【和歌山】澄み渡る海の底の洞窟!╿白浜町の三段壁洞窟

こんにちは、はてはてマンボウです。今回は紀南の名勝、三段壁へと来ています。

そういえば、まえにもこのあたりを回遊したことがありました。

↑↑和歌山県の不思議な光景を楽しみたい方はこちらの記事もチェックしてみてくれ~まあんぼう

和歌山の海は、最高の眺めねえ。水平線がどこまでも続いていきます。

海の底が見えるぐらいに、綺麗な海ねえ。

梓「マンボウちゃんは、あの海の底に広がる洞窟のことを知っているかい」

マ「あ、連理梓さん。はて、洞窟ですか。この眺めからは想像もつかないです」

地底36mに広がる洞窟の世界!

マ「はて! こんなところに足湯が」

マ「気持ちいわねえ、はってはて♪」

梓「マンボウちゃん、のんびりするのもいいけど、これから冒険をするのを忘れたのかい」

マ「はて、冒険」

マ「はて、熊野水軍の舟隠し。気になるわねえ」

 

マ「むむむ、こんなところには甲冑も」

梓「ほら、マンボウちゃん。早くエレベーターに乗らないと」

マ「あ、置いていかんでくれ~頼む~」

梓「エレベーターで地底36mまで下ったところに現れるのが、この三段壁洞窟だ」

マ「はれまあ! の美しい風景の下に、そんな洞窟が」

梓「ちなみに、車いすやベビーカーでも回れるように、路面は整備されている」

マ「あらあら、意外とバリアフリーなのねえ」

梓「源平合戦の当時、日本最強とうたわれた熊野水軍が根城としたのが、この三段壁洞窟をはじめとした田辺港だったんだ」

マ「うわあ、水軍が使ったかのような、舟のいかりがたくさん」

梓「あの岩は、十像岩と呼ばれているんだ」

マ「はて、十像岩」

マ「いろんな顔があるように見えるということねえ。しかし、スフィンクス、はて。十の顔は、いつごろ考えられたのかしら」

マ「うーん、わかるような、わからないような」

日本最大の弁財天がおわす洞窟

梓「さて、洞窟を奥に進んでいくと」

マ「うわあ、明かりがたくさん!」

梓「ここには、日本最大の弁財天が祀られているんだ」

マ「弁財天って、七福神の1人ですよね。それがどうして、こんな洞窟に」

梓「弁財天は、ヒンドゥー教ののサラスヴァティーという神様が仏教に取り入れられたものだ。〇〇天っていうのは、もともとはどれもインドの神様だったっていう話は以前もしたね

マ「その弁財天が、仏教とともに日本へやってきた、というわけですか」

梓「ただ、やって来ただけじゃない。日本にもともといた海の女神であるイチキシマヒメと同一視されるようになる」

マ「イチキシマって、なんだか厳島と音が似ていますねえ」

梓「そりゃあ、イチキシマヒメを祀っているのが、厳島神社だからね

マ「はて!」

梓「というわけで、巨大な青銅の弁財天がお目見えだ」

マ「お仲間をたくさん引き連れて、ゴージャスねえ」

熊野水軍にまつわるあれこれ

マ「洞窟を進むと、いろいろな展示が増えてきました」

マ「あら、これって弁慶ですか」

梓「そう。弁慶の父親は熊野水軍を率いていたんだが、源氏のいずれかへ味方するかを決めるのに赤と白の鶏を闘わせたんだ。で、白の鶏が勝ったことから、源氏へ味方することにした。このエピソードから生まれた『闘鶏神社』が田辺の町にあるよ

マ「はて、先にあるのは水軍小屋」

マ「昔の熊野水軍の様子が伝わってきますねえ」

基本情報のまとめ

≫公式HP 

〒649-2211 和歌山県西牟婁郡白浜町三段

≫GoogleMapで開く

 

