《世界遺産》仁和寺で見る明王と天

こんにちは、はてはてマンボウです。今回は京都市北西部を回遊しています。

梓「今回は仁和寺を尋ねてみよう」

マ「さっそく読み方が」

梓「にんなじ、だよ」

世界遺産・仁和寺ってどんなお寺?

梓「仁和寺は、『古都京都の文化遺産』の1つとして世界遺産に登録されている。真言宗の御室(おむろ)派の総本山だ」

マ「おむろ、はて」

梓「仁和寺は、平安時代、宇多天皇によって建てられた。その宇多天皇が譲位をしたのち、出家をして自分のための一室を仁和寺に設けた。これが御室と呼ばれた」

マ「平安時代の天皇のエピソードにちなんだ名前だったんですね」

梓「この『御室』はこのあたりの地名にもなっているね。さてマンボウちゃん、平安時代初めに空海が始めた仏教の宗派、覚えてるかな」

マ「ええと、たしか、真言宗です。東寺が空海のお寺でしたよね」

《世界遺産》五重塔だけじゃない!╿京都市の東寺、あるいは教王護国寺
↑「真言宗ってなに?」という方はこちらをクリックしてくれ~まあんぼう~

梓「その東寺のお坊さんを仰いで、宇多上皇は出家した。この縁もあって、真言宗を掲げることとなり今に至る、というわけだ」

境内をぐるっと回ってみよう!

梓「さて、仁王門を通って境内に入ると、まずは長い道をまっすぐ歩くことになる」

梓「京都の多くの文化財に漏れず、応仁の乱を免れず仁和寺も一時期は衰退した。それが復興されたのは江戸時代になってから。この金堂も同時代の国宝だ」

マ「うわあ、立派な五重塔」

マ「庭の向こうからでもよく目立ちますねえ」

梓「こっちからは仁王門と勅使門が見えるね」

マ「仁王門と……」

梓「ちょくしもん。朝廷からの使いを勅使という。これを受け入れるための門が、勅使門」

マ「専用ゲートがあるんですねえ」

観音像の仏たち

梓「さて、そんな仁和寺の観音堂の仏像が、2018年、九州国立博物館で展示されていた」

梓「観音堂の内部は普段は非公開なんだけど、九州国立博物館での修理に際して、仏像が公開されることになった」

マ「貴重な展示の機会だったんですね」

梓「観音堂だけあって、中央は千手観音。しかしその脇侍が不動明王と降三世明王、という珍しい構成だ。そこへ、東西南北の四天王がそれぞれ、右手前、左奥、左手前、右奥の順に並んでいる」

マ「ま、まぼまぼ。呪文が連続します」

梓「おおっと、失礼。マンボウちゃんには、明王と天の話をしたほうがよさそうだね」

憤怒の表情・明王

梓「明王とは、密教特有の仏さま。如来の化身として、仏教に従わない人間たちを無理やりにでも従わせようとする。特に、不動明王を中心とした五大明王はしばしばセットで見られる。東寺にも立体曼荼羅として並べられているね」

マ「やさしい表情の如来や菩薩とは大違いですねえ、はて」

梓「仏教を信じずに不幸せな道を進むよりは、強制的でも仏教を信じるようにさせた方が幸せだ、という発想からきている。ちなみに明王の『明』とは、密教における真実をもたらす言葉『明呪』を意味する」

梓「さて、これは私がもっとも好きな仏像、降三世(ごうざんぜ)明王だ」

マ「不思議な名前ですねえ。読めないし」

梓「降三世明王は三面六臂、すなわち顔が3つに腕が8つの明王だ。さて、降三世明王が何かを踏んでいるのがわかるかな」

マ「あ、2人、踏みつけられています」

梓「大自在天(だいじざいてん)と烏摩妃(うまひ)という。それぞれ、ヒンドゥー神話のシヴァ神とその妻であるパールバティをモデルとしている」

マ「シヴァ神って、インドの有名な神様ですよね」

梓「シヴァ神、すなわち大自在天はこの世すべてを表す『三千世界』の王であると称した。この三千世界の王を降伏させたとされることから、降三世明王と呼ばれる」

梓「仏像にはそれぞれ固有の手のポーズがあって、これを印相と呼ぶ。左右の小指を絡ませた上で、両手の人差し指を立てるこの独特な印相は『降三世印』だ」

ヒンドゥー神話の神々を取り入れた「天部」

梓「天、あるいは天部とは、もともとはヒンドゥー教の神々だったものだ。それを、仏教を守護する神として取りいれたもので、如来、菩薩、明王の下に位置づけられている。仏教界の、いわばボディーガードだ、なんてしばしばたとえられるね」

マ「この人たち、ヒンドゥー教に由来する神様ばっかりなんですね! はてはて」

梓「ここにいる二十八部衆は、千手観音の眷属として並べられている」

梓「たとえば、この迦楼羅(かるら)。鳥の王なんだけど、由来になったのは古代インド神話の霊長・ガルーダだ。ちなみにガルーダは『ガルーダ航空』として、インドの飛行機会社の象徴ともなっている」

梓「阿修羅は、古代インドではアスラと呼ばれる戦いの神だった。仏教では、釈迦の説法により仏道へ強化されたということになっている」

マ「さっきの明王のときもそうでしたけど、なんだか仏教側に都合のいい展開が多いような」

梓「仏教はもともと個人の救済を目的としたものだったけれど、これが次第に『大衆を救う』という目的である大乗仏教へと変化する。そうすると、仏教を大衆に広めていくためには、古代からのインド土着の神々がどうしても邪魔だ。人気があるからね」

