも売ってないですよね。どこから手にいれているんだろう。

瓦そばだけじゃなく、鰻や鯛茶漬けなどもあるようですわ。

入口で名前を書いて順番待ちです。中はキレイです。奥の方にテーブルが見えて満席みたいです。

しょうがないので売店をうろうろしました。

オヤジが書いたのでしょうか!ダジャレですわ。オヤジがダジャレを言うのは何故かというのをNHKでやってました。

オヤジは歳を取ると「我慢できなくなって言ってしまうらし」いのです。若いうちは思いついても「コレを言ってしまったら恥ずかしい」という制御が効いて言わないらしい。

瓦そばの持ち帰りを大量に販売していました。

このあたりは雲丹が名産みたいです。角島に行く国道沿いにも雲丹の店がありました。「雲丹めかぶ」、瓶の底に雲丹がたまっていて美味そうだったので私も1瓶かいました。

「うにしいたけ」

「うにせんべい」どれも美味そうだしお値段も手ごろでお土産に良いですよね。

正統派「手作り粒うに」

雲丹醤油なんてのまでありました。

そうこうしているうちに店内に案内されました。

お腹が空いている私は、おもむろにメニューを広げましたっ・瓦そばの食べ方と鰻めしの食べ方をご丁寧に説明してあります。

となると「瓦そば+うな茶セット」なるものを注文せざるを得ませんわ。

熱い瓦に乗っかって2人前の瓦そばが登場です。茶そばの上には錦糸卵や海苔、レモン、もみじが乗っかってます。

ビジュアルは素敵、でもお味は昔たべたきり久しぶりなので忘れていました。

まず、天井部分に乗っかっているレモンや海苔を外しました。すると豚肉がでてきました。

説明書どおりに椀に「そばつゆ」を用意します。

冷たいのかと思っていたら、熱々のそばつゆでした。湯気が立っています。

そこに瓦そばを入れて口に運ぶと「かなり美味い」。名物に美味いものなしとは言いますが「たかせの瓦そば」は焼いているけど柔らかくてとても気にいりました。

しばらく経ってから茶そばをめくると、ちゃんと焼きそばになっていてパリパリ部分がございました。

んで、鰻めし。これは鹿児島産のウナギと書いてあります。

「まずはそのまま食べろ」と書いてあるのでお口に運びました。ビジュアルはあまり美味そうな感じがしなかったのですが美味いっ。

この「瓦そば」にしても「鰻めし」にしてもビジュアルはそんなに美味そうに見えなくても口に運んだら「かなり美味いっ」をうならせる一品ですわ。

次に薬味を鰻めしに乗せて食べろと書いてありますのでやってみました。鰻めしにはタレが十分にかかっています。

そして最後は鰻にダシをかけて茶めしです。お茶かと思いましたが美味いダシでした。満足して角島大橋へ向かいます。

 

≫そこから向かったのは:美しき角島大橋とプライベートビーチを有する温泉「ホテル西長門リゾート」│山口県下関市

☆元祖瓦そばたかせ南本館
〒759-6301 山口県下関市豊浦町大字川棚5429
googleMapで開く
TEL:083-772-2680
営業時間:[月~金曜日] 11:00~15:00(最終受付14:30)[土、日曜日] 11:00~20:00(最終受付19:30)
定休日:お問合せ
公式ホームページ 瓦そばたかせ南本館

≫筆者:おのちん
≫来店日:2020.03.19

関連記事

  1. 和伊折衷の料理屋で3Lのアスパラを食う|千葉県成田市のHANAICHI871

  2. 《世界遺産》兵どもが夢の跡╿岩手県 平泉町 毛越寺

  3. ピリ辛旨味噌味の豚めん | 福岡市の良寛

  4. 【大分】九重連山、阿蘇五岳を借景にする素晴らしき久住花公園|竹田市

  5. ANA289便、福岡空港→札幌千歳空港行きのプレミアムクラス機内食|2泊3日のニセコの旅 2017.05.13-15

  6. 【福岡市】ワンランク上のクリームチーズ豆腐、バケット添え│高級やきとり稲田

  7. 【稚内】宗谷岬公園の高台にある旧海軍望楼とフィヨルド│【8月】稚内・利尻・礼文の旅 5泊6日 その3

  8. 紅葉の乗鞍高原に泊まる|双色の源泉 山水館信濃の囲炉裏で岩魚の炭火焼き 2017.10.13~16

  9. 朝食にしじみカレー|スーパーホテル島根・松江駅前

  1. 【特集】 和食系、香りと彩り最高 │ 赤坂あきちゃん

    2020.12.31

  2. 【 特集 : ニセコの温泉 】温泉付ペンションアダージョとヒルトン…

    2020.12.31

  3. 【特集:男池】大分、紅葉の宝泉寺温泉に泊まる1泊2日

    2020.12.31

  4. 【特集】鳥取砂丘とラベンダー色のらっきょうの花、そして城崎温泉…

    2020.12.14

  5. 【特集:9月の富山】台風の中、紅葉の立山2泊3日の旅

    2020.10.03

  6. 【特集】彩りと器の組合せが抜群!大人の隠れ家:福岡市のtakanabe(…

    2020.09.15

  7. 【特集:8月】毎日バフンウニを食べた 稚内・利尻・礼文の旅 5泊6…

    2020.09.07

  8. 【特集:8月の上高地と乗鞍岳】無人の河童橋、爆流の善五郎の滝、朝…

    2020.08.11

  9. 【特集:西山口県】コバルトブルーの角島とホテル西長門リゾートを…

    2020.03.25

  10. 【厳冬の2月、道東2泊3日の旅】網走の流氷、カヌー釧路川源流下…

    2020.02.18

  1. 【特集】花巻市、一関市周辺を楽しむ旅 | JAL いわて花巻空港を利用

    2017.03.25

  2. 【特集:7月の尾瀬と会津】新潟空港から行く尾瀬と会津、2泊3日の旅

    2015.07.24

  3. 【ありそでない家族経営の居酒屋】福岡市の仙八

    2019.05.29

  4. 【特集】鶴の湯|秋田県乳頭温泉

    2019.03.19

  5. 【道東・道央の旅】くったり胡とサホロリゾート、帯広市の六花亭本…

    2018.12.15

  6. 【食と酒 なかむた-特集記事】都会の古民家で上質な和食|福岡市中…

    2019.01.27

  7. 【特集】鳥取砂丘とラベンダー色のらっきょうの花、そして城崎温泉…

    2020.12.14

  8. 【奈良の山手をめぐる旅】吉野、十津川村、飛鳥寺、伊賀上野城まで

    2016.04.09

  9. 【特集:冬の道東】快晴!冬の摩周湖や丹頂鶴、釧路の回転ずしに驚…

    2016.01.15

  10. 【低糖質・低カロリー・野菜ソムリエ】Agro(アグロと読みます)福…

    2019.02.27

  1. 【特集】大塚国際美術館で見る美術史

    2019.01.27

  2. 【特集】三大阿弥陀堂と阿弥陀如来

    2019.01.27

  3. 【特集】奇想の画家ってなんですか?

    2019.02.17

  4. 【特集】仏の世界の四階層╿如来・菩薩・明王・天

    2019.02.07