【和歌山】道の駅に水族館が!╿「エビとカニの水族館」と「道の駅すさみ」

こんにちは、はてはてマンボウです。今回は和歌山県の南部を回遊しています。

周参見(すさみ)の町を回遊中です。さあて、道の駅でちょっくら休憩しようかしらねえ。海鮮もおいしそう……まぼ。

はて、こんなところに水族館。

梓「エビとカニの水族館は、道の駅すさみ内に設置されている水族館なんだ。ふらっと回ってみるかい」

マ「あ、連理梓さん。エビとカニ専門の水族館なんて珍しいですねえ、さっそく行ってみましょう、はってはて♪」

エビとカニの水族館の概要とアクセス

梓「道の駅『すさみ』は、JR紀勢線の江住駅から徒歩15分ほどのところにある。新大阪からなら、特急くろしおで白浜駅まで向かったのちに、在来線に乗り換え。和歌山市からだと電車を使えば2時間半、自動車なら阪和自動車道と、紀勢自動車道を使えば1時間半だ」

梓「エビとカニの水族館は、もともとは体育館だったところを再利用して作られた水族館なんだよ。ここには約150種類のエビとカニが展示してある」

マ「は、はてはて。ポケモンみたいにたくさんいるんですねえ」

まずは巨大なカニとエビたちがお出迎え

梓「さて、のっけから、タカアシガニがお出迎えしてくれる。ああ、満足した」

マ「は、はてはて。タカアシガニが好きなのは知っていますが、満足するのは早いですよお。ほかにも回ってみましょう」

梓「タスマニアキングクラブ。足を広げた全長だとタカアシガニがさすがに大きいけれど、甲羅の大きさは世界最大」

マ「iphoneと比べると、その大きさがよくわかりますねえ」

マ「エビ」

マ「エビ」

マ「エビ!」

 

マ「巨大なエビが続きますねえ」

梓「ヨーロッパやアメリカの沖合に住む巨大なエビたちが数多く並んでいる。アメリカでは大きなエビ類は、全部まとめて『ロブスター』と呼ぶそうだね」

マ「ここまで大きいと、私たちが普段食べているエビとはまるで違う生きものに感じられますねえ」

巨大なエビカニばかりじゃない!

マ「あら、しましまのエビがおしゃべりでもしているみたいです」

マ「はて! なんて小さい水槽! エビも小指より短いくらいです」

梓「貝殻をパンチで割ってから食べる、ハード・パンチャー、モンハナシャコ」

マ「エイリアンみたいな顔をしていますねえ」

マ「まぼ。こっちは毛深いエビ」

マ「こっちも毛……じゃなかった、とげだらけのカニさん」

マ「いかつい顔をしているわねえ」

ヤドカリの展示を楽しんだら、タカアシガニにタッチ!

マ「こっちは、巨大なヤドカリです。爪のところは、食べがいがありそうねえ」

マ「はて、貝殻がたくさん並んでいます」

マ「あら、こっちは小さいヤドカリ。情けない顔ねえ」

梓「こっちには、クリスタルヤドカリのコーナーがあるよ」

マ「はて、クリスタル。お顔が透明なのかしら」

マ「なあんだ、普通のヤドカリじゃない……まぼ?」

マ「はて! お尻を入れている貝殻がクリスタルでしたか」

梓「普段は隠れているお腹から下の部分が見られるような工夫がしてあるんだ」

マ「あらまあ、こっちには連理梓さんの大好きなタカアシガニが」

梓「このゾーンでは、タカアシガニにタッチすることができるんだ」

マ「なんと! そりゃあ、珍しい経験になりそう」

マ「ごつごつとした甲羅! 最初はおっかなびっくりでしたが、楽しい体験になりました、はってはて♪」

道の駅の「マグロ」と「イノブタ」で腹ごしらえ

梓「さあ、水族館を楽しんだあとは、道の駅でお食事にしよう」

マ「はて、猪豚肉まんとは」

梓「すさみ町は、イノブタの交配で有名な町なんだ」

マ「まぼ、イノブタダービー。不思議な大会ねえ。それに、イノブータン王国。こりゃあ気になります

↑↑「イノブータンランドのことをもっと知りたい!」という方はこちらの記事もチェックしてみてくれ~まあんぼう

マ「レストランには、かなりのかずのメニューがあるのねえ」

マ「こっちは、マグロのカツカレーですね。マグロで有名な和歌山県ならではです」

梓「こっちは、イノブタのどんぶりだよ」

マ「柔らかいお肉は、あっさりと食べやすいのに旨味もしっかりしていておいしいですねえ、はってはて♪」

基本情報のまとめ

すさみ町立エビとカニの水族館

≫公式HP 

〒649-3142 和歌山県西牟婁郡すさみ町江住808−1

≫GoogleMapで開く

道の駅「すさみ」

≫公式HP 

〒649-3142 和歌山県西牟婁郡すさみ町江住808−1

≫GoogleMapで開く

 

