《世界遺産》阿弥陀堂にたたずむ堂々たる鳳凰╿京都府宇治市の平等院

こんにちは、はてはてマンボウです。今回は京都の宇治にやってきています。

梓「マンボウちゃんは、宇治は初めてかな」

マ「あ、連理梓さん。今回もよろしくお願いします」

『源氏物語』最後の舞台、貴族の別荘街・宇治

マ「大きな宇治川がのんびりと流れています。優雅ねえ」

梓「宇治は、奈良と京都を結ぶ交通の要所として発展してきた」

マ「マンホールも紅葉と宇治橋です。宇治を代表する名所なんですねえ」

マ「はて、この像は」

梓「紫式部の像だね」

マ「紫式部、はて。『源氏物語』の作者ですよね」

梓「源氏物語は、54帖からなる、天皇のご落胤である光源氏にまつわるサーガ。その最終版『宇治十帖』では、ここ宇治を舞台として、光源氏の孫世代の逢瀬が語られる」

マ「へえ、源氏物語の舞台に。優雅ですねえ。でも、どうして宇治が選ばれたのかしらねえ」

梓「宇治には平安時代初期から、京都の貴族たちの別荘が営まれていたんだ。マンボウちゃんが言うとおり、都から少し離れた土地にある、優雅な別荘街だったから、その気風が選び取られたのかもしれないね」

世界遺産・平等院ってどんなところ?

梓「さて、それでは表参道から平等院へと進もう」

マ「表参道はおしゃれな通りねえ。ちょっとお休みできそうなお店もたくさん」

マ「どっこらしょ。ちょいと、お抹茶で休憩かしらねえ」

梓「マンボウちゃんは、これから行く平等院がどんなところか知ってるかな」

マ「はて、例によってなんにも知りません」

梓「平等院は、『古都京都の文化遺産』の1つとして世界遺産に登録されている。鳳凰堂が建てられたのは1053年。人ごみで見る鳳凰堂」

マ「まぼ、いつもの語呂合わせですね」

梓「平等院を建てたのは、藤原道長と並んで藤原氏の絶頂期を築いたと言われる、藤原頼通。平安時代のうち、藤原氏が政治へ大きな影響力を発揮した、いわゆる摂関政治の時代に建てられた」

梓「さて、お抹茶も楽しんだとところで、平等院に行こう」

マ「よく整理された、きれいな境内ねえ。紅葉が映えます」

10円玉の鳳凰堂……でも、鳳凰堂ってなんだ?

マ「うわあ、これが紅葉の鳳凰堂ですか!」

梓「マンボウちゃん、10円玉を持っているかい」

マ「あ、もしや!」

マ「おお、10円玉と一緒だ、すごおい!」

梓「さて、マンボウちゃんは、どうしてあれが鳳凰堂って呼ばれているのか、知っているかな」

マ「はて、そういえば。どこかで大きな鳳凰でもまつっているのかと思っていましたが、はて」

マ「およよ、もしやお堂のうえで、ちょこんと向き合っているのは」

マ「おお、これが鳳凰ちゃんでしたか」

梓「一方で、横に広く伸びたあの阿弥陀堂が翼を広げた鳳凰のように見えるから、鳳凰堂と呼ばれているという説もある」

マ「なるほど」

梓「この鳳凰堂というのは、阿弥陀堂の別名なんだよ」

マ「はて、阿弥陀堂」

梓「鳳凰堂の写真をアップにしてごらん」

マ「はて」

マ「はて!」

マ「もしや、これは阿弥陀さまですか」

梓「そのとおり。平等院鳳凰堂は、中尊寺金色堂、富貴寺大堂とあわせて、日本三大阿弥陀堂の1つだ。この長大な阿弥陀堂や優雅な庭園とあわせて、現代に極楽浄土を再現しようとした

