《世界遺産》源平合戦の行方を決めた神社!?╿和歌山県田辺市 鬪雞神社

こんにちは、はてはてマンボウです。今回は、和歌山県の田辺の町を回遊しています。

はて! こんなところに世界遺産ののぼりがたくさん!

梓「それは、この鬪雞(とうけい)神社が2016年に世界遺産へ追加登録されたからだよ」

マ「あ、連理梓さん。鬪雞って、あの闘鶏ですかねえ、鶏を闘わせる。うーん、気になります、この鬪雞神社について詳しく教えてください」

鬪雞神社の概要

梓「鬪雞神社は紀伊田辺駅からちょうど1キロ。歩いて12分ぐらいだね。紀伊田辺駅は和歌山駅から特急くろしおに乗れば、およそ1時間20分で到着するよ」

梓「鬪雞神社は、熊野三山の神様を祀っている。皇族や貴族が熊野へお参りに来るときは、まず鬪雞神社に参拝したそうだよ。そんないわれもあって、熊野信仰の一翼を担っているという観点から、鬪雞神社は2016年10月に世界遺産『紀伊山地の霊場と参詣道』へ追加登録された」

マ「それが、この鬪雞神社というわけなんですねえ。しかし、どうして『闘鶏』の名前がついているんですか」

梓「その由来は、源平合戦の時代までおよそ850年さかのぼる」

梓「当時、日本最強ともうたわれた熊野水軍は、源氏と平家のどちらに味方するか、決めかねていた。そこで、武蔵坊弁慶の父であると伝えられる湛増(たんぞう)が、どちらに味方をするかの神意を確認するため、赤い鶏を平氏、白い鶏を源氏に見立てて闘鶏をしたんだ」

マ「境内にも、湛増と弁慶の像がありますねえ」

マ「鶏が闘っています。あ、それで結果はどうなったんですか」

梓「白の鶏が勝ったことから湛増は源氏に味方することを決めた。熊野水軍を率いて壇ノ浦へ出陣した、というわけだ」

マ「そういえばこの話、どこかで聞いたような……」

梓「熊野水軍が根城にしていたと言われる、三段壁洞窟でも同じ話が展示されていたね」

静かな境内をぶらり

マ「境内でも、世界遺産を記念したのぼりが立っていますねえ」

 

マ「あら、やっぱり鶏の像がここにも」

梓「さて、それじゃあ拝殿へ行こうか」

マ「本殿で祀っているのは、イザナミノミコトなんですねえ」

梓「イザナミノミコトは、熊野那智大社の主祭神の熊野夫須美神(ふすみのかみ)にあたる」

マ「『阿弥陀如来』と書いてあるのはなんですか」

梓「仏教っていうのは、インド発祥で中国を通ってやってきた宗教だ。この仏教の神様と、実は日本古来の神様を同一視するようになった。これは、神仏習合(しんぶつしゅうごう)という考えに基づく。というわけで、イザナミノミコトは阿弥陀如来と同一と見なした、ということ」

梓「西殿には、別にお社(やしろ)を設けて、熊野三神を祀っているね。さて、これら社殿以外にも、さまざまな神様が境内では祀られているよ」

梓「弁天神社は、弁天さまと同一視された市杵島姫命(イチキシマヒメノミコト)を祀っている。海の安全を司る神様で、厳島神社でも祀られているね

マ「こっちは、えびすさまと大黒さまがお祀りされていますねえ」

マ「この神社はなんですか」

梓「徳川家康の側近を務め、紀伊国田辺藩の初代藩主となった安藤直次(あんどう なおつぐ)を祀っているよ。紀州藩は徳川御三家の一つだったから、家康の信頼の厚い安藤直次が、紀州藩の家老として派遣された。田辺はあくまで紀州藩の一部だけれど、実力のある安藤直次が治めていて、あたかも一つの藩であるかのように力を持っていた」