≫筆者:連理梓
≫来訪日:2019.04.20

水族館 相互リンク

↑↑↑日本全国でマンボウが回遊した水族館の記事はこちらにまとめてあります。

水族館好きのみなさんはぜひ、チェックしてくれ~まあんぼう~

関連記事

  1. 【北海道】小さな漁師町の網元の宿には五右衛門風呂&檜風呂│積丹町「なごみの宿いい田」

  2. 蛤の器に乗っかった「蛤のクリームコロッケ」|福岡市博多区の五三食堂 その26

  3. 【北海道】真牡蠣食べ放題、まず2名で80個蒸し焼きです。│寿都町のカネサ漁業 

  4. 世界遺産「鬼ヶ島」|三重県熊野市

  5. JAL335便、国内線ファーストクラス機内食|羽田→福岡空港 2017.10.22

  6. 甘くてとろける旬の生バフンウニ丼|北海道積丹町の漁師直営食堂 中村屋

  7. 《解説》フェルメールが10倍おもしろくなるための「アレゴリー」

  8. 【北海道】帆立の炊き込みご飯が美味い♪川湯温泉の「お宿 欣喜湯」│厳冬の道東3泊4日 その7

  9. 【福岡市】とろろ蕎麦で〆ました│蕎麦居酒屋【さいさきや】

  1. 【特集】 和食系、香りと彩り最高 │ 赤坂あきちゃん

    2020.12.31

  2. 【 特集 : ニセコの温泉 】温泉付ペンションアダージョとヒルトン…

    2020.12.31

  3. 【特集:男池】大分、紅葉の宝泉寺温泉に泊まる1泊2日

    2020.12.31

  4. 【特集】鳥取砂丘とラベンダー色のらっきょうの花、そして城崎温泉…

    2020.12.14

  5. 【特集:9月の富山】台風の中、紅葉の立山2泊3日の旅

    2020.10.03

  6. 【特集】彩りと器の組合せが抜群!大人の隠れ家:福岡市のtakanabe(…

    2020.09.15

  7. 【特集:8月】毎日バフンウニを食べた 稚内・利尻・礼文の旅 5泊6…

    2020.09.07

  8. 【特集:8月の上高地と乗鞍岳】無人の河童橋、爆流の善五郎の滝、朝…

    2020.08.11

  9. 【特集:西山口県】コバルトブルーの角島とホテル西長門リゾートを…

    2020.03.25

  10. 【厳冬の2月、道東2泊3日の旅】網走の流氷、カヌー釧路川源流下…

    2020.02.18

  1. 【ニセコ・積丹2泊3日】旬のバフンウニ丼を食べる旅

    2016.07.30

  2. 【特集】鳥取砂丘とラベンダー色のらっきょうの花、そして城崎温泉…

    2020.12.14

  3. 【道東の旅】道東4日間のグルメと遊びのコース|北海道 2018.07.20…

    2018.07.20

  4. 【特集:9月の富山】台風の中、紅葉の立山2泊3日の旅

    2020.10.03

  5. 【島根県:松江市の料理屋】やまいちで宍道湖七珍を食え

    2019.05.18

  6. 【特集】彩りと器の組合せが抜群!大人の隠れ家:福岡市のtakanabe(…

    2020.09.15

  7. 【熊野は世界遺産だらけ】それにしても遠かった

    2016.11.12

  8. 【島根県2泊3日の旅】松江で宍道湖の珍味、境港で蟹、雲南市で築145…

    2019.02.26

  9. 【特集:7月の道央3日間】旭山動物園、美瑛のパッチ良野ラベンダー…

    2015.07.04

  10. 【特集記事】ANA国内線プレミアムクラス機内食  記事の一覧

    2019.01.23

  1. 【特集】奇想の画家ってなんですか?

    2019.02.17

  2. 【特集】三大阿弥陀堂と阿弥陀如来

    2019.01.27

  3. 【特集】大塚国際美術館で見る美術史

    2019.01.27

  4. 【特集】仏の世界の四階層╿如来・菩薩・明王・天

    2019.02.07