マ「ありがたや~、なんまいだぶ~」

《まとめ》三大阿弥陀堂と阿弥陀如来
↑「三大阿弥陀堂ってなに?」「阿弥陀如来ってそもそも何者?」という方はこちらをクリックしてくれ~まあんぼう~

基本情報のまとめ

☆平等院 ≫公式HP

〒611-0021 京都府宇治市宇治蓮華116

≫GoogleMapで開く

 

≫筆者:連理梓
≫来訪日:2016.12.08

関連記事

  1. 長崎ロープウェイで稲佐岳から渕神社駅往復 |長崎市の稲佐山

  2. 糖質30グラム以下のロカボランチ|福岡市の野菜ソムリエの店アグロ

  3. 信じられない鮮度!殻付き雲丹を鮨屋で食う|宮城県塩釜市の丸長寿司 

  4. 分厚い帆立差しに銀カレイのえんがわ | 帯広市の炉端、魚千

  5. スカイツリー・帝釈天・矢切の渡し・荒川電車・巣鴨刺抜地蔵|はとバスツアーで下町満喫

  6. 蓮根ポテサラにあご出汁おでん、辛そばスープのホルモンスンドゥプチゲ|博多区のサダカネ

  7. 大きな丸い氷に入っていたお刺身「新南風」にて|名護市のビーチリゾートホテル「ザ・ブセナテラス」その2

  8. 中部国際空港から上高地の大正池ホテルへ | 2018.10.13

  9. 上高地、大正池ホテルの夕食と朝食 | 2018.10.13-14

  1. 【特集】鯨料理専門店 福岡市のおおいし

    2019.06.30

  2. 【特集】トラディショナルイタリアンGUFO:福岡市

    2019.06.30

  3. 【特集】福岡市のイタリアン:キム翔

    2019.06.30

  4. 【韓国味噌鍋:博多】慶州鍋が名物のいずみ田祇園店 特集記事

    2019.06.22

  5. 【6月初旬】温泉のニセコ&ウニの積丹半島3泊4日

    2019.06.08

  6. 【ありそでない家族経営の居酒屋】福岡市の仙八

    2019.05.29

  7. 【昭和レトロ居酒屋】福岡市博多区のがったんごっとん

    2019.05.28

  8. 【イタリアン料理】感動の5000円フルコース|鹿児島県薩摩川内市の…

    2019.05.21

  9. 【1月の島根県松江】宍道湖七珍を楽しむも大雪で特急やくもで博多…

    2019.05.20

  10. 【島根県:松江市の料理屋】やまいちで宍道湖七珍を食え

    2019.05.18

  1. 【五三食堂 特集記事】ダシを上手に使う美しさと独創的な居酒屋|福…

    2018.12.20

  2. 【特集】花巻市、一関市周辺を楽しむ旅 | JAL いわて花巻空港を利用

    2019.04.10

  3. 【雪の大谷とホテル立山】大観峰からご来光!平成最後の満月!みく…

    2019.04.23

  4. 【1月の島根県松江】宍道湖七珍を楽しむも大雪で特急やくもで博多…

    2019.05.20

  5. 【道東の旅】道東4日間のグルメと遊びのコース|北海道 2018.07.20…

    2019.01.23

  6. 【大分:久住遊覧】久住高原コテージの露天風呂から絶景の草原と阿…

    2019.05.15

  7. 【特集:私の一番好きな鮨屋】山口県萩市の豊月

    2019.05.18

  8. 【特集】鶴の湯|秋田県乳頭温泉

    2019.03.19

  9. 【萩市特集】萩市の鮨屋 豊月と宿泊施設、観光 | 山口県萩市

    2019.01.27

  10. 【北海道を東西へ2泊3日】旭川を拠点に東へ西へ、増毛町~紋別町

    2019.03.28

  1. 【特集】三大阿弥陀堂と阿弥陀如来

    2019.01.27

  2. 【特集】大塚国際美術館で見る美術史

    2019.01.27

  3. 【特集】仏の世界の四階層╿如来・菩薩・明王・天

    2019.02.07

  4. 【特集】奇想の画家ってなんですか?

    2019.02.17