≫筆者:連理梓
≫来訪日:2019.04.20

関連記事

  1. アスパラ、本ししゃも、毛蟹など北海道の食材を堪能|福岡市博多駅前の鮨屋、北海ひがし

  2. 5月、雪のニセコ五色温泉旅館に2泊3日で温泉三昧

  3. 日本一の強酸性ph1.3の温泉はヌメヌメしてピリピリした|秋田県の山岳リゾート「新玉川温泉」その3

  4. 【礼文島】ペンションうーにーに2連泊:館内と周辺│【8月】稚内・利尻・礼文の旅 5泊6日 その17

  5. 【北海道】網走流氷オーロラ2号に乗って大迫力の流氷!ブル寒【動画あり】2月│厳冬の道東3泊4日 その2

  6. 分厚い帆立刺し&卵を持った牡丹海老刺し|北海道旭川市の田舎料理 田子兵衛 その3

  7. 【福岡市】とりかわのタレ焼きと塩焼き|焼き鳥屋、とりかわ大臣

  8. 【北海道】エゾカンゾウとはまなすが咲き乱れる弁慶岬│寿都町

  9. 朝食にしじみカレー|スーパーホテル島根・松江駅前

  1. 【特集】彩りと器の組合せが抜群!大人の隠れ家:福岡市のtakanabe(…

    2020.09.15

  2. 【特集:8月】毎日バフンウニを食べた 稚内・利尻・礼文の旅 5泊6日

    2020.09.07

  3. 【特集:8月の上高地と乗鞍岳】無人の河童橋、爆流の善五郎の滝、朝…

    2020.08.11

  4. 【特集:西山口県】コバルトブルーの角島とホテル西長門リゾートを…

    2020.03.25

  5. 【厳冬の2月、道東2泊3日の旅】網走の流氷、カヌー釧路川源流下…

    2020.02.18

  6. 【特集】鯨料理専門店 福岡市のおおいし

    2019.06.30

  7. 【特集】トラディショナルイタリアンGUFO:福岡市

    2019.06.30

  8. 【特集】福岡市のイタリアン:キム翔

    2019.06.30

  9. 【韓国味噌鍋:博多】慶州鍋が名物のいずみ田祇園店 特集記事

    2019.06.22

  10. 【6月初旬】温泉のニセコ&ウニの積丹半島3泊4日

    2019.06.08

  1. 【島根県:松江市の料理屋】やまいちで宍道湖七珍を食え

    2019.05.18

  2. 【道東の旅】道東4日間のグルメと遊びのコース|北海道 2018.07.20…

    2018.07.20

  3. 【厳冬の2月、道東2泊3日の旅】網走の流氷、カヌー釧路川源流下…

    2020.02.18

  4. 【秋田・青森のグルメと観光】北東北de仕事しながら | 4泊5日 20…

    2018.06.16

  5. 【大分:久住遊覧】久住高原コテージの露天風呂から絶景の草原と阿…

    2019.05.15

  6. 【1月の島根県松江】宍道湖七珍を楽しむも大雪で特急やくもで博多…

    2016.01.23

  7. 【ありそでない家族経営の居酒屋】福岡市の仙八

    2019.05.29

  8. 【新潟空港発着の信州3泊4日】上田、小諸、八ヶ岳、下諏訪、あづ…

    2016.10.13

  9. 【世界一の大花火四尺玉】新潟県の片貝まつりを見に行く1泊2日 2…

    2018.09.09

  10. 【イタリアン料理】感動の5000円フルコース|鹿児島県薩摩川内市の…

    2019.05.21

  1. 【特集】仏の世界の四階層╿如来・菩薩・明王・天

    2019.02.07

  2. 【特集】大塚国際美術館で見る美術史

    2019.01.27

  3. 【特集】奇想の画家ってなんですか?

    2019.02.17

  4. 【特集】三大阿弥陀堂と阿弥陀如来

    2019.01.27