マ「たしかに」

梓「これを仏教が乗り越えるためにはどうすればいいか。インドの神々を、仏教の体系の中に取り入れればいいと気づいたわけだ」

マ「なるほど」

梓「仏教を守らせるボディーガードとして取り入れられた天部は、如来、菩薩や明王よりも下に位置させる。またあるときは、明王に降伏させるなどすることで、ヒンドゥー神話の神々が本来持っていた力を、仏教の世界観の中で征服しようとしたのがわかる」

マ「仏教って、とんでもない発明をしたんですねえ。度が過ぎた悪いものみたいに感じられます」

梓「そうでもないよ。翻って、ヒンドゥー教を見てみると、こっちはこっちで、釈迦を多くの神々のうちの1人だとカウントしているからね。ヒンドゥー教はヒンドゥー教で、仏教の開祖をその他大勢のうちの一と見なしたわけだ」

マ「どっちもどっちですねえ」

梓「俗世の人々の要望にあわせて、柔軟に変化した結果だともいえる。より多くの人たちを救おうとしたその懐の深さが、多くの神々を生んだわけだ」

 

【特集】仏の世界の四階層╿如来・菩薩・明王・天
↑↑「いろんな仏さまについて知りたい!」という方は、こちらをチェックしてみてくれ~まあんぼう~

基本情報のまとめ

☆仁和寺 ≫公式HP

〒616-8092 京都府京都市右京区御室大内33

≫GoogleMapで開く

≫筆者:連理梓
≫来訪日:2012.05.22(仁和寺)、2018.08.05(九州国立博物館)

 

関連記事

  1. 六花亭の帯広本店に立ち寄りました。六花亭本店でしか販売してないものも | 北海道帯広市

  2. 下風呂温泉には、いかさまレース場があった│【11月】秋田、北岩手、青森の3泊4日の旅 その7

  3. 醤油がいい!槍烏賊煮付|福岡市博多区の五三食堂 その31

  4. 【大分】大草原の向こうに阿蘇五岳を望む露天風呂|竹田市の久住高原コテージ

  5. 生うには刺身か軍艦どちらにしますか?|那覇市の具志堅屋

  6. 快晴の網走、砕氷船オーロラ号でサンセットクルーズ│2月のオホーツクの旅、3泊4日

  7. 【利尻島】自家製ミルピスはカルピスを薄めたようなお味だった│【8月】稚内・利尻・礼文の旅 5泊6日 その38

  8. 新潟のソウルフード、みかづきのイタリアン | 新潟県新潟市

  9. 網走神社の近くの旧迎賓館は見つけることができませんでした│2月のオホーツクの旅、3泊4日

  1. 【特集】 和食系、香りと彩り最高 │ 赤坂あきちゃん

    2020.12.31

  2. 【 特集 : ニセコの温泉 】温泉付ペンションアダージョとヒルトン…

    2020.12.31

  3. 【特集:男池】大分、紅葉の宝泉寺温泉に泊まる1泊2日

    2020.12.31

  4. 【特集】鳥取砂丘とラベンダー色のらっきょうの花、そして城崎温泉…

    2020.12.14

  5. 【特集:9月の富山】台風の中、紅葉の立山2泊3日の旅

    2020.10.03

  6. 【特集】彩りと器の組合せが抜群!大人の隠れ家:福岡市のtakanabe(…

    2020.09.15

  7. 【特集:8月】毎日バフンウニを食べた 稚内・利尻・礼文の旅 5泊6…

    2020.09.07

  8. 【特集:8月の上高地と乗鞍岳】無人の河童橋、爆流の善五郎の滝、朝…

    2020.08.11

  9. 【特集:西山口県】コバルトブルーの角島とホテル西長門リゾートを…

    2020.03.25

  10. 【厳冬の2月、道東2泊3日の旅】網走の流氷、カヌー釧路川源流下…

    2020.02.18

  1. 【8月の上高地3泊4日の旅】飛騨高山のゲストハウスに前泊して乗…

    2016.08.19

  2. 【特集記事】特色ある福岡市内の鮨屋からいきつけの4店舗をご紹介…

    2019.01.27

  3. 【特集】 和食系、香りと彩り最高 │ 赤坂あきちゃん

    2020.12.31

  4. 【イタリアン料理】感動の5000円フルコース|鹿児島県薩摩川内市の…

    2019.05.21

  5. 【特集】会津・裏磐梯、グルメな温泉ペンションと五色沼散策 20…

    2016.09.01

  6. 【特集記事】JAL国内線ファーストクラス機内食  記事の一覧

    2019.02.12

  7. 【道東の旅】道東4日間のグルメと遊びのコース|北海道 2018.07.20…

    2018.07.20

  8. 【世界一の大花火四尺玉】新潟県の片貝まつりを見に行く1泊2日 2…

    2018.09.09

  9. 【食と酒 なかむた-特集記事】都会の古民家で上質な和食|福岡市中…

    2019.01.27

  10. 【特集:11月の北東北3泊4日の旅】大間の本鮪を食べに行く旅

    2015.11.20

  1. 【特集】奇想の画家ってなんですか?

    2019.02.17

  2. 【特集】仏の世界の四階層╿如来・菩薩・明王・天

    2019.02.07

  3. 【特集】大塚国際美術館で見る美術史

    2019.01.27

  4. 【特集】三大阿弥陀堂と阿弥陀如来

    2019.01.27