マ「こっちは、弁慶を祀っていますねえ」

梓「弁慶と鬪雞神社との関係はすでに話したとおり。田辺生まれの弁慶のことを、このお社で祀っているんだね」

基本情報のまとめ

≫公式HP 〇田辺探訪(和歌山県田辺観光協会):闘鶏神社

〒646-0029 和歌山県田辺市東陽1−1

≫GoogleMapで開く

 

≫筆者:連理梓
≫来訪日:2019.04.20

 

 

関連記事

  1. 浅草の操業100年の居酒屋、赤垣で一献

  2. 脂っこい鶏もも焼きの後はサッパリの釜揚げうどん | 宮崎市の東京庵

  3. 熊野市の丸山千枚田と赤木城跡を見てから山越えして九度山へ|三重県熊野市

  4. 高級魚:クセのないアコウの煮つけ|愛媛県松山市の鮨屋「信玄」

  5. パン粉を乗せて焼いたオイルサーディン缶|福岡市博多区の五三食堂 その34

  6. 土佐名物!鰹の塩タタキ|高知市の大黒堂

  7. 飲んだ後にサッパリした醤油ラーメン| 長崎市思案橋の中華料理よこはま

  8. 抜群に美味い、毛蟹の足のみそ焼き| 福岡市の北海ひがし

  9. 路線バスで1時間あまり(一般車は4月まで通行止)|秋田県の山岳リゾート「新玉川温泉」その1

  1. 【特集】鯨料理専門店 福岡市のおおいし

    2019.06.30

  2. 【特集】トラディショナルイタリアンGUFO:福岡市

    2019.06.30

  3. 【特集】福岡市のイタリアン:キム翔

    2019.06.30

  4. 【韓国味噌鍋:博多】慶州鍋が名物のいずみ田祇園店 特集記事

    2019.06.22

  5. 【6月初旬】温泉のニセコ&ウニの積丹半島3泊4日

    2019.06.08

  6. 【ありそでない家族経営の居酒屋】福岡市の仙八

    2019.05.29

  7. 【昭和レトロ居酒屋】福岡市博多区のがったんごっとん

    2019.05.28

  8. 【イタリアン料理】感動の5000円フルコース|鹿児島県薩摩川内市の…

    2019.05.21

  9. 【1月の島根県松江】宍道湖七珍を楽しむも大雪で特急やくもで博多…

    2019.05.20

  10. 【島根県:松江市の料理屋】やまいちで宍道湖七珍を食え

    2019.05.18

  1. 【6月初旬】温泉のニセコ&ウニの積丹半島3泊4日

    2019.06.08

  2. 【ありそでない家族経営の居酒屋】福岡市の仙八

    2019.05.29

  3. 【道東・道央の旅】くったり胡とサホロリゾート、帯広市の六花亭本…

    2019.01.27

  4. 【特集】紅葉の京都を1泊2日で楽しむ旅|清水寺、今宮神社、船岡温…

    2019.05.17

  5. 【島根県2泊3日の旅】松江で宍道湖の珍味、境港で蟹、雲南市で築145…

    2019.02.26

  6. 【食と酒 なかむた-特集記事】都会の古民家で上質な和食|福岡市中…

    2019.01.27

  7. 【イタリアン料理】感動の5000円フルコース|鹿児島県薩摩川内市の…

    2019.05.21

  8. 【特集:岩手県の遠野市を楽しむ旅】仙台空港から沿岸を北上しまし…

    2019.04.06

  9. 【特集:私の一番好きな鮨屋】山口県萩市の豊月

    2019.05.18

  10. 【五三食堂 特集記事】ダシを上手に使う美しさと独創的な居酒屋|福…

    2018.12.20

  1. 【特集】仏の世界の四階層╿如来・菩薩・明王・天

    2019.02.07

  2. 【特集】三大阿弥陀堂と阿弥陀如来

    2019.01.27

  3. 【特集】大塚国際美術館で見る美術史

    2019.01.27

  4. 【特集】奇想の画家ってなんですか?

    2019